転職コラム

転職したいけどやりたいことがない人必見!仕事の前に自分を見るべし

今の会社を辞めたい!という思いが先行して転職を決意する場合、必ず直面する問題が次の仕事でこれといってやりたいことがないから転職先を選べないという事です。

「次こそは本気でやりたいことが出来る仕事を選ばないと!」
「あれ、でもやりたいことって何だろう?」
「どれだけ自己分析してもやりたいことなんて出てこない...」

こんな風に、探しても探してもやりたいことが見つからないという巨大な迷路の中をぐるぐるしている人は世の中の99%です。

しかしあなたはここで大きなミスを犯している事に気付いていますか?

それは、そもそも転職するのにやりたい仕事を見つけるという作業は一切不要だという事です。

「えっ、それじゃあ仕事なんて選べないじゃん!」と思われるかもしれませんが、大丈夫安心してください!

なぜならやりたいことが見つからない状態で転職しても、転職そのものを成功させる事は十分可能だからです。

今回の記事では、やりたいことが見つからないと悩むあなたに向けて、転職先の企業をどのような軸で選べば後悔しない転職活動になるのかを解説していきます!

転職したいけどやりたいことがないと悩む人へ!やりたい事なんてそもそも必要ありません!

転職活動を行う際に自己分析を行う人が多いと思いますが、ある程度自分が興味のある事は見つかるけど、「どうしてもやりたいこと」が見つからないというのが実態ではないでしょうか?

例えば好きな事を書き出してみて、「映画を見ること」「筋トレすること」「海外旅行に行くこと」みたいにある程度自分の趣味をピックアップすることは出来ます。

でも、どこまでそれを掘り下げても「これを仕事にしたい」「自分の中でこれだけは譲れない」みたいなピンとくるものってぶっちゃけないんですよね。

ただね、これって本末転倒なとこがあるんですよ。

だってどうしてもやりたいことがあるんだったら、そもそも自己分析とかわざわざしなくても、最初からそれをやってるに決まってるじゃないですか。

つまり、現時点で何もやっていないということは、「どうしてもやりたいことなんてあなたには存在しない」って事なんですよね。

でもね、大事なのはここからです。

ここで本当に大事な事は、『そっか、自分の場合どうしてもやりたいことなんてないんだよな〜』という事に気付けるかどうかです。

だってそもそも無いんだったらどれだけ探しても見つかりっこないから、自己分析とかするだけ時間の無駄ですからね。

ただ、ここで悲観的になることなかれ。

なぜならば、どうしてもやりたい事なんかなくても、仕事そのものを楽しく続けていくという事は余裕で出来るからです。

なのでここからは、どういったロジックであなたが楽しめる仕事を探せばいいのかを紹介していきます!

転職ではやりたいことではなく自分の能力でギリこなせそうな仕事を選べばOK

まず、自分が楽しめそうな仕事を選ぶための1つ目のポイントですが、『今の自分の能力でギリギリこなせそうな仕事をチョイスする』という事です。

そもそも仕事ってイージーすぎてもダメだし、難しすぎてもダメなんですよね。

だって簡単すぎたらそれはそれで退屈になるし、難しすぎるとしんどくて嫌になっちゃうじゃないですか。だからギリギリ倒せるぐらいの仕事が程よく面白いはずです。

ポケモンとかでもそうじゃないですか。

最初マサラタウンから出発する時に、いきなりカメックスLV100で草むらにいるキャタピー瞬殺しても面白くないし、かといってLV1だとどんな雑魚キャラにも勝てないからつまらないって感じますよね。

要するに、程よいレベル感でちょっと頑張ると倒せるみたいなゾーンが一番人間ってワクワクしちゃうんですよね。

人が楽しむメカニズムって根本的に何でも一緒なので、仕事でもこんな感じでゲーム要素を取り入れて行くのが大事です。

今の自分のレベル感で程よくぶちのめせそうな仕事を選ぶと、転職してからの後悔って少ないと思いますよ!

転職ではやりたいことではなく嫌いな事の逆から仕事を決めるのもアリ

次に、どうしてもやりたいことは見つける事が出来なくても、ある程度やりたい事なら見つける事が出来るわけなので、ここをもう少し深堀していきましょう。

つまり、ある程度やりたいことの中で最もやりたいことを探していくみたいなイメージです。

これにはちょっとしたノウハウがあるので紹介します。

それは「自分がどうしても許せない!これだけは納得いかない!」みたいなマイナスの感情に注目して、その逆に位置するものを探していくというやり方。

例えば昔から無駄な作業が大嫌い!みたいな人がいたとしたら、業務効率化に役立つソフトを開発している会社とかが頭によぎりますよね。

怒りとか憎しみを持っているって事は、その対象にある意味強いこだわりがあるって事なので、意外とネガティブ感情をひっくり返してみるといいです。

『マイナスの感情の裏側には、必ずプラスの感情が隠されてる』という法則に従って、自分の関心が強い事を探すのはかなり理にかなっていますよ!

やりたい仕事を考えるんじゃなくて、自分をきっちりと分析することが後悔しない転職術だと言えます。

やりたいことがないなら転職エージェントに相談するのも1つの手

どうしても自分でやりたい事が見えてこないという場合ですが、そんな時は自分の頭を動かす事を一旦やめて、外側に意見を求めてみるのも大事です。

例えば転職エージェントを使って、自分の今の状況を正直に話して、どんな仕事が向いていそうか外部の視点からアドバイスを求めてみましょう。

転職エージェントは転職活動のプロなので、何気ない会話の中からあなたにあった会社や職業をズバズバとアドバイスしてくれますよ。

私も過去に転職エージェントを使いましたが、その時はこんな感じで掘り下げてアドバイスをもらいました。

「〇〇さん、文系出身だけどエンジニアとか目指してみたいと思わない?手に職つけられるし、仕事を辞めたとしても独立して生計立てられるから、若い時にに会社で勉強しながら働けるのも魅力だと思うよ!」

「前職ではガチガチの体育会系で精神的にも消耗していたみたいだし、業種をガラッと変えてIT系の企業を目指してみるのも面白いんじゃないかな?今後伸びていく業界だと思うよ!」

「前職では働いてもみなし残業で搾取されている感じが嫌だったんだよね?じゃあ、成果できっちり評価されるコンサル業界向いていない?」

この辺りがさすがプロだと思いましたが、自分一人で考えてモヤモヤしていた感情がスッと消えていくので、一度転職エージェントに相談してみるのもオススメです。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!