転職コラム

仕事で板挟みにされて辞めたい時の対処法3つ!ストレスを抱えている人必見

 

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

仕事をストレスなく続けていくために重要なのが「職場の人間関係」であることは言うまでもありません。

しかし、何人も人が集まれば、必ず人間関係での悩みは起こるものです。

その中でも厄介な悩みの1つが「板挟み現象」ではないでしょうか?

「上司の意見が違うからどっちの指示を聞くべきか悩む」

「上司と部下の板挟みにあっている」

「会社と取引先の中間調整が地獄」

このように、自分だけではどうしても処理しきれない板挟み状態で、多大なるストレスを抱える人は多いです。

ただ、職場でストレスを抱えず、精神的にも健康を維持していくためにも、この手の問題を甘く見てはいけません。

ある一時期を乗り越えれば済むレベルの問題であればいいですが、毎日毎日板挟みにあっていると精神的な負担がドッと増えて、いつの日か「ポカーン」となってしまうリスクだってあるのです。

そこで今回の記事では、板挟みで苦しむ会社員向けの対処法を紹介していきます。

仕事の板挟みは職場のストレスランキングでも上位な深刻な悩みです

「仕事で板挟みにあることなんてしょうがない」
「板挟みは中間管理職の宿命みたいなもの」

仕事をしていく上で、板挟み=当たり前と考えて自分を納得させようとする人も多いですが、あまり自分を追い詰めるのはやめましょう。

というのも、職場の人間関係におけるストレスの中でも板挟みはかなり上位にランクインする厄介なバイ菌のようなものです。

放っておくと、ジワジワと体と心を汚染し始めて、やがてうつ病を引き起こす可能性だってあります。

しかも、板挟みが厄介な理由は『相談する相手がいない』ということです。

部下の教育問題だけが悩みなら上司に相談できますが、上司と部下に挟まれてしまったら完全に孤立してしまいますよね?

いいですか、仕事におけるストレスで最も危険信号なのが「孤立状態」です。

相談する相手がいれば心の負担はグッと軽減されますが、自分1人で抱え込んでしまうと心の中が便秘になっちゃいます。

気の合う同期を1人でもいいので見つけたり、仕事以外に自分の居場所を見つけないとガチで詰むのが怖い所なのです。




仕事で板挟みに合った時は無能な上司を無視するでOK

仕事の板挟みでよくあるケースが、異なる上司に別々のことを指示されてしまうというパターンです。

どちらも立場上は上なので聞くしかないけど、どちらか1人の意見しか採用出来ないというケースは非常に気を使うことになりますよね。

しかし、現実的に考えた場合、どちらか一方の意見しか聞けないのであれば、無能な上司を無視するのが最適解です。

後々のフォローのめんどくささは一旦置いておき、とりあえず組織としてのベストアンサーを採用すべきなのです。

もちろん、片方の上司はいい気がしないでしょうが、組織として正しい道に進めたのであれば、組織があなたの事を正しく評価してくれるのでOKです。

逆に言うと、ここでロクな評価をしてもらえない場合は、板挟み以前に組織として問題があるわけなので、むしろ問題だらけの組織に身を置いている事を心配したほうがいいでしょう。

いずれにせよ一番ダメなのは、両者のいいとこ取りをしようとして中途半端なアクションを起こすケースです。

これだとどちらからもいい評価を受けないし、組織としてもいい方向に進まないので、あなただけが損をして終わる事になります。

とにかく優秀だと思う方の指示を常に聞くというオペレーションを整えておけばいいのです!

仕事で板挟みに合った時こそ部下を適度に休ませるべし

板挟みの中でも、上司と部下の間で板挟みに合うケースがあります。

この場合の対処法ですが、出来るだけコントロールしやすい部下の扱いにエネルギーを注ぐようにしてください。

上司はとりあえず置いておけばいいでしょう。

部下をうまくコントロールするコツですが、板挟みに合っているときほど『部下を休ませる』という意識を持っておくのが大事です。

そもそも、職場内で人間関係が一番ギスギスするパターンは「勤務時間が長期化した場合」という研究結果があります。

つまり、仕事の時間が長くなればなるほど口論や八つ当たりが増えてしまうので、忙しい場合であっても、あまり時間的拘束をしないのが重要です。

もちろんそうなるとあなたの負担が増えますが、そこは一旦こらえるのがコツです。

部下を"先に"休ませるという形でこっそり恩を売る事で、今より忙しくなった時には部下の方から「前回休ませてもらったから今度は自分が頑張ります!」と自主的に思わせるのです。

これは心理学で言う所の「返報性の法則」というテクで、人は何かを受け取ったらお返しせずにはいられない生き物であるという特徴を逆手に取った処世術です。

一度試してみるといいでしょう。




仕事の板挟みであまりに悩むなら逃げ道を用意しておく

板挟みについての対処法を紹介してきましたが、とは言え人間関係の問題なので「これで解決できます!」という魔法の処方箋がないのもまた事実です。

人によっては板挟みに限界を感じ、日々の出勤が相当なストレスになっている事も多いと思います。

「次の異動までの我慢」
「人事面談で相談すればいい」

自分の中でも色々考える事があると思いますが、それでも厳しい場合は逃げ道を作っておくという考え方を持っておきましょう。

具体的には「転職という選択肢」をリアリティを持ちながら用意しておくことです。

転職というのはいざとなれば出来るのですが、情報が不足している、何の準備もしていないとなると、現実的な選択肢の1つとして考えることは出来ません。

人はイメージが湧いていないものに現実味を帯びせて考えることは出来ませんからね。

「今の自分の市場価値ってどれくらい?」
「職務経歴書はどう書くべき?」
「いざ転職するってなったらどれくらいの期間がかかるの?」

こんな風に分からないことだらけでは、本当にいざとなれば転職できるかどうかすら疑わしくなっていきますよね。

そんな場合ですが、今すぐ転職するかどうかはさておき、一旦転職エージェントに登録して、情報収集ぐらいはしておくべきでしょう。

・今の自分ならこんな転職先があるのか
・今の自分に足りないものはむしろ何?
・自分のスキルや実績は市場ではどう評価されるのか?

といった不安や疑問がすっきりしますし、求人に目を通しておけば穴場求人に出会った時に即座に行動を起こせるようにもなります。

今見えている景色とは違った景色が見えるようになるので、職場の人間関係でウジウジ悩むぐらいなら前向きな行動を起こした方が幸せになれますよ!




仕事の板挟みで辞めたい人は転職エージェントに相談しよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも最大手で、他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
20代のキャリアアップに強い転職エージェントおすすめ14社比較!【ケース・目的別に紹介】 「新卒で入社した会社とミスマッチ...第二新卒で転職したい。」 「給料安すぎ。このまま30代に突入するのは不安でしかない。...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【業界プロ厳選】30代に強い転職エージェントおすすめ14社!【状況別に比較】 20代の頃はガムシャラにやっておけばOKだとしても、30代になればお金とキャリアの問題をより真剣に考えるようになりますよね。 ...

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
女性の転職を成功に導く!おすすめ転職エージェント7選【徹底比較】転職は女性にとって一大イベントの1つです。 「結婚を考えて、女性が働きやすい会社に転職したいと思う。」 「これから先の人...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説「あなたの適性年収は670万円です!今の会社に買い叩かれていますよ〜」 こんな風に自分の市場価値を診断してくれるツールと言えば、最...