職業・職種の悩み

警備員から異業種に転職は難しい?警備員を辞めたい人が転職で成功するノウハウまとめ

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

警備員を辞めたいと思っている人は、下記のような悩みを抱えているケースが多いです。

「いい事が1つも見当たらない」

「負け組の代表格、社会の最底辺」

「キャリアも何もあったもんじゃない」

しかし、警備員から転職を考えたとしても、本当に上手く行くかどうか不安ですよね。

そこで本記事では、『警備員を辞めたい人が知るべき転職の思考法』をお伝えして行きます。

※警備員から転職を考える場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

おすすめの転職エージェントは、業界最大手のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントに相談する事で、転職先の選択肢もグッと広がりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

警備員を辞めたい人必見!転職しないと一生負け組です

警備員の仕事をしていると、自分の惨めさをヒシヒシと実感するのではありませんか?

・世間からは哀れみの目で見られている(劣等感)

・生きがいややりがいを感じない(虚無感や喪失感)

・将来への希望をまるで持てない(絶望感)

これらは知り合いの警備員男性が語っていた事ですが、コンプレックスの塊だと言っていました...

もちろん、警備員の仕事を全否定するつもりはありません。

警備員の方がいるおかげで、一般市民は安全にイベントを楽しんだり出来ます。

しかし残念なことに、警備員の社会的地位はどん底...

周囲の同級生と比較しても、圧倒的底辺感を味わう日もあるでしょう。

歳を重ねれば年収にも大きく差が出ますから、余計に劣等感を感じます。

特に30代以降になると、圧倒的格差を感じ、現実逃避をしたくなりませんか?

関連:30代で転職を成功させるコツと心構え!年収へのこだわりと数勝負できるしつこさがカギ

しかし、ここで一生警備員を続けるか、キャリアを磨いて前を向いて生きていくかはあなた次第です。

過去と他人は変えられませんが、未来と自分を変えることは出来ます。

人生を変える選択肢の中でも、転職は最もリスクの低いチャレンジです。

30代からでも転職は出来ますし、思い切って営業マンに転身し、トップセールスになった元警備員だって沢山います。

人生はその気になればいつでも変えることが出来るので、まずは現状をなんとか打開し、新しい環境に身を移すことを考えましょう!




警備員から異業種に転職(再就職)するのは本当に難しいのか?

警備員から転職したい...と思っても、警備員から転職するのは難しいので?と考える人は多いです。

・警備員では何のスキルも身についていない
・警備員と言うだけで見下されやすい

こんな風にネガティブに捉えてしまうと、警備員からの転職が不利だと感じるのも無理ありません。

しかし、警備員からの転職は本当に難しいのでしょうか?

結論から言えば、前職のキャリアが警備員であろうが、飲食店であろうが、小売業であろうが、転職の難易度にさほど差はありません。

と言うのも、どの人材も大したスーパーマンではないからです。

そもそも、警備員では何のスキルもつかない...と考える人が多いですが、他の業種だったら何かスキルがつくのでしょうか?

例えば飲食店で働いていた人、何か特別なスキルがありますか?

小売店で商品配列や接客をしていた人、誇れる資格や実績があると思いますか?

こうやって見渡してみると分かりますが、これといったスキルが身につく仕事なんてそうそうないですからね!

そのため、警備員だからスキルもなくて...なんてコンプレックスを抱える必要は一切ありません。

ライバルだって同じようなものです。

結局は面接でのアピールの仕方、企業との相性で合否が別れるだけのこと。

バックグラウンドを気にしすぎるあまり、転職のハードルを不必要に上げるのはもう辞めましょう。




警備員からの転職は提出書類を通過させる"コツ"を知っているかが鍵

警備員から転職しようと奮闘している人の中で、

「書類審査の段階で振り落とされてしまう...」

という悩みを抱えている人は多いです。

こういう情報を聞くと、「やっぱり警備員というキャリアが悪いのでは?」とマイナス思考になる人がいますが、それは大きな間違いです。

警備員で転職活動をする人の多くが、ハローワークを利用して仕事探しをしていますが、そもそもそれがミスジャッジです。

ハロワの職員は所詮公務員、民間転職のノウハウなんて無いですし、通過しやすい応募書類を作成する能力なんてこれっぽっちもないです。

すると求職者がオリジナルで仕上げた60点ぐらいの書類を提出することになり、案の定お祈りされるというオチが待っているだけなのです。

関連:【ハローワークの闇】ブラック企業ばかり&求人票に嘘が多い理由3つ

では、このような壊滅的な状況を避けるためにどうすべきか?

それは、ハロワではなく、民間の転職エージェントを活用して就活するのです。

転職エージェントは完全にプロですので、通過率の高い書類作成方法は完全に知り尽くしています。

1人で転職活動をすることに比べれば、書類で落とされるリスクをグッと下げることが出来ます。

それに、エージェントは企業の採用担当者とも繋がりが強く、直接交渉によって面接まで引き上げることが出来る場合も多いです。

募集要項に大卒以上と書いてあっても、エージェントを使えば高卒や短大卒でも強引に書類通過させている事例も多いですからね。

職歴に自信がない...という人ほど、上手くエージェントを使いこなすことがキーポイントなのです!




警備員を辞めたい人は転職エージェントに相談してみよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング! 女性が転職を考えるのであれば、女性の気持ちに寄り添ってくれる転職エージェントを使いたいですよね? 「〇〇業界は女性のキャリアアッ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...