転職エージェント

マイナビクリエイターの悪い評判口コミ!未経験では使えないのウソホント

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

Web業界やゲーム業界で転職したいクリエイターであれば、「マイナビクリエイター」という転職エージェントが気になりますよね。

人材業界大手のマイナビが手がけるサービスなので期待がある一方、本当に使う価値があるエージェントなのかという疑問も持つのが普通です。

「マイナビクリエイターは未経験からの転職だと相手にしてくれないの?」

「ブラック企業を紹介されるリスクがあるんじゃないの?」

利用する前には上記のようなモヤモヤを払拭させておくことが大事です。

そこで今回は、実際にマイナビクリエイターを利用した方の口コミを参考に、悪い評判なども包み隠さずお伝えしていきます。

本記事を読むことで、マイナビクリエイターを利用すべきかどうかハッキリしてきますよ!

マイナビクリエイター公式

<この記事の結論>

マイナビクリエイターは、クリエイターの転職支援を得意とするエージェントです。

そのため、クリエイター転職に対する知識は抜群で、より専門的なアドバイスが受けられる事が魅力です。

▶︎マイナビクリエイター公式

※マイナビクリエイターは、クリエイター転職に特化している優れたエージェントです。

しかし、「全体的な求人数では大手エージェントに劣る」「紹介される企業がパッとしない」と言うデメリットがあるのも事実。

そこであなたにオススメしたいのは、最大手リクルートエージェントとの併用です。

合わせて活用する事で、転職先の選択肢がグッと広がりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

マイナビクリエイターを使って良かった!転職成功者の評判口コミ

続いてですが、マイナビクリエイターを使い、無事転職を成功させた方の声をチェックしてみましょう。

口コミサイト等(「BEST WORK」等)をチェックした結果、以下のような感想が見受けられました。

・制作実績などのポートフォリオ作りのコツを教えてくれる

・受ける会社に特化した面接対策を行ってくれた

・相談だけでもOK!将来のキャリアビジョンが見えてくる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

良い評判&口コミ①制作実績などのポートフォリオ作りのコツを教えてくれる

マイナビクリエイターでは、「MATCHBOX」というツールを使えば、誰でも簡単にポートフォリオを作れるようになっています。

そのため、転職したい企業へのPRがスイスイ出来てしまうのです。

ただ、実際にポートフォリオを初心者が作るのは骨が折れますよね。

そこでプロのコンサルタントにもアドバイスを受けつつ、より企業に刺さるようなコピーが書けるようにもなります。

利用者の口コミをチェックしても、下記のように満足度はかなり高めです。

良い評判&口コミ②受ける会社に特化した面接対策を行ってくれた

続いて2つ目の口コミですが、マイナビクリエイターの面接対策を賞賛する声です。

男性の口コミ
男性の口コミ

クリエイター関連の仕事で転職先を探していましたが、面接対策で重宝したのがマイナビでした。

企業毎の質問サンプルなども独自で用意していて、過去に受けた人のデータが蓄積されているのは良い。

マイナビクリエイターは、クリエイターに特化したサービスの中では業界No.1です。

それゆえ、これまでの利用者数も多いので、かなりの転職ノウハウがたまっているのは言わずもがな。

面接本などで対策するオーソドックスなものではなく、実際に自分が受けたい会社の面接内容が知れるのは大きなメリットですよね。

良い評判&口コミ③相談だけでもOK!将来のキャリアビジョンが見えてくる

続いて3人目の方の口コミです。

女性の口コミ
女性の口コミ

Web業界でキャリアを築きたいけど、どんなキャリアプランを歩んでいいのか分からず悩んでいました。

転職するかどうかも決めてませんでしたが、とりあえずエージェント会社に相談に行くことに決めたのですが、対応良かったですよ!

なんかやりたい事もボンヤリ見えてきて、キャリア面談は本当に実りあるものでした。

この方は、転職するかどうかはまだ未定でしたが、キャリア面談を通して将来歩むべきキャリアパスが見え始めたということです。

なお転職エージェントについては、転職意思が明白でなくとも、相談だけの利用も全然OKです。

むしろそういう人が大半なので、転職すべきかどうかを判断する意味でも、まずはキャリア面談を受けてみるのはアリです。

「人生伸び悩んでいるな...」という人は、第三者のアドバイスが心にグサリと刺さりますよ!




マイナビクリエイターの悪い評判&口コミ!未経験では相手にされない?

マイナビクリエイターは、あのマイナビが運営している大手のエージェントです。

そのため、知名度から来る安心感のようなものはありますが、やはり利用する前には利用者の声を聞いておきたいですよね。

そこでまず最初に、あえて悪い口コミ&評判から紹介していきます。

・クリエイター未経験の場合は利用を断られて相手にしてもらえない

・優良企業を紹介してもらえない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

悪い評判&口コミ①未経験だと登録を断られる?

まず1つ目の気になる口コミですが、未経験からクリエイターとして転職するのには、マイナビクリエイターは向いていないという声です。

実際にTwitterや口コミサイトなどを見ると、下記のような書き込みが見受けられました。

ここから分かるように、マイナビクリエイターについては全てのユーザーが利用出来るサービスでないことが分かります。

ただ、この手の口コミをそのまま鵜呑みにするのは危険です。

そもそも、どのようなエージェント会社を利用するとしても、キャリアが不十分だったり、年齢を重ねすぎているケースではお祈りされることはよくある話です。

その証拠に他のユーザーの口コミを見ても、未経験者でキャリア支援をしてもらっている方もちゃんといます。

つまりポイントになるのは、経験の有無ではなくその人のキャリア全体の総合点が見られているということです。

ですので、仮に業界未経験であっても、マイナビクリエイターのサポートを諦める必要はありません。

悪い評判&口コミ②大手など優良企業を紹介してもらえない

続いて悪い口コミの2つ目ですが、マイナビクリエイターでは大手などの優良企業を紹介してもらえなかったという声です。

女性の口コミ
女性の口コミ

マイナビクリエイターに登録してみました。

ただ、よく分からない会社ばかりを紹介され、パッとしない感じでした。

詳しくは書けないですが、東京都以外で探していたのがダメだったのかもです...

マイナビクリエイターの特徴ですが、紹介される求人は関東圏がメインであり、そのほとんどが東京に集中していると言っても過言ではありません。

そのため、転職希望地域を東京以外にしてしまうと、紹介出来る企業数がガクンと下がってしまうので要注意です。

この場合の対処法ですが、他社の転職エージェントも並行して使い、全体として求人数を担保してください。

おすすめなのは、クリエイターなど特定ジャンルに特化していない総合型エージェントです。

全国各地の求人の取り扱いもあり、未経験者向きの求人も多いです。

複数エージェントを味方につける事で、ミスマッチ転職が起きるリスクもガクンと下がりますよ!

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

マイナビエージェントは利用する価値あり?メリット総まとめ

マイナビクリエイターは、クリエイター転職に特化したサービスにおいては、紛れもなく業界屈指のエージェントと言えます。

大手のマイナビが運営しているという安心感に加え、下記の3つのメリットがあるからです。

・経験者であれば十中八九キャリアアップ出来る

・業界出身のコンサルタントから生の情報を聞き出す事が可能

・独自のコネを使ってチート級の求人を紹介してくれる

それぞれ詳しく解説していきます。

経験者であれば十中八九キャリアアップ出来る

まず1つ目のメリットですが、クリエイター経験者であれば十中八九キャリアアップが実現出来るという点です。

と言いますのも、今やクリエイター業界というのは未曾有の人手不足、労働者側の完全売り手市場になっています。

そのため、どの企業も人材獲得には苦戦しており、多少経験値がある人であれば、高年収を提示してでも働いて欲しいというのが本音なのです。

つまり言い換えれば、今このタイミングこそが「自分の売り時」なのです。

転職で提示される年収はほぼ間違いなく前職を上回りますので、仕事内容がほぼ変わらないなら転職した方がお得ですよね。

マイナビエージェントでは高年収求人を多く扱っているので、さらにお得に転職出来ますよ!

業界出身のコンサルタントから生の情報を聞き出す事が可能

マイナビクリエイターに登録すれば、専属のコンサルタントが1名担当者として割り振られ、あなたの転職を全てサポートしてくれます。

これ自体はどのエージェントを使っても一緒ですが、マイナビクリエイーターのコンサルタントは、業界経験者が多数在籍しています。

つまり、Web業界やゲーム業界から人材会社に転職している人も多く、業界の内部情報に精通しているのです。

そのため一次情報を聞き出せることはもちろん、求職者の悩みに心から寄り添うことも出来るのが強みです。

自分と同じような環境を経験してきた人であれば、同じ目線に立ってキャリアを考えてくれますよね。

業界知識が乏しいコンサルタントについてもらうよりも、遥かに安心して利用することが出来ますよ!

独自のコネを使ってチート級の求人を紹介してくれる

マイナビクリエイターの強みとして、ビッグカンパニーという立ち位置を上手く活用し、Web業界やゲーム業界と独自のコネクションを持っていることが挙げられます。

そのため、他社エージェントでは扱えない限定求人や非公開求人にはめっぽう強いです。

独自求人や非公開求人は、一般に公開してしまうとすぐに応募が殺到してしまう優良求人です。

そのため、マイナビクリエイターに登録してくれた人だけにコッソリと告げられる、いわばチート級の求人なのです。

シークレットな案件に絞って転職活動が出来れば、転職成功率だってグッと高まりますよ!




Web業界やゲーム業界で併用したい他社の転職エージェント

マイナビクリエイターは、Web業界やゲーム業界のクリエイター職において、圧倒的な強みを持っているエージェントです。

ただ、マイナビクリエイターだけで全ての求人をカバー出来ない点、未経験者のサポートには弱みがある点を踏まえると、他社のエージェントも同時にチェックしておくべきでしょう。

クリエイター系の転職でも強いエージェントとしては、以下の3社が王道なので、合わせて紹介しておきます。

リクルートエージェント【取り扱い求人数No.1】

1つ目に紹介したいのが、「リクルートエージェント」です。

リクルートは全エージェントの中でも、最も多くの求人数を抱えるビッグカンパニーです。

それゆえ、マイナビクリエイターが取りこぼしている求人をカバーするという意味でも、最も重要なエージェントとなります。

転職において、求人数の多さは選択肢の多さに比例するのは言わずもがな。

自分の選択肢を不用意に狭くしないためにも、リクルートエージェントで求人数を確保するのは必須ですよ!

リクルートエージェント公式

マイナビエージェント【未経験のサポートにも強い】

2つ目におすすめの転職エージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビクリエイターとの違いですが、マイナビエージェントの方がキャリアの弱い人でも求人紹介が受けやすいという点です。

マイナビクリエイターはやはり経験者優遇ですが、マイナビエージェントは未経験からのクリエイター転職でもきっちりフォロー出来ます。

「キャリアや経験・実績に自信がないけどWebやゲーム業界で働きたい!」という方は、迷わずマイナビに相談してください。

20代若手のフォローにも強いので、将来のキャリアを二人三脚で考えてくれますよ!

マイナビエージェント公式

DODA(デューダ)【クリエイターのキャリアアップ】

3つ目に紹介したい転職エージェントは、「DODA」です。

DODAはリクルートに次ぐビッグカンパニーであり、同じく求人数を確保するという目的で利用することが可能です。

ただそれ以上に利用をおすすめしたい人は、今の仕事のキャリアを活かし、同業種転職でさらなるキャリアアップを狙う人です。

DODAでは年収600万超えの非公開求人も多く、年収アップする人の割合が極めて多いのが特徴だからです。

「もうワンランク上のキャリアを目指したい!」という人は、DODAのサポートも効果抜群ですよ!

DODA公式サイト

マイナビクリエイターの利用方法!登録から内定までのフロー

マイナビクリエイーターに登録し、実際に利用して内定獲得するまでの流れですが、ザックリ下記の通りです。

まずは公式ページより会員登録を済まし、その後はエージェント会社からの連絡を待ちます。

その後コンサルタントとキャリア面談を行い、実際に求人紹介という流れに移行します。

選考に移れば、書類添削や面接対策もフォローしてくれるので、一人で転職するよりも大きく負担を減らすことが出来ますよ!

内定獲得までの期間は平均して2〜3ヶ月

マイナビクリエイーターを利用する際の注意点ですが、必ずスケジュール感を大事にしておきましょう。

マイナビクリエイーターに登録してから、実際に内定まで持っていくスケジュールですが、平均して2〜3ヶ月ぐらいだと思っておきましょう。

具体的なタイムテーブルは、おおよそ下記の通りです。

①自己分析&企業研究(2〜3週間程度)

②履歴書&職務経歴書の作成(2〜3週間程度)

③採用面接(1ヶ月程度)

④入社日や年収の最終調整(1ヶ月程度)

ただ、これはストレートに進むケースを想定していますので、本来はもう少し余裕を持っておく事をおすすめします。

出来ることなら、転職したいと考える日の半年前からは動き始めるべきですよ!

というのも、選考が長期化することに保険をかける以上に、自分が転職したいと思う企業の面接日に間に合わないというリスクがあるからです。

あと1週間早くエージェントに登録しておくべきだった...なんて事になると笑えないので、前倒しの行動を意識しておきましょう。




マイナビクリエイターを利用する前の注意点4つ

マイナビクリエーターを利用することで、クリエイター転職がより現実的なものになってきます。

ただ、実際に利用する前に注意して欲しいポイントがいくつかあります。

その中でも下記の4点が極めて重要なので、事前に確認しておきましょう。

・プロフィールは多少盛って書いておけばOK

・担当者への素早いレスポンスを心がけよう

・転職時期は「すぐにでも」と伝えるべし

・合わない担当者に当たれば即刻クビにしても問題ない

それぞれ詳しく解説していきます。

プロフィールは多少盛って書いておけばOK

マイナビクリエイターに登録する際には、Webプロフ(もしくはPDF等で作成した履歴書など)をアップロードする必要があります。

その時の注意点ですが、プロフィールはとことん盛っておきましょう。

と言うのも、マイナビクリエイターではサポートする人を社内で選定しているので、あまりにしょぼいとふるい落とされてしまうからです。

全くの嘘を書くのはマズイですが、これまでの経験に色をつけて、担当者の目に止まるようなPRをするのがコツです。

未経験者でも、「前職の経験をどのようにして活かせそうか」という視点に立ち、自分の市場価値をきっちり伝える工夫を怠らないようにしましょう。

担当者への素早いレスポンスを心がけよう

続いて登録して実際に利用する際の注意点です。

まず最初に気をつけておきたいことは、担当者との連絡はスピーディ&円滑に行ってください。

コンサルタントは一人で何人もの求職者を抱えているので、「この人本気度に欠けるな...」と思われると、次第に連絡が来なくなってしまうからです。

あくまでもエージェント側がサポートしたいと思える人物であるべきなのです。

レスの速さに加え、なるべくコンスタントに連絡をとることで、相手の本気度をグッと引き出してください。

転職時期は「すぐにでも」と伝えるべし

転職エージェントに登録する際に、転職時期を聞かれます。(登録する段階でも入力する項目あり)

その際のポイントですが、「すぐにでも」と即答してください。

なぜならば、エージェント側は転職してくれそうな人に対し、優先的にいい情報を提供するからです。

お宝求人がある場合だと、やる気のない人に紹介するよりも、すぐにでも転職してくれそうな人に紹介したいと思うのは当然ですよね。

もちろん実際に今すぐに転職する必要はないので、とりあえず"ハッタリ"で転職時期を早めと伝えておきましょう。

その方がエージェント会社のサービスが良くなりますよ!

合わない担当者に当たれば即刻クビにしても問題ない

転職エージェントに登録すると、専属のコンサルタントがつくことはすでに紹介してきました。

ただ、実際にどんな担当者に当たるのかについては、ぶっちゃけガチャガチャです。

そのため、ハズレを引いてしまうリスクはあります。

そんな時の対処法ですが、担当者を変えてもらうか、他社のエージェント会社に乗り換えてしまいましょう。

転職活動においては、どの人材会社にサポートしてもらうかよりも、"誰にサポートしてもらうか"の方が極めて重要なことです。

息の合わない人や、あまりにポンコツな人と組まされてもロクなことになりませんよ!




最後に:クリエイター転職を成功させるために複数のエージェントを使おう

最後に転職活動をする上での重要なポイントですが、ズバリ下記の通りです。

・利用するエージェント会社を「マイナビクリエイター」1つに絞り込まないこと

と言うのも、マイナビクリエイターはまだまだマイナーなサービスです。

そのため、大手転職エージェントに比べると、下記のような課題があります。

・取り扱い求人数が少ない

・社内の転職ノウハウやスキームか確立されていない

・書類添削や面接対策をきちんと行えるコンサルタントが少ない

特に取り扱い求人数が少ないというのは、あなたにとっても望ましいことではないですよね。

ある程度は選択肢が用意されていないと、限られた会社の中で転職を決めないといけなくなるので、ミスマッチの確率がグッと上がってしまいます。

そこで、求人数の取り扱い数が圧倒的に多い、大手の転職エージェントを併用することがセオリーになってきます。

では、その大手転職エージェントとはどこか?

それは、先程紹介した「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2つです。

この2つでほぼ全ての求人をカバーできますし、クリエイター求人の取り扱いも豊富ですから、あなたのニーズともピッタリなのです。

転職活動をする人は、平均して3つの転職エージェントに登録すると言われていますが、マイナビクリエイターと合わせて上記2社を登録しておけば無敵です。

リクルートエージェント、マイナビエージェント、マイナビクリエイターは下記の公式ページより登録出来ます。

一旦登録すればすぐに求人チェックが出来るので、サクッと済ませておきましょう。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

▼あなた向き関連記事!クリエイティブ職におすすめ転職エージェント9選▼

あわせて読みたい
【業界別】クリエイティブ職におすすめ転職エージェント9選!クリエイター必見 転職エージェントは会社ごとに得意とする領域や人材が異なるため、自分にピタッとマッチするエージェント選びをする事が大事です。 ただ、...

▼あなた向き関連記事!Webデザイナーの転職に強いおすすめエージェント6選▼

あわせて読みたい
未経験可!元Webデザイナーが教える転職エージェントおすすめ6選【大手メインでOK】 Webデザイナーという職種で転職を考えている方であれば、転職エージェント選びで迷うことも多いと思います。 いわゆる大手のエ...

▼あなた向き関連記事!IT/Web業界の転職に強いおすすめ転職エージェント11選▼

あわせて読みたい
【11社比較】IT&Web業界でおすすめ転職エージェントランキング!未経験でもOK このように悩んではいませんか? 今や転職エージェントは100社以上もあるので、自分にとってピッタリのエージェントを探すのも一苦労で...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
リクナビネクストの悪い評判口コミ!ブラックばかりの転職サイトって本当? 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...