転職コラム

月収手取り14万の一人暮らしは家賃で爆死!転職しないと幸せは掴めない。

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

「真面目に働いているのに、毎月振り込まれる給料は14万...」

正社員として勤務しているにも関わらず、月収が手取りで14万というのはかなり悲惨な数字だと言えます。

加えてボーナスがない状態であれば状況はもっと悲惨ですよね。

年収で見ても250万円を下回ってしまい、はっきり言ってアルバイト以下の暮らしになってしまいます。

働いても働いてもお金に困る人をワーキングプアと呼びますが、日々の生活で困窮するのはもちろん、貯金や結婚といった将来不安が大きいのがその特徴です。

仮にあなたが今月収14万円で困窮しているのであれば、まさにワープアということになります。

はっきり言いますが、サッサと転職して年収を上げないとリアルにヤバイですよ!

そもそも真っ当な正社員であれば、年収300万円を切ることはありません。

これは高卒、大卒といった学歴に関わらず、ある意味正社員としての最低ラインだと思った方がいいです。

「そうはいってもせっかく努力して正社員になったのに...」

と思われるかもしれませんが、月収が手取り14万というのは名ばかり正社員の典型です。

バイトよりも安いコストで使える都合の良い家畜、まさに使い捨て要因にされている可能性が高いです。

それなのに無理して今の会社にしがみつく旨味があると思いますか?

正直なところスパッと転職して、新しい業界にチャレンジしたりした方が未来は明るいはずです。

そこで今回の記事では、手取り14万の社員が考えるべきお金とキャリアの話をしていきます!

<キャリアコラム>

今の給料に満足行っていない人は、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▶︎ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説

月収手取り14万の実態!一人暮らしの場合の家賃や貯金事情のリアル

手取り月収14万円となると、仮に一人暮らしをしているとすれば毎月の家計が火の車なのは間違えありません。

元FPである私はよく、「理想的な家計の支出を教えて欲しい!」と相談を受けるのですが、頑張って家計を切り詰めた場合の最高のシミレーションは以下の通りだと回答しています。

家賃:4万5000円
食費:3万円
電気代:3000円
水道代:2000円
ガス代:2000円
スマホ代:5000円
ネット代:5000円
日用品:5000円
交際費:1万円

残り:3万5000円

上記は手取り14万円の場合をイメージしていますが、最終的に手元に残せるお金を計算すると「約3万5000円程度」になると思います。

ただ、これは全てが思い通りにいった場合の話に過ぎません。

冬の寒さに対応するために暖房をつければ電気代はもっと増えるし、日用品で買わなければいけないものが増えればさらに支出は増えます。

そうなると実際手元に残るお金は3万円を軽く割り込んでくるでしょう。

これで友達の結婚式が入ってお祝儀代3万円が入れば結局手残りはゼロ、1回でも病院に行こうものならマイナス経済に突入するという恐ろしい状況になっています。

運良く貯金ができる月があったとしても、どこかで大型出費があれば一瞬で貯金は吹き飛ぶわけなので、いつまでたってもお金の呪縛から抜けれない人生を送り続けることになるのです。




月収手取り14万では結婚だって絶望的

手取り14万という安月給で最も懸念することといえば、やはり将来の結婚のことだと思います。

そしてあなたの懸念は運が悪いことにピタッと当たっていて、残念ながら結婚も絶望的になってきます。

よく「子供を育てていくには世帯年収はどれくらい必要?」と聞かれることがありますが、最低でも夫婦で400万円は必須だと考えてください。

これは正社員で年収300万の旦那と、パート収入100万円の主婦の合わせ技で実現できる数値です。

しかし月収が手取りで14万という事は、年収にして約220万程度なので、最低でも相方に同じぐらいの稼ぎをしてもらう必要が出てきます。

ただしそうは言っても、子供を産んだばかりの奥さんはしばらく働くことができないので、その期間は旦那の1馬力で家計を支えるしかありません。

しかしそうなると14万で3人の生活をカバーしなければいけないわけなので、いかに絶望的な状況かは想像できると思います。

もちろん貯金が出来ていればいいのですが、先述した通り手取り14万円で出来る貯金はほぼゼロです。

ある程度お金が貯まったとしても、それは結婚適齢期をかなり逃しているので、次は「結婚したくても出来ない」という別問題に直面することになります。

結局は若いうちに収入を上げておかないと、その先の人生は真っ暗だということなのです!




月収手取り14万以上の仕事なんてゴロゴロあります

月収14万円で苦しいなぁ〜と思っている人は、自分が今いる場所をシンプルに疑って見るというスタンスが大事です。

人間は思考を一度固定してしまうと、それが普通だと思い込んでしまいますが、月収14万が普通だと思い込むようになったらいよいよヤバイですからね。

というのも、手取りで見て14万を超える仕事、もっと言えば手取りで20万を超える仕事なんてゴロゴロ転がっているのが日本です。

それもこれといった実績やスキルが無くたってOKな仕事ですらです。

例えばタクシーの運転手であったりとか、運送業などであれば余裕で月収14万を超えてきます。

まだ若くて体力があるのであれば、大企業の期間工を目指してみたり、深夜手当てがもらえるような仕事をしてみるのだっていいでしょう。

とにかくあの手この手を使えば月収14万円を超える仕事なんてゴミのように出てきますからね!

正直転職さえすれば収入が上がるというポジションにいるわけなので、何もせず指を加えているのは本当にもったいないです。

固定給をあと3万円は上げ、かつボーナスが支給される会社に絞って就活するだけでも、初年度から年収を50万以上増やすことも可能です。

50万収入が増えれば、趣味にお金を回すことも出来るし、結婚を見据えて貯金をすることだって可能です。

転職をすれば一気に明るい未来が見え始めるので、ノーリスクで人生を変えることが出来るチャンスをものにしないとダメですよ!

月収手取り14万なら転職した方がいい!人間関係がよくてもお金がないと幸せは掴めない

収入が低くても、人間関係が良好な職場で勤務していると、中々転職の決断が出来ないというのはよくある話です。

確かに居心地のいい空間で仕事が出来るというのはとても大事なことですからね。

ある日突然仲の良かった上司に対して「給料低いのでやってられないです」とは言い出しづらい気持ちも分かります。

しかし、お金の問題というのは後からジワジワと効いてくるボディーブローのようなものであることを覚えておいてください。

年齢を重ねた時のライフイベントである、結婚、出産、マイホームといった3大イベントには恐ろしいぐらいお金がかかります。

その時までに年収を上げておかないと、圧倒的な後悔をすることになりますからね。

30代になれば転職の選択肢はガクンと下がりますし、年収を上げるための転職活動もかなり厳しくなってきます。

人間関係がいいだけでは生活出来ないのは分かっていると思いますが、あなたに残された時間が残りわずかであるという現実も直視して行きましょう!

仕事をする上で優先順位をつけるのが難しいかもしれませんが、シビアな話をすれば「お金>人間関係」というのは決まってしまっているんですよね。

やっぱりある程度のお金がないと幸せは掴めないのです。

居心地のいい職場を離れるのは勇気が入りますが、居心地も良くて収入もきちんとしている職場に身を移すための転職だと思って気合を入れていくべきですよ!




月収手取り14万以上の転職先を見るけるコツはプロと協力すること

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング! 女性が転職を考えるのであれば、女性の気持ちに寄り添ってくれる転職エージェントを使いたいですよね? 「〇〇業界は女性のキャリアアッ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...