転職コラム

残業50時間で手取り20万円程度なら転職した方がいい!安値で買い叩かれてます。

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

正社員として勤務していれば決して避けることが出来ないのが残業です。

残業に関わる社会人の悩みは常に尽きることがありません。

例えば月に残業を50時間ぐらい行っているのに、いざ給与明細を確認してみると手取りで20万円程度しか行っていないというケースです。

残業をたくさんすることでガツガツ稼ぐことが出来るのならモチベが上がりますが、50時間も残業して手取りが20万円程度というのは流石にやるせないですよね。

批判を恐れずハッキリ言えば、ブラック企業にいいようにコキ使われているだけです。

残業時間が長くなり、おまけに安月給であることが当たり前になってくると、人は搾取されていることにも気付かなくなるという法則があります。

あなただって気をつけていないと、あっという間に会社に洗脳されてしまいますよ!

今回の記事では、残業時間が50時間もあるのに手取りが20万程度という状況に切り込みを入れていきます。

※残業代が支払われる会社に転職したいなら、サクッと転職を決めるのもありです。

もう搾取されて虚しい気持ちになる事はありませんよ!

<この記事の結論>

長時間の労働、それがあなたの身体をボロボロにしているのは言わずもがな...

こんな言い方はしたくないですが、覚○剤を濫用して身を滅ぼしていく人と変わりないですよ。

最初の頃は体を騙せていても、まるでボディブローのように、じわじわと後になってから効いてきます。

軽く想像してみてください、数年後に自分の体にガタがきている事を...

休みなしの長時間労働、それは"時間差"であなたを襲うのです。

では、こんな壊滅的な状況を打開するにはどうしたらいいか?

そんなの簡単、真っ当な労働環境で働ける職場に身を移す事です。

ただ、いきなり転職と言っても難しいはず。

そこでオススメなのが、転職したいと思った時にいつでも転職できるよう、下準備だけは完璧にしておく事です。

例えば転職サイトに登録しておき、隙間時間に気になる求人をチェックする、これだけでも人生は激変します!

転職サイトはただ眺めているだけでも、

「あっ、辞めようと思えばいつでも会社なんて辞められるわ」

「あれ、転職さえすればワンチャン年収上がるんじゃない?」

「老害上司がうざい事言ってきたらワンパン入れて辞めたろかな。」

といった風に、根拠のない自信まで溢れてくるから不思議なものです。

(こんな↓ダサい状況は絶対に回避出来ます)

おすすめの転職サイトですが、「リクナビネクスト」です。

関連:【悪い評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

リクナビネクストは業界最大手の転職サイトで、あらゆる業界・あらゆる職種の求人がチェック出来ます。

スマホで求人をチェックしているだけでも、何故か無敵になったような気分になるので、心の安定にも繋がりますよ!

▶︎リクナビネクスト公式【3分で登録完了】

残業50時間で手取り20万円程度なら自分の安売りです

月の残業時間が50時間もあるのにも関わらず、手取りが20万円程度である場合、考えられるケースは以下の2つしかありません。

①絶賛サービス残業

②固定給が最低賃金以下

そもそも労働基準法では、所定の時間を超えて労働者を働かせる場合は賃金を割増して支払う必要があるとされています。

割増率はおおよそ25%増しが一般的ですが、仮に時給1000円だとしても、残業した場合は時給が1250円になっていなければいけないのです。

すると残業時間が50時間の時点で、月の残業代は62,500円は支給されていないとおかしい計算です。

固定給が20万円だとしても、手取りにするなら23万円程度はないとさすがにおかしいです。

それに、今回は便宜上時給を1000円で計算していますが、正社員の時給はもう少し高めに設定されています。

つまり、残業50時間しているにも関わらず手取りで20万円程度というのは明らかに安値で買い叩かれているのです!

「そうは言っても正社員ってだけでありがたい」

「自分だけじゃなくて同僚もみんなそうだから」

こんな風に聞き分けのいい子になってはいけませんよ!

あなたのそういた良心を巧みに利用し、搾取されている状態に疑問すら感じさせなくするのがブラック企業の洗脳の手口です。

そうやって洗脳作業がコンプリートされた社員を社畜と呼びますが、経営者からすればカモでしかありません...

あなたの人生は経営者を喜ばせるためにあるわけではないはずです。

こんな所で自分の安売りをしても、幸せになんかなれませんよ!

<キャリアコラム>

長時間労働にも関わらず給料が安い場合は、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▶︎ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説

残業50時間だと平日のプライベートはほぼありません

残業時間に見合った残業代が支払われていれば、仮に長時間労働を強いられても耐えられる人は多いです。

しかし、対した残業代も支給されず、安月給でこき使われ続けることは精神的にも肉体的にもかなりハードですよね。

そもそも残業が50時間になるということは、帰宅出来るのも夜9時以降になってしまいます。

そうなると平日のプライベートな時間なんてほぼないに等しいです。

家に帰って簡単なご飯を食べ、ちょっと休憩して風呂に入って寝るだけ。少し余裕があればベットの中でYoutubeを見るぐらいのものですよね。

仕事=人生そのものというハイパー社畜さんでもない限り、こんな人生を続けることって苦痛でしかないはずです。

生きていく上で働くことは仕方がないとしても、最低限1日の疲れをリフレッシュ出来る時間ぐらいは確保しないとやはり厳しいです。

家に帰ってアロマ焚いてみたり、Amazonプライムで見たい映画を見たり、家族と時間を共有したり...

このように脳みそをスッキリさせる時間を平日に確保出来るかどうかは人生の質に大きく作用します。

自分にとって見返りの少ない残業のためにプライベートな時間を生贄に捧げるのは絶対に辞めた方がいいです。




残業50時間以下で今の手取りを維持出来る会社はゴロゴロあります

残業時間が50時間もあるにも関わらず、手取りが20万程度である現状を打開するには、まず自分の常識を破壊することが大切です。

おそらくあなたの頭の中では、「残業をそこそこして手取り20万程度はよくある話」という固定観念があるでしょう。

しかしちょっと視野を広げてみれば、いかに自分の会社が異常なのかはすぐに分かります。

ちょっと例を出しましょう。

例えばルート営業という職種であれば、年収400万程度は確保出来ます。

ルート営業は新規開拓がないため労働時間が長期化しづらいため、比較的残業をせずに手取りを増やすことが出来る仕事の代表格です。

多少残業をしても構わないと考えているのであれば、大企業の関連会社あたりを狙って就活することで年収を30〜50万押し上げることだって可能です。

今の仕事だと残業をすればするだけ実質時給が下がっているのでやる気が出ないですが、働く時間を増やすことで見返りが大きくなる企業ならモチベも上がってくるはずです。

こうやって違う業界を少し知るだけでも、今の自分の状況を疑うことが出来ます。

ぶっちゃけた話ですが、残業時間を50時間もこなせているのであれば、働く会社を変えるだけで年収なんかサクッとアップしますからね。

残業50時間以下で手取り20万以上の企業なんて探せばゴロゴロ転がっているので、転職という選択肢をきちんと用意しておくべきでしょう。




残業50時間で安月給で消耗する前に逃げ道を用意しておくべき

残業を50時間もやっているのに手取りが増えない人生は、完全に搾取されています。

しかし、厄介なのはそれだけに非ず。

残業50時間はかなり長い方ですから、徐々に体力的にもガタがきてしまいます。

「毎日死ぬ気で働いているのに、お金が増えない。なんだこの人生。。。」

疲れがたまってくると、徐々にこのように自暴自棄になり、ある日突然ポカーンと行ってしまう事も全然ありえます。

いわゆるうつ病の症状の典型ですが、普段しっかりしている人こそ突然発症してしまいますからね。

こんな最悪の事態を回避する方法ですが、元気な内に"逃げ道"を作っておきましょう。

例えば、転職エージェント(サイト)などに登録しておき、いざとなればいつでもこの環境を抜け出せるようにしておくべきです。

心に余裕が生まれれば、会社に無駄に搾取されずに済みますし、自分のキャリアを悲観する必要もなくなりますよ!

転職活動と言えば大げさですが、自分の身を守るために、キャリアについて深く考える事は大事なのです。




残業50時間で安月給を抜け出すなら転職一択!プロに相談すべし

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...