転職コラム

残業代が出ない事を当たり前と感じたら人生終了!即辞めて転職の準備をしないとヤバい

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

ブラック企業の典型的なパターンは何?と聞かれて、真っ先に返ってくる答えが「残業代を出さずに残業させる」です。

会社と個人は雇用契約という契約行為で結びついていますが、あくまで我々は労働の対価として報酬を受け取る事に合意しただけです。

つまり、その線引きを超えて労働を強いるというのはまさに"奴隷扱い"されているも同じです。

1日や2日ぐらいならサービス精神で仕事も出来ますが、もはや残業代が出ない事が当たり前になり、毎日強制サビ残状態になっている企業ははっきり言って異常です。

残業代が出ない事を当たり前のように感じ出したらいよいよ末期ですよ!

いいですか、時間=命そのものです。

その時間を毎日抜き取られるなんて、死神に魂を削り取られている事と何も変わりません。

今回は残業代が出ない会社で働き続ける事について、一度しっかり考えていきたいと思います。

※残業代が支払われる会社に転職したいなら、サクッと転職を決めるのもありです。

もう搾取されて虚しい気持ちになる事はありませんよ!

リクルートエージェント公式
※今すぐ転職したい人はこちら(完全無料)

残業代が出ない事は当たり前でも普通でもなく「違法」

すでに洗脳コンプリートされている先輩社員の中には、

洗脳上司
洗脳上司

残業代が出ない事なんて社会人なら普通だよ。

アホ老害
アホ老害

残業代が出なくても一生懸命働いてるから評価されるんじゃん!

と気が狂った事を平気で口走るモノがいます。

しかし、そのような感情論的な見解は一旦隅っこに置いておきましょう。

そもそも、シンプルに法律的な視点で見れば残業代を支払わずに残業を強いる行為は労働基準法にはっきりと違反しています。

営業職などに多い"みなし残業"も大半が法律スレスレの制度で、36協定の中には月45時間以上の残業はNGにしているのにも関わらず、平気でそれをオーバーしていますよね。

しかしサビ残業が横行しており、確実に違法行為を行っている場合であっても社員側が労基に訴える事が難しいのが現状です。

なぜなら、仮に今までの不正を全て白日の下に晒し、これまで搾取され続けた分を回収してしまった場合、次は来月の給料が支払われなくなるという壊滅的な状況が待っているからです。

結局はそのようなギリギリの状態で綱渡りをしているレベルの企業だからこそ残業代を支払わないという事です。

ぶっちゃけ会社の将来性も期待できないので、冷静に考えれば即刻辞めてきちんとした企業に転職する以外根本的な解決はないんですよね...




残業代が出ない事を当たり前にしているのはあなた自身

残業代を出さない事を当たり前のようにしているのは、経営に厳しい中小だけでなく、実は一部の大企業でも起こっている問題です。

日本企業では昔から「どれだけ会社に忠誠を尽くしてきたのか」が最大の評価ポイントでした。

サビ残や休日出勤はまさにその忠誠心を試すにはもってこいであり、いかに自分の時間を犠牲にして、会社のために生きてきたのかが出世にも大きく関わっています。

その名残が平成も終焉した昨今まで引き継がれてきているのです。

ただしこれは昭和的な価値観であり、昭和の時代の制度があってこその考え方です。

大企業ですら海外企業に買収され、国の支援を受けないと厳しくなってきている昨今では、終身雇用自体が幻の制度です。

若い世代がサビ残をして会社に忠誠心を示すメリットはもはやありません。

ただ、それでもなお残業代が出ない残業が横行している原因は「労働者の弱さ」にあります。

一度正社員として雇用されてしまうと、ある程度の職歴を稼がないと次の転職で不利になるため、経営者はその弱みを上手く利用し、残業代をピンハネしてあなたをこき使っているのです。

辞めたくても辞められないという状態は時に人間の思考を停止させ、やがては"正当化ロジック"を作り上げます。

「残業代が出ない事なんてまあ普通じゃない?」とか「雇ってもらった恩もあるから多少の事は目をつむるべき」とかね。

人間は自分が搾取されている状況でも、そこから抜け出す術を持っていなければ、現状を正当化してしまう弱い生き物なのです...




残業代が出ないのが当たり前の会社を普通だと思うのはもう辞めよう

では、残業代が出ないにも関わらず残業を続けるしかないこの壊滅的な状況を打開するにはどうしたらいいか?

答えは小学生でも思いつくぐらいシンプルです。

そう、「きちんと残業代が支給される会社に転職する」という事です。

いいですか、あなたは今自分が働いている会社しか目に見えていないかもしれませんが、日本には会社なんて無数に存在していますよ。

しかも、これだけコンプライアンスや労働問題が取り上げられる昨今、残業代不払いといった問題は週刊誌やマスコミが息を殺しながらスクープを狙っているため、企業としてもかなり慎重になってきていますよね。

電通社員の自殺問題が報道されて以降、日本企業はとにかくブラック企業の烙印を押される事にビビりまくっています。

つまりある程度名の知れた企業に転職しておけば、かなりの確率で残業代不払いといった最悪の事態を避ける事は出来るんですよ!

いいですか、今の会社で残業代は支払われない事が当たり前になっているからといって、他の企業もそうであると決めつけるのはダメですよ。

ちゃんとした企業に就職すれば「働いた分は賃金として返ってくる」という当たり前の待遇が受けられるのです。




残業代が出ないのに労働するのは現代版奴隷そのもの

残業代が出ないにも関わらず、当たり前のように残業を強いられている場合は、即転職を決意しましょう。

他の誰がそれを認めてくれなくても、私が認めます。笑

やっぱり思うんですが、残業代も出ないのに自分の時間を吸収されるのっておかしいじゃないですか。

かつて哲学者ニーチェはこんな事を言っています。

あらゆる人間は、いかなる時代におけるのと同じく、現在でも奴隷と自由人に分かれる。自分の一日の三分の二を自己のために持っていない者は奴隷である。

会社員として働いている人には耳障りな言葉かもしれませんが、やっぱり自分時間を持っていないのって普通に奴隷ですからね。

賃金が発生しているのであればいいのですが、賃金が発生していないのに時間を差し出す意味は本気で分からりません。

そんな企業とはオサラバして、自分の人生を歩むための第一歩を踏み出すべきです。




残業代が出ない事を当たり前にしている会社は即辞めて転職したほうがいい

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...