新卒お悩み相談

新卒で最悪のブラック企業に入社して辞めたい!転職のコツ&注意点を教える

それなりに就活を頑張ったにも関わらず、アッと驚くようなブラック企業に入社してしまった新卒は少なくありません。

ブラック企業は意外と身近な所にも潜んでいて、大手の金融機関なども実態は糞ブラックですからね。

・残業代を支払わずに強制労働
・大声で社歌や社訓を合唱させる宗教行為
・理不尽な上司から鬼の激詰め

などなど色々ですが、コナンくんの黒の組織も顔負けの漆黒企業はゴロゴロ転がっているのです。

しかし、新卒で入社した会社がブラックだったとは言え、簡単に辞めて転職に踏み切れるかと言われると難しいところもありますよね。

「短期離職になってしまえば人生終了なのでは・・・」
「転職先もブラック企業かもしれない・・・」

このように、次から次へと不安が襲ってきますよね。

しかし安心してください、ブラック企業から脱却し、ホワイト企業に転職を決める事は絶対に出来ます!

今回の記事では、新卒でブラック企業に入社してしまった方に向けて、転職の心構え&注意点を解説していきます。

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

新卒でブラック企業に入社してしまい辞めたい!辞める事を恐れない事が重要

新卒で入社した会社がブラック企業であった場合、なかなかその現実を受け入れらない人が多いです。

それどころか、

「学生時代に頑張って就活してもぎ取った内定先、そんな簡単に諦められない。」
「ここで退職してしまうのは違うのではないか、ブラックでもしがみつかないと!」

といった風に、現状を必死に正当化してしまう人もしばしば・・・

確かに、学生にたった1回のみ許された特権『新卒カード』を使って就職した会社、煮え切られない思い、ミスジャッジをした事を受け入れたくない気持ちは分かります。

しかし、他でもなくあなた自身が今の職場をブラック企業だと感じてしまい、そこにいる事が辛いと思っている事が全てではないですか?

断言しますが、これを読んでいるあなたは、100%ミスマッチを起こしていますよ!

ただ、ミスマッチを犯してしまったからといって、決して悲観的な気持ちになることなかれ。

と言うのも、新卒の離職率を見れば分かるように、3人に1人が3年以内に転職をしていますから、ミスマッチは決して珍しいことではありません。

少なくとも、このデータから分かるように、新卒の約30%が転職していますので、辞めるということを、重く考えすぎないことが大事ですよ!

高校や大学と違い、会社員生活はたった数年で終わるものではなく、何十年と続くものです。

毎日苦しくて、毎日が地獄のような生活になっている・・・というのでは割に合いませんので、サクッと辞めて、自分の納得のいく会社を見つけた方が絶対にいいですよ。

今の時代はラッキーなことに、新卒3年未満で辞めたとしても、『第二新卒』という枠で就活をやり直すことだって出来ます。

学生時代の就活でミスってしまったと思うのなら、「ハズレくじを引いてしまった」と割り切って、早めに転職活動をした方が幸せへの近道ですよ!

関連:新卒で合わないと感じたら第二新卒で転職を考えよう!辞める勇気を持たないと死ぬまで搾取は続く

新卒で入社したブラック企業を辞めたいなら辞めなさい!合わない会社とは一生会わない

会社というものは、実際に入社して働いてみないことには、合う合わないが分からないものです。

しかし、逆に言えば実際に入社して働けば相性はバッチリ分かるという事。

仮にあなたが今、会社を辞めたいな・・・と思っているなら、それはもうミスマッチ、相性が悪かったという事です。

ただ、合わない会社というのは、どれだけ月日を重ねても、ピタっとマッチする瞬間なんて絶対に来ない事は覚えておきましょう。

狼の群れの中に仔ウサギが紛れ込んでしまった場合、ミスマッチを時間が解消してくれると思いますか?

残念ながら、人には向き不向き、相性というのは必ず存在します。

例えば「ゴリゴリの体育会系組織」が典型ですが、これは合わない人には絶対に合いません。

先輩付き合いが苦手な人、理不尽な事に耐えれない頭のいい文科系、お酒が飲めない下戸・・・これらの人からすれば地獄そのものではないですか?

関連:社風が合わない!体育会系の会社や上司が無理で辞めたい時の対処法

いいですか、会社の雰囲気、社風、教育方針といったものは、今日明日で変わるようなものではありません。

歴史のある企業ならなおさらそうで、長い時間をかけてジワジワと組織に色をつけていますからね。

このように組織のカラー自体に拒絶反応を起こしている場合は、どう足掻いても現実は変えられません。

やはり潔く諦め、サクッと転職活動のエンジンをかけるべきなのです。

新卒で入社したブラックを辞めたいなら希望条件をガチガチに固めるべし

新卒でブラック企業に入社してしまった・・・

このようにババを引き当ててしまったのはしょうがない事ですが、もしかしたらこれは防げたミスだったかも知れません。

転職活動を考える場合は、もう二度と同じミスを犯さない事が重要ですので、自分の適性をよく考え、あなたにとってのブラック企業を避ける努力は必要です。

例えば、ゴリゴリ営業をする組織カラーとは合わないかな・・・と思っていたけど、給料面に惹かれて入社を決めてしまったというパターン。

これは転職活動をする際には絶対に活かすべきです!

・頑張り次第では20代で1000万稼げます
・成果に応じて年収が倍々ゲームで上がっていきます

といった甘い謳い文句を見ても、原点に立ち返って、冷静に情報処理をしなければいけませんよね。

このように、まずは自分の適性をよく考え、その上で希望条件を明白にしてくのが転職活動です。

新卒の就活では分からなかった己の価値観、仕事を通して実現したい人生、譲れるもの譲れないもの、今のあなたにはそれが見えているはずです。

であれば、そういった想いを希望条件にきちんと落とし込んでください。

もしハッキリと浮かばない場合ですが、お金と労働時間、この2つだけはきちんと天秤にかけるようにしましょう。

給料が多いところは必然的に長時間労働が慢性化していますし、サビ残や休日出勤も多いです。

プライベートを大切にしたいと思うのであれば、労働時間が長くない会社や、年間休日が多い会社に絞って就活すべきですよね。

こんな風に、まずは転職の判断軸を1つでいいので作って、ブレないようにするのが重要なのです!

ブラック企業を辞めたい新卒は短期離職の説明方法だけは知恵を絞ろう

新卒でブラック企業に入社して、短期間で退職を決意するとなると、転職面接では「なぜ仕事を辞めたのか?」を細かく聞かれる事になります。

ここでやってはいけない事ですが、面接官に対して嘘をついてしまう事です。

とりあえず屁理屈をこねて、「もう辞めるしかなかったんです・・・」という流れに持ち込みたい気持ちは分かりますが、相手も面接のプロです、そんな嘘はすぐにバレます。

嘘がバレる、あるいは嘘をついているのでは?と疑われるのはどちらも面接ではアウトですので、リスクをとって嘘をつくメリットも薄いでしょう。

では、短期離職に至った経緯をどう説明するべきか?

これは意外とシンプルですが、ミスマッチが合った事を素直に認め、その上で自身の反省点を述べ、そこからどう改善するのかを正直に説明するだけです。

もちろん、「ミスマッチをどう説明するか」が知恵の絞りどころです。

例えば事務系の仕事でミスマッチを起こしたのなら、

『経理の仕事をしていたが、自分はバックオフォスではなく、営業などのフロントで他人と交流する事にやりがいや喜びを見出すタイプの人間だと気付いた。それは〇〇という出来事がきっかけで・・・』

みたいな感じで、仕事中に合ったエピソードを上手く絡め、自分の価値観に気付きを得たタイミングなどをストーリー化出来るとなお良いです。

ただ、この辺りのノウハウは若干コツが必要で、1人であれやこれやと考えても時間だけが過ぎていくリスクも大きいです。

そこでオススメなのが、転職エージェントに登録して、プロの目線で退職理由を上手にカスタマイズしてもらう方法です。

新卒で入ったブラック企業を辞めて転職したいならプロに相談しよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「女性が働きやすい企業だけに絞って就活したい」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...