転職コラム

転職で「大失敗」する人の思考法!転職しない方がいい人の特徴とは?

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

現状の会社に不満がある方であれば、転職してガラッと人生を変えたいと思うのは当然です。

ただその一方、転職して失敗する事だけは死んでも避けたいと思うのではないでしょうか?

「今よりブラック企業に闇落ちしたらどうしよう...」

「転職大失敗!こんな事なら今の会社に残った方が良かった...」

こんな風になってしまう事を恐れ、転職に一歩踏み出せない人は多いと思います。

しかしここで思考停止するなかれ!

なぜなら、転職で失敗する人には共通のパターンがあり、それを知る事で転職ミスを避ける事が出来るからです。

そこで今回は、転職で大失敗する人の"とある"思考法に加え、今すぐ転職しない方がいい人の特徴を解説します。

 

「転職で失敗したらどうしよう...」という考え方自体がオワコン

転職すべきかどうか悩む人の脳みそは至ってシンプルです。

一言で言えば、「自分の意思決定が間違いだったと思いたくない!」というだけのこと。

・良かれと思って転職したけどまさかのブラック企業だった

・こんな事になるなら前の会社にしがみついておくべきだった

人は自分の判断でミスジャッジを犯し、そして後悔する事をひどく恐れる生き物ですからね...

しかし、ハッキリ言ってその考え方自体がオワコンです!

人生100年時代に突入した昨今、大企業でさえ一生勤め上げる事が難しくなってきました。

そんな時代の中で、たった1社に寄生虫のようにしがみつこうとするなんて、それ自体が負け組の発想ですからね。

もちろん、北朝鮮ですら腰を抜かすレベルのブラック企業に転職するリスクがないわけではありません。

しかし、そんなの自分の努力でどうこう出来る話じゃないですよ。

例えば結婚でもそう。

「この人となら一生寄り添って生きていける」と思って一緒になっても、離婚するカップルなんて毎年ゴロゴロいますよ。

いいですか、相性の問題というのは水物です。

だからこそ、そんな事をビビっていては、物事は何も前に進まないのです!

仮に失敗したとしても、失敗から学び、次に活かせばいいじゃないですか。

"失敗したらどうしよう"

まずはこの考え方を捨てる事自体が、実は転職の必勝法と言えるのです。

今すぐ転職すべきではない人の特徴3選【コケるパターン】

転職で失敗したらどうしよう...

この考え方を捨てる事は、転職活動のスタートラインである事は間違いありません。

しかし、世の中には確実に転職失敗する人がいるので注意あれ。

そういう人は今すぐ転職すべきではないですが、その特徴は以下の3点です。

①とりあえず3年耐えた人

②スキルを求めて仕事を探す人

③自分の強みを明白に出来ていない人

それぞれ解説します。

①とりあえず3年耐えた人

"とりあえず3年"

転職を考える人であれば、誰しも聞いた事があるのがこの言葉です。

しかし、3年目のタイミングで転職を考える人が、意外とコケやすいと知っていましたか?

その理由はシンプルで、

「俺はちゃんと3年耐えた!どや!」

とオラついているど阿呆が多いから...

ただし、3年耐えた実績はそれなりに評価される事は言わずもがな!

そのため、謙虚な姿勢を持っている3年目であれば、今すぐ転職してもOKと言えるでしょう。

②スキルを求めて仕事を探す人

転職で意外と失敗しやすいのが、市場価値を上げようと躍起になっている人。

「スキルを身につければ食いっぱぐれない。」

こんな言葉に躍らされ、いつの間にか市場価値の奴隷になっているのです。

しかし、スキル重視の転職ほど失敗しやすいものはないですよ...

やりたい事とイコール関係になりずらいですし、如何せんモチベーションが続かない。

結果的に、「自分の人生の方向性ってこっちだっけ?」と必ず後悔するのです。

関連:成長を軸に転職先を選ぶとクソ不幸になる理由!キャリアアップで失敗する人の特徴とは?

③自分の強みを明白に出来ていない人

「転職で重要なのは転職の軸だ!」

この意見はごもっとも、その通りだと思います。

しかし、転職成功において一番大事なことは、転職の軸より自分の強みを見つける事です。

逆に言えば、軸があっても自分の強みを言語化出来ていない人は大コケします。

例えば、教える能力に強みがあって教育業界を志した人が、室内で黙々と参考書の執筆を任されたらどうか?

確かに転職の軸として教育業界で働けてはいますが、本人はそのキャリアに絶対納得出来ていないですよね。

それなら、教える能力をもっと活かせそうな、パソコン教室の先生の方がイキイキしているかもしれない。

別に教育業界じゃなくてもいいんです。

いいですか、結局人は、自分の強みを発揮出来る職場が天職です。

それゆえ、自分の強みを明白にしないまま転職すると、高確率でズッコケてしまうのです。

転職で成功出来そうか・失敗しそうかプロに意見を求めるべし

失敗を恐れていては、転職活動が前に進むことは一向にありません。

しかし、失敗すると分かって突っ込む事ほど馬鹿げた話もありませんよね。

そこで重要なのが、転職エージェントに相談し、自分が転職で成功出来そうかプロの意見を求める事です。

転職エージェントは"いい意味で"ビジネス色があります。

求職者と企業にミスマッチを起こさせると、自社の評判がダダ下がりします。

それゆえ、転職すべきでない人にはビシッと意見を言ってくれます。

「〇〇さんの今のキャリアだと厳しい。転職は失敗に終わるかもしれません...」 「正直なところ、今の会社でもう少し仕事を続けた方がいいと思います。」

などなど...

しかし、仮に厳しい意見を言われても、決してマイナスになる事はありません。

それならそれで、転職時期を改めて考え直すだけの話だからです。

それに、転職エージェントに相談すれば、今の自分の市場価値を知る事が出来ます。

・仮に今同業種転職したら年収は上がる?下がる?

・未経験業界で採用してもらえるポテンシャルがあるのか?

といった具合に、自分では気付く事が出来なかった、社外からの評価を聞く事が可能なのです。

自分の真の価値と向き合う事で、転職の選択肢もグッと広がりますよ!

関連:転職エージェントを「とりあえず相談だけ」で使うメリット&注意点【会社を辞める恐怖は消えます】

転職活動で最初にチェックすべきはリクルートエージェント

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...