女性の転職

仕事を辞めたい新卒女性が転職を成功させる方法!第二新卒なら優良企業にも潜り込める

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

新卒で入社した会社と、ミスマッチを起こしてしまう女性は少なくありません。

「結局幅を利かせているのは男ども。やってられない...」

「お局さんが上司に...人間関係が辛いです。」

例えばこんな風に、思い描いていたキャリアとのギャップに苦しみ、転職を意識してしまう事がありますよね。

ただ、入社した会社を短い職歴で辞めてしまうとなると、転職活動に不安を覚えずにはいられません。

第二新卒枠があるけど、それで本当にキャリアがよくなるものなのか?

こんな風に後ろ向きになってしまうのも無理ないでしょう...

しかし、第二新卒かつ女性ということであれば、優良企業に潜り込める手はあります。

そこで本記事では、女性が第二新卒の転職を成功させるコツを解説していきます。

※短期離職というハンデを乗り越えて転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

コンサルタントに相談するだけでも、

「あれ、短期離職でもまともな会社に転職出来るじゃん!」

こんな風に、一気に前向きな気持ちになれますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

仕事を辞めたい新卒女性が転職を成功させるコツ

新卒で入社した会社が合わないと感じる。

これ自体は仕方のない事、就職なんて所詮ガチャですから、ハズレを引いたと割り切ることも大切です。

合わない会社で働くのは無理ですから、そうなると自然と転職が頭をよぎりますが、その際に必ずやっておくべき事があります。

それが、「転職に求める条件」をきちんと言語化しておくことです。

厳しい話ですが、希望条件なき転職は単なる現実逃避と全く一緒。

その態度は職務経歴書や面接での応対、あらゆる場面で企業に伝わってしまいます。

そうなれば内定は出ずらくなりますし、誰でもウェルカムの黒の組織に勧誘されるのがオチです。

ブラック企業に捕まって再び短期離職...

こうなっては職歴の傷はさらに深くなり、転落人生まで秒読みになってしまいます。

このような最悪の事態を避けるためにも、これだけは譲れない!と思える事を書き出しておくのです。

仕事を辞めたい新卒女性は年間休日120日以上のホワイトを狙え

新卒入社した企業がブラックだったり、長時間労働が蔓延しているケースだと、次の転職で不安を感じることでしょう。

「さらに待遇の悪い会社だったらどうしよう...」

「頑張って就活を乗り切ったのに、すぐにまた転職活動なんて...」

こんな風に後ろ向きになる人が多く、どうしても転職活動に足踏みしてしまいます。

しかし、第二新卒では意外と穴場求人も多く、年間休日120日以上のホワイト企業もゴロゴロ眠っています。

新卒の時であれば、休みなんて要らない、バリバリ働いて社会の役に立ちたいなどと強気な人もいたでしょう。

ただ、休日がない仕事は想像以上にヘビー、心も体も早々にガタが来てしまいます...

休みの量でキャリアを決めるなんて...こんな風に生真面目に考える必要はありません。

ワークライフバランスという言葉がある通り、社会人が年間休日を理由に転職するなんて珍しい事でも何でもありません。

特にやりたい事が明白に決まっていない方であれば、休日数は仕事を長く続ける上で最も重要です。

休みが少なくプライベートがない、趣味の旅行にもいけない、そのうえ仕事もつまらない...

こんな状況が一番最悪な状況だと思いませんか?

勇気を持って年間休日を軸に転職先を探す、これはこれで1つの成功パターンですよ!

仕事を辞めたい新卒女性向け退職理由の説明方法

新卒が仕事を短期間で辞めてしまった場合、もっとも不安なのが「退職理由の説明方法」です。

しかし、これは難しく考える必要はなく、教科書通り『背景→ギャップ→反省→改善』のフローを意識して説明すればOKです。

例えばこんな感じの流れでいきましょう。

就活では最初に内定が出た会社に飛びついてしまった。(背景)

しかし自分のやりたい事ではなかった。(ギャップ)

ミスマッチを起こしたのは自分の甘さが原因である(反省)

キャリアをもう一度見つめ直し転職を考えた(改善)

ここで重要なのは、きちんと反省している事を伝える事です。

逆に絶対NGなのが、前職の退職理由が言い訳ぽくなってしまうこと!

それだと面接官の印象が悪くなってしまいますよね...

「会社に不満があったらすぐ辞めるやつ」
「自分にも落ち度があったはずなのに・・・」

こんな風に悪い評価をされるのを避けるべく、反省するところはきちんと認め、将来に向かって気持ちを切り替えている姿勢を見せるのが重要です。

面接官だって、若い人材が最初のキャリアでつまずく事など承知しています。

ちゃんと反省している謙虚を見せれば、素直な姿を評価して採用してくれますよ!

関連:入社半年で退職&転職!辞める理由の説明方法や短期離職フォロー術を解説

仕事を辞めたい新卒女性は第二新卒でキャリアを変えよう

新卒で仕事を辞め、3年以内で転職を考える人材は"第二新卒"というくくりに分類されます。

少子化の影響で若手人材の確保に苦しむ企業が多い事から、1社目でミスマッチを起こした若手を積極的に採用しようという試みなのです。

そのため、昔であれば3年の職歴はマストとされてきましたが、現在では3年以上勤めてしまうと逆に不利。

第二新卒での応募が出来なくなってしまうからです。

第二新卒では前職の経験などではなく、若さという期待値を評価して採用を決めます。

いいですか、第二新卒の採用で何よりも重要なのは『年齢』です。

25歳より24歳、24歳より23歳と、とにかく1年でも若い事が転職では有利に働くんですよ。

「石の上にも3年」
「とりあえず3年」

なんて言葉を鵜呑みにして、無理して3年我慢してしまうと、次は中途採用で転職を考えなければいけなくなります。

中途採用は基本的に前職のキャリアを踏襲します。

そのため、あなたが未経験業界に転職したいなら、そのハードルがグンと上がってしまいます。

いいですか、第二新卒でキャリアを変えるチャンスなんてほんの一瞬です。

転職にビビってウジウジしていると、今のキャリアで一生を固定する事になりますよ!

仕事を辞めたい新卒女性は転職のプロに相談してみよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング! 女性が転職を考えるのであれば、女性の気持ちに寄り添ってくれる転職エージェントを使いたいですよね? 「〇〇業界は女性のキャリアアッ...

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

▶︎リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...