転職コラム

肉体労働がきつい!体を壊す前に辞めたいと思った時の注意点を教える

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
コンサルタントのサポート力に圧倒的強み!ホワイトな中小企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

あらゆる仕事の中でも、最も体を壊しやすいのが「肉体労働」です。

"3K(きつい・汚い・危険)"

この3つのKに加え、残業が多い&パワハラ体質まである業界ですから、辞めたいと思うのは無理ありません。

では、肉体労働を辞めたいと思った時、今後のキャリア戦略をどう考えたらいいか?

本記事では肉体労働のデメリットを改めて整理し、現場仕事からのセカンドキャリアを考えていきます。

※肉体労働を辞めたい&転職したいと思ったら、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

現場仕事から他業種にジョブチェンジするコツなど、転職のイロハを教えてくれます。

あなたのキャリアの選択肢も、グッと広がりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

肉体労働は体を壊す!過労死リスクと背中合わせの仕事です

"残業時間が80時間"

これは俗に言う、過労死ラインの労働水準です。

しかし肉体労働の場合は、それよりも短い残業時間でも、十分過労死のリスクがあります。

特に建築現場の労働はかなり過酷...

炎天下気温40度でも御構い無し、黙々と土木作業をさせられるなんて当たり前。

辛いですよね、地獄の労働ですね...

ちなみに過去には、「高温多湿下の重筋労働」で過労死認定がなされるという事例がありました。

湿気が多く高温な現場にも関わらず、機材なしで約300個ものブロックを運ばされ、最後は心不全で命を落としてしまう...

このように、常に死と直面しながら働くことが、肉体労働の厳しさでもあるのです。

もちろん、現場作業の楽しさ・やりがいがあることは言わずもがな。

しかし、命を賭けてまでやるべき仕事かといえばそれは疑問。

他にもやりがいを感じられる仕事なんてありますし、体をぶっ壊してしまっては元も子もありません。

肉体労働きついな...

こんな風に感じたら、それはキャリアを考え直すチャンス。

どうせ一生続けていける仕事ではないですから、転職を考えるベストタイミングですよ!

肉体労働は理不尽だから辞めたい!体育会系は頭おかしいです

日本社会では、体育会系という1つの仕組みが幅を利かせています。

特に会社における体育会系の権力は以上、肉体労働の現場はまさにその典型と言えるでしょう。

"親方の言うことは法律より正しい"

こんな風に部下を洗脳していくマネジメントがなされており、まともな大人なら吐き気がするレベルです。

ただし、体育会系の風土に馴染めない己を責めることなかれ!

もちろん、今の現場が超体育会系であれば、かなり致命的なことは言うまでもありません。

しかし、あなたが働ける会社は現職だけじゃない。

合わない会社を離脱する自由があるし、労働者には場所を選択する権利だってあるんです。

いいですか、会社選びは自分の価値観を軸に行うべきです。

要するに、『同じ価値観を持った人が多い会社=働きやすい会社』ということ。

学校で進められてこの道を選んだ、現場仕事しかないと思った、友達に誘われて...

こんな理由でキャリアを選択してしまった人は、高確率でミスマッチを引き起こします。

体育会系が合わないな...と感じるなら、その気持ちに正直になった方がいいですよ!

肉体労働がきついから辞めたい!おすすめの転職先はどこ?

ここまでは、肉体労働で働く上でのデメリットを紹介してきました。

しかし、必ずしも全ての肉体労働がブラックと言う訳ではありません。

結局職場環境は属する会社によって決まるもの、業界を一律に否定するつもりはありません...

昨今の働き方改革でホワイト化している会社は多いですし、賃金水準も会社によって天と地の差が開いています。

"業界を変えなくても会社を変えれば幸せになれる"

これは事実ですから、建築&建設業界の中で今よりいい会社を探す努力はすべきでしょう。

関連:【おすすめ7社比較】建設&建築業界向き転職エージェントランキング!選び方&活用方法も徹底解説

さて一方、肉体労働はもうコリゴリと言う人もいるでしょう。

その場合は、全くの未経験業界にトライすればよろしい。

現場仕事しかしてない俺が転職なんて出来るの?、なんて悲観的になることなかれ。

いいですか、20代〜30代の若手であれば、どんな業界にだってチャレンジ出来ます。

例えば現場仕事からWeb業界に転身した人もいますし、不動産営業でバリバリ稼いでいる人もいます。

ちなみにですが、現場仕事からの不動産営業、これは鉄板でおすすめです。

精神的プレッシャーはありますが、現場仕事の肉体的疲労に比べればカス同然。

それでいて成果に応じて収入を上げていけますから、結果的にキャリアアップ転職が実現できるでしょう。

肉体労働を続けて体を壊す心配からは解放されますし、ホワイトカラーとしてキャリアを強くすることも出来ます。

現場仕事で人生くすぶり続けるぐらいなら、思い切って別業界にチャレンジすべきですよ!

関連:不動産業界向け転職エージェントおすすめ8選!総合型・特化型別に紹介

肉体労働を辞めたい人は転職エージェントを活用しよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...