転職エージェント

『JTB沖縄人財バンク』の評判・口コミ!特徴・サービス内容も徹底解説

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

「JTB沖縄人財バンク」は、沖縄県の転職活動に特化した地元に根付いた転職エージェントです。

しかし、転職エージェントとしてはかなり無名ですから、実際に利用するとなるとためらう人がほとんどではないでしょうか?

そこで今回は、実際にJTB沖縄人財バンク転職を使った人の評判&口コミを参考に、転職エージェントとしての強みを解説していきます。

この記事を読むことで、沖縄県の転職活動で使うべきエージェントが、ハッキリと見えてきますよ!

<この記事の結論>

JTB沖縄人財バンクは、沖縄県の転職支援を得意とするエージェントです。

そのため、沖縄の企業に対する知識は抜群で、より専門的なアドバイスが受けられる事が魅力です。

▶︎JTB沖縄人財バンク【公式ページ】

※JTB沖縄人財バンクは、沖縄権の転職に特化している優れたエージェントです。

しかし、「全体的な求人数では大手エージェントに劣る」「紹介される企業がパッとしない」と言うデメリットがあるのも事実。

そこであなたにオススメしたいのは、最大手リクルートエージェントとの併用です。

合わせて活用する事で、転職先の選択肢がグッと広がりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

JTB沖縄人財バンクの評判&口コミ!沖縄県の転職で役立つの?

ではさっそく、JTB沖縄人財バンクの評判&口コミをチェックしてみましょう。

ネット上で気になった口コミは、以下の3つです。

口コミ①未経験でも入りやすい企業が多い!旅行業界初心者にも優しい

まず1人目の口コミですが、未経験者の転職でかなり使えるエージェントとの声です。

女性の口コミ
女性の口コミ

JTB沖縄人財バンクでは、旅行や観光に関する求人が多いとのことで利用を決めました。

私自身は業界未経験者でしたが、そんな自分でも働けそうな求人が多くて驚きました。

とにかく旅行好きな人は相性がいいと思いますよ。

JTB沖縄人財バンクでは、旅行業界の求人をメインに紹介してくれます。

ただ、求職者の中には「私には何の経験もスキルもない...」と不安に感じている人も多いと思います。

しかし安心してください!

JTB沖縄人財バンクの求人では、未経験OKのものが非常に多く、他の業界からのキャリアチェンジにも寛容です。

JTB沖縄人財バンクを使うことで、旅行業界でキャリアを歩み始めることが出来ますよ!

口コミ②プロが全てサポートしてくれる。書類対策・面接対策など全部です!

続いて2人目の口コミですが、コンサルタントのサポート力を絶賛する声です。

男性の口コミ
男性の口コミ

自分自身、今回が初めての転職で不安だらけでした。

しかしJTB沖縄人財バンクでは、企業に提出する職務経歴書なども丁寧にチェックしてもらえますし、面接のポイントも企業ごとに教えてもらえます。

途中から自信もついてきて、本当に感謝しています。

JTB沖縄人財バンクでは、沖縄県での転職を成功に導けるよう、ありとあらゆるサポートを提供してくれます。

中でも書類対策と面接対策は最も求職者泣かせですから、この2点は特に力を入れて支援してくれます。

コンサルタントからきちんとアドバイスをもらう事が出来れば、

「あっ、職務経歴書でPRすべきポイントはここか!」
「なるほど、過去の面接では〇〇について聞かれたのか!」

などと、自分の中で"受かるイメージ"がかなりしやすくなります。

プロ目線で転職ハック術を教えてもらえるので、選考通過率もグンと上がりますよ!

口コミ③求人数は限定的。様々な業界と比較出来ないのもデメリット

続いて3人目は悪い口コミですが、求人が限定的&他業界と比較できないのはデメリットとの声です。

女性の口コミ
女性の口コミ

旅行業界にも興味があり、JTB沖縄人財バンクを利用。

ただ、100%旅行業界と決めていたわけではないので、途中から他業界の求人と比較できないのがストレスに...

やはり紹介してもらえる業界が限定的なのはネックですね。

JTB沖縄人財バンクでは、紹介される求人は旅行&観光に関するものがメインです。

これは良く言えば求人が絞り込まれていて探しやすいということですが、悪く言えば選択肢が狭いということになります。

そのため、旅行業界以外のキャリアも合わせて考えたい人には、正直言って不向きなエージェントと言えるでしょう。

そこで当サイトでお伝えしたいのは、大手の総合型エージェントも合わせて併用したほうがいいという事です。

総合型エージェントは求人数が多く、全業界・全職種の求人をバランスよく取り揃えています。

当然旅行業界の求人もありますから、複数の業界を比較しつつ、旅行業界メインで探すという戦略にも向いています。

なお、沖縄転職でおすすめしたい大手総合型エージェントですが、以下の3社が王道です。

求人数もピカイチで沖縄にも強いですから、転職活動をスイスイ進めてくれますよ!

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

JTB沖縄人財バンクを使って転職すべき?本当に使えるメリット3つ

以上、JTB沖縄人財バンクに関する評判&口コミの紹介でした。

ただ、これだけの情報だと、JTB沖縄人財バンクで転職活動すべきか?という点でまだ悩むと思います。

そこでここからは視点を変えて、JTB沖縄人財バンクの強みについて解説していきます。

JTB沖縄人財バンクの強み分かれば、あなたにとって使う価値のあるエージェントかどうか、ハッキリさせる事が出来ますよ!

①旅行業界の仕事に強い!旅好きな人のキャリアを応援してくれる。

②ハイスペは高待遇!語学力を活かした仕事も多数あり

③沖縄に移住したい人にもおすすめ!現地民が沖縄生活についてもレクチャー

それぞれ解説していきます。

①旅行業界の仕事に強い!旅好きな人のキャリアを応援してくれる。

JTB沖縄人財バンクの圧倒的な強み、それは旅行業界の転職支援です。

エージェント名からも分かるように、旅行業界大手のJTBグループが運営する人材会社ですから、独自のコネクションをキャリア支援にも活かせているのです。

そのため、沖縄で旅行に携わる仕事を考えている人であれば、JTB沖縄人財バンクを使わないという選択肢がありません。

また、JTB沖縄人財バンクでは純粋なる旅行業の他にも、旅行に関連する仕事の取り扱いも多いです。

例えば宿泊施設やホテルでの仕事、あとはウエディング分野の仕事紹介も可能なのです。

旅行×キャリアで仕事探しをするのなら、JTB沖縄人財バンクは外せませんよ!

▼【徹底比較】旅行業界で本当に役立ったおすすめ転職エージェント8選&賢い活用法▼

あわせて読みたい
【8社比較】旅行業界で役立つおすすめ転職エージェントランキング!賢い活用法とは? 国内・海外問わず、人々の笑顔を創出しているのが、旅行業界の社会的意義です。 そんなトラベル産業に興味を持つ人も多く、転職し...

②ハイスペは高待遇!語学力を活かした仕事も多数あり

JTB沖縄人財バンクでは、高学歴・高スペックな人材への転職支援も抜かりありません。

特に"語学力"を活かせる仕事に興味がある人はそそられる求人が多く、通訳の仕事を筆頭に、外資系企業の紹介も受けることが出来ます。

「得意の英語を使って仕事をしたい」
「中国に留学していた経験あり。このキャリアを活かしたい!」

などの転職ニーズがある人は、かなり高待遇な求人も用意されていますよ!

自分のキャリアを言語中心で考えたいと願うなら、JTB沖縄人財バンクは強い味方になってくれますよ!

▼【最新版】外資系&グローバル企業におすすめ転職エージェント8社を徹底比較▼

あわせて読みたい
【8社比較】外資系&グローバル企業におすすめ転職エージェントランキング 外資系&グローバル企業で転職を考えた時、どの転職エージェントを使って就活すべきか悩みますよね... しかし転職エージェント...

③沖縄に移住したい人にもおすすめ!現地民が沖縄生活についてもレクチャー

JTB沖縄人財バンクでは、キャリア支援と同時に沖縄県への移住支援も行っています。

JTB沖縄人財バンクでは、沖縄現地に詳しいコンサルタントが多数在籍していますから、住む場所や生活習慣などもかなり具体的にレクチャーしてくれます。

そのため、

「沖縄での生活が不安。県外からの転職を考えるものです...」

「仕事は魅力的だけど、沖縄でのライフスタイルが気になります!」

「沖縄ってリゾート地としては魅力だけど、生活する上では実際どう?」

といった風に、沖縄での生活について不安がある方の悩みに対して、心から寄り添ってくれます。

JTB沖縄人財バンクを使うことで、沖縄でのキャリアだけでなく、ライフスタイルまで一気にイメージ出来るようになりますよ!




【沖縄県向き】転職活動で使いたいその他おすすめ転職エージェント3選

JTB沖縄人財バンクは、沖縄の転職において圧倒的な強みを持っているエージェントです。

ただ、JTB沖縄人財バンクだけで全ての求人をカバー出来ないため、他社のエージェントも同時にチェックしておくべきでしょう。

沖縄の転職でも強いエージェントとしては、以下の3社が王道なので、合わせて紹介しておきます。

おすすめ1:リクルートエージェント【沖縄県の正社員求人取り扱い数No.1】


1つ目におすすめのエージェントは、「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界TOPに君臨する転職エージェント、人材業界の中でリクルートエージェントよりも規模が大きな会社はありません。

そんなリクルートエージェントの強みは、他社に決して負ける事のない圧倒的な求人数にあります。

現時点で見ても、沖縄県の正社員向き求人取り扱い数はNo.1となっています。

「求人数が多い=それだけ希望条件が叶いやすい」という事ですから、

「沖縄県で名の知れた会社に転職したい!やっぱり無名企業じゃ満足出来ない。」

「狙うは9-17の公務員的ホワイト企業!沖縄県でストレスなく働ける会社を徹底比較させて欲しい。」

「未経験業界への転職成功&年収アップの2つを同時に実現させたい!」

といった個々のニーズであっても、他社エージェントに比べれば、その実現性は爆発的に高まります。

リクルートエージェントを活用するだけで、キャリアの選択肢がグッと広がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ2:マイナビエージェント【沖縄県にUターン転職&20代若手必須】

2つ目におすすめのエージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントはリクルートに次ぐネームバリューを持つ人材会社ですが、全エージェントの中で若手向きの転職実績No.1のエージェントです。

そのため、第二新卒などの超若手は勿論、入社3〜5年目の若手社員に対するキャリア支援には最適です。

マイナビエージェントはとにかく若手のニーズをキャッチしていますから、

「第二新卒で沖縄にUターンしたい!若い人が活躍できる職場に絞って教えて!」

「将来の事を考えると市場価値が上がる職業を選びたい。IT系企業でWebマーケにチャレンジしたい!」

「会社の安定性よりも今稼げるかが重要!伸びているベンチャー企業に興味あり。」

といった要望があれば、まさにマイナビの土俵です。

また、マイナビエージェントは若手向きということもあり、初めての転職活動に対する支援も抜群です。

職務経歴書の作成から面接対策まで徹底的にフォローしてくれますから、大船に乗ったつもりで就活出来ますよ!

マイナビエージェント公式

おすすめ3:DODA(デューダ)【沖縄県のキャリアアップ転職に強い】


3つ目におすすめのエージェントは、「DODA(デューダ)」です。

DODAは、業界最大手リクルートに肩を並べる業界の重鎮、沖縄県の求人数を豊富に抱えるビッグカンパニーの1つです。

そんなDODAをおすすめしたい人はズバリ、「沖縄県でもっとキャリアを磨きたい!」と考えているあなたです。

DODAは優良求人を数多く揃えていますから、キャリアアップ転職には持ってこいのエージェントなのです。

そのため、

「もっとスキルを伸ばしたい!今の会社では成長が見込めない...」

「今の会社は出世までのルートがガチガチ決まっている。もっと成果で評価されたい!」

「手取り月収20万円以下。ガチで将来不安なので年収アップ転職を強く希望!」

といった、もうワンランク上のステージを見据えている人にはハマりまくります。

DODAは非公開求人で高年収求人も隠し持っていますから、うまく活用出来ればガツンと年収を上げることも出来ますよ!

DODA公式サイト

JTB沖縄人財バンクの使い方!登録から利用までの流れを解説

JTB沖縄人財バンクを利用する際の手順について紹介します。

JTB沖縄人財バンクに登録して、実際にサービスを受ける場合は、以下のようなフローになります。

以上の流れから分かるように、JTB沖縄人財バンクについては、一旦登録さえすれば、転職に関わる全てのサポートをしてくれると思ってもらって構いません!

特に、書類作成業務などは骨が折れるので、積極的にプロのサポートを活用して、出来るだけ自分の負担を減らすといいでしょう。

また、転職時の年収交渉についても、エージェントがあなたに代わって行ってくれます。

自分でやれば企業の言い値で雇用契約する事になりますが、プロが間に入る事で、さらに好条件の年収に引き上げてくれます。

JTB沖縄人財バンクを使う事で、より効率よく、そしてよりお得に転職する事ができますよ!

内定獲得までの期間は平均して2〜3ヶ月

JTB沖縄人財バンクを利用する際の注意点ですが、必ずスケジュール感を大事にしておきましょう。

JTB沖縄人財バンクしてから、実際に内定まで持っていくスケジュールですが、平均して2〜3ヶ月ぐらいだと思っておきましょう。

具体的なタイムテーブルは、おおよそ下記の通りです。

①自己分析&企業研究(2〜3週間程度)

②履歴書&職務経歴書の作成(2〜3週間程度)

③採用面接(1ヶ月程度)

④入社日や年収の最終調整(1ヶ月程度)

ただ、これはストレートに進むケースを想定していますので、本来はもう少し余裕を持っておく事をおすすめします。

出来ることなら、転職したいと考える日の半年前からは動き始めるべきですよ!

というのも、選考が長期化することに保険をかける以上に、自分が転職したいと思う企業の面接日に間に合わないというリスクがあるからです。

あと1週間早くエージェントに登録しておくべきだった...なんて事になると笑えないので、前倒しの行動を意識しておきましょう。




最後に:沖縄転職ではJTB沖縄人財バンクと他社エージェントを併用すべし

最後に転職活動をする上での重要なポイントですが、ズバリ下記の通りです。

・利用するエージェント会社を「JTB沖縄人財バンク」1つに絞り込まないこと

と言うのも、JTB沖縄人財バンクはまだまだマイナーなサービスです。

そのため、大手転職エージェントに比べると、下記のような課題があります。

・取り扱い求人数が少ない

・社内の転職ノウハウやスキームか確立されていない

・書類添削や面接対策をきちんと行えるコンサルタントが少ない

特に取り扱い求人数が少ないというのは、あなたにとっても望ましいことではないですよね。

ある程度は選択肢が用意されていないと、限られた会社の中で転職を決めないといけなくなるので、ミスマッチの確率がグッと上がってしまいます。

そこで、求人数の取り扱い数が圧倒的に多い、大手の転職エージェントを併用することがセオリーになってきます。

では、その大手転職エージェントとはどこか?

それは、先程紹介した「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2つです。

この2つでほぼ全ての求人をカバーできますし、北海道の求人の取り扱いも豊富ですから、あなたのニーズともピッタリなのです。

転職活動をする人は、平均して3つの転職エージェントに登録すると言われていますが、JTB沖縄人財バンクと合わせて上記2社を登録しておけば無敵です。

リクルートエージェント、マイナビエージェント、JTB沖縄人財バンクは下記の公式ページより登録出来ます。

一旦登録すればすぐに求人チェックが出来るので、サクッと済ませておきましょう。

▼あなた向き関連記事!沖縄県で活用したいおすすめ転職エージェント8選▼

あわせて読みたい
沖縄でおすすめ転職エージェント8選!大手総合型&地域特化型を紹介 沖縄県における転職活動を考える際は、転職エージェント選びが極めて重要になってきます。 ただ、転職エージェントは様々な会社がある...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...