短期離職

入社1ヶ月で退職して転職理由はどうする?仕事を1ヶ月で辞めたい人必見!

 

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

入社してまだ1ヶ月の新卒だけど既に耐えきれない、仕事辞めたい...

入社して1ヶ月で退職したとして、転職面接ではどうやって理由を説明したらいいんだろう...

高校や大学を卒業していよいよ社会へと飛び出た矢先、いきなりブラック企業に捕まってしまった人は多いです。

早速出鼻をくじかれてしまって本当に苦しいですよね...

「上司の異常なパワハラ」

「残業代を一切支払わないサービス残業の強要」

「自爆営業をせざるをえない無茶苦茶なノルマ」

このように新入社員の心をへし折る洗礼が会社にはたくさん用意されていますよね。

しかし、一旦入社を決めてしまった以上、例えブラック企業であってもそう簡単に辞めるという決断をするのは難しいのが現実です。

入社1ヶ月で退職となれば、転職活動を行う際もどのように面接で説明して良いものなか想像もつかないのではないでしょうか?

そこで今回は、入社して1ヶ月で既に退職を考えているという人に向けて、面接官を納得させられる退職理由&今後のキャリアの考え方について解説していきます。

今の現状を正しく理解し、今の自分が取り得る最適解を探していきましょう!

※短期離職というハンデを乗り越えて転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

特に最大手のリクルートエージェントは便利で、コンサルタントが直接あなたを企業に推薦してくれます。

結果的に書類通過率がグッと跳ね上がり、面接も突破しやすくなります。

短期離職というバックグラウンドだって、全く気にならなくなりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式ページ】

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

入社1ヶ月のスピード退職は転職市場ではかなりのハンデ

一番最初に今のあなたの状態を冷静に整理してみましょう。

まず、仮に入社1ヶ月でスピード退職をした場合、今後のあなたの人生はどういた方向に向かっていくのか?ということです。

結論から言えば、1ヶ月で退職しても次の転職先は見つけられるが、転職面接においてはかなりハンデを背負った状態で戦うことは覚悟しなければいけないという状況です。

おそらくご自身でも理解しているとは思いますが、入社して1ヶ月で会社を辞めるというのは、事実だけを見ればかなり特殊な状態だと判断するしかないですからね。

もし病気や親の介護などやむを得ない理由があるならともかく、就活ミスでブラック企業に入社してしまっただけであれば、面接官が受ける印象は「嫌なことがあればすぐに逃げる人」となるのはしょうがないことです。




入社1ヶ月で退職した程度の職歴なら書かなければバレないのか?

では、入社1ヶ月の職歴ならそもそもない方がマシだと考え、履歴書や職務経歴書には一切書かずに、まるで既卒で就活決まらなかったかのように装い転職活動をするのはどうか?

これは毎年多くの新入社員が考えることですが99%無理だと思ってください。

なぜならば社会保険に加入している場合は、前職の加入期間はいずれ転職先の企業に知られてしまいます。

面接ではうまく隠せても、内定後の書類提出の場面で即バレるからです。

運良くバレない場合はそのまま入社できるかもしれないですが、リスクが高すぎるので絶対にやめてください。




入社1ヶ月の退職では失業保険が支給されない!転職活動中の資金繰りも厳しい

次に、入社1ヶ月でスピード退職した場合の金銭的な側面も考えてみましょう。

退職後に転職活動を始めるとしても、やっぱり一定のお金が必要になると思います。

しかし、頼りの失業保険も勤続期間1年未満の者には支給されないですし、当然1ヶ月では退職金も出ないところがほぼ全てでしょう。

つまり、金銭的にもある程度の貯蓄がないと厳しいですが、新卒がそこまで蓄えがあるとは思えないので、かなり厳しい戦いにはなってきます。

あわせて読みたい
新卒1年未満の退職は失業保険が出ない?雇用保険の落とし穴! 新卒で入った会社とミスマッチ... こうなれば第二新卒でキャリアを刷新し、新しい道に進むのが得策です。 しかし、いざ辞めて転職活...

入社1ヶ月で退職した場合の転職理由をどう説明するか?

では、入社1ヶ月で退職した場合の諸々のハンデやデメリットを踏まえた上で、転職活動を成功させることはできないか?という疑問に答えていきましょう。

結論から言えば、「退職理由を納得のいくカタチで説明できれば転職は出来る!」です。

面接官だって人間です。

若い人が就活でミスをしてしまうことぐらい知っているし、山口組の組長でもびっくりたまげてしまうようなヤクザ企業があることも知っています。

だからこそ、たった1回ミスジャッジをしてしまっただけの未来ある若者を即座に見捨てるようなことはしないです。

その代わり、面接における「退職理由の説明の仕方」についてはかなり細かく見てきます。

面接において短期離職のキャリアをカバーするコツについては「短期間の退職理由の説明方法!転職面接でウケがいい伝え方はこれです。」でも書きましたが、あなたの反省している姿が見られていると心得てください。

要するに辞めた原因を会社のブラックな体質のせいにするのではなく、

「自分のやりたいことを学生時代に考えきれていなかった。」

「業界に対するサーチ力も完全に不足していた。」

と反省していることをPRし、キャリアをもう一度考え直した上で面接を受けに来ていることを猛烈にアピールするということです。

基本的に短期離職の面接はこのパターンで押し切るのですが、入社1ヶ月の場合は特にその押しの強さが重要になってくると考えてください。

ただでさえ短期離職は「すぐ辞める奴」と思われてしまうのに、1ヶ月で退職となると、企業側が不安に思う気持ちもより強くなってしまいます。

例えば以下のような論調で説明するといいでしょう。

私は前職をたった1ヶ月という短い期間で退職しております。その理由は1にも2にも「自分の甘さが招いた結果である」と反省しております。

前職を選んだ理由も、「一般的にいいとされている企業だったから」「大学の同期も何人か就職するから」といった、自分自身の本音を全く掘り下げていないもので、結果として入社してからすぐに後悔することになりました。

それでも必死に食らいつこうと考えましたが、上司の期待に答えることも出来ず、同期にもたくさん迷惑をかけてしまい、仕事が遅かったせいもあり働きすぎて体調を崩したこともありました。

学生時代のちっぽけな自分に期待してくれた会社には本当に申し訳ない気持ちしかありません。

ただ、こんな苦い思いを経験してきたからこそ、今はどんな求職者よりも自分のキャリアを見つめ直すことに真剣になれたという強みも持てました。

御社では、0からやり直す覚悟で最大限貢献したいと考えております。

たった1ヶ月で辞めているという自分の甘ちゃん具合を隠すことなく前面にさらけ出し、誰にも負けないぐらい猛省してください。

その上で、ここから改善しようという強い意思をこれでもかと言うぐらい感情的にぶつけるのです。

そうすれば人事の人だって「こいつは他の求職者と熱量が全然違うな。」と好印象を抱いてくれます。

これは職歴が1年とかある人は逆にPRしづらい手法なので、職歴が短いというマイナス面を活用出来ますよ!

ライバルと差別化できるという点では、スピード退職は武器になるのです。

とにかくスピード退職者の場合は、スキルや強みなどを押すのではなく、ひたすら反省&改善の熱エネルギーで押し切り、面接官の心に訴えることがポイントです。

このやり方がちゃんと出来れば、職歴1ヶ月であろうがちゃんと面接は突破できますよ!




入社1ヶ月で仕事を辞めたい人が今考えること3つ

さて、ここまでは面接の突破方法を言う視点で具体的な戦術をお伝えしてきました。

ここからは、入社1ヶ月で仕事を辞めたいと考えてしまった人向きに、今考えてほしいこと&しておくべきことをお伝えしたいと思います。

①何とか職歴を3ヶ月まで伸ばせないか考える

まず1つ目ですが、なんとか職歴を3ヶ月まで伸ばせないか考えてみてください。

もちろん今すぐ辞めたいという気持ちが強いのが大前提なので無理にとは言いませんが、3ヶ月の職歴を稼げれば、転職する際の書類通過率が上がりやすいからです。

もちろん1ヶ月も3ヶ月も短期離職は短期離職なのですが、書類審査的な意味では有利な状況を作れることは知っておきましょう。

入ったばかりなので有給が使えないのであれば、精神を病んだという診断書を武器に休職するのも割と現実的な手法です。

※医者は簡単に診断書を出してくれます。

あわせて読みたい
新卒や社会人2〜3年目が会社を休職する時の全知識!復職や転職への影響を解説 新卒や社会人2〜3年目のいわゆる若手社員の中には、日々の仕事に押しつぶされそうになり、毎日が辛くて辛くて仕方ないと感じている人が大勢...

②親への相談を済ませておく

次に、親への相談をなるべく早い段階からしておいてください。

1ヶ月目で強く退職を意識した場合、まず間違えなく半年以内には退職するからです。

もちろんそのまま1ヶ月以内に退職になるかもしれませんが、早い段階で親にもジャブを打っておく方が理解されやすいです。

https://okane-compass.com/short-term-turnover-parent/

③今の痛みと向き合い転職活動の軸を明白に探しておく

次に、今しか出来ないこととしては、自分の痛みにきちんと向き合っておくことです。

転職を考える時のポイントですが、前職で感じた「これだけは耐えられなかった」という点をはっきりさせておく事です。

そうする事で、企業をチョイスする段階で自分にとってのブラック企業を避けることが出来ます。

いいですか、転職活動というのは所詮人生のチューニングにしかなりません。

つまり"Aというプラスが欲しいならBというマイナスは受け入れる"ということです。

人生をバラ色に変えてくれるような転職は存在しないので、自分の中では「絶対これだけは嫌だから」というネガティブな部分に向き合っておけるかが重要です。

それが後の転職活動の軸にも繋がると思っておいてください。




入社1ヶ月で退職を考える人は1分1秒でも早く転職活動に着手すべし

入社1ヶ月という短い期間であっても、ぶっちゃけ嫌なものは嫌だというのが今の本音だと思います。

色んな意見があって、「最低でも1年は続けろ」と言って来る人もいるかもしれないですが、あなたにその1年って本当に生きている心地しない1年になるのは間違いないですよ。

毎日時計を見ながら「早く時間過ぎてくれ〜」って長い長いカウントダウンをする人生って意味ないですよ。

人生の消化試合なんて絶対にしちゃいけない。

そこで現段階で言いたいことは、今すぐ転職活動を始めるべきだとうことです。

あっ、ここで言う転職活動とは何も「転職面接をガンガン受けろ」という意味ではないです。

いつでも辞めれるように、少しでも早く辞められるように転職の準備を始めるのだって立派な転職活動です。

なお、新卒1年目が転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職にオススメの転職エージェント一覧▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...

p.p.s

以下では第二新卒向きのコラム記事を記載しています。

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職に関する全知識▼

あわせて読みたい
元人事が語る第二新卒の転職活動の進め方・やり方!失敗しないための全知識「新卒で入社したものの、やっぱり合わないこの会社...」 「第二新卒で転職したいけど、やり方がサッパリ...」 今後の自分のキャ...

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職で絶対に失敗ためのノウハウはこちら▼

あわせて読みたい
第二新卒がホワイト企業に転職は難しい?隠れ優良企業を見つける方法を教える。 新卒でミスマッチを感じた場合、第二新卒で転職を考える事になります。 ただし第二新卒で転職するとなると、 「第二新卒なんてブラッ...
あわせて読みたい
文系出身の第二新卒が転職を成功させるための全知識!営業以外にも道はあります 新卒で入社した会社が合わない場合、第二新卒カードを使ってやり直し就活をする事が出来る時代になりました。 少子高齢化が進む昨今、若手...

▼あなた向けの関連記事!第二新卒で転職してキャリアアップする方法はこちら▼

あわせて読みたい
第二新卒でキャリアアップ転職するための全知識!キャリアを上げる方法を教える 新卒で正社員として無事就職するも、今のキャリアのまま進む事が正しいのか、疑問に感じながら働いている人は多いです。 経団連やトヨタ自...

▼あなた向けの関連記事!第二新卒で転職するのが正解かどうか悩んでいる人へ▼

あわせて読みたい
第二新卒で転職するか迷いがあるなら辞めておけ!大失敗する人の特徴を教える 新卒で入社した会社が合わないな...と思った時、頭の中をよぎるのが、第二新卒での転職です。 昔は最低でも3年は勤めないと転職が難し...
あわせて読みたい
第二新卒の転職で役立つおすすめ本6選!元人事がジャンル別に紹介 新卒で入社した会社とミスマッチを起こしてしまった場合、第二新卒の枠で転職を考えることになります。 関連:新卒で合わ...
あわせて読みたい
第二新卒で転職して120%後悔する人の特徴3つ!逆に転職すべき人はどんな人? 「せっかく第二新卒で転職したのに後悔している...」 ハッキリ言いますがこれは人生の終わりの始まり、真っ逆さまに下落していくパター...