転職コラム

職場の人間関係が最悪な時の対処法3選!仕事を人間関係で辞めるのはあり?

・女ばかりの職場で悪口・陰口のオンパレードな職場
・お局さんが幅をきかせて人間関係がギクシャクしている
・挨拶をしても誰も返さない
・営業系の仕事で出来ない人に対する当たりが強い

様々なケースが考えられますが、職場の人間関係が究極に悪化してしまい、その場にいるだけでも息が詰まりそうになることがあると思います。

転職サイトの調査によると、社会人が転職を考える理由No.1が「職場の人間関係」というデータも出ており、仕事を辞めたくなってしまう大きな原因でもあります。

では、一度職場の人間関係が悪化してしまった場合、イチ社会人としてどのように振る舞うのが正解なのでしょうか?

今回の記事では、職場の人間関係が最悪になってしまった場合の対処法について解説していきます。

職場の人間関係が最悪だと仕事のストレスは5割増です

職場における人間関係を考える上で切り離せないのが「ストレス」です。

一般的には職場におけるストレスというのは人間関係が最も大きな原因とされており、先輩や同期とギクシャクしてしまうと、その時点でストレスの溜まり方は5割増しぐらいになると考えた方がいいです。

人間関係がきちんとしている会社であれば、多少ミスをしても誰かがカバーしてくれたり、怒られることがあっても、飲みの席でフォローしてもらえたりと、精神的にはかなり安定します。

しかし人間関係が最悪だと、

・ミスをしても誰も救いの手を差し伸べてくれない
・愛のない叱責
・失敗は許されないという緊張感

といった具合で、仕事をする上でのプレッシャーを半端ないぐらい感じてしまうのです。

それに、仕事をしていれば嫌なことなんてどれだけでも出てきますが、そんな時にストレスを溜め込まない最も有効な対処法って、同僚との愚痴の言い合いです。

「〇〇部長って本当にサイコパスなんだけど...」
「あのハゲ本気でムカつく!毛根だけじゃなくて心も死んでるよね」
「次に残業押し付けてきたらハイキックしてやるぞ」

こんなしょうもない会話ですら、心の安定という意味では非常に大きな役割を果たしますよね。

人間関係が最悪の職場だと、こんなレベルの愚痴すら許されなくなってしまうので、ストレスは全てお持ち帰りするしかなくなるのです。

職場の人間関係が最悪な時の対処法3選

では、一旦悪化してしまった職場の人間関係に対し、どのように対処していけばいいのでしょうか?

ここではオススメの対処法を3つ紹介します。

①まずは同期で味方を作るべし

人間関係が悪い職場にいる場合、一番最初に考えるべきは「同期を自分の味方につけること」です。

年上の上司とうまくいかない。かといって若い後輩とは話が合わない。

こんな時にあなたにとって最強の味方になるのは同期しかいません。

「忙しくたって大丈夫だから。私たちも一緒だし、頑張ってやっていこう!」と言ってくれる同期が数人いるだけで、ありえないぐらいストレスは吹っ飛びます。

ここで上司や後輩に変に歩み寄ろうとすると、

上司「うまく私のことを動かそうとしてないか?」
後輩「あわよくばすり寄ろうとしているんじゃないの?」

という心理的な抵抗にあってしまい、上手くいかないどころか悪化するケースもあります。

しかし同期であればそのような下心がそもそも存在しないので、人間関係をよくしようと考えるのであれば、まず最初に攻略すべきは同期なのです。

先輩や後輩はひとまず置いといて、とりあえず同年代の仲間を作ることがスタートラインだと思ってください。

②仕事では一切スキを見せない

職場の人間関係が最悪である場合、これ以上精神的なダメージを受けないためには「ミスをしない」という視点がめちゃくちゃ重要です。

仮にあなたが「ミスが多い」「レスポンスが遅い」「仕事が遅い」といった弱点持ちの場合、それだけでウザい上司に詰められる機会を作ってしまっています。

だからこそ人間関係が悪い職場における最強の処世術は、「仕事が出来る人間になる」に尽きるのです。

不用意に人間関係の改善に力を入れるのではなく、自分自身のスキルを磨いてしまった方が結果的に効果が大きいことを忘れてはダメですよ!

ただ、この攻略法には弱点があるのも事実です。

例えばこれが新卒で入ったばかりの若手社員とかであれば、ぶっちゃけ限界があります。

最初の頃は先輩に質問を重ねつつ仕事を覚えていくしかないので、正直質問なしで独学でバリバリ出来る人間になっていくことはスーパーマンしか不可能です。

ぶっちゃけこのケースでは、ババを引いてしまったと割り切り転職を考えた方が話は早いのも事実です。

第二新卒で転職出来るチャンスがあるのであれば、若さという武器の使いどころを見極めていきましょう。

あわせて読みたい
新卒で合わないと感じたら第二新卒で転職を考えよう!辞める勇気を持たないと死ぬまで搾取は続く夢と希望を抱きながら晴れて社会人になったものの、会社とのミスマッチに悩み転職を意識し始める社会人は非常に多いです。 昔は「石の上に...

③これ以上悪化させないためにスルーする能力をつける

職場の人間関係の対処法は、何も積極的に人間関係を築き上げていくことだけではありません。

あえて真逆の方法、スルーする技術を身につけるのも手です。

そもそも、人間というのは合わないもの同士はどこまで行っても仲良くなることはないです。

それだったら、最初からもう無理なものは無理だと割り切り、最低限これ以上悪化させないための工夫をしようと頭を切り替えてみましょう。

人間関係が悪化してしまう原因って、

・価値観の相違を互いに感じた時
・待遇の違いなどのに不満を感じた時
・給料が不公平だと感じた時

みたいに、必ず自分と他人との"対比"があります。

そういうことならいっその事、他人と比べることをやめるために、極力関係を築かないようにしてしまばいいのです。

仕事は生きるためにやっていると割り切り、仲良しグループを作りに来ているわけではないと100%割り切っていきましょう。

時に諦める勇気もまた必要なのです。

職場の人間関係が最悪なら転職してリセットしたっていい

以上、職場の人間関係が悪化した場合の対処法を紹介しましたが、人間関係にどうしても行き詰まりを感じ、どうしようもないと感じている人も少なくないと思います。

そんな時は、転職して人間関係を一度リセットすることを考えましょう。

給料が低い、休みが取れないといった会社の仕組みが原因で起こる構造的な問題は改善していくことは出来ても、人間関係の問題だけは絶対に修復出来ないこともあります。

しかし、裏を返せば環境さえ変えれば確実に人間関係の悩みは解消されるわけなので、解決法は実はシンプルと言えばシンプルなのです。

終身雇用が崩壊したと言えども、日本の企業はガチガチの縦社会で成立しているので、このまま我慢していても、そう簡単に職場の人間関係なんて変わるものではないです。

変わるか変わらないか分からないもののために時間を使うのなら、スパッと転職して自分の意思で問題解決した方が絶対にいいと思いますよ。

転職して人間関係を変えることを恐れないでください!

職場の人間関係が最悪で転職するならプロの力を借りよう!

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!