転職エージェント

【人気8社比較】不動産業界おすすめ転職エージェントランキング!選び方のコツも紹介

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

不動産業界で転職を考えている人であれば、転職エージェント選びでコケる事だけは避けたいですよね...

ただし転職エージェントは星の数ほどあり、自分にとってベストな人材会社を選ぶのは骨が折れます。

そこで本記事では、不動産業界でおすすめ出来る転職エージェント&ケース別の選び方を徹底解説します。

この記事を読む事で、あなたにとってピッタリのエージェントを見つける事が出来ますよ!

<この記事の結論>

不動産業界で転職を考えるなら、下記の3社が鉄板です。

転職エージェントはいつでも登録出来ますが、心に余裕が無くなると登録する気すら奪われます...

求人チェックをしておくだけでも、「転職しようと思えばいつでも転職できるんだ!」と、毎日に希望が持てますよ!

おすすめ①:リクルートエージェント
→業界最大手&不動産業界の求人取扱い数No.1
→複数求人を徹底比較出来るため、キャリアの選択肢がグッと広がる

おすすめ②:マイナビエージェント
第二新卒&20代の若者向きエージェント
未経験から不動産業界にトライしたい人は必須



おすすめ③:リブロ不動産キャリア
→不動産業界特化型エージェント
→求人数は少ない&東京と大阪しか拠点がない

【人気6社比較】不動産業界に強いおすすめ総合型転職エージェントランキング

では早速、不動産業界の転職支援で実績のある、大手総合型転職エージェントを紹介します。

不動産業界では外すことの出来ない転職エージェントを、ケース別に分けて紹介していきます。

当サイトでおすすめする不動産業界向き総合型エージェントは、以下の5社です。

おすすめ1:リクルートエージェント【全業界取り扱い求人数No.1】

1つ目におすすめの転職エージェントは、「リクルートエージェント」です。

言わずと知れた業界No.1のエージェントで、不動産業界の求人取扱い数は最多です。

そのため、

「ガッツリ稼ぎたい!金払いのいい会社に絞って紹介して欲しい。」

「サビ残や休日出勤だけはNG!ホワイトな会社だけを知りたい!」

「不動産業界内でキャリアアップしたい。」

などなど、どんなニーズでもきっちり対応してもらう事が可能です。

リクルートの豊富な求人を比較する事で、転職先の選択肢もグッと広がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ2:マイナビエージェント【第二新卒や20代の転職に強み】

続いて2つ目におすすめのエージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントの強みは、第二新卒や20代の若者支援に抜群の実績を誇っている事です。

そのため、

「新卒入社した会社がブラック。第二新卒でキャリアをやり直したい!

「全くの未経験だけど不動産業界で働きたい。若さという武器はあります!」

「30歳までにはキャリアを変えたい!20代でキャリアアップしておきたい!」

といった、若手の転職ニーズに答える事が得意なのです。

"セカンドキャリアでは絶対にミスマッチを起こしたくない..."

こう願うなら、マイナビエージェントのサポートは必須ですよ!

マイナビエージェント公式

おすすめ3:DODA(デューダ)【非公開求人に圧倒的な強み】

3つ目におすすめのエージェントは、「DODA(デューダ)」です。

業界的にはリクルートエージェントに次ぐ業界No.2の立ち位置で、転職支援の実力は折り紙つきです。

そんなDODAの強みは、キャリアアップ転職を得意としている事です。

そのため、

「不動産業界は長い!あと50万でいいから年収を上げたい...」

「今の職場ではスキルが身につかない。もっとスキルアップ出来る会社で働きたい。」

「これまでの実績を活かし、もっと大きな会社で自分の力を試してみたい!」

このようなニーズがある人は、DODAが一番ピッタリです。

DODAを上手く活用する事で、もうワンランク上のキャリアを狙うことができますよ!

DODA公式サイト

おすすめ4:パソナキャリア【不動産転職を考える女性向き】

4つ目におすすめしたいのが、「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは女性転職にめっぽう強いエージェント、不動産業界でキャリアを考える全女性必須の人材会社です。

「男が幅を利かせている職場はうんざり、女性が働きやすい不動産求人はないの?」

「不動産営業はもう嫌!女性向きの事務職を教えて欲しい。」

「大事なのは福利厚生。結婚後も長く働ける会社を探している!」

このような方であれば、パソナキャリアがピッタリです。

パソナキャリアを使うことで、女性転職成功率もグンと上がりますよ!

パソナキャリア公式

おすすめ5:JACリクルートメント【ハイクラス人材の転職に強み】

5つ目におすすめなのが、「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントは完全にハイキャリ向きの転職エージェント。

30代以降のミドル層やエグゼクティブ層の支援に強みがあります。

そのため、大手企業から転職を考えている方や、前職で実績を残された方が、キャリアアップを考える際に使いたいエージェントです。

外資系の不動産会社の求人も豊富ですから、

「日本企業のドロドロした社風は嫌。サバサバした外資に興味あり!」

「実力に応じてガッツリ年収が上がる会社に転職したい!」

「不動産業界で管理職転職を考えている!マネジメント実績は強みです。」

といった方には最高のエージェントになります。

キャリアに自信がある人であれば、満足の行く求人に巡り会えますよ!

JACリクルートメント公式

【人気3社比較】不動産業界に特化したおすすめ転職エージェントランキング


続いて、不動産業界に完全に的を絞っている「不動産業界特化型エージェント」を3つ紹介していきます。

不動産特化型エージェント一覧及び特徴は、下記の表の通りとなります。

原則的には、大手エージェントで十分ですが、専門性を強く求める人にはおすすめのエージェント会社です。

おすすめ1:リブロ不動産キャリア

まず1つ目におすすめなのが、「リブロ不動産キャリア」です。

リブロ不動産キャリアは、転職サイトとしても有名ですが、エージェントサービスもきっちりと行っています。

ただし、拠点が東京と大阪の2拠点しかないので、利用できる人が限定されるのが弱みです。

リブロ不動産キャリアの特徴ですが、担当するコンサルタントそれぞれが、自分の得意分野を持っている事です。

例えば、

「大手不動産会社の転職はお任せ!」

「不動産ベンチャーの事なら何でも相談に乗れます!」

「第二新卒で不動産業界を目指す人のサポートが得意です!」

といった風に、各々のコンサルタントが強みを持っているのです。

自分のニーズにマッチしている人に出会えれば、転職活動の負担がグッと軽くなりますよ!

リブロ不動産キャリア公式

おすすめ2:いえらぶ不動産転職

続いて2つ目におすすめなのが、「いえらぶ不動産転職」です。

いえらぶ不動産転職は、全国の求人を取り扱っており、求人数も多いです。

ただ、エージェントサービスとしては、対面でコンサルタントがサポートしてくれるわけではなく、電話かLINEでのリモート支援になります。

「きっちりとサポートして欲しい!」という人には不向きですが、必要な時だけ質問に答えてくれる方が合っているという人にはドンピシャです。

正社員の転職以外にも、派遣就職やアルバイト採用などのサポートもしてくれますよ!

「いえらぶ不動産転職」公式ページ

おすすめ3:SFX Management

続いて3つ目におすすめのエージェントですが、「SFX Management」です。

SFX Managementは不動産業界全般を扱っているわけではなく、「不動産金融」の求人をメインで扱っているエージェントです。

そのため、不動産投資ファンドなどの求人にはめっぽう強いです。

基本的には求められるスキルが高いので、ハイキャリア層向きの転職エージェントになります。

銀行員や証券会社出身などの、金融機関経験者などが向いているでしょう。

不動産業界でキャリアアップしたい!という人や、金融分野に強い人は一度相談に行ってみましょう。

「SFX Management」公式

不動産業界で使うべき転職エージェントの選び方のコツ!3社を併用するのが鉄則

さて、ここまで全9つの転職エージェントを紹介してきました。

ただ、数が多くて、どれに登録するのがベストか悩んでしまいますよね。

転職エージェントは無料で利用できるので、全部登録してもいいのですが、体は1つしかないので現実的ではありません。

そこでオススメしたいのが、総合型エージェント2つ&特化型エージェント1つの、合計3つの転職エージェントに登録する方法です。

これなら現実的に併用出来る数ですし、求人数も十分担保され、飲食業界に対する情報収集としては文句ないでしょう。

では、どうやってその3者を選ぶべきか?

結論から言えば、総合型エージェントとしては「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」

特化型エージェントとしては「リブロ不動産キャリア」で問題ありません。

いずれも業界のトップエージェントですから、サポート面も抜群で、求人の取りこぼしだってありません。

まずは上記3社に登録しておき、それぞれを比較検討、それでダメなら違う会社に登録するという流れでOKです。

なお、リブロ不動産キャリアについては、拠点が東京と大阪の2つしかないのがネックです。

その場合はリクルートとマイナビの2社だけでも構いません。

大手総合型エージェントですので、この2社があればまず困ることはないからです。

どうしても不安な方は、上記2社に加えて「DODA(デューダ)」に登録しておきましょう。

これで業界BIG3なので、もう怖いものはありません。安心して転職活動が始められます!

不動産業界の転職に関するQ&A

不動産業界で転職を考えるに当たって、数々の疑問をお持ちの方も多いと思います。

ここでは、よくある疑問点として、下記の4つについて言及しておきます。

①不動産業界ってブラックな業界なの?

②不動産業界に女性が飛び込むのってどうなの?

③不動産業界の転職に宅建の資格は必要?

④転職エージェントはどうやって使いこなすべき?

未経験から不動産に転職する人向けですので、経験者の方は読み飛ばしてもらってOKです!

①不動産業界はブラックな業界なのか?

不動産業界に転職を考える人の中には、「ブラックな業界なのでは?」と不安に感じている人もいると思います。

確かに、ノルマ地獄で残業まみれ、休みが取れないという会社はあります。

しかし、ブラック企業を避ければいい話なので安心あれ。

コツとしては、「年間休日」を見ましょう。

年間休日110日以下だと黒の組織の匂いがしますので、フィルタリングしておくのが無難でしょう。

あとはエージェント会社に詳細を聞いて、プロからアドバイスを貰えば鬼に金棒ですよ!




②女性が不動産業界に転職する場合の注意点

女性の方でも、不動産業界に転職を考える人は多いでしょう。

ただ、不動産業界は男社会というイメージもある通り、全ての会社が女性にとって居心地がいいとは限りません。

そんな時は、会社の取り組みをチェックしたり、育休制度や働いている女性の数などを念入りにチェックしてください。

今の時代は女性の労働人口が増えているので、企業としても女性への配慮が出来ている会社は増えてきています。

あとはキッチリ見極めればいい話ですので、コンサルタントと話合いながら、企業研究を徹底しましょう!

関連:アラサー女性が転職で成功するコツ&心構え!30歳前後でも未経験業種に転身は可能です

③不動産業界に転職するのに宅建は不要

不動産業界に転職を考える人は、「宅建をとっておかないと内定出来ないのでは?」と不安に思う人もいると思います。

しかし安心あれ。

不動産業界の転職において、宅建が必要な会社なんてほぼありません。

そのため、転職活動前に宅建の勉強を始めるのはナンセンスです...

いえそれどころか、宅建取得に時間がかかり、年齢が上がってしまうリスクすらあるのです。

転職は若ければ若いほど有利ですから、資格取得に時間をかけるのではなく、直ちに転職活動をする方が賢いですよ!

関連:キャリアに焦って資格を取り出す女性に貧乏人が多い理由。大事なのは転職活動で勝てる女子力です!

④転職エージェントを使いこなすコツについて

最後に転職エージェントを使いこなすコツですが、担当のコンサルタントを本気にさせるように心がけてください。

エージェントに相談に行く場合は、ほとんどの人が転職するかどうか迷っている...という段階だと思います。

もちろんそれでOKなのですが、コンサルタントには、「いい会社があればすぐに転職するつもりです!」と伝えた方がいいです。

エージェント会社も転職意欲が高い人を全力サポートしますから、本気度を見せた方がお得です。

実際に転職するかどうかなんて、内定が出てから考えればいい話なので、まずはコンサルタントを味方につけるのがポイントですよ!




まとめ:今回紹介した不動産業界向けおすすめ転職エージェント8つ

では最後に、本記事で紹介した不動産業界向け転職エージェントおすすすめ8社をもう一度記載しておきます。

▼総合型転職エージェント5社▼

リクルートエージェント ・不動産業界の求人取り扱い数No.1エージェント
未経験から不動産業界へ転職したい人のサポートにも強い
・不動産業界の営業職から事務職まで全てカバー
マイナビエージェント 第二新卒や20代若手の不動産業界転職に強み
・新卒で入社した会社がミスマッチと感じている人向き
・書類サポートなど初めての転職に優しい人材会社
DODA(デューダ) ・不動産業界でキャリアアップ転職を考える人向き
高年収求人が多く年収を上げたい人必須
非公開求人では同業種転職希望者にお宝求人を紹介可能
パソナキャリア ・不動産業界を目指す女性におすすめの転職エージェン
・長く働けるワークライフバランス重視の企業が多い
女性従業員が多いホワイト職場に絞って紹介してもらえる
JACリクルートメント ・不動産業界のハイクラス転職をきっちり支援
・30代以降の管理職の方の転職にも強みあり
・不動産業界の優良外資系企業も取り揃える

▼不動産業界特化型転職エージェント3社▼

リブロ不動産キャリア ・コンサルタントはそれぞれ専門分野を保有
不動産業界出身のコンサルタントも多い
・初回面談は東京か大阪のみ
いえらぶ不動産転職 ・正社員転職だけでなく、派遣やアルバイトも広く扱う
・人的なサポートはほぼないが、転職マニュアルなどが充実
電話かLINEでサポートを受ける
SFX Manegement ・不動産業界全般ではなく「不動産金融」の求人に特化
・全体的にハイキャリア向けのエージェント
・拠点は東京のみ

なお、繰り返しになりますが、転職エージェントは複数登録をして比較してみる事が重要です。

それぞれの会社ごとに強みや弱みが違いますし、担当者との相性の問題だってあります。

どれも無料で登録出来ますから、まずは色々使ってみて、最終的には自分にピッタリ合うエージェント1社に絞り込んで行きましょう!

最初にどこに登録すべきか迷った場合は、本記事中盤でも紹介した通り、リクルートエージェント、マイナビエージェント、リブロ不動産キャリアの3つでOKです。

(※東京・大阪に足を運べない場合は、リブロ不動キャリアの代わりにDODAで代替)

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

リクルートエージェント、マイナビエージェント、リブロ不動産キャリア、DODAは下記の公式サイトより登録出来ます。

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...