転職コラム

人手不足だけど退職したい!会社を辞めたくても辞められない時の対処法

・今の会社を辞めて新しい事にチャレンジしたい!
・今の会社より好条件の会社で働きたい!

現在勤めている会社を辞めて転職を考えている人は多いです。

しかし転職組がどうしても考えてしまうのは"転職するタイミング"ではないでしょうか?

特に人手不足な企業に勤めている場合、今自分が抜けると残されたメンバーの負担が大きくなるため、中々会社を辞めるタイミングを見つけられないという悩みを抱える人も少なくありません。

ただ、会社が人手不足である事と、自分自身の人生の意思決定は全く別次元で考えるべき事です。

そもそも人手不足の会社というのは慢性的に人手不足ですし、しばらく時間を空けたからといって環境が変わる可能性は極めて低いですよね。

そうなれば人手不足を理由にいつまでたっても退職出来ないですし、そうなれば個人の自由もへったくれもあったものではないです。

まさしく会社の奴隷...

今回の記事では、人手不足の会社に勤めているが退職を考えているという人に考えて欲しい事を紹介しています。

人手不足でも退職してOK!個人の自由は会社の都合より上です

「自分は会社を辞めて違う人生を歩みたいと思っている、しかし退職するとなると会社は人手不足を理由に引き止めしてくる」

このような場合に、1人の社会人としてどうすべきなのかを悩む人が多いです。

しかし、この命題は道徳の問題でも、答えのない問題でもないです。

なぜなら「あなたの自由にするのが正解だから」です。

自分の中で今の会社を退職したい、違う会社に転職したいと思ったのであればその感情が全てじゃないですか。何もやましい事なんてないです。

そもそも会社というのはいつ社員が辞めてもおかしくないという状況を踏まえて会社経営をする義務があります。

仮にあなたが辞めて会社が困るとしても、それは社員が辞める可能性をきちんと考慮せずに行動した会社に全責任があると考える事に何も問題などありませんよね。

いいですか、いかなる場合においても社員個人の自由は会社の都合に優先するのです。

人手不足な会社を退職する事を悪だと思うことなかれ

社員個人の自由は会社の都合に優先する、そうは言っても人間としての心の問題で罪悪感を感じる人がいるのも事実です。

人間というのは論理では分かっていても、感情で納得出来るかどうかは別だからです。

しかしだからと言って、『退職=悪』と考えてしまうのはどう考えてもミスジャッジです。

その思考法でいけば会社の人手不足が解消されるまで自分の人生は会社に委ねられてしまいますし、そのままダラダラと仕事を続ける羽目になり、結局身動きが取れなくなるリスクだってあるんですよ!

あなたの中で何かしら今の会社を辞めて別の環境を選択したいと思った理由は何ですか?

・今よりも年収を上げて暮らしを楽にしたい
・もう少し福利厚生が整った優良企業で働いて安定したい
・キャリアアップをして将来使えるスキルを身につけたい
・本当にやりたいと思える事が見つかった

いろんな理由があると思いますが、それらを現実のものに変えるには、結局環境を変えるしか手はないと思ったはずです。

もしかしたら職場の中には、「人手不足なのが分かっていて仕事を辞めるなんて人として...」などと罵声を浴びせて来る人がいるかもしれません。

でもそれはあなたのせいじゃない。

その人が会社に残るのはその人の自由意思であり、嫌なら辞めればいいのです。

でも辞めるという決断が出来ずに、会社にしがみつくしかないからあなたに八つ当たりをしているだけなので、放っておけばいいのです。

どうしてもメンタルに打撃を受けそうなら、いっその事そういった連中は「ハエ」ぐらいに思っておきましょう。ハエが飛んでいると思えば気も楽になりますよ。

それでもうるさいコバエが気になる時は、仕方ないので殺虫剤をまいてやりましょう。

オススメの殺虫剤は「アースジェット」です。2本入りがお得です!

人手不足な会社を辞めれないと悩むのではなく自分がどうしたいかを考えよう

会社を退職するタイミングというのは、様々な悩みや不安を感じる事になります。

しかし、人手不足の会社を辞めた後の会社の心配をする事に気を揉むのではなく、今後の人生で自分がどうしたいのかをもっと真剣に考えましょう。

少なくとも時間の使い方は絶対にその方がいいです。

いいですか、退職後というのは新しい自分の価値観、新しいキャリアなど選択肢がグッと広がる瞬間です。

辞めた後の会社の事を考えるのではなく、もっともっと自分の将来について真剣に考えるタイミングだと思いませんか?

・30手前に思い切ってキャリアを変えてみよう
・ワークライフバランスが重視できる働き方だけは譲れない
・手に職を付けるとしたらどんな仕事がいいのか

本来考える事は山程あるはずですよ!

自分の人生なんですから、もっと自分の事で悩んでもいいんです!

人手不足で退職する場合でも社会人としての最低限の倫理を守ればいい

人手不足であれ、倒産スレスレであれ、いかなるタイミングにおいても個人の辞める自由を縛る合理的なロジックは存在しません。

しかし、「あっ、もう辞めるんでさよなら!」みたいな態度を取ることなかれ。

個人に辞める自由が保障されている事と、社会人としての倫理観は別問題だからです。

もしあなたが、人手不足の会社を辞めるのであれば、社会人として最低限の倫理を守ればOKです。

具体的には、

①これまで雇ってもらった事への感謝を忘れないこと
②業務としてトラップを残していかないこと

の2点を守ればもう優勝です。

特に②は大事で、いわゆる引き継ぎ行為だけはしっかりやろうね!という当たり前の事です。

退職を決意した瞬間に、全ての人間は現在の業務に対する熱が氷点下まで冷え込みます。

しかし、凍りついた手を温めながらでいいので、きちんと引き継ぎをし最低限の筋を通す事を忘れないようにしましょう。

ここで適当な事をすると最悪の去り際になり、自分でもその後味の悪さを一生忘れられなくなりますからね。

会社のためというより、自分のために倫理を守リましょう!

転職活動は在職中に済ませておこう!プロの力を借りるのがポイント

今現在退職を考えている人は、在職中の早い段階からサクッと転職活動を始めましょう。

退職してから転職活動をするのはリスクが高いですし、次が決まった状態で辞める方が精神的にも相当ラクです!

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!