転職コラム

【無意味無駄】転職に役立たない資格ランキング!使えない国家資格を教える

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

転職活動を有利に進めるべく、資格取得を考える人は多いです。

しかしながら、ほとんどの資格は転職活動でまるで役に立たない事を知っていましたか?

巷では、お金を払って資格取得を勧めるようなスクールも出来ています。

もちろん中には、時間とお金をかけるに値する資格はあります。

ただし、大半の資格はまるで無意味、取得したところで鼻くそ以下の価値しかないのです。

そこで今回は、『転職に役立たない資格ランキング』を紹介します。

この記事を読む事で、もう無駄な資格取得で消耗せずにすみますよ!

元人事が教える!転職で役に立たない資格ランキング【無意味無駄】

では早速、転職で役に立たない資格をランキング形式で紹介していきます。

本記事では、求職者が取得に躍起になりがちな資格5つに厳選して解説します。

役に立たない資格第1位:FP(ファイナンシャルプランナー)

大学生から主婦まで大人気な資格、それがFP(ファイナンシャルプランナー)です。

家計管理に役立つ資格とされており、銀行・保険・証券・不動産など様々な業界で"役立ちそうな雰囲気"を醸し出していますね...

しかし、これほどクソな資格はありませんよ。笑

と言うのも、FPなんか保有していなくたって、金融&不動産業界で働くことは出来るからです。

いえ、それどころか、FPを持たずに働いている人も多いですからね。

つまり、働く上でマストではない資格ですから、取っても全く意味がないと言うことです。

金融&不動産業界で働きたいなら、現場で生きた知識を身に付けた方が話は早いです。

これらは未経験でも入りやすいので、さっさと転職した方がコスパ良しですよ!

役に立たない資格第2位:簿記検定

資格といえば簿記みたいな所がありますが、ぶっちゃけこれも無意味です。

企業の経理的なポジションで転職を考える場合、どうしても専門的な知識をアピールしたい気持ちは分かります。

しかし、今時の経理は簿記の知識ではなく、システム入力がメインになっています。

そのため、必要なのは会計の知識よりもPCスキル。

しかもそのスキルも、社内システムを使う能力ですから、転職前にどうこう出来るものでもありません...

つまるところ、経理転職成功の鍵は若さ&ヒューマンスキルの2つだけ。

出来るだけ早く転職活動に踏み切った方がお得なのです。

関連:元経理マンが教える!経理職に強い転職エージェントおすすめ7選【評判を元に徹底比較】

役に立たない資格第3位:ITパスポート

IT業界を志す人の中には、「ITパスポート試験」を考える人も多いです。

しかし、これもクソほどにも役に立たない資格なので注意あれ!

と言うのも、ITパスポート試験はコンピューターの仕組みそのものについて学ぶもの。

実務レベルで使えることなど何もないのです。

いいですか、IT領域で求められるのは、ITの知識というよりマーケテイング能力などのビジネス力です。

どうやって集客するか?どうやって販売するか?

こういった、リアルに収益に直結するノウハウが求められるのです。

これらは実務を通してしか身に付くはずもないスキル、やはりさっさと転職してしまった方がいいのです。

関連:【11社比較】IT&Web業界でおすすめ転職エージェントランキング!未経験でもOK

役に立たない資格第4位:医療事務

女性を中心に人気を集めているのが、「医療事務」という仕事です。

資格のユー○ャンなどでは、しきりに医療事務の資格取得を勧めていますよね。

が、しかし、これまた無意味な資格です。

いいですか、医療事務に資格なんか不要です。

医療という言葉こそついていますが、実態としては普通の事務職。

医学の専門知識が求められる訳でもないですし、人手不足ゆえに採用も割とガバガバです。

わざわざお金を払って取得する意味は皆無なので、今すぐ求人応募に踏み切ることをおすすめします。

関連:【7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング!

役に立たない資格第5位:キャリアコンサルタント

転職支援や就職支援の手伝いをしたい!

このような想いを持ち、「キャリアコンサルタント」の資格を狙う人は意外と多いです。

キャリアコンサルタントを保有しておけば、ハロワや高校大学、人材会社などで採用さえれやすくなると考えるのでしょう。

しかしこれまた同様、キャリアコンサルタントの資格にはミジンコ以下の価値しかありません。

いいですか、上記のような求人があったとしても、キャリアコンサルタントが有利に活きる事はまずありません。

そもそも大抵は派遣求人、超安月給の仕事ですからね...

資格を取っても無意味、転職出来てもジリ貧。

こうなると分かっていてもまだ欲しいと思う、物好きな人向きの資格なのです。

転職に役立つ資格はTOEICぐらい!無駄な努力をするべからず

ハッキリ言います、転職においてほとんどの資格は役に立ちません。

役に立つのは、建築系の特別資格、あるいはTOEICなどの語学系の資格ぐらいのものなのです...

いいですか、転職において資格の評価は完全に"サブ"です。

それよりも重視されるのは、あなたの人間性、実務経験、やる気、若さ等である事は言わずもがな。

それゆえ、「転職で少しでも有利になるよう資格を取ろう!」と躍起になることだけはやめてください。

残念ながら無駄な努力に終わってしまいますよ...

関連:キャリアに焦って資格を取り出す女性に貧乏人が多い理由。大事なのは転職活動で勝てる女子力です!

転職に役立たない資格を取るぐらいなら自己分析を始めよう

転職の目的はただ1つ、今よりも幸せな人生を歩むためです。

であれば、無意味な資格取得で消耗せず、転職活動そのものに力を入れましょう。

なに、シンプルにやれることから始めればOK!

例えば定番の「自己分析」からスタートさせるのもよし。

私の性格は××で〜といった浅い分析ではダメですよ。

そうではなく、

・残りの寿命が10年でもその仕事をやるか?

・自分の強みは何?それをどう企業にPRする?

・世間体を気にして仕事を選んでないか?本当にやりたい事か?

などなど、根本にある課題と向き合う自己分析が重要なのです。

転職活動を始める際はプロの転職エージェントに相談するべし

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、どの転職エージェントを使うべきか悩みますよね... 転職エージェントはとにかく数が多く、その中から自分にピ...

▼あなた向き関連記事!30代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【業界プロ厳選】30代に強い転職エージェントおすすめ14社!【状況別に比較】 20代の頃はガムシャラにやっておけばOKだとしても、30代になればお金とキャリアの問題をより真剣に考えるようになりますよね。 ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...