転職エージェント

マスメディアンの評判は悪い?未経験は使えない等口コミ調査の結果

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

「マスメディアン」はその名の通り、マスコミ&広告業界の転職に強みを持つ転職エージェントです。

しかしその知名度はそこまで高くなく、メインの転職エージェントとして使うべきか悩む人も多いと思います。

「広告業界未経験でもちゃんとサポートしてもらえるの?」

「しつこい担当者に当たって、強引に転職させられたりしない?」

「個別面談って具体的にどんな感じなの?」

こんな風に、次から次へと疑問点が浮かんで来ると思います。

そこで今回は、実際の利用者の評判&口コミを参考に、マスメディアンの実態を徹底解説していきます。

マスメディアン公式
※今すぐ転職したい人はこちら(完全無料)

<この記事の結論>

マスメディアンは、全国(都市圏がメイン)の広告マスコミ&IT業界の求人に完全特化している人材会社です。

そのため、他社エージェントにはない業界知識があり、より専門的なアドバイスが受けられる事が魅力です。

▶︎マスメディアン【公式サイト】



※マスメディアンは広告マスコミ&IT業界に特化している優れたエージェントです。

しかし、「全体的な求人数では大手エージェントに劣る」「マスコミ業界以外の業界の求人と比較出来ない」と言うデメリットがあるのも事実。

そこであなたにオススメしたいのは、最大手リクルートエージェントとの併用です。

合わせて活用する事で、転職先の選択肢がグッと広がりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

マスメディアンの評判口コミ!使って良かったという感想

まず最初に、マスメディアンに関する良い評判&口コミをチェックしましょう。

実際の利用者は、使ってみてどの点に満足度があったのでしょうか?

今回ピックアップした口コミは以下の2つです。

・広告クリエイティブ系の求人がとにかく豊富

・非公開求人ではクリエーター系の優良求人が眠っていた

それぞれチェックしていきましょう!

良い口コミ①:広告クリエイティブ系の求人がとにかく豊富

まず1人目の口コミですが、広告やクリエイティブ系の求人数が多いとの声です。

女性の口コミ
女性の口コミ

複数のエージェント会社を使って比較しましたが、広告やクリエイティブ関連の求人はマスメディアンが多かったように感じました。

中小企業の求人数の豊富さも評価出来ますが、大手求人広告などもあるのが魅力的です。

広告系で転職を考えている人は登録する価値あると思いますよ!

マスメディアンはマスコミや広告全般を扱うエージェントです。

ただ、その中でも得意領域があるようで、広告やクリエイティブ職の求人には強みがあります。

デザイナー職等の技能が求められるようなものから、マーケティング能力が求められるものまで多数扱っているのが魅力ですね。

良い口コミ②:非公開求人ではクリエーター系の優良求人が眠っていた

続いて2人目の口コミですが、非公開求人を絶賛する声が目立ちました。

男性の口コミ
男性の口コミ

非公開求人が豊富で、広告宣伝やクリエーター系の求人は特に良かったですね。

全体的な求人数は大手エージェントに劣りますが、ニッチな求人にもありつけるのが魅力でした。

マスメディアンはリクルートなど大手に比べれば、まだまだ小規模ですから、全体的な求人数には課題があります。

しかし業界に特化している強みがあり、大手でも扱いきれていない求人を持っているのです。

これが非公開求人なのですが、クリエーター系などを中心に優良求人が揃っているので、志望度強めの人にはオススメのエージェントですよ!




マスメディアンの評判口コミは悪い?担当者はしつこいの?

ここまではマスメディアンの良い評判&口コミをチェックしてきました。

しかし、転職エージェントは良い面だけでなく悪い面があるのもまた事実...

では、マスメディアンの悪い評判や口コミはどうなっているのか?

今回は気になる口コミを2つピックアップして紹介します。

・こちらからリマインドしないとコンサルタントから連絡が来ない

・編集職の仕事を希望したのに広告や広報の仕事ばかり紹介された

なお、上記口コミについては「Jobmark」を参照しています。

では、それぞれ詳しく見ていきましょう!

悪い口コミ①:こちらからリマインドしないとコンサルタントから連絡が来ない

1人目の悪い口コミですが、コンサルタントのレスポンスが悪かったとの声です。

男性の口コミ
男性の口コミ

イマイチだと感じたのは、コンサルタントからの返信が遅かった点です。

こちらがリマインドしないと、向こうから積極的に連絡をしてくることは無かったです。

3日以上連絡が空くこともありました...

マスメデァンに関わらず、コンサルタントによってはレスポンスが遅い人は必ずいます。

ただ、これは担当者のレベルの問題でもあることを忘れないようにしましょう。

担当者を変更してもらう、他社エージェンントも並行して使い、使えるコンサルタントを見極める等の工夫も大事になってきますよ!

悪い口コミ②:編集職の仕事を希望したのに広告や広報の仕事ばかり紹介された

続いて2つ目の口コミですが、自分の希望する職種以外の求人を紹介されたという声です。

女性の口コミ
女性の口コミ

業界知識などについては、リクルートなどの大手よりも詳しくて満足でした。

ただ、紹介される求人については微妙でした。

私は編集者の仕事をしたいと伝えたのに、広告や広報の求人をオススメされましたね...

マスコミ業界の職種においては、そもそも求人が全くないものや、あってもかなり限られるものも多いです。

電通などの大手企業の中途採用であったり、TV局の社員などのエリート部門はその典型です。

この場合の対処法ですが、総合型の転職エージェントも併用しておく事です。

併用するのは、以下で紹介する鉄板の大手3社でOKです。

大手エージェントはマスメディアンよりも求人数が多く、トライ出来る企業の選択肢もガツンと増えます。

広告業界以外の求人とも比較出来ますし、ミスマッチ転職を起こす可能性もガクンと下がりますよ!

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

マスメディアンは未経験でも使える?特徴や強みから分かる利用者の向き不向き

以上、マスメディアンに関する評判&口コミの紹介でした。

ただ、これだけの情報だと、マスメディアンで転職活動すべきか?という点でまだ悩むと思います。

そこでここからは視点を変えて、マスメディアンの強みについて解説していきます。

具体的には下記の3つのポイントが重要です。

①広告業界未経験でもOK!個別相談会も実施中

②強みは守備範囲の広さ!マスコミ&広告業界の幅広いジャンルに対応

③業界にコネクションあり!経営者との繋がり強し

それぞれ解説していきます。

①広告業界未経験でもOK!個別相談会も実施中

マスコミ&広告業界で転職を考える人の中には、未経験から転職を考える人も多いと思います。

そうなると気になるのが、「マスメディアンって業界未経験でも転職支援してくれるの?」という事です。

この点についてですが、未経験でもOK、なんの問題もありません。

それどころか、マスメディアンでは個々の事情に合わせて、個別の対応をしてくれます。

と言うのも、マスメディアンで逐一「個別説明会」を開催しています。

その中で個人個人のキャリアにフォーカスし、その人に合った提案をしています。

例えば、

・未経験から広告業回に転職したい人向き相談会

・第二新卒でマスコミ業界にチャレンジしたい人向けセミナー

・30代でさらなるキャリアアップしたい人向き個人面談

といった形で、ニーズを細分化しているのです。

同業者のキャリアアップ転職はもちろん、完全未経験からでも十分転職が出来るエージェントですよ!

②強みは守備範囲の広さ!マスコミ&広告業界の幅広いジャンルに対応

マスメディアンは業界特化型のエージェントですが、取り扱っている職種はかなり幅広いのが強みの1つです。

カメラマンやデザイナーなどの技術職はもちろん、広告業やバックオフィスの業務まで様々です。

そのため、マスコミ業界で転職を考えている、全ての方にとって利用価値のあるエージェントと言えます。

「同業種転職でキャリアアップしたい」

「自分のスキルをもっと評価してくれる会社がいい」

「違う会社で違う職種にチャレンジしてみたい」

といった幅広いニーズに対応してもらえますよ!

③業界にコネクションあり!経営者との繋がり強し

マスメディアンは自社で運営しているメディア事業があるおかげで、様々な会社とのコネクションが強いです。

実際に企業の経営者や重役との繋がりがあり、転職コンサルタントとも意思疎通が出来る状態です。

そのため、マスメディアンから紹介されると書類審査が通りやすくなる...といったベネフィットも期待出来るのです。

なんの人脈がない人でも、マスメディアンを通して応募すれば、内定までの距離がグッと縮まりますよ!

▶︎マスメディアン公式ページ


【広告業界】マスメディアンと比較すべき転職エージェント3選

マスメディアンは、広告マスコミ&IT業界の転職において圧倒的な強みを持っているエージェントです。

ただ、マスメディアンだけで全ての求人をカバー出来ないため、他社のエージェントも同時にチェックしておくべきでしょう。

広告マスコミ&IT業界の転職でも強いエージェントとしては、以下の3社が王道なので、合わせて紹介しておきます。

リクルートエージェント【広告マスコミ&IT業界の求人数No.1】

1つ目に紹介したいのが、「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界最大手のエージェントであり、取り扱い求人数は全エージェントの中でNo.1です。

マスコミや広告業の求人も豊富で、マーケ職以外の求人も多いのが利点です。

「広告業界の求人を広くサーチしたい!」

「求人数を確保して、転職先の選択肢を広げたい。」

「とりあえず業界最大手のエージェントには登録しておくべきでしょ!」

このような考えがある人は、シンアド転職と並行してリクルートエージェントもチェックしておきましょう。

ホワイトな企業の求人も多く、満足の行く転職先にきっと巡り会えますよ!

リクルートエージェント公式

マイナビエージェント【第二新卒&20代におすすめ】

2つ目におすすめの転職エージェントは、「マイナビエージェント」です。

シンアド転職は、20代前半の転職には不向きのエージェントですが、マイナビは逆に得意なのが特徴です。

特に第二新卒の年齢で転職が可能な方であれば、シンアド転職ではなくマイナビの方が向いています。

・20代のキャリアチェンジを考えている!

・職歴が浅い事が何よりネックに感じている

・若手の転職支援に力を入れているエージェントを使いたい!

このような方は、マイナビエージェントとの相性がかなり良いです。

物腰柔らかいコンサルタントも多いと定評ですから、人的サービスを求める人は一度相談してみましょう!

マイナビエージェント公式

DODA(デューダ)【年収アップ転職に強み】

3つ目に比較しておきたいのが、「DODA(デューダ)」です。

DODAはリクルートに次ぐNo.2の人材会社で、そのキャリアは申し分ありません。

そんなDODAの強みですが、とにかく書類添削に優れていると評判がいい事です。

「履歴書や職務経歴書は初めてでお手上げ...」

「プロ目線の添削をもらって安心したい!」

「受かる応募書類のコツを教えて欲しい!」

このようなニーズがある方は、DODAの転職支援がピッタリですよ!

DODA公式サイト

マスメディアンの使い方!登録から利用までの流れを解説

マスメディアンを実際に利用する場合の手順はどうなるのでしょうか?

マスメディアンに登録して、実際にサービスを受ける場合は、以下のようなフローになります。

基本的には、公式ページよりエージェントサービスに申し込みをすれば、手取り足取りえーじぇんと会社がフォローしてくれます。

職務経歴書や履歴書等の書類添削はもちろん、企業毎の面接対策まで行ってくれるのがマスメディアンの特徴です。

また、マスメディアンはあなたが転職に成功した時に企業から報酬をもらう仕組みです。

そのため利用者に金銭的な負担はなく、完全無料で利用する事が可能です。

強力な助っ人をフリーで使えるので、転職成功率もグッと高まりますよ!

内定獲得までの期間は平均して2〜3ヶ月

マスメディアンを利用する際の注意点ですが、必ずスケジュール感を大事にしておきましょう。

マスメディアンに登録してから、実際に内定まで持っていくスケジュールですが、平均して2〜3ヶ月ぐらいだと思っておきましょう。

具体的なタイムテーブルは、おおよそ下記の通りです。

①自己分析&企業研究(2〜3週間程度)

②履歴書&職務経歴書の作成(2〜3週間程度)

③採用面接(1ヶ月程度)

④入社日や年収の最終調整(1ヶ月程度)

ただ、これはストレートに進むケースを想定していますので、本来はもう少し余裕を持っておく事をおすすめします。

出来ることなら、転職したいと考える日の半年前からは動き始めるべきですよ!

というのも、選考が長期化することに保険をかける以上に、自分が転職したいと思う企業の面接日に間に合わないというリスクがあるからです。

あと1週間早くエージェントに登録しておくべきだった...なんて事になると笑えないので、前倒しの行動を意識しておきましょう。

▶︎マスメディアン公式サイト

最後に:マスメディアンと大手転職サービスを併用して使おう

最後に転職活動をする上での重要なポイントですが、ズバリ下記の通りです。

・利用するエージェント会社を「マスメディアン」1つに絞り込まないこと

と言うのも、マスメディアンはまだまだマイナーなサービスです。

そのため、大手転職エージェントに比べると、下記のような課題があります。

・取り扱い求人数が少ない

・社内の転職ノウハウやスキームか確立されていない

・書類添削や面接対策をきちんと行えるコンサルタントが少ない

特に取り扱い求人数が少ないというのは、あなたにとっても望ましいことではないですよね。

ある程度は選択肢が用意されていないと、限られた会社の中で転職を決めないといけなくなるので、ミスマッチの確率がグッと上がってしまいます。

そこで、求人数の取り扱い数が圧倒的に多い、大手の転職エージェントを併用することがセオリーになってきます。

では、その大手転職エージェントとはどこか?

それは、先程紹介した「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2つです。

この2つでほぼ全ての求人をカバーできますし、マスコミ&広告業界の取り扱いも豊富ですから、あなたのニーズともピッタリなのです。

転職活動をする人は、平均して3つの転職エージェントに登録すると言われていますが、マスメディアンと合わせて上記2社を登録しておけば無敵です。

リクルートエージェント、マイナビエージェント、マスメディアンは下記の公式ページより登録出来ます。

一旦登録すればすぐに求人チェックが出来るので、サクッと済ませておきましょう。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

▼あなた向き関連記事!広告・マスコミ業界向きおすすめ転職エージェント10選▼

あわせて読みたい
【10社比較】マスコミ&広告業界おすすめ転職エージェントランキング!広告代理店勤務の方も必見 広告業界やマスコミ業界で転職を考えた時、どの転職エージェントを使うのが理想的なのでしょうか? 「仕事をしながらで忙しい!効率よくサ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
リクナビネクストの悪い評判口コミ!ブラックばかりの転職サイトって本当? 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...