職業・職種の悩み

ルート配送ドライバーは楽な仕事か?転職のメリット・デメリットを紹介

近年転職市場で密かに人気を集めているのが「ルート配送ドライバー」という職種です。

ルート配送ドライバーは決まったルート内で個人宅や会社などに荷物を運搬するというシンプルな仕事で、勤務する会社によって何を配送するかが変わってきます。

学歴や職歴を見られないですし、年齢が上がっても転職しやすいという利点が人気の理由で、営業のようにノルマを抱えることもないので、精神的にも比較的穏やかに仕事が出来るのが特徴です。

このような理由からルート配送ドライバーは転職市場では応募が殺到する求人の1つですが、安易に申し込んで転職してしまうと思わぬ落とし穴にハマってしまうことがあるので注意も必要です。

というのも幅広い企業の求人が混在しているため、ブラック企業を引き当ててしまった瞬間ジ・エンドという恐ろしいリスクもあるのです。

そこで今回の記事では、ルート配送ドライバーに転職を考えている方に向けて、仕事のメリット・デメリットを解説した上で、就職ミスマッチを起こさないためのコツを紹介していきます。

ルート配送ドライバーのデメリットは残業や休日出勤

冒頭ではルート配送ドライバーのメリットばかりを説明してきましたが、仕事である以上当然デメリットも存在します。

「なんかお買い得な求人だ!」と思って考え無しに突っ込む前に、まずはマイナス面を考えてみましょう。

ルート配送ドライバーのデメリットですが、やはり勤務時間が長くなりやすいことはデメリットの1つと言えるでしょう。

荷物を決まった時間内に目的地まで届けることが仕事ですが、道路を走るわけなので、渋滞や交通事故の影響で遅れが生じてしまえば残業をしてでも仕事をやり遂げなくてはいけません。

昼食の時間も用意されていますが、昼休憩を返上してでも配達を優先させなければいけないので、仕事としてそこが割り切れるかもかなり大事になってきます。

他にも勤務時間が不定期になりやすいのもデメリットの1つです。

休日に出勤しないといけないことに加え、早朝の勤務や逆に深夜の勤務などもありますので、生活リズムが不定期になってしまうのです。

普段の食事で体調を管理したり、運動を取り入れることで健康な体を維持しながら仕事が出来ないとストレスを感じてしまうかもしれません。

健康管理術としては、筋トレを取り入れたり、夜寝る前に青汁を飲んでビタミンやミネラルを補給する等の工夫をするのがオススメですよ!

あわせて読みたい
【飲み過ぎ注意】青汁はすっきり飲めるフルーツ味に進化!野菜不足で悩む社会人集合私は会社員時代からかれこれ3年以上「青汁」を飲み続けています。 別の記事で酵素ドリンク「優光泉」を飲んでいることを紹介しましたが、健康...

ルート配送ドライバーはそこそこ高年収なので人気の職業です

ルート配送ドライバーは勤務時間がやや不定期になりやすいうデメリットもありますが、学歴や職歴不問であり、30代・40代からの転職もしやすいというのがやはり魅力的な要素だと言えます。

それでいて年収が低いかと言えばそうでもなく、会社にもよりますが年収400〜500万ぐらいを稼ぐことが出来るので、やはり狙い目の求人であることは間違いありませんよね。

年収500万あれば都内でも何とか家族を養っていける水準ですし、地方だったらもはや勝ち組に分類される年収です。

特別なスキルや実績がなくても就職出来る仕事である上、業界自体が常に人手不足で悩んでいるので、完全に売り手市場なのも追い風と言えます。

それに、人間関係が不得意な人であってもルート配送ドライバーであれば余裕で働けるのもメリットの1つですよ。

一度現場に出てしまえば自由みたいなものですからね。

会社の中でデスクワークをしたり、成果が求められる営業の仕事をすると面倒な人間関係の処世術が求められますが、ルート配送に必要なのは運転技術だけです。

今まで抱えていた精神的なストレスからは解放される上、そこそこの年収を取ることが出来ることを考えると、やはりコスパのいい仕事だと言えますよね!

ルート配送ドライバーは楽か?優良企業に就職出来るかどうかがカギ

ルート配送ドライバーに転職して、そこそこ楽な仕事をしたいと考える場合のポイントは「とにかく優良企業に絞って就活をする」ということに尽きます。

ルート配送という言葉が聞きなれないかもしれないですが、業態としては運送業の一種なので、やはり注意しないとけないのはブラック企業でしょう。

運送業では仮に大手企業であったとしても勤務体系がいい加減なところもあるのが実態です。

佐◯急便とかヤ◯ト運輸などでも賃金未払い問題が起きているので、求人を正しく見極められないと転職しても苦しい未来を呼び起こしてしまうことになります。

ホワイト企業を見分けるコツはいくつかありますが、まず最初に覚えておいて欲しいことは絶対にハローワークを使わない事です。

ハローワークの求人は求人広告費を支払わなくても掲載出来るため、お金に余裕がない悪質な企業が紛れ込んでいる可能性がめちゃくちゃ高いです。

「ハローワークを経由させない=ブラック企業を回避する」というのが転職活動の鉄則です。

あとは年間休日といった求人票に記載されている条件からブラックを回避するスキルを身につけてください。

例えば年間休日であれば優良企業はおおよそ110日以上、いいところだと120日以上のところもあるので、そういった会社に絞ってエントリーをしていくようにしましょう。

年間休日が108日とか記載されていると、かなり黒い臭いがするので、そっと蓋をかぶせて近寄らないようにしてくださいね!

と、ここまでコツを紹介しましたが、実際に求人票をチェックしながら白黒の判断をするのは素人ではかなり厳しい部分もあります。

そこでオススメなのが、民間の転職エージェントを使って、プロの目から見て怪しい求人を排除してもらう方法です。

こうする事で誤ってブラック企業に入社してしまう確率をガクンと下げる事が出来ます。

ルート配送ドライバーに転職するならプロのエージェントの力を借りよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!