新卒お悩み相談

新卒で入社した会社が嫌いな人は転職しなさい!好き嫌いを直す必要はない

『新卒で入社した会社が大嫌い、どうしても好きになれない!』

こんな風に考えてしまう新入社員の人は多いですよね。

常日頃からこき使われていたり、理不尽な指示に従っていると、会社組織全体に対する怒りへと昇華していく事はよくあります。

かくゆう私自身も会社員時代、

「頼むから自分の会社だけブラックホールに吸い込まれてくれ。」
「ピンポイントで弊社を狙った台風21号おなしゃす。」

なんて考えていたものです。

会社という箱がなくなっても、仕事は無くならないのに、馬鹿げた話ですよね。笑

しかし、こんな事を考えてしまう時点で、人生を後ろ向きな気持ちで歩んでいること確定ですよね。

人によっては天職を見つけ、前を向いて働いて成長しているのに、自分は完全に停滞中と言ってもいいでしょう。

ここで断言させてください。

それは、

「今の会社が大嫌いであれば、転職した方が100%幸せになれるよ。」

ということです。

今回の記事では、新卒で入社した会社が嫌いだと感じている人に向けて、今後のキャリアパスについて解説していきます。

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

新卒で入社した会社が嫌い!好き嫌いを直す必要はないです

繰り返しになりますが、『新卒で入社した会社のことが嫌いだ』という人は多いです。

しかし、せっかく新卒カードを切って入社した手前、嫌いだからさよならバイバイ...とシンプルに割り切るのは難しいですよね。

すると多くの人は、なんとかして会社のことを好きになる努力をするものです。

例えば本などでよく書かれている知識を総動員して、

・会社のいい所だけを見よう
・とりあえず毎日笑顔で働こう
・共感できる部分を探そう

なんて風に、必死に会社を好きになろうとするのです。

ただ、こんなことをしていて、会社の事を好きになれる人がどれだけいると思いますか?

はっきり言いますが、自分を騙すようなやり方をしていても、会社の事が好きになることはないですよ!

特に、会社の社風のようなものが嫌い、勤務体系に納得がいっていない、と言ったケースは諦めるしかありません。

権力者や組織はそう簡単に変わらないですし、嫌いなものが好きに変化する奇跡も起きません。

にも関わらず、ひたすら我慢して、ミスマッチに耐え続けるような消化試合をするメリットがありますか?

関連:新卒で入社した会社と合わない!ミスマッチを起こした時の対処法3つ

会社員生活はまだまだ続きます。

合わない会社と今後何十年のお付き合いをしていく覚悟を決める事ほど、人生の中でしんどい事はありませんよ!

新卒の就活のやり方ではミスマッチは絶対に起きてしまいますし、それはある意味仕方のない事です。

大事なのはその後の立ち回り方で、いかにしてミスマッチを取り除く工夫ができるかどうかですよ!

「今の会社が嫌い=その逆は好き」の理論で天職を探そう

新卒で入社した会社が大嫌いな会社だからといって、決して悲観的になる必要はありません。

なぜなら、あなたは今、天職にたどり着ける確率がグッと上がっている状態だからです。

と言うのも、人は嫌いな事の裏側に、本当に興味のあるモノが存在している生き物だからです。

例えば、小中学校時代に教育のあり方に疑問を抱いていた人であれば、もっと効率よく子供達を伸ばせるサービスを開発している会社とかに興味を持ちますよね。

非効率で無駄の多い教育が大嫌い

もっと教育が効率化して欲しい

スタディサプリなど自宅で楽しく学べるアプリに興味あり

こんな感じで、過去に自分が違和感を持っていたモノが天職になるケースは意外と多いです。

これを現職の不満を例に考えると、きっと天職は見つかります。

例えば、

『とにかく業務が非効率で、無駄な仕事ばかりさせられる組織はもう嫌だ!』

と思えば、業務効率化の技術を売りにしている会社に就職するのはアリですよね。

過去に自分が非効率な事をさせられていたからこそ、企業の業務効率化につながる事業には共感できるのです。

こんな風に、自分のマイナスの感情を掘り下げ、反骨精神が上手く反映されそうな仕事を探すといいですよ!

マザーテレサが、

『愛の反対は憎しみではない 無関心だ』

と言っていましたが、人は興味があるからこそ憎しみや憎悪を感じます。

嫌いな理由にフォーカスして、自分の人生の目的を探ってみましょう!

新卒なら会社が嫌いと言う理由で退職したってOK!正社員の席はガラ空きです

冒頭でもお伝えしましたが、大事な事なのでもう一度言います。

会社の事が嫌いなら、転職した方が絶対に幸せになれますよ!

仕事というのは、やらされるモノになった瞬間退屈に感じてしまいますが、自分が興味を持って打ち込めるモノならワクワクしながら出来るものです。

と言うよりも、ワクワク出来そうな事を仕事にするのが本来あるべき姿なのです。

なので、会社の事が嫌いな状態は、何が何でも現状を打開する必要があります!

ただ、新卒で入社したばかりであれば、転職するとしても不安な気持ちで一杯になりますよね。

しかし安心してください。

今の時代は「第二新卒」という枠も用意されており、入社3年未満でミスマッチを起こした人材を積極的に採用する制度が整っています。

転職市場は未曾有の売り手市場ですので、転職先で困るような事はありませんよ!

関連:新卒で合わないと感じたら第二新卒で転職を考えよう!辞める勇気を持たないと死ぬまで搾取は続く

ただ、実際に転職活動を始めるとなると、個人でやる事が多く、どうしても挫折してしまう人が多いです。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントを上手に活用して、プロと二人三脚で転職活動を進めていく方法です!

新卒で入社した会社が嫌い!そんな人こそ転職のプロに相談しよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...