転職コラム

専門卒が大手に転職するのが難しいは大嘘!大企業に転職する方法&おすすめ業界を紹介

専門学校を卒業した後に就職するも、ミスマッチを理由に転職を考えることは難しくありません。

新卒の3人に1人が入社3年以内に転職している時代ですから、専門卒の方も一切例外ではありません。

ただ、大卒という経歴を持っていない方からすれば、転職先についてはかなり不安になるものです。

特に、そこそこのネームバリューのある大手企業で働きたいと考える人は、自分の学歴で大企業に転職出来るものか?と悩むのも仕方ありません。

しかし安心してください。

専門卒というバックボーンでも、大手企業に転職することは出来ます。

ただ、学歴としては大卒よりも弱いのは事実ですから、転職活動をする際にはひと工夫する必要があることは言わずもがな。

そこで今回の記事では、専門卒が大手企業への転職を成功させるコツを紹介していきます。

専門卒で大手に転職するのは難しい?全く難しくありません

「専門卒だと学歴が弱いから、大手企業に転職するのは難しいのではないか?」

転職を考える方の中には、自身の学歴に自身が持てず、転職する前から後ろ向きな気持ちになっている人は少なくありません。

確かに、転職市場のライバルには大卒もゴロゴロいますから、自分の学歴では埋もれてしまうのではないか...と不安になる気持ちも分かります。

しかし、転職という領域においては、学歴よりもその人物のキャリアやヒューマンスキルが重く見られる事を知っていましたか?

と言いますのも、新卒採用の段階では、一切ビジネススキルも何も身についていない人を採用するわけですから、学歴はそれなりに見るべきポイントになってしまいます。

ただ、一度社会人を経験した人を採用する中途採用においては、学歴は過去の遺産にすぎず、最も見られるのは今現在のあなたです。

高学歴だけど、ビジネススキルが微妙で、その上人間的にも難アリの人間に市場価値はつきません。

しかし、専門卒で学歴は弱いけど、一通りのビジネスマナーが出来ていて、会話していてもストレスにならない人間力を持っている人には、高い市場価値がつきます。

いいですか、採用の決め手になるのは、「あなたと一緒に働きたいか」という事です。

これは中小企業でも大手企業でも何ら変わりなく、転職面接では一番大事にされている部分です。

つまり、面接で自分を上手く売り込む事が出来るかどうかが全て、学歴をそこまで気にする必要などないのです!

専門卒が大手に転職したいなら狙い目の業界に絞って就活しよう

少子高齢化が進み、若手採用が難航している昨今、転職市場でも積極的に人材を採用しようと考える企業は多いです。

それゆえ、過去の学歴などを気にしている余裕もなく、いい人材がいればガンガン採用されるというのが現代の流れです。

しかし、このような追い風にあぐらをかいているだけでは、さすがに大手に転職する事は出来ないので注意してください。

当然ですが、専門卒という学歴で勝負する必要があるわけですから、大手に転職するための確かな戦略が必要になります。

では、その確かな戦略とは何か?

それは、「専門卒でも採用されやすい業界に絞って転職活動をする」という事です。

例えば、銀行業界などは中途で専門卒を取るような採用フローはほぼ皆無ですから、このような所を狙っても消耗するだけです。

そこで、専門卒でも比較的潜り込みやすい業界に絞り、その中で大手企業にフォーカスして転職活動をするのです。

分かりやすい例を1つ挙げれば、不動産業界などは狙い目です。

実際に転職サイトで求人を見ても、学歴不問&未経験可で大手企業が求人を出しています。

不動産業界は大きな資本を動かしますから、中小企業の数が少なく、安定した大手に就職したい人にはピッタリです。

営業系の仕事は未経験者でも採用されやすいですし、新規開拓ではなく既存の顧客との商談が仕事になっている会社も多いです。

それゆえ、「福利厚生などが整っていいる&仕事がそこまでしんどくない」といった求人もゴロゴロあり、専門卒の人でも潜り込みやすいですよ!

その他にも、IT系の分野なども狙い目の業界です。

社員年齢が若く、20代であればガンガン採用されますし、成長産業なので賃金の伸び代も期待できます。

超大企業は難しくても、ヤフーやグリーなどのメガベンチャーは滑り込む余地があり、時代の流れを加味しても美味しい転職先です。

このように、学歴にとらわれず、そこそこの大手企業に転職する事は十分可能です。

狙う業界をある程度は絞り込み、自分を売り込む事が出来れば転職は余裕ですよ!

専門卒で大手に転職するには非公開求人を活用するのが手っ取り早い

専門卒というキャリアで大手に転職したい場合、もう1つコツがあります。

それは、転職エージェントが提供している「非公開求人」を上手く活用する方法です。

転職活動をする際はエージェントに登録する事になりますが、エージェントに登録すると、一般求人とは別に、非公開求人を紹介してもらえるようになります。

ほとんどのエージェントは非公開求人を持っており、ぶっちゃけた話ですが、全体の80%〜90%は非公開求人です。

と言いますのも、あまりに求人をオープンにしすぎると、優良企業にはありえない数の応募が殺到し、人事担当者の負担が大きくなってしまいます。

そこで、各種エージェントにだけ求人情報を共有して、実際に採用されそうな見込みのある人だけに求人情報を公開しているのです。

当然ですが、この非公開求人の中に大手企業がゴロゴロ転がっており、いかにエージェントから情報を引き出すかが重要になってきます。

エージェントから非公開求人を引き出すコツですが、実際にエージェントと面談をする時に、下記のような事に注意してください。

・ハキハキとしゃべり、自分の人間力をアピールする

・転職に真剣に打ち込んでいる姿を見せる

・希望条件をある程度はっきり伝え、エージェントに紹介して欲しい求人を分かりやすく伝える

いいですか、転職エージェントも人材紹介をビジネスとしてやっています。

レベルの低い人間や、問題のある人間を企業に紹介してしまえば、それだけエージェントの評判がガクンと下がってしまいます。

そこで、転職エージェントに対しても自分を売り込む事も大事で、「この人になら非公開求人を見せてあげたいな」と思わせる事が大事なのです。

非公開求人を引き出す事が出来れば、大手企業に巡り会える可能性は広がりますし、希望の職場に転職出来る確率がグッと上がりますよ!

専門卒で大手に転職したいならプロのエージェントに相談しよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!