女性の転職

【人気7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング!

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

女性が転職を考えるのであれば、女性の気持ちに寄り添ってくれる転職エージェントを使いたいですよね?

「〇〇業界は女性のキャリアアップに強いです!」

「女性が働きやすいかどうかで会社を探しますね!」

こんな風に女性目線でキャリアを考えてくれる転職エージェントを探そうと思った時、どこを使うべきか正直悩むと思います。

そこで本記事では、『女性からの評判が良いおすすめ転職エージェント7社』を厳選して紹介します。

各社の強みも比較していくので、今のあなたにピッタリのエージェントが見つかりますよ!

<この記事の結論>

女性で転職を考えるのであれば、以下の3つの転職エージェントを選んでおけば間違いありません。

転職エージェントはいつでも登録出来ますが、心に余裕が無くなると、エージェントに登録する気も奪われます。

求人チェックをしておくだけでも、「転職しようと思えばいつでも転職できるんだ!」と、毎日に希望が持てますよ!

おすすめ①:リクルートエージェント【女性向き求人数No.1】
→人材業界最大手&女性向き求人取扱い数No.1
→複数求人を徹底比較出来るため、キャリアの選択肢がグッと広がる

おすすめ②:マイナビエージェント【20代で転職を考える人女性】
第二新卒&20代で転職を考える女性におすすめ向き
未経験業界に転職を考える女性は必須


おすすめ③:パソナキャリア【女性転職には圧倒的な強みあり】
女性向きのキャリア支援ではNo.1の総合型エージェント
女性が働きやすい経理職求人に絞って紹介してもらえる


【7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング

では早速、女性におすすめ出来る転職エージェントを7社紹介します。

それぞれのエージェントの特徴や強み&弱みを整理しているので、あなたにとってピッタリのエージェントを見つけてください。

おすすめ1:リクルートエージェント【女性向き求人取り扱い数No.1】

1つ目におすすめなエージェントは、「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界最大手の人材会社でもあり、取り扱っている求人数は全エージェントの中でNo.1です。

いいですか、「求人数の多さ=選択肢の多さ」です。

そのため、

「手に職をつけてキャリアを強くしたい!おすすめの転職先を教えて欲しい。」

「お堅い企業は合わない...自由な働き方が出来る職場に憧れています!」

「男が幅を効かせている会社は無理!女性が働きやすい制度がある企業を紹介して!」

といった、様々な角度からの要望にも全て答える事が可能です。

リクルートエージェントを活用する事で、転職成功率もグンと上がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ2:マイナビエージェント【20代女性のキャリア形成に強み】

2つ目におすすめのエージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントの利用が特に向いているのは、第二新卒及び20代で転職を考えている女性陣です。

「卒業後なんとなく選んだ会社とミスマッチ。第二新卒で人生をやり直したい!」

「結婚後やこれからの人生がとにかく不安。30までにキャリアを磨きたい!」

「女性のキャリア形成がサッパリ。プロにアドバイスして欲しい。」

このように、

・20代で今の仕事に不満がある人
・このままのキャリアでは将来不安な20代

の悩みに寄り添い、若い時からどうキャリアを描くべきかと言う相談に乗ってくれます。

会社の人間関係やワークライフバランス等で悩む女性はもちろん、どこか人生全体で伸び悩みを感じている20代女性であれば、マイナビエージェントがピッタリです。

将来に対して漠然と抱えている不安を打ち明ける事で、心の不安だってスッと消えていきますよ!

マイナビエージェント公式

おすすめ3:パソナキャリア【女性転職に最も力を入れるエージェント】

続いて3つ目におすすめのエージェントは、「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは大手エージェント会社の中では、特に女性の転職支援に力を入れているエージェントです。

「パソナと言えば女性、女性と言えばパソナ」と呼ばれており、女性転職に関する実力は折り紙付きです。

パソナキャリアの強みは、"とにかく女性が働きやすい環境が整った会社の紹介"であり、コンサルタントもその使命を意識しています。

そのため、

「結婚&出産後も復帰しやすい環境の会社紹介を徹底して欲しい。」

「女性の意見が通る風通しの良い企業の特徴をレクチャーして!」

「大手よりもそこそこの中小でまったりホワイトな働き方をしたい。」

といった女性独自のニーズを汲み取り、女性ファーストな職場紹介が出来る事が強みです。

担当になるコンサルタントもほぼ女性ですから、あなたと全く同じ目線に立ち、将来のキャリアプランを考えてくれますよ!

とにかく女性転職に強いエージェントを使いたい!という方は、パソナキャリアがピッタリのエージェントです。

パソナキャリア公式

おすすめ4:type女性の転職エージェント【女性求人に完全特化】

続いて4つ目におすすめのエージェントは、「type女性の転職エージェント」です。

type転職エージェントは男女どちらもサポート出来るエージェントですが、女性転職に完全特化したサービスも別で実施しています。

それが「type"女性の"転職エージェント」ですが、そもそも女性が多い業界の求人に強みがある点です。

例えば、アパレルや化粧品業界などがその典型です。

そのため、事務職求人よりは営業系の職種に強いエージェントと言えます。

・今までのキャリアを活かして別業界の営業職に転職したい!

・アパレルや化粧品などを取り扱うショップ店員を目指している

・未経験から販売職の仕事に転身したいと考えている

といった女性からの満足度が高いのが特徴です。

type女性の転職エージェントは特に一都三県での転職に力を入れているので、関東圏にお住いの方にはオススメです。

「type女性の転職エージェント」公式

おすすめ5:DODA(デューダ)【女性のキャリアアップ向き】

5つ目におすすめのエージェントは、「DODA(デューダ)」です。

DODAはリクルートエージェントに次ぐ業界2番手のエージェントで、求人数やサポート面等を考えても安心して利用できる人材会社です。

そんなDODAの強みは、キャリアアップやスキルアップを目指す女性の転職が得意ということです。

そのため、

「今よりもっと大きな会社に転職してキャリアアップしたい!」

「とにかく年収を上げたい!今より稼げる会社に絞って紹介して欲しい。」

「今より自分を評価してくれる会社でバリバリ働きたい!」

という想いで転職を考えている人向いています。

ただ単に金銭面でのキャリアアップを望むだけでなく、ワンランク上のキャリアウーマンを目指す女性にとって必須のエージェントですよ!

DODA公式サイト

おすすめ6:Spring転職エージェント(旧アデコ)【キャリアが弱くてもOK】

6つ目におすすめのエージェントは、「Spring転職エージェント」です。

Spring転職エージェントは外資系のエージェントであるため知名度こそ薄いですが、全世界に拠点を持つ超大型エージェントです。

そんなSpring転職エージェントの強みですが、どんなキャリア・どんなバックグラウンドの方でも必ず転職面談を実施してくれる事です。

そのため、

・短期離職持ちで転職支援をしてもらえるかすら不安...

・職歴のブランクが相当空いていてキャリアに自信を持てない...

・バイトや契約社員としての実績しかないけど正社員を目指したい

といった訳ありの方であっても、安心してサポートが受けられるのが強みです。

国内大手エージェントでは十分にサポートしてもらえなかった...と言う人は、Spring転職エージェントを頼ってみるのが得策です!

Spring転職エージェント公式

おすすめ7:JACリクルートメント【外資系転職狙いの女性必見】

7つ目におすすめの転職エージェントは、「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントは一般のエージェントと異なり、下記のどちらかに該当する女性におすすめのエージェントです。

①管理職経験あり等のハイキャリ女性

②外資系企業への転職を考える女性(ハイキャリである必要はない)

特に利用をおすすめしたいのは、②外資系転職のニーズがある方で、日系企業以外のキャリアパスを歩みたいと考えている方です。

外資系企業はアパレルブランドはじめ日本支店が多数あるので、女性の転職先候補としてはかなり有力な候補になると思います。

そのため、

「ドロドロした風土の日系企業のよりも外資のサバサバした企業に転職したい」

「転職したいメーカー(ブランド)が外資の企業である」

「成果に応じてきちんと評価される実力主義の社風に魅力を感じている」

といった考え方の人向きのエージェントです。

外資系と言っても国内拠点の就職がほとんどですので、英語力はそこまで必要とされるわけではありません。

社風や考え方に共感できる部分がある人は、外資系転職も視野に入れるといですよ!

JACリクルートメント公式

女性必見!後悔しないおすすめ転職エージェントの選び方

さて、ここまでは女性向き転職エージェントとして7つのおすすめエージェントをある程度ケース別に紹介してきました。

ただ、この中から最終的にどのエージェントをチョイスすればいいか悩むと思います。

転職エージェントはどれも無料で利用できるので、出来るだけ複数のエージェントを使い、各々を比較したいと思う人も多いです。

しかし体は1つしかなく、現実的に全てのエージェントに登録するのは無理ですし、ぶっちゃけオススメも出来ません。

そこで転職エージェントの選び方としておすすめしたいのが、「まずは3社に絞って登録しその3社を比較するという方法」です。

その3社ですが、下記の3つの転職エージェントがベストな選択肢です。

リクルートエージェントとマイナビエージェントでほぼ全ての求人を網羅出来ますし、女性の支援に強いパソナを使えばさらに心強いからです。

転職成功者は平均して3社のエージェントに登録しているデータもあるので、数としても3社というのは理にかなっていますよね。

このように複数エージェントをきっちりと使い分ける事により、女性の転職が成功する確率が一段と上がりますよ!

女性の転職成功率をグッと上げるコツ4つ

女性が転職を成功させるために、転職エージェント選びは極めて重要です。

ただ、転職エージェントの選び方だけ完璧にしていても、転職ノウハウが欠けていると転職で大コケしてしまうリスクがありますよね。

そこで冒頭でもお伝えしたように、「転職したけどこんなはずじゃなかった...」というミスマッチを避けるために、絶対に遵守して欲しいポイント3つを紹介します。

それが以下の4点です。

①派遣社員や契約社員で決して妥協するなかれ

②年収はとことんこだわろう!男に人生を預けるのは悪手

③女性転職は未経験でも採用されやすい!チャレンジ精神が重要

それぞれ解説していきます。

①派遣社員や契約社員で決して妥協するなかれ

転職を考えている人の中には、

「正社員はしんどそうだから派遣でいいかな。」

「契約社員で少し充電期間を過ごそう。」

といった風に、派遣社員や契約社員に心が揺らぐ人もいると思います。

しかし、この考え方だけは絶対にNG、正社員にとことんこだわってください。

と言うのも、一旦派遣社員等を経験してしまうと、正社員に戻ることは中々難しく、一生派遣社員のままズルズルと過ごしてしまうからです。

「将来結婚するからいいや」
「もう結婚してるし、別に仕事は適当でも...」

なんて甘い考えはダメですよ。

仮に結婚出来なければ将来不安に襲われる毎日を過ごすことになりますし、結婚してから正社員に復帰したいと思っても、派遣社員としての職歴ではキャリアにならないからです。

とにもかくにも、一度キャリアダウンしてしまうと、その先の人生の選択肢が一気に狭くなってしまいます。

何が何でも正社員を諦めないマインドが重要です。

②年収はとことんこだわろう!男に人生を預けるのは悪手

転職に際して重視するポイントは人それぞれあります。

ワークライフバランスを求めたり、休みの多さを求めたり、仕事に求めるものは各人違ってOKです。

しかし絶対に妥協してはダメなのが「年収」です。

「旦那がお金は稼いでくれるから...」なんて生ぬるい考え方を持っているのなら、いますぐくしゃくしゃに丸め、ゴミ箱に捨ててください。

いいですか、いかに結婚したとしても、男性の給料が右肩下がりの下落トレンド中である昨今、男任せにしておけば身の破滅は確定です。

それに今は男女共働きが当たり前の時代、女性と言えどもキャリアや経済力が当たり前に求められ始めているのです。

年収を上げておけば結婚後に旦那にオラつかれることもないですし、何なら1つ上のステージに立つことだってできます。

今の時代はバリバリのキャリアウーマンで稼いでいる方が、社会的地位だって爆発的に高いですよ!

③女性転職は未経験でも採用されやすい!チャレンジ精神が重要

転職を考える際に、未経験業界への転職を考える女性の方も多いでしょう。

ただ、「何のスキルも実績もない私でも大丈夫?」と不安に思うのも事実ではないでしょうか?

しかし安心してください。

未経験への転職なんて朝飯前、目をつむっていても可能だからです。

と言うのも、転職希望者のほとんどがスキルも実績も持っていないですから、そもそも恐るに足りません。

それに今の時代はどの会社も未曾有の人手不足、つまり労働者側の"売り手市場"なのです。

そのため昔に比べて未経験転職のハードルはガクンと下がっていますし、女性を受け入れる企業も増えてきており、どう考えても追い風が吹いているんですよ!

やってみたい仕事があれば、どんどんチャレンジしていくのがポイントです。

女性が転職エージェントの良さを100%引き出すために注意すべきこと

転職ノウハウについて一通り解説したので、次は転職エージェントの活用方法のポイントについても紹介します。

せっかくいいエージェント会社を選んでも、ただし使い方が出来なければ豚に真珠、全く意味がありませんよね。

そこで以下の3つのポイントを押さえてください。

①希望条件は妥協せずに正直にぶっちゃけるべし

②コンサルタントは男女それぞれ付けてもらおう

③転職時期を聞かれたら「今すぐ」とハッタリをかませ!

それぞれ深堀りしていきます。

①希望条件は妥協せずに正直にぶっちゃけるべし

転職活動をする上では、希望条件を洗い出し、その中で優先順位をつけることがセオリーとされています。

確かに教科書的にはそれが正解ですが、転職エージェントと接する際には、あまり謙虚にならなくてOKです。

「年収は絶対に上げたい」
「休みだって欲しいに決まってる」
「女性が働きやすい会社しか嫌だ!」

こんな風にあなたの本音をきちんと伝えることが大事です。

なぜならば、一瞬でも隙を見せれば、エージェント側に転職活動の主導権を握られてしまうからです。

あくまで望むことは全て伝え、その上で現実的な選択肢を選べばOKなので、最初から下手に出るのは悪手です。

多少オラつくぐらいが丁度いいですよ!笑

②コンサルタントは男女それぞれ付けてもらおう

転職エージェント会社に登録する場合は、複数エージェントに登録するのがセオリーだとはお伝えしました。

その先の話ですが、コンサルタントは男女それぞれつけるようにしましょう。

例えばリクルートエージェントでは男性、パソナキャリアでは女性といったイメージです。

男女それぞれの立場からキャリアを考えてもらえれば、違った視点で自分のキャリアを客観的に見つめ直すことだって出来ます。

偏った意見に流され、一時的な感情の高ぶりで転職先を決めようなフライングがなくなるので、より質の高い判断が出来ますよ!

なお、コンサルタントについては初回面談以降に要望が出せるので、自分の希望する性別や年齢層などを伝えればOKです。

③転職時期を聞かれたら「今すぐ」とハッタリをかませ!

最後はコンサルタントとの向き合い方に対する注意点です。

エージェントに登録して初回面談を行うと、まず間違えなく聞かれるのが転職時期に対する質問です。

「具体的にいつ頃の転職を考えていますか?」と聞かれます。

この質問に対する答えですが、「今すぐにでも」一択の返答でOKです。

仮に転職時期が定かではない場合でも、転職する意欲が強いことをコンサルタントにPRしておく方がいいです。

と言うのも、コンサルタントもあなたの本気度を見てサポートの質を変えてきます。

転職してくれそうな人に優先的にいい求人を見せますから、ハッタリでもいいので転職意欲を見せつけた方がいいです。

最終的にどうするかはその後決めればいいので、まずは初動で舐められないように振る舞うことも大事ですよ!

まとめ:今回紹介した女性向きおすすめ転職エージェント一覧

では最後に、本記事で紹介した女性向け転職エージェントおすすすめ7社をもう一度記載しておきます。

リクルートエージェント ・求人数No.1=女性に提示できる選択肢が最多
幅広いキャリア、年齢に対応することが可能なエージェント
・女性コンサルタントも多く同じ目線で寄り添ってもらえる
マイナビエージェント 第二新卒&20代女性のキャリア支援に圧倒的な強み
・30代に向けてキャリアを再構築したい女性は登録必須
・中小企業のまったりホワイト求人を多数扱っている
パソナキャリア 女性の転職支援に最も力を入れる総合型エージェント
・アドバイザーもほぼ女性で同年代の方に付いてもらえることが多い
女性が働きやすい職場に絞って紹介するのが得意
type女性の転職エージェント ・女性転職に完全特化しているエージェント
・男性向きの求人が混ざっていないので「選択と集中」が出来ている
・絞り込みすぎているので全体を俯瞰する目線が求められる
DODA(デューダ) ・女性のキャリアアップ&スキルアップ転職に圧倒的な強み
・将来に向けて年収アップしたい女性が一番使いたいエージェント
・女性向きの「非公開求人」が豊富と定評あり
Spring転職エージェント キャリアが弱い人でも必ずサポート(面談)がしてもらえる
短期離職,ブランクあり,正社員の経験弱いといった方でも利用可能
・他社エージェントに断られてしまった人におすすめ
JACリクルートメント ハイキャリ女性の転職支援が得意なエージェント
・大企業出身者や管理職経験ありの30〜50代の女性におすすめ
外資系企業の求人も多いのが強み

なお、繰り返しになりますが、転職エージェントは複数登録をして比較してみる事が重要です。

それぞれの会社ごとに強みや弱みが違いますし、担当者との相性の問題だってあります。

どれも無料で登録出来ますから、まずは色々使ってみて、最終的には自分にピッタリ合うエージェント1社に絞り込んで行きましょう!

最初にどこに登録すべきか迷った場合は、本記事中盤でも紹介した通り、リクルートエージェント、マイナビエージェント、パソナキャリアの3つでOKです。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

リクルートエージェント、マイナビエージェント、パソナキャリアは下記の公式サイトより登録出来ます。

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
リクナビネクストの悪い評判口コミ!ブラックばかりの転職サイトって本当? 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...