転職エージェント

【おすすめ7社比較】ブライダル業界向け転職エージェントランキング!ウェディングプランナー必見

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

ブライダル業界で転職を考えた時、どの転職エージェントを使って就活すべきか悩みますよね...

しかし転職エージェントは数が多く、どのエージェントがウエディングプランナー向きなのか判断するのが難しいと思います。

そこで本記事では、ブライダル業界の転職で絶対に外せないおすすめ転職エージェント7社を紹介していきます。

各社の特徴を目的&ケース別に紹介して行くので、あなたにとってピッタリのエージェントが必ず見つかりますよ!

<この記事の結論>

ブライダル&ウエディング業界で転職を考えるのであれば、以下の3つの転職エージェントを選んでおけば間違いありません。

転職エージェントはいつでも登録出来ますが、心に余裕が無くなると登録する気すら奪われます。

求人チェックをしておくだけでも、「転職しようと思えばいつでも転職できるんだ!」と、毎日に希望が持てますよ!

おすすめ①:リクルートエージェント【取扱い求人数No.1】
→人材業界最大手&ブライダル業界の求人取扱い数No.1
→複数求人を徹底比較出来るため、キャリアの選択肢がグッと広がる

おすすめ②:マイナビエージェント【サポート力に圧倒的な強み】
第二新卒&20代でウエディングプランナー転職を考える人向き
未経験からブライダル業界にトライしたい人は必須



おすすめ③:リクシィキャリア【ブライダル特化型エージェント】
ブライダル業界完全特化型エージェント
→ウエディングプランナー経験者のコンサルタントも多数在籍


【5社徹底比較】ブライダル業界に強いおすすめ転職エージェントランキング

まず最初に、ブライダル業界で実績を持つ大手総合型転職エージェントを紹介します。

利用者の特徴&目的別にエージェントを分けて紹介していきます。

ブライダル業界の転職で絶対に外せないのは以下の5社です。

おすすめ1:リクルートエージェント【全業界取り扱い求人数No.1】

総合型転職エージェントの中でも、業界No.1のリーディングカンパニーなのが「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェント最大の強みは圧倒的な取扱い求人数であり、ブライダル特化型サイトよりもブライダル業界の求人数が多いです。

いいですか、『取扱い求人数=選択出来るキャリアの数』です。

豊富な求人数を誇るリクルートを使うことで、

「サビ残で搾取される人生はもう嫌!給与面がキッチリしている会社に絞って紹介して欲しい。

「土日休みが取りやすい企業を探し中。人手不足でコキ使われるのはもう勘弁!」

「人間関係が面倒な職場は絶対NG!離職率の低いホワイト企業を教えてください。

といった希望条件も、高確率で受け入れてもらいやすくなります。

リクルートエージェントを味方につける事で、ブライダル転職成功率もグンと上がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ2:マイナビエージェント【第二新卒や20代の転職に強みあり】

2つ目におすすめしたい総合型転職エージェントが、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントの強みは、圧倒的に若手転職に強い事。

新卒3年未満の第二新卒、あるいは20代で転職を考えている人への支援はピカ一です。

そのため、

「新卒で入社した会社と馬が合わない...転職してキャリアをリセットしたい!」

「第二新卒枠を上手く活かし、未経験からブライダル業界に転身したい!」

「30歳までにキャリアを強くしたい!長く働けそうな会社に今のうちに転職たいと思う。」

といった方にはピッタリのエージェントです。

また、マイナビは人的サポートも手厚く、面談を通して今後のキャリアビジョンをくっきりとイメージする事が出来ます。

プロのコンサルタントに相談する事で、将来への希望が一気に湧いてきますよ!

マイナビエージェント公式

おすすめ3:DODA(デューダ)【非公開求人に圧倒的な強み】

続いて3つ目におすすめしたい転職エージェントは、「DODA(デューダ)」です。

DODAをおすすめしたい人は、既にブライダル業界で一定のキャリアがある人です。

例えば、

「5年務めたけど給料が全く上がらない!年収アップを強く望んでいます。」

「もっと自分に任せてくれる会社がいい!今の会社では裁量権がなくてつまらない...」

「これまでのキャリアを活かして出来る別の仕事って何かないの?」

といった想いで転職を考えている人がドンピシャです。

DODAの求人で転職する事で、もうワンランク上のキャリアを掴む事が出来ますよ!

DODA公式サイト

おすすめ4:パソナキャリア【女性の転職支援にとことん特化】

4つ目におすすめの転職エージェントは、「パソナキャリア」です。

パソナエージェントの強みは、1にも2にも女性に対するサポートが充実している点です。

そのため、

・働く女性の気持ちに寄り添ってくれるエージェントを使いたい

・ワークライフバランスなど考慮して転職先を紹介して欲しい

・女性がキャリアアップするためにどうしたらいいか知りたい

という場合は、パソナキャリアに相談するのが一番です。

パソナキャリアを使う事で、女性転職成功率がグンと上がりますよ!

パソナキャリア公式

おすすめ5:Spring転職エージェント【世界No.1エージェント】

最後におすすめしたいエージェントが、「Spring転職エージェント」です。

この中では最も知名度が薄いですが、外資系の転職エージェントで、世界No.1の実績を誇るエージェントです。

Spring転職エージェントのコンサルタントですが、各人が自分の得意分野を持っているのが特徴です。

そのため、ブライダル業界で転職したいと伝えれば、ブライダルに詳しいコンサルタントにサポートしてもらう事も可能です。

Spring転職エージェントは他社で扱えないニッチな求人も保有していますから、お宝求人が見つかる可能性が高いですよ!

Spring転職エージェント公式

【ブライダル業界】ウエディングプランナー向きおすすめ特化型転職エージェント2社比較

続いてブライダル業界の転職に絞って求人を紹介してくれる、特化型転職エージェントを紹介していきます。

特化型は求人数がどうしても少なくなってしまうので、総合型エージェントのサブ的な位置付けでOKです。

ブライダル業界に精通している特化型エージェントとしては、以下の2社をチェックしておきましょう。

おすすめ1:リクシィキャリア【ブライダル特化の転職支援サービス】

1つ目におすすめな転職エージェントは、「リクシィキャリア」です。

リクシィキャリアは、ブライダル特化型エージェントの中では業界No.1の人材会社です。

また、担当コンサルタントもウエディングプランナー経験者の方が多く、あなたの気持ちに寄り添った支援ができるのが強み。

「女性中心の職場って大変ですよね...」

「休みがきっちり取れる会社紹介出来ますよ!」

「私も昔同じ悩みでした。転職活動一緒に頑張りましょう!」

こんな風に、経験者だからこそ、あなたの強い味方になってくれるのです。

自分の悩みを理解してくれるコンサルタントに出会えれば、モヤモヤした今の気持ちだって、一瞬で吹き飛びますよ!

リクシィキャリア公式

おすすめ2:ブライダルビズ

続いて2つ目におすすめな転職エージェントは、「ブライダルビズ」です。

ブライダルビズは全国のブライダル求人を扱っていますが、紹介されるメインのエリアは関東圏です。

なお、エージェントの拠点は東京の新宿にしかありませんので、そこまで足を運べる方が対象となるので注意してください。

ブライダルビズの強みは、求人の守備範囲が広範囲である事です。

例えば、外資系のブライダル関連企業の取り扱いがあるのは、大きな魅力の1つです。

外資系は日系と違ってサバサバした組織風土ですから、めんどくさい人間関係に悩まされる事が少ないです。

国内勤務なので英語だって不要ですし、割と狙い目の求人ですよ!

ブライダルビズ公式サイト

ブライダル業界の転職で押さえておきたい最低3社のエージェント

さて、ここまでブライダル業界でおすすめ出来る特化型&総合型のエージェントを、全部で7社紹介してきました。

転職エージェントは無料で利用出来るので全てに登録してもOKですが、現実的にそれは難しいです。

そこで現実的な方法を紹介すると、総合型エージェントで2社、ブライダル特化型のエージェント1社の、合計3社の登録が無難でしょう。

転職活動をする人の平均利用数は3社ですので、最低3社登録していればひとまず安心です。

では、その3社をどうやって選んだら良いか?

結論から言えば、総合型エージェントとしては「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社、ブライダル特化型のでは「リクシィキャリア」に登録しておけば大丈夫です。

いずれも業界のトップエージェントですから、サポート面も抜群で、求人の取りこぼしだってありません。

まずは上記3社に登録しておき、それぞれを比較検討、それでダメなら違う会社に登録するという流れでOKです。

なお、繰り返しになりますが、リクシィキャリアは東京と横浜にしか拠点がないため、関東圏在住でないと利用は難しいです。

その場合ですが、まずはリクルートとマイナビの2社で様子見をしておけばOKです。

この2社で求人数は十分に担保出来るので、コンサルタントとの相性が悪くなければ、それ以上登録する必要もないです。

基本的にはリクルート&マイナビの大手2社をメインに使っていれば、よっぽど失敗することはありませんよ!

ブライダル業界の転職を成功させるためのコツ3つ

ブライダル業界で転職を成功させるためには、エージェントの正しい選び方はとても重要です。

ただ、良いエージェント会社を選ぶだけでなく、転職活動を成功させるためのポイントを知っておく必要もあります。

ここでは、ブライダル業界で転職を成功させるために必要なコツを3つ紹介します。

これらを覚えておくだけで、理想の職場に転職出来る可能性が、グンと上がりますよ!

①譲れない希望条件は100%明白にしておこう

転職活動で絶対にこけないためのコツは、希望条件をきっちりと固めておくことです。

・年間休日110日以下の会社はNG

・年収アップが絶対条件

・女性が働きやすい環境であることがマスト

こんな風に、自分で決めた条件を曲げてはダメです。

途中で妥協したくなる時もありますが、それだと再びミスマッチ、またしても転職活動に逆戻りと負けパターンになります。

「転職では妥協も時には大事?」

そんな言葉はクシャクシャに丸めてゴミ箱に投げ捨ててOKです。

絶対に納得の行く転職にするというマインドが重要です!

②ブライダル1本に決めつけず、求人の間口を広げておこう

転職活動をするときは、出来るだけ求人の間口を広く取るべきです。

今はブライダル業界での転職が有力候補かもしれないですが、絶対に他業界にも目を向けておくのがポイントです。

今は未経験でも採用してもらえて、高年収&ホワイトな企業というのはゴロゴロ眠っています。

そんな求人を見落とさないためにも、視界を狭くしすぎないことが重要です。

総合型エージェントを使いつつ、他業界にも手を伸ばしておきましょう!

関連:アラサー女性が転職で成功するコツ&心構え!30歳前後でも未経験業種に転身は可能です

③転職エージェントが心から応援したくなる求職者になろう

最後のコツですが、転職エージェントを上手に使いこなすための極意を紹介します。

転職エージェントを使うときのコツですが、あなたの事を本気でサポートしたいと思ってもらうことが大事です。

そのためにも、初回面談では「なるべく早く転職したい!」と伝えるようにするのがポイントです。(その気がなくても言えばOK)

と言うのも、コンサルタントの方も、転職するかどうか微妙な人はサポートする気が起きません。

すると優良な求人を紹介してもらえなくなったり、サービス自体が適当になってしまうリスクがあります。

仮に今はまだ検討段階だとしても、相手をその気にさせる「小悪魔的なテクニック」は必要ですよ!




まとめ:今回紹介したブライダル業界向けおすすめ転職エージェント7つ

では最後に、本記事で紹介したブライダル業界向け転職エージェントおすすすめ7社をもう一度記載しておきます。

▼総合型転職エージェント5社▼

リクルートエージェント ・ブライダル業界の求人取り扱い数No.1エージェント
未経験からブライダル業界へ転職したい人のサポートにも強い
・男性でウエディングプランナーを目指す場合でもOK
マイナビエージェント 第二新卒や20代若手のブライダル業界転職に強み
・新卒で入社した会社がミスマッチと感じている人向き
・書類サポートなど初めての転職に優しい人材会社
DODA(デューダ) ・ブライダル業界でキャリアアップ転職を考える人向き
高年収求人が多く年収を上げたい人必須
非公開求人では同業種転職希望者にお宝求人を紹介可能
パソナキャリア ・ブライダル業界を目指す女性におすすめの転職エージェン
・長く働けるワークライフバランス重視の企業が多い
人間関係が良好な職場を率先して紹介してくれる
Spring転職エージェント ・ブライダル業界のハイクラス転職をきっちり支援
・30代以降の管理職の方の転職にも強みあり
・正社員経験なしなどキャリアの弱い人でもOK

▼ブライダル業界特化型転職エージェント2社▼

リクシィキャリア ・ブライダル特化型エージェントではNo.1
同業種転職、未経験転職のどちらも対応
ブライダル出身のコンサルタントが多い
ブライダルビズ ・ブライダルビズ独自の非公開求人あり
・上場企業から外資系ホテルまで求人範囲は広い

なお、繰り返しになりますが、転職エージェントは複数登録をして比較してみる事が重要です。

それぞれの会社ごとに強みや弱みが違いますし、担当者との相性の問題だってあります。

どれも無料で登録出来ますから、まずは色々使ってみて、最終的には自分にピッタリ合うエージェント1社に絞り込んで行きましょう!

最初にどこに登録すべきか迷った場合は、本記事中盤でも紹介した通り、リクルートエージェント、マイナビエージェント、リクシィキャリアの3つでOKです。

3つ登録するのすら大変な場合は、リクルートエージェントとマイナビエージェントだけでも構いません。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

リクルートエージェント、マイナビエージェント、リクシィキャリアは下記の公式サイトより登録出来ます。

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...