第二新卒

第二新卒の転職活動を成功させるコツ!失敗しないための心構え&転職ノウハウまとめ

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

新卒入社して3年以内の若手人材は、『第二新卒』と呼ばれます。

この時期は最もキャリアを考えるタイミングで、「今の仕事が本当に天職なのか?」と考えているのではありませんか?

しかし転職を考え出すと、職歴の浅さやスキル不足を懸念して、もう少し今の仕事で粘るべきでは?と不安を感じる人も多いです。

では、第二新卒のタイミングで転職を考えることは時期尚早なのか?

結論から言えば、職歴やスキルがなくとも、若さという武器さえあれば何者にもなれます。

そこで本記事では、「第二新卒の転職を成功させるための全知識」をお伝えします。

※第二新卒枠で転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

コンサルタントに相談するだけでも、

「あれ、短期離職でもまともな会社に転職出来るじゃん!」

こんな風に、一気に前向きな気持ちになれますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

第二新卒の面接で失敗しない!転職理由の伝え方がポイント

第二新卒で転職を考える場合、99%の人間が不安に感じるのが面接における退職理由の説明です。

しかしここは難しく考える必要はありません。

なぜならば、たった1つのNG行為を避け、たった1つの成功パターンを実践するだけのことだからです。

まず絶対にやってはいけないNG行為は、前職の会社をディスることです。

どれだけブラックな仕打ちを受けたとしても、決して前職の悪口を言ってダメです。

そもそも面接官は、あなたの会社の事を全く知りません。

それに、不満をタラタラ話す人間と一緒に仕事をしたいと思うでしょうか?

愚痴りたくなる事も多々あると思いますが、そこはグッとこらえてください。

では、ネガティブな理由にならないよう、退職理由の伝え方をどう工夫するか?

それはズバリ、退職理由を話すのではなく、転職理由を伝えるように心掛けるのです。

「〇〇が嫌で辞めた」と言ってはダメです。

「〇〇がしたいと思い転職を意識するようになりました」と伝えるのです。

そもそも第二新卒の採用は、配属先のポストありきで面接をしています。

そのため、あなたの志望動機が募集職種とマッチしていれば、採用される確率もグッと上がります。

ただしここで、1点だけ注意点があります。

それは、職歴の短さ(短期離職)については、真摯に反省の色を見せることです。

いかなる理由があろうとも、短期間で会社を辞めるに至った経緯は事実。

自己分析の甘さ、企業研究不足など、自分自身に落ち度がなかったわけではないでしょう。

反省する所は反省する、その上で前向きな姿勢を見せるのがポイントなのです。

なお、詳しい転職理由の述べ方については、下記記事で詳しく解説しておきます。

関連:短期間の退職理由の説明方法!転職面接でウケがいい伝え方はこれです。

職務経歴書では自分の市場価値を分かりやすくPRしよう

「新卒で働いてまだ日が浅い、自己PRは学生時代の物を使い回すか...」

こういう事を考える社会人が多いですが、第二新卒の書類審査では120%お祈りされます。

もちろん、学生時代の経験が悪いわけではありません。

しかし、第二新卒で求めてられているのは、ピカピカの1年生でない事は言わずもがな!

一通り社会の荒波に揉まれ、社会の本音と建前を理解し、その上で己の価値観と向き合った人材が求められているのです。

そのため、提出書類に書く内容は社会人時代に経験したエピソードを盛り込みましょう。

そんな事言われても職歴なんて1年しかないし...なんて後ろ向きになっちゃダメですよ。

例え1年や2年の職歴であったとしても、社会人経験は何ものにも変えられない価値があります。

どんな仕事に取り組み、自分なりにどう課題解決し、そして何を学んだのか...

学生レベルでは絶対に語れない、経験からくる気付きがあるはずです。

"前職で学んだ経験を使って御社にどう利益貢献出来るか"

提出書類には、自分の市場価値をハッキリと盛り込むのです。

第二新卒の転職を成功に導くコツは「スピード感」

第二新卒の転職活動で失敗する人には、共通しているパターンがあります。

それが、「スピード感に欠けている」という事です。

もちろん、希望条件を満たしている求人がない、自分にはまだスキルがなくて...と先延ばししたくなる気持ちも分かります。

しかし、そんな風にグズグズしていては、あっという間にアラサーに突入しちゃいますよ。

転職したいな...と思ったということは、現職に対して何かしらの不満があったということ。

であれば、イヤイヤ今の仕事を続けたところで、満足度はちっとも上がりませんよ!

私の経験上ですが、転職活動は時が経てば経つほど熱が冷め、現状維持という逃げの姿勢に入りがちです。

もちろん、逃げた結果人生が好転するならそれは英断です。

しかし大抵の人は、「どうしてあの時チャレンジしなかったんだ...」と後悔するのがオチではありませんか?

それに、第二新卒で募集のあるホワイト求人は早い者勝ちです。

あなたよりも1秒早く動いたものが勝つ、そういった世界でもあるのです。

関連:第二新卒がホワイト企業に転職は難しい?隠れ優良企業を見つける方法を教える。

妥協転職や勢いで会社を決める事は確かにNG行為です。

しかし、転職時期を目的もなく引き伸ばし、チャレンジしない言い訳をするのはもっとNG行為です。

前職で学んだ反省点も踏まえ、前向きに転職活動に乗り出しましょう。

第二新卒の転職活動を成功させたいならプロのエージェントを使おう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

▶︎リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...