短期離職

短期間の退職理由の説明方法!転職面接でウケがいい伝え方はこれです。

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

短期間の職歴を面接でどう説明したらいいのか分からない。

面接官に悪い印象を与えない退職理由の伝え方が知りたい!

入社して1年目の方の中には、すでに会社とのミスマッチを感じて、次のキャリアを考えている人も多いと思います。

しかし、転職においては短期離職という肩書きはデメリットであり、面接においてはそのマイナス面をカバーするのかを考えていく必要がありますよね。

そこで今回は短期離職をした(する予定)の方に向けて、転職面接で面接官を思わず納得させてしまうような退職理由の説明方法をレクチャーしていきたいと思います。

この記事を読み終わる頃には、「なんだ、短期離職というハンデがあっても意外に面接は乗り越えられそう!」と思えるようになりますよ!

それでは早速解説していきます。

※短期離職というハンデを乗り越えて転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

特に最大手のリクルートエージェントは便利で、コンサルタントが直接あなたを企業に推薦してくれます。

結果的に書類通過率がグッと跳ね上がり、面接も突破しやすくなります。

短期離職というバックグラウンドだって、全く気にならなくなりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式ページ】

短期間の職歴の人が面接で一番やってはいけない退職理由は「言い訳」

短い職歴を持つ人がどのように面接を突破していくのかという具体的な方法について解説していきます。

まず一番最初に解説したいのが、短期離職者が面接で絶対にやってはいけないことです。

最もNGな事とは「言い訳」です。

例えばこんな風に退職理由を説明してしまうのは最悪です。

前職では営業をしていたのですが、みなし残業と言って残業代を一切支給しない制度を取り入れており、労働基準法をフル無視して毎日深夜過ぎまで引っ張り放題の会社でした。

残業代が支払ってもらえないという搾取感からくる精神的なストレス、長時間労働が常態化した事による肉体的疲労は限界に達しており、このまま会社にい続けてはいつか命を取られると強い危機感を感じ、退職を決意しました。

面接官に自分の退職理由を納得してもらうために、前職がいかにどブラックだったのかを必死に説明したがる人は多いです。

「確かにそれは続けられないね。」と共感を求めてしまうんですよね。

しかしこれは悪手、最悪の一手だと心得てください。

確かに世の中にはコナンくんもびっくりたまげるような黒の組織が存在しているのは事実です。

当然面接官もそんな事は重々承知で、あなたの気持ちが分からないわけでもありません。

ただし、どこまで言ってもそれは言い訳。

その会社を選んだのは他でもないあなた自身。

結局のところ、嫌な事があったら他人のせいにしてしまう他責人間だというマイナス評価を受けるだけです。

面接においては、このネガティブ理由というのはいかなる理由があっても例外なく出す事は許されません。




短期間の退職理由の説明方法!転職面接でウケがいい伝え方&例文

では、ネガティブな要素を出さずに面接官に自分の退職理由を理解してもらうためにはどうすればいいのか?

それは「失敗を正直に認め、反省の姿勢を伝え、今後前向きに成長しようという意思があることを伝える」ということです。

簡単に言えば、

「前職を選ぶ際は、学生時代に就活を一瞬でも早く終わらせたいという一心で、自分が本当にやりたかったことは何かといった広い意味での仕事観を持つことが出来ていませんでした。もっと自己分析をしておけば..もっと業界研究をしておけば..と今になって悔やむことがありますが、全て自分自身の甘さが招いた結果だと考えています。」

と、まずはきっちり自分の落ち度を認めてしまうのです。

その上で、

「前職では〇〇の経験をしましたが、そこで本当に自分がやりたかった仕事は△△だったのではないか?と思うことがあり、改めてキャリアを考え直したいと思い、転職を決意いたしました。」

と、失敗から学び、しかし今は前を向いているということをアピールするのです。

正直なところ、あれやこれやと辞めた理由を正当化出来るロジックを探すよりも、素直に過ちを認めていく方が面接官のオジサン受けはいいですからね。

過ちを認め、猛烈に反省している姿勢をちゃんと見せる。

その上で失敗を改善していく意思を見せるのが、面接突破のゴールデンルールなのです。

関連:第二新卒の転職活動を成功させるコツ!失敗しないための心構え&転職ノウハウまとめ

短期間の退職理由では志望動機も面接では重用視される

短期離職者の転職活動では、志望動機の伝え方もかなり重要になってきます。

そもそも退職理由と志望動機というのは紙一重でです。

「御社を志望したから退職したんです。」というロジックを組み立てる事だってできますよね。

そのため、前職での失敗を反省しているという前置きを入れた上で、ポジティブな志望動機でこの場に来ている事を伝えるのです。

いいですか、短期離職者が面接で悪い評価を受けやすい理由はシンプルです。

それは、「採用してもまたすぐ辞めないか?」という不安が大きいからです。

であれば、「この会社では明白にやりたい事があるんです!」というPRをすべきです。

やりたいという気持ちの強さが伝われば、面接官も長く働いてくれそうだと安心するからです。

だからこそ志望動機がきっちり練っておく事が重要になります。

また、志望動機を強烈に作りこんでおく事は、短期離職を突っ込まれた時の反論にもなります。

面接官
面接官

やりたい事がはっきりしていていいね。

でも入社してからは下積み期間もあるし、雑用的な業務から飲み会のセッティングみたいな事までお願いするかもしれないけどそれでもいいの?

上記のようなケースでは、こう返しましょう。

「確かに前職では、自分のイメージしていた仕事とは違っており退職を決めました。しかし、全ては自分のやりたかった事が明白に見切れていなかった自己分析の甘さが原因でした。今回は前職の失敗を深く見つめ直し、考え抜いた結果この仕事を希望しています。例え雑用的な業務であろうが、自分が心から望むキャリア形成のためなので、必死に食らいついていく所存です。」

こうやって、『反省→考察→自分の軸→改善策』といったフローで伝えれば、面接官もその説得力を感じずにはいられません。

相手は企業なので、仕事が出来る人間の特徴はトライ&エラーが上手く出来る人間である事をよく知っています。

一度も失敗しない人間を望んでいるのではなく、仮に失敗したとしてもそれを糧に次のステップをきちんと歩んでいける人間が欲しいのです。

短期離職というハンデがあっても、面接の工夫次第でライバルとの差を一気に引き離せますよ!




短期離職者は面接前に退職理由をエージェントに添削をしてもらおう!

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...