職業・職種の悩み

社会福祉士を辞めたい人が転職を成功させるコツ!ソーシャルワーカーから転職したい人必見

福祉系の専門学校や大学を卒業した後、社会福祉士の資格を取って、そのまま就職する人は多いです。

福祉系の中では待遇や給料面でも決して悪い水準ではなく、経験を積めば積むほど年収も上がっていくので、安定した職業だとも言えますよね。

・困っている人の支えになりたい
・医療行為は出来ないけど心の支えになりたい

といった人にとっては、社会福祉士の仕事は魅力的に感じるでしょう。

しかし、実際に社会福祉士として働いてみると、理想と現実のギャップに苦しむ人も少なくありません。

・やっていることは介助や事務作業などの雑用
・相談に乗っている内に自分も心を病んでしまう
・サービス残業が意外と多い
・女性中心の職場で人間関係が難しい

などの理由から、社会福祉士を続けることがしんどいと感じる人も多いのです。

実際に社会福祉士の離職率は高く、せっかく国家資格を保有していても、違う業界に転身して行く人が後を絶ちません。

そこで今回は、社会福祉士を辞めたい人向けに、ソーシャルワーカーが転職を成功させるコツを紹介していきます。

※社会福祉士(ソーシャルワーカー)から転職を考える場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

おすすめの転職エージェントは、業界最大手のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントに相談する事で、転職先の選択肢もグッと広がりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

社会福祉士を辞めたい人は自分の気持ちに正直になろう

社会福祉士を辞めたいな・・・

そんな風に感じてしまったら、まずは自分の本音に正直になる事が大事です。

例えば、社会福祉士を辞めたいと感じる人の多くは、自分自身の存在価値について疑う事が多いです。

福祉というのは、医療や看護とは別領域に位置していますが、実際に患者さんへの貢献度を考えた時に、果たして自分は価値があるのか?と疑問を感じやすいですよね。

実際に患者さんからの必要度を比較しても、医師や看護師、介護士のように直接的に必要とされる機会は割と少なく、自分の仕事に意味を感じずらくなる人は多いです。

そういった微妙な立ち位置にいるせいか、現場の医師や看護師との関係がギクシャクしてしまう事も多く、人間関係のトラブルも起きやすいのも離職率が高い理由の1つです。

このような状況の中で、

「本当にこの仕事を続ける意味があるのだろうか?」

と思ってしまったのであれば、一度その気持ちと真剣に向き合う事も大事ですよ!

社会福祉士の中には、実際に福祉としては必要とされず、介助の仕事を任せられたり、書類整理などの雑務を任されるだけという人も多いですよね。

福祉の仕事のつもりで入った人からすれば、一体自分の業務の守備範囲はどこからどこまであるんだ・・・とギャップを抱えてしまうのは無理ありません。

このように、入社して間も無くミスマッチを感じる人が多い職種ですから、自分が今の仕事に対してどう考えているのかを、一度きっちり整理してみましょう。




社会福祉士を辞めて介護士に転職・・・はオススメしない

社会福祉士を辞めて転職を考える場合、身近な例でパッと思いつくのが「介護士」ではないでしょうか?

確かに、人をサポートするという意味では近い職業ですし、同じ福祉というジャンルですので、キャリアとしての筋は通っています。

しかし、社会福祉士を辞めて介護士に転職するのはオススメ出来ません。

と言いますのも、介護業界は、小売・飲食と並んでブラック御三家として殿堂入りしている職種です。

給料については年収300万未満になる事はザラ、おまけに慢性的な人手不足ですので、常に残業続きの毎日になる劣悪な労働環境です。

介護という仕事自体は誇れるものですし、社会的な意義は大きく、人から求められやすい仕事です。

ただ、実際に介護職を志す事は相当の覚悟が必要だという事を忘れるなかれ。

長時間肉体労働を毎日のように行い、それでいて年収300万以下となれば、こんなの生活保護以下、完全にワーキングプアですよ・・・

なんとなく福祉の仕事で重なるものがあるから・・・といった安易な理由で介護職を選ぶと、これまたドロップアウトしてしまうので、慎重に考えて仕事選びをしていきましょう!




社会福祉士を辞めたいなら一般企業に転職すればOKです

社会福祉士という専門的な職種についてしまうと、

「他の仕事に転職する事は無理」
「潰しの効かないキャリアだ」

と考えてしまう人が意外と多いです。

しかし、こんな嘘八百な情報に踊らされていてはいけませんよ!

そもそも、福祉大学の卒業生の進路を見ても、介護や福祉などの道に進まずに、普通にOLを選択する人もいますよね。

つまり、転職する時でも理屈は一緒で、その人物のバックグラウンドがどうであれ、未経験業種に転職する事は十分可能であるという事です。

福祉という枠組みに捉われてしまい、変に自分のキャリアの枠を狭くしないようにしましょう。

ただ、福祉という特殊な経歴を持っているので、一般企業の面接では、少し変わった目で見られる事は避けられません。

そこで、社会福祉士から一般企業に転職を考える人は、面接のPRでたった1つの事を意識するようにしておきましょう。

それが、「自分を雇うと、その会社にどのような利益をもたらすかを説明する」という事です。

社会福祉士という職業柄、

「相手の立場に立って話を聞いてあげる」
「相手が言おうとしている事を汲み取ってあげる」
「問題に対して最適な解決策を提示してあげる」

という、ある種営業マンにも通じるようなスキルが身に付きます。

面接ではこのようなポイントを伝えればいいので、自分の能力をアピールする分には困らないでしょう。

しかし、福祉という仕事をしていると、どうしてもビジネスマンとしての視点が抜けているのではないか?といった印象を受けやすいのが難点です。

福祉という職業ですので、どうしても公務員的というか、社会貢献という意味でのカラーが強いのでは?というネガティブな印象を持たれてしまうのです。

そこで、一般の企業の面接を受ける場合は、自分を採用する事で会社の利益に貢献出来るという事を、きちんと言葉で説明する事が重要になってきます。

例えば福祉サービスの体験談から自分の強みを伝える場合でも、

『前職ではお年寄りの悩みに寄り添う際には、極力相手にトークをさせ、出来るだけ情報を具体的に引き出す工夫をしてきた。これは営業の仕事をする場合でも活用できるスキルだと思う。この強みを最大限発揮し、御社の売り上げに貢献していく所存です。

といった風に、最後に会社の利益に繋がる強みである事を、ちゃんと伝えてください。

こうする事で面接官も、

「この子は営利企業で働く上で大事な事を分かっている。公務員のような雰囲気で仕事をしているわけでもないし、うちでも活躍してくれるだろう。」

といった風に、前向きに採用を考えてくれるのです。

転職面接では、このようにコツさえ掴めば異業種でも内定は貰えますから、キャリアの選択肢を広げ、どんどん新しい業界にチャレンジして見るといいですよ!




社会福祉士を辞めたい人は転職エージェントに相談しよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング! 女性が転職を考えるのであれば、女性の気持ちに寄り添ってくれる転職エージェントを使いたいですよね? 「〇〇業界は女性のキャリアアッ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...