職業・職種の悩み

精神保健福祉士を辞めたい!PSWから転職を考える時のチェックポイント

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

精神保健福祉士は、社会福祉士、介護福祉士と並ぶ3福祉士の仕事の1つです。

国家資格が必要になる仕事で、専門学校や看護系の大学出身者が就職することが多く、手に職をつけて働きたい人が考える就職先の1つです。

福祉系の仕事を志す人の多くは、

・とにかく人の手助けが出来る仕事をしたい
・社会的な意義がある仕事をしたい
・人との触れ合いを大事に出来る仕事がしたい

といった目的を持っている人が多く、その目的を実現するために「精神保健福祉士」に就職された人も少なくないでしょう。

しかし、いざ精神保健福祉士として勤務してみると、働く前に思い描いていたキャリアとは違った・・・とギャップを感じる人も多いです。

絶対的な正解・不正解がない分野で最適解を探ることの難しさに加え、患者さんだけでなく、その周りにいる家族などとの人間関係にも気を使う必要があるため、精神的なプレッシャーは大きいはずです。

そこで今回の記事では、精神保健福祉士を辞めたいと考える人に向けて、転職を考える場合のポイントを紹介していきます。

※精神保健福祉士(PSW)から転職を考える場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

おすすめの転職エージェントは、業界最大手のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントに相談する事で、転職先の選択肢もグッと広がりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

精神保健福祉士で入社したのに実態は雑用・・・辞めたい理由としては十分です

精神保健福祉士として就職した人であれば、実際に患者さんの悩みに寄り添い、精神的な側面でのサポートをするイメージで就職を決意した人がほとんどだと思います。

しかし、蓋を開けてみたら、ただの雑用だった・・・という声があまりにも多いです。

ぶっちゃけた話ですが、看護師や一般の事務職の職員がやりたがらない仕事を精神保健福祉士に押し付けている所も多く、国家資格とは名ばかりのものになっているのです。

とある精神保健福祉士の方に仕事内容を聞いたところ、

「仕事内容は、病院の雑用。それから熱血先輩の自慢話を聞くことかな。」

とビックリするような返事が返ってきて腰を抜かしたことがありますからね。。

内職や車の運転、施設内洗浄、ゴミの分別等といった、本業の福祉とは直接関係のない雑用業務ばかりになっている人も多く、入社後のギャップに苦しむ人はかなりいるのです。

ただ、ここでギャップを感じてしまったのであれば、それはもうミスマッチとして割り切るのも大事です。

雑用をやりたくて雑用の仕事についたのなら分かりますが、福祉職のつもりが雑用だった・・・というのはあまりに酷い話ですからね。

その状態で将来のキャリアアップが見込めるのならいいですが、やりたくもない仕事をダラダラと続けるだけなら意味はないですよ!

人生というのは、やりがいや成長を感じないと、どこか停滞感を感じるもの。

仮にあなたが仕事で満足出来ていないのであれば、まさに人生の停滞期を過ごしていることに他なりません。

このような状況を打開するためにも、転職という手段は効果的です。

人生の停滞期を抜け出すためにも、思い切ってキャリアを変えてみるのはアリですよ!




精神保健福祉士は向いていない人にはとことん向かない仕事

精神保健福祉士という仕事は、

・誰かの役に立ちたい
・社会貢献がしたい

という気持ちだけでは続けられる仕事ではありません。

それよりも、人間関係構築能力であったり、相手の求める事を素早く読みとり、ベストアンサーを返し続けるセンスがないといけませんよね。

それゆえ、向き不向きがはっきり分かれる仕事の1つで、向いていない人にとっては苦痛でしかないはずです。

しかし、向いていないと思う仕事を続けていて何かメリットがありますか?

確かに毎月決まった日に給料が振り込まれるのはメリットです。

でも、それって今の仕事じゃなくてもいいですし、向いている仕事の方がいいですよね?

しかも、向いていない仕事を続けていてもストレスを感じるだけですし、どうせもらった給料をストレス解消に使うだけになってしまいます。

結局のところ、向いていない仕事をダラダラと続ける意味なんてありませんよ!

石の上にも3年とか、置かれた場所で咲けという言葉がありますが、置かれた場所で3年後に幸せになれるビジョンが見えないなら続けるだけ損です。

いいですか、見切りをつけるときはスピード感が大事です。

とりあえず現状維持を選択して、そのまま年齢だけ重ねる事になると、今のキャリアのまま一生固定される事になりますよ!




精神保健福祉士の将来性に疑問を感じれば辞めたい気持ちを尊重しよう

精神保健福祉士に関わらず、いざ転職を考える上では、キャリアの将来性を改めて考える事がポイントです。

では、精神保健福祉士の将来性はあるのか?

例えば患者さん側の気持ちを考えてみた時に、看護師とどちらが信頼されているか・・・などは重要な比較ポイントです。

仮に職務経歴が同じだとした場合、看護師と精神保健福祉士ではどちらが優れた支援計画を作れるか?

もちろん個人差はあると思いますが、患者さんとの距離が普段から近い看護師の方が、相手の心をガシッと掴んでいる・・・なんてケースは少なくないです。

すると、「看護師がいるんだったら精神保健福祉士なんてぶっちゃけ不要じゃない?」といった意見が出始めてもおかしくないですよね。

こうやって精神保健福祉士に対する需要が下がるとどうなるか?

それは給料にモロ影響してくるでしょう。

精神保健福祉士の給料ですが、いわゆる3福祉士の中でもワースト1位、かなりの安月給としても有名ですよね。

その給料がさらに下がるとしたら、これはもう将来が不安でしかないはずです。

精神保健福祉士の中には年収300万以下で働いている人もいますが、それじゃワーキングプアですよ!

普通の企業であれば年収350万円程度は切らないですし、キャリアを重ねるごとに年収がグッと上がるのが普通です。

精神保健福祉士を続ける事で、明るい未来が見えないのであれば、スパッと辞めて、もう少し金回りのいい業界に転身した方がいいです。

福祉系からでも民間企業に転職は可能ですし、未経験から営業や事務の仕事に転職している人も多いです。

乗り込む船を変えるだけで、見える景色がガラッと変わりますよ!

先が見えない仕事を何となく続けるのではなく、希望が持てる仕事をした方が絶対に幸せになれます。

決断は一瞬で出来ますが、後悔は一生残ってしまうので、思い立った時にサクッと転職活動をスタートさせましょう!




精神保健福祉士を辞めたい人はプロの転職エージェントに相談しよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング! 女性が転職を考えるのであれば、女性の気持ちに寄り添ってくれる転職エージェントを使いたいですよね? 「〇〇業界は女性のキャリアアッ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...