転職コラム

転職は癖になってもOKな理由!辞め癖が悪いのではなく〇〇がダメ

初めて転職を考える人、あるいは2回目以降の転職を考える人が懸念する事は「転職癖・辞め癖」ではないでしょうか?

多くの人は現在働いている会社で嫌な事や不満があると、解決の手段として転職を考えます。

しかしこうした気持ちで転職を考えるようになると、「現状を何とかしようという粘りに欠けた人間になるのではないか?」「次の会社でもすぐに転職を考えてしまわないか?」と不安に思ってしまいますよね。

ただ、ここで転職に対してネガティブな思いを強め、今の会社にとどまる事を正当化する事が正解というわけでもありません。

ある程度恵まれた労働環境で働けているのであれば残留も正しい選択ですが、サビ残が横行しているブラック企業や職場上司のパワハラが異常であるなどのケースでは、転職をしない事がむしろ"悪"という考え方すら出来るからです。

それに大企業ですら打ち上げ花火レベルのペース感でパンパン潰れていく昨今、転職回数を減らそうと今の会社にしがみついて、一緒に沈みゆく船に乗り続けるというのもまたナンセンスです。

いいですか、沈みゆく船に乗っていて評価されるのは船長だけですからね!

乗客はむしろ危機管理能力を持ち、一刻も早く脱出出来るかどうかという能力の方がよほど大事です。

今回の記事では、転職癖に対してネガティブな意見を持っている人に向けて、転職回数を重ねる事のメリット・デメリットを正しく解説していきます。

転職回数が増えると損になる事は確かに多い

転職回数が増えてきた場合、確かに損になる事は多いのは事実です。

例えば、

・年金や給与面で不利になる
・ボーナスを満額もらえる回数が減る
・企業年金の加算部分が機会損失

などなど...

要するに「もしこの会社にずっといたとすると」というベースで比較すると、明らかに損失になる部分がある事は事実です。

転職回数が増えてきた時に感じる、目に見えるデメリットがある事はきちんと覚えておきましょう。

転職は癖になってもOKな理由!転職を繰り返せば何が損で何が得かは分かる

転職を考える人の多くは、「これが最後の転職にしたい!」という思いで転職活動を始めます。

これから先の人生であと何回も転職する未来をイメージすると辛いので、ここでバチンと転職を成功させ、次こそは長く働ける職場で足元を固めたいと考えますよね。

しかし、転職回数が増える事を極端に恐れる必要はありませんよ!

なぜならば転職を繰り返したとしても、その転職経験から得られるものは山程あるからです。

仮に癖になるぐらい転職を繰り返す人生になったとしても、転職する事で何が得で何が損なのかという事ぐらいは流石に分かってきます。

例えば大企業を辞めてベンチャーに転職すれば、大手とベンチャーの違いがはっきり分かり、自分にとってどちらが合うのかも見えてくるようになります。

業界や業種をまたいで転職をすれば、自分の強みを活かしやすい職種もおのずと分かってきますよね。

一度も転職経験がない人は「この場所が全てである!」と思い込むしかありませんが、転職回数を重ねた人間には確かな経験量で自分に合った仕事を判断するノウハウが身についているのです。

さらに、今後の日本企業は業界をまたいで活躍できるジェネラリストの方が市場価値が高くなっていく事は間違いないので、定期的に転職を繰り返しているジョブホッパーにも価値がついていく事も考えられます。

なので、転職活動をする場合は「これが最後の転職だ!」と意気込むのではなく、キャリアチェンジをする事前提で就活していくぐらいの温度感の方が時代のニーズにはマッチしています。

少なくとも最初にしがみついた会社から離れる事を恐れる必要は全くありませんよ!

転職癖や辞め癖の一番の弊害は仕事に対する緊張感が切れること

転職をする事に対して、「転職が癖になるとどんどん条件の悪いところに落ちていってしまうから気をつけたほうがいい」とアドバイスをしてくるお節介がいますよね。

大抵そういう人に限って転職経験がなかったりするわけですが...

しかし、この手のアドバイスに関しては全くと言っていいほど役立たないので、くしゃくしゃに丸めてポイ捨てしてOKです。

むしろそういう人達にアドバイスをお返しするとしたら、「現状への過剰なこだわりがあなたの選択肢を狭くしているよ」という事ですよね。

そんな事よりもあなたが考えるべき転職の問題は、転職を繰り返すと"仕事に対する緊張感が途切れる"という事の方です。

ほとんどの人は転職を考えてから転職するまでの期間、ものすごく中途半端な気持ちで目の前の仕事をこなす事になります。

別に完全手抜きというわけではないと思いますが、その会社で一生生きていくわけではないと分かれば、全力投球をするのは流石に無理ですよね。

でも、ここで消化試合をする時間が長くなってしまうと、結局個人のスキルが全く伸びず、人材としての市場価値が低くなってしまう事が最大の懸念なのです。

もしかしたらあなたは「一度転職をしたら癖になってしまわないか?」というモヤモヤした気持ちで仕事をしているかもしれませんが、本来のリスクは転職回数が増える事ではなく、中途半端な気持ちで仕事をしている時間が長くなる事の方ですよ!

シンプルに今の仕事が嫌で辞めたいのであれば、一刻も早く辞める準備をして、本気で打ち込める仕事ができる時間を1秒でも長くする事が最重要事項である事を忘れてはダメです。

スキルアップやキャリアが好転する転職癖をつけよう!

繰り返しになりますが、転職癖がつく事自体は全く悪い事ではありません。

例えば銀行のような傾斜産業に見切りをつけて、伸び代のあるIT業界に身を移すというのは完全に攻めの転職が出来ているのでどう考えても好事例です。

しかし、IT系だっていつかは成熟産業になって行くので、自分が働く期間内に業界の寿命が尽きそうだと思えば、サッと伸び代のありそうな業界に身を移すフットワークの軽さが大事になってきます。

つまり、短期間で転職を繰り返す事になったとしても、それがスキルアップやキャリアアップを意識しての転職になっているのであればむしろ全然OKですよ。

少なくともシャープみたいに海外資本に買収されてしまう所まで落ち込んでいるのに、転職する事すら出来なかったダメな大人よりは遥かにレベルが高いですからね。

結局転職というのはタイミングがすごく大事です。

今自分が取り組んでいる業界の寿命が切れる前に素早く身を移し続ける事さえ意識していれば、転職癖というのはむしろメリットでしかないですよ!

昭和の時代の価値観を押し付けてくる老害がいるかもしれませんが、今は時代のスピード感が昔とは違うので、現役世代として正しい転職を選択していきましょう。

悪い転職癖がつかないためにも転職エージェントにアドバイスを貰おう

きちんと考えて転職を行えるのであれば、転職癖がついても全く問題はありません。

転職を重ねる事で本当に自分がやりたかった事にたどり着ける事もあるので、一つの会社に固執してみたり、転職は1回までみたいな変な縛りプレイをする必要はありませんよ!

ただ、とにかく我慢が出来ないだけという悪い転職癖はデメリットしかないのも事実です。

しかしこれは転職先とのミスマッチが原因なので、転職する前の事前リサーチを徹底すれば回避できる事です。

転職でミスマッチを避ける時のコツですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!