公務員からの転職

教師からの転職を成功させる極意!教師を辞めたい人が民間企業に転身するコツを教える

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

教える事が好きな人、子供達が好きな人が選択するのが「教師」という職業です。

ただしその一方、ブラック部活やモンペ対応、サビ残の常態化など闇が深い職業の1つでもあります。

それゆえメンタルを病んで休職する教師も少なくなく、日々辞めたいと思いながら仕事をしている人がまあ多いこと...

しかし、教師は潰しが効かないと言われており、転職を考えても不安な気持ちで一杯になるのではないですか?

そこで本記事では、『教師から転職して人生成功する方法』を伝授していきます。

※教師(教員)や学校の先生から転職を考える場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

おすすめの転職エージェントは、業界最大手のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントに相談する事で、転職先の選択肢もグッと広がりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

教師から転職すべき?教員を辞めたい人と思った時に考えるべきこと

教師という仕事はリスペクトに値する仕事であり、未来を担う子供たちを支援するという意味で社会的意義は大きいです。

しかし、教師という職業は自己犠牲を伴いやすく、セルフブラック化してしまう先生も少なくありません...

そのうえ、

・同じ教師から見ても変な教師が多い

・学校を卒業してまた学校に戻ってしまう人生

・常に下の子に接するため自分自身が成長しずらい

といった難点があるのも事実です。

ただし、辞める辞めないの判断基準は、個人のネガティブ感情で決めるべきではありません。

そうではなく、『学校現場の指導に本心から納得しているか』を基準にした方がいいです。

例えば皆で歌を歌う合唱。

私は昔から思っていましたが、合唱を全員に強制するなんて"同調圧力"をかけているだけではありませんか?

歌を歌って何かスキルが身につくわけでもない、勉強のように大人になってから役立つ思考力が鍛えられるわけでもない...

結局は教師が集団をコントロールしやすいよう、歌えと言ったら歌うYesマンな生徒を作り上げているだけ...

これが生徒想いの指導と言えますか?

他にもまだあるでしょう。

当たり前のように毎年作る「学級目標」。

そもそも家が近いという理由だけでランダムに集められた集団に対して、共通の目標を作らせる事に何の意味があるのです?

部活など共通の目的が明白な集団であれば、目標を設定する意味は分かります。

しかし、クラスなんて個々人がバラバラの思いを持っているのに、どうして皆に同じ方向を向かそうと強要するのです?

これもまた同調圧力をかけて、教師が生徒を管理しやすいようにする洗脳作業の1つではありませんか?

さて、熱くなりましたがこれは私の個人的意見、反論も当然あるでしょう。

ただしここで言いたいことは、『学校組織の指導に納得していない教師がいるのなら、直ちに転職した方が幸せになれる』ということ。

自分の本音で教育に向き合えない、単なる公僕としてやらされ教育をするなんて空虚な人生だと思いませんか?

自分の人生を賭ける価値のない仕事で消耗する必要はありません。

転職してもっと納得のいくキャリアを歩んだ方があなたのためですよ!




教師から転職は難しい?辞めたい人が転職を成功さる方法&おすすめ転職先

教師を辞めたいな...

こう思った時に頭をよぎるのは、

「教師からの転職は難しいのでは?」
「教師からの転職先なんてあるの?」

ということだと思います。

しかしこの点は安心あれ、教師からでも民間企業に転職することはちゃんと出来ます。

では、教師からの転職先としてどう言ったものが有力か?

まず1つ目は王道ですが、教師から塾講師に転職するというケース。

これは転職成功率がかなり高く、学業の指導のみに専念したい人には天職だと断言出来ます。

塾であれば文科省の指導要綱に従う必要もなく、あなたらしさを発揮しやすいです。

人間は自由度の高い環境で働いた方が、幸福度や満足度が高いことは言わずもがな。

塾講師は教師の完全上位互換な職業ですよ!

関連:【7社比較】教育業界おすすめ転職エージェントランキング!塾講師や先生から転職するコツ

教師から塾講師、これは王道ルートですが、それ以外にもおすすめな転職先はあります。

それが、「教育分野をITの力で変革しようとする企業」です。

例えば教育現場で使えるAIソフトを開発していたり、学習効果を上げるためのアプリを開発している会社などです。

これらは当然民間企業ですが、今まさに学校の先生を転職者として迎え入れていると知っていましたか?

やはり現場で指導経験がある人の知見が欲しいのが企業の本音。

そのため、IT企業における教師の市場評価は極めて高いのです。

教師からIT業界に転職する、これからもっとスタンダードになるキャリアチェンジですよ!

関連:【11社比較】IT&Web業界でおすすめ転職エージェントランキング!未経験でもOK

教師から転職する場合の注意点!コツを掴めば30代や女性も余裕

少子高齢化が進み若手の人材難が加速する昨今、教師からでも民間企業への転職は容易になりました。

ただし、公務員からの転職となると、一点だけ注意すべきことがあります。

それが、『利益にコミット出来る人材であるか』ということです。

教師という職業の場合、どうしても社会貢献や子供の成長といった利益以外の部分にフォーカスしがちです。

しかし民間企業の面接で見られているのは、「あなたを雇った時自社の利益アップに繋がるか」という点です。

そのため、「人の役立つ仕事がしたい」「教育を変えたい」など熱い想いを語るのはほどほどにすべき。

あ、この子は公務員気質が強すぎてダメだ...

こんな風に秒速でお祈りされてしまうからです。

ただ、面接での自分の売り込み方は意外と難しいのも事実。

そこであなたにおすすめなのが、後述する「転職エージェント」を味方につけることです。




教師を辞めたい人は転職エージェントに相談してみよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!公務員から民間転職を成功に導くおすすめ転職エージェント7選▼

あわせて読みたい
公務員から民間にキャリアアップ!おすすめ転職エージェント7選【徹底比較】 「自分は公務員だけど民間に転職したいと本気で考えています!」 公務員の方が民間転職を考える際は、転職エージェントを使ってキャリアチ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...