転職エージェント

【7社比較】音楽業界おすすめ転職エージェントランキング!未経験でもOK

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

音楽に関する仕事で転職を考えている!

音楽業界でキャリアアップしたいけど、初めての転職活動で不安...

音楽業界で転職を考えている人であれば、どの転職エージェントを使って就活するかは悩みどころですよね。

音楽業界は狭い業界ですから、「音楽業界特化」というエージェントが存在しているわけではありません。

そのため、大手の総合型エージェントの中から、自分にピッタリのエージェントを探す必要があります。

そこで今回は、音楽業界の転職に強いおすすめ転職エージェント7社を徹底比較して紹介していきます。

<この記事の結論>

音楽業界で転職を考えるのであれば、以下の3つの転職エージェントを選んでおけば間違いありません。

転職エージェントはいつでも登録出来ますが、心に余裕が無くなると登録する気すら奪われます。

求人チェックをしておくだけでも、「転職しようと思えばいつでも転職できるんだ!」と、毎日に希望が持てますよ!

おすすめ①:リクルートエージェント【音楽業界の求人数No.1】
→人材業界最大手&音楽業界の求人取扱い数No.1
→複数求人を徹底比較出来るため、キャリアの選択肢がグッと広がる

おすすめ②:マイナビエージェント【20代で転職を考える人向き】
第二新卒&20代で音楽業界の転職を考える人向き
未経験から音楽業界にトライしたい人は必須


おすすめ③:DODA(デューダ)【音楽業界でキャリアアップ】
→総合型転職エージェントNo.2
音楽業界でガツンと年収を上げたい人におすすめ

音楽業界の転職に強いおすすめ転職エージェント7選【未経験可あり】

では早速、音楽業界の転職に強いおすすめ転職エージェントを紹介します。

それぞれのエージェントの特徴や専門領域については、下記の通りです。

おすすめ1:リクルートエージェント【音楽業界の求人取り扱い数No.1&未経験OK】

1つ目におすすめのエージェントは、「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界最大手のエージェントです。

会社規模が他社とは桁違いで、音楽業界の求人取り扱い数はNo.1、数の力でリクルートに叶う所はありません。

求人数の多さは、カバー出来る求職者のニーズに直結します。

そのため、

「全くの未経験だけど、音楽業界の仕事に興味がある!」

「音楽業界に転職したいけど、残業まみれのブラックは無理。」

「希望する職種が決まらない。複数の求人をとことん比較させて欲しい!」

といった、あらゆる角度からの要望にも答える事だって出来ます。

特に未経験者の転職には心強いですから、初めて音楽業界に参入したい人は外せません。

リクルートエージェントを活用する事で、音楽業界での転職成功率がグッと上がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ2:マイナビエージェント【第二新卒や20代で音楽業界を目指す人向き】

2つ目におすすめのエージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントは、第二新卒や20代の若手の転職に強みを持つ老舗エージェントです。

リクルートと同じく総合型エージェントですが、若手転職に力を入れている所が特徴的と言えるでしょう。

「第二新卒カードで、音楽業界にキャリアチェンジしたい!」

「今の会社ではやりたい事が出来ない。正直ミスマッチに悩んでいる。」

「本当にやりたい事は音楽関連の仕事。30までには絶対転職したい!」

若手社員であれば上記のような思いの方は多いです。

そんなニーズにピンポイントで応える事が出来るのが、まさにマイナビエージェントと言えるのです。

20代の転職を失敗に終わらせたくないのなら、マイナビエージェントは必須ですよ!

マイナビエージェント公式

おすすめ3:DODA(デューダ)【音楽業界でのキャリアアップ&年収アップ】

3つ目におすすめのエージェントは、「DODA(デューダ)」です。

DODAはリクルートやマイナビと同様、大手の総合型エージェントです。

それゆえ豊富な求人を取り揃えており、音楽業界の大手企業だってゴロゴロ眠っています。

そんなDODAですが、おすすめしたいのは音楽業界でキャリアアップを考える人です。

「入社して3年。今の仕事のままキャリアを固定するのは絶対に嫌!」

「そこそこの経験は積んだ。最と大手企業に転職してキャリアを上げたい。」

「安月給でこき使われるのはもう無理。転職してガツンと年収アップしたい!」

音楽業界では、給与面や福利厚生面などの待遇はピンキリです。

そのため、「今より良い待遇で働ける会社に転職する」というのはかなり有効ですよね。

DODAであれば、そんなニーズをぎゅっと捉え、キャリアアップに導いてくれますよ!

DODA公式サイト

おすすめ4:パソナキャリア【手厚いフォローを受けたい人向き】

4つ目におすすめのエージェントは、「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは、女性の転職支援に強みを持つ人材会社です。

そのため、音楽業界を志すキャリウーマン全員が登録必須のエージェントです。

パソナキャリアを使えば、音楽業界の転職だけでなく、女性としても理想的な転職をする事が可能です。

「音楽業界志望だけど、ワークライフバランスは捨てられない!」

「女性でもキャリアアップ出来るような会社を紹介して欲しい。」

「結婚後も仕事は続けたい。産休や育休の充実した会社を探している!」

例えば上記のような女性独自の希望に対しても、パソナキャリアなら真摯に対応してくれます。

担当のコンサルタントも女性が多いですから、同性として同じ目線でキャリアを考えてくれます。

軽く相談するだけでも、心のモヤモヤがスッと取り除かれますよ!

パソナキャリア公式

おすすめ5:就職Shop【高卒やフリーターでもOK】

5つ目におすすめのエージェントは、「就職Shop」です。

就職Shopは、キャリアの弱い人向きのエージェントです。

と言うのも、上記で紹介したエージェントは正社員経験がある人向きで、キャリアが弱いと利用自体を断られてしまう事もあります。

そのため、自分のキャリアに自信がない人は、迷わず就職Shopを使ってください。

「売れないバンドマンだった。そろそろ真面目に就職したいと思っている!」

「フリーター経験しかないけど、絶対に音楽業界で正社員を目指したい。」

「初めての就職でとにかく不安。手取り足取りサポートしてもらいたい!」

もしあなたが上記のような状況であれば、就職Shopがピッタリのエージェントです。

めんどくさい書類業務なども手伝ってくれますから、転職(就職)活動の負担がガクンと軽減されますよ!

就職Shop公式ページ

おすすめ6:マスメディアン【マスコミ&広告業界特化型エージェントNo.1】

6つ目におすすめのエージェントですが、「マスメディアン」です。

マスメディアンは、広告業界に強みを持つ特化型エージェントです。

ただ、音楽業界におけるプロモーションや広告に関する職種も多く、音楽業界を考える人は合わせてチェックしておくべきエージェントです。

マスメディアンは全国各地で、定期的に「個別相談会・セミナー」も実施しています。

フラっと立ち寄るだけでも、思わぬ求人と巡り会えるかもしれませんよ!

マスメディアン公式サイト

おすすめ7:ワークポート【ゲーム業界のサウンドクリエイター】

7つ目におすすめのエージェントが、「ワークポート」です。

ワークポートはIT業界&ゲーム業界に特化したエージェントです。

ただ、ゲーム業界の求人の中には、サウンドクリエイーター系の職種が多く、音楽業界志望の方も重宝しています。

それに、ワークポートは未経験からの転職にも強く、フリーターからの就職であっても対応可能なエージェントです。

音楽業界だけに絞らず、若手の採用に積極的なIT分野も合わせて攻めれますから、コスパ重視の方にはおすすめです。

ワークポート1つチェックしておくだけでも、キャリアの選択肢がグッと広がりますよ!

ワークポート公式ページ

【超厳選】音楽業界で必ず活用すべきおすすめ転職エージェント3社

さて、ここまでは音楽業界の転職に強い、おすすめ転職エージェント7社を比較&紹介してきました。

ただ、これでもまだ数が多いので、自分にとってピッタリのエージェントが見つかっていない...という方もいらっしゃると思います。

そこで当サイトで推奨しているのが、「まずは3社に絞って登録し利用&比較する」という方法です。

転職エージェントは無料で利用出来るサービスなので、複数登録してもあなたに金銭的な負担は一切ありません。

複数登録すれば相性の良し悪しも分かりますし、色んな求人をチェック出来るので超お得です。

とりあえず登録すべき3社ですが、以下の3社がおすすめです。

上記3社が人材業界のBIG3と言われており、求人数&サポート力共に最強です。

この3つを押さえておけば、求人の取りこぼしもまずありません。

転職活動を成功に導く上では、絶対に外せない3エージェントですよ!

音楽業界の転職を成功させるコツ!転職エージェントの活用法を伝授

転職活動を成功させるためには、その道のプロである転職エージェントを使いこなせるかどうかが鍵になります。

上手く使いこなす事が出来れば、下記のようなハッピーな未来が待っていますよ!

ただ、転職エージェントはただお任せしていればいいわけではありません!

強みを最大限引き出し、自分にとって有利な働きをしてくれるよう、積極的に動かす努力が必要なのです。

そこでここでは、転職エージェントの良さを最大限引き出すためのコツ4つを紹介します。

具体的には以下の4点です。

①初回面談は必ず対面で行うようにしよう

②担当のコンサルタントとの連絡頻度は多めの方が良い

③嘘でOK!転職時期は「今すぐ」と即答しよう

④転職すると決めてなくてOK!転職エージェントは市場価値を知るために使え

それぞれ詳しく解説します。

①初回面談は必ず対面で行うようにしよう

転職エージェントサービスですが、登録後に担当のコンサルタントと面談をする事になります。

この面談ですが、電話でもOKなのですが、極力コンサルタントと対面で会って話すようにしましょう。

やはり顔の見えない相手同士では信頼関係が結びにくいですし、すれ違いだって起きやすくなります。

あなたにマッチした求人を紹介してもらえる確率も下がるので、最初の1回は必ず対面面談をすべきでしょう。

そこでコンサルタントが合わないと思えば変更してもらえますし、他社のエージェントに乗り換えるという戦略も使えます。

対面面談をするというのは、あなたにとっても大きなメリットですよ!

②担当のコンサルタントとの連絡頻度は多めの方が良い

転職エージェントに登録した後は、担当のコンサルタント経由でやり取りが行われます。

そこで覚えておいて欲しいのが、連絡は出来るだけこまめに取っておくという事です。

と言うのも、転職エージェントもボランティアではありません。

利用者は無料で使えますが、エージェント会社は求職者が転職して初めて売り上げになるのです。

そのため、転職意欲がない人&やる気を感じられない人に対しては、徐々にフォローの質が落ちていくものです。

そのようなデメリットを避けるためにも、熱意をPRするつもりで連絡を取り合うようにしましょう!




③嘘でOK!転職時期は「今すぐ」と即答しよう

転職エージェントと面談をすれば、転職希望時期を必ず聞かれる事になります。

この場合の返事の仕方ですが、嘘でもOKなので「今すぐ」と即答するようにしてください。

上記の連絡頻度とも関係しますが、これもエージェント側への熱量のPRの一環です。

コンサルタントも転職してくれそうな人を優先的にフォローしたがるので、いい求人が出てこれば、優先度の高い人から順番に見せてくるでしょう。

つまり、優先順位が低いと判断されてしまえば、優良求人を紹介してもらえないリスクだってあるんですよ!

そこで、仮にその気が無かったとしても、とりあえず転職時期はすぐにでもと答えておいた方がお得なのです。

関連:転職エージェントを「とりあえず相談だけ」で使うメリット&注意点【会社を辞める恐怖は消えます】

④転職すると決めてなくてOK!転職エージェントは市場価値を知るために使え

音楽業界への転職を考えているけれど、まだ心が固まっているわけではないという人もいると思います。

そんな方は、「今の自分が転職エージェントを使って良いものか...」と気を使ってしまう事もあるでしょう。

しかし断言しますが、転職するか迷い中の人こそ転職エージェントを使うべきです。

なぜなら、エージェントを使う事の最大のメリットは、今の自分の市場価値を知れる事にあるからです。

「〇〇さんなら未経験でも、△△会社辺りを狙って行けそうですね。」

「今の会社でもう少し働いた方が、職歴的にいいかもしれないですよ!」

コンサルタントと相談すれば、上記のように自分が置かれている立ち位置を客観視する事が出来るのです。

コンサルタントに相談すれば、「転職すべきか・すべきでないか」を含めて検討できるんですよ!




まとめ:今回紹介した音楽業界向きおすすめ転職エージェント一覧

では最後に、本記事で紹介した音楽業界向き転職エージェント7社を、もう一度記載しておきます。

リクルートエージェント ・業界最大手&人材業界のリーディングカンパニー
・音楽業界の求人取り扱い数No.1エージェント
未経験から音楽業界へ転職したい人にもおすすめ
マイナビエージェント 第二新卒や20代若手のキャリアチェンジに強みあり
・1社目とのミスマッチを解消したい20代の方は必須
・音楽業界の転職に関するキャリア面談が手厚い
DODA(デューダ) ・リクルートに次ぐ業界No.2の転職エージェント
・音楽業界で経験を積んだ方の同業種転職に強みあり
キャリアアップ年収アップが目的ならかなり重宝する
パソナキャリア 女性の転職支援にめっぽう強いエージェント
・音楽業界での転職だけでなく女性としての転職も成功させられる
ワークライフバランス重視の企業の紹介が得意分野
就職Shop キャリアの弱い人でも活用しやすい転職エージェント
元バンドマンフリーターからの音楽業界志望ならマスト
・リクルートGPのサービスなので求人数&サポートは安定している
マスメディアン ・音楽業界の広告やプロモーションに関する仕事の紹介が得意
音楽ライターなどを志す場合も利用しやすい
ワークポート IT/ゲーム業界に特化したエージェント
・ゲーム業界のサウンドクリエイターなどの転職で使える

なお、繰り返しになりますが、転職エージェントは複数登録をして比較してみる事が重要です。

それぞれの会社ごとに強みや弱みが違いますし、担当者との相性の問題だってあります。

どれも無料で登録出来ますから、まずは色々使ってみて、最終的には自分にピッタリ合うエージェント1社に絞り込んで行きましょう!

最初にどこに登録すべきか迷った場合は、本記事中盤でも紹介した通り、リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODAの3つでOKです。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODAは下記の公式サイトより登録出来ます。

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
リクナビネクストの悪い評判口コミ!ブラックばかりの転職サイトって本当? 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...