転職エージェント

ウィルオブ・スポーツで転職ってどう?評判&口コミから見るメリット・デメリット!

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

ウィルオブ・スポーツは、その名の通りスポーツ業界の転職に強みを持つ特化型の転職エージェントです。

ただしそこまで有名なエージェントではないため、いざ使うとなると慎重になる人も多いはず...

そこで今回は、ウィルオブ・スポーツ利用者の評判&口コミを参考にその実態を解説していきます。

<この記事の結論>

ウィルオブ・スポーツは、スポーツ業界の求人&体育会系向き人材の転職に強みを持つエージェント会社です。

そのため、他社エージェントにはない業界知識があり、より専門的なアドバイスが受けられる事が魅力です。

▶︎ウィルオブ・スポーツ【公式】

※ウィルオブ・スポーツはスポーツ業界の求人&体育会系向き人材の転職に特化している優れたエージェントです。

しかし、「全体的な求人数では大手エージェントに劣る」「ほぼほぼ営業職」と言うデメリットがあるのも事実。

そこであなたにオススメしたいのは、最大手リクルートエージェントとの併用です。

合わせて活用する事で、転職先の選択肢がグッと広がりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

ウィルオブ・スポーツの良い評判や口コミ!メリットを整理しよう!

ウィルオブ・スポーツを実際に利用すべきか検討する際に、実際に使ってみた人のリアルな口コミが知りたいと思う人は多いです。

そこでまずは、「マーススポーツエージェントを使って良かった!」という方の口コミをチェックしていきましょう。

使って見て良かった!というユーザーの口コミ内容は下記の通りです。

・スポーツ業界でのキャリアパスの歩み方が見えてきました!

・企業ごとに面接対策をしてもらい、無事内定を獲得する事に成功しました!

良い口コミ①スポーツ業界でのキャリアパスの歩み方が見えてきました!

まず1人目の口コミですが、キャリア面談で自分の将来のビジョンが見え始めたとの声です。

男性の口コミ
男性の口コミ

もともと大好きだったサッカー関連で仕事をしたいと思い、スポーツに強いエージェントに登録しました。

コンサルタントとも1時間ほど面談していただき、今後のキャリアビジョンが何となくですがイメージ出来るようになりました!

エージェントを利用するメリットですが、何も転職の支えになる事だけではありません。

面談などを通して、今後のキャリアを考え直すきっかけ作りになる事です。

スポーツ業界に興味があっても、今後の生き方まで深く考えるのは正直難しいです。

しかし、プロのコンサルタントにサポートしてもらえば、ぼんやりしていた将来像が一気に見えるようになりますよ!

良い口コミ②企業ごとに面接対策をしてもらい、無事内定を獲得する事に成功しました!

続いて2人目の口コミですが、コンサルタントの面接対策がよかったとの声です。

女性の口コミ
女性の口コミ

ウィルオブ・スポーツでは、企業ごとの面接ポイントを事前に教えていただきました。

本番前に何を聞かれるのか想定できたので、ストレスなく面接にいく事が出来ました。

ウィルオブ・スポーツはスポーツ業界の企業にとことん詳しいです。

そのため、面接でどのような事が聞かれるのかは大体知っています。

利用者が面接にいく前には、受かるためのコツなどをレクチャーしれくれるので、内定確率はグッと高まりますよ!




ウィルオブ・スポーツの悪い評判&口コミ!デメリットは何か?

さて、ここまではウィルオブ・スポーツの良い評判&口コミをチェックしてきましたが、当然その逆の口コミも見受けられました。

悪い口コミについては下記の2つが見受けられました。

・スポーツ系の求人というより営業職メインで紹介された

・思ったよりも紹介してもらえる求人が少なかった

それぞれ見ていきましょう。

悪い口コミ①スポーツ系の求人というより営業職メインで紹介された

まずは1人目の口コミですが、スポーツとは関係ない営業職を紹介されることもあったとの声です。

男性の口コミ
男性の口コミ

スポーツ関連の仕事がしたいと思って登録しましたが、紹介された求人の中には、スポーツ関係ないものも多かった

専門商社の営業とか、要するに体育会系を求めている求人とかです。

ウィルオブ・スポーツですが、スポーツ業界の求人だけが全てではありません。

この方のように、体育会系出身者向けの求人紹介を受けることもあるようです。

ただ、スポーツ系の求人は元々数が少ないので、エージェント側も様々な選択肢を用意しています。

様々な転職先を比較出来ますし、必ずしもデメリットとは言えませんよ!

悪い口コミ②思ったよりも紹介してもらえる求人が少なかった

続いて2人目の口コミですが、紹介される求人数の少なさを指摘する声です。

男性の口コミ
男性の口コミ

ウィルオブ・スポーツを使ったのですが、自分には合わなかったです。

単純に求人数が少なく、自分にマッチする求人が紹介してもらえなかったからです。

スポーツ業界の求人数は全体的見ても決して多くありません。

その上ウィルオブ・スポーツは中堅の人材会社、それゆえ求人数には弱点があるのは事実です。

この場合の対処法ですが、他社の総合型エージェントを併用してください。

併用するのも、以下で紹介する王道の3社でOKです。

スポーツ業界の求人はもちろん、それ以外でも体育会系人材を求める企業をたくさん扱っています。

複数エージェントを味方につける事で、転職のミスマッチ率もガクンと下がりますよ!

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

ウィルオブ・スポーツってどう?特徴や強み&注意点から分かる利用者の向き不向き

以上、ウィルオブ・スポーツに関する評判&口コミの紹介でした。

ただ、これだけの情報だと、ウィルオブ・スポーツで転職活動すべきか?という点でまだ悩むと思います。

そこでここからは視点を変えて、ウィルオブ・スポーツの強み&注意点について解説していきます。

なお、ポイントは以下の3点です。

①ウィルオブ・スポーツにしかない「独自求人」に強み

②スポーツ業界の企業に強烈なコネクションあり

③【注意点】利用できる年齢は25歳〜35歳の若手メイン

それぞれ解説していきます。

①ウィルオブ・スポーツにしかない「独自求人」に強み

ウィルオブ・スポーツの強みですが、他社エージェントでは絶対に取り扱えない求人枠を押さえていることです。

一般的に、スポーツ経験者を積極的に採用する「特別枠」は、中々取り扱いが難しいです。

これは求人数が多いリクルートエージェント等の"大手人材会社でも"です。

しかし、ウィルオブ・スポーツはその道で力を持っているので、シークレットな求人をこっそりと保有しているのです。

そのため、スポーツ選手としてのキャリアを活かしたい人であれば、限定求人を紹介してもらえる事が最大のメリットですよ!

②スポーツ業界の企業に強烈なコネクションあり

続いて2つ目の強みですが、ウィルオブ・スポーツはスポーツ業界に対して幅広い人脈を持っている点です。

例えばスポーツ用具を取り扱うメーカーであったり、アマチュアの球団を保有するような大手企業とのコネクションもあります。

そのため、「スポーツを仕事にしたいが、どうすればいいかわからない」という人の悩みには、様々な角度から解決案を提示する事が可能です。

「サッカーに興味があるなら、〇〇社のイベント運営を手伝ってみない?」

「筋トレ好きならジムで働くというキャリアもあるけどどう?」

「スポーツを商材にした営業マンを目指してみないですか?」

様々な企業と関係性があるからこそ、このように全方位からのアドバイスが可能です。

ウィルオブ・スポーツを使えば、スポーツに関連する仕事につける確率がグッと高まりますよ!

③【注意点】25歳〜35歳までの若手支援メイン

ウィルオブ・スポーツを利用する際の注意点ですが、年齢には気をつけてください。

と言うのもウィルオブ・スポーツが公式サイトで公表してますが、基本的には「25歳〜35歳まで」の転職支援しか出来ないようです。

そのため、キャリアが浅すぎる第二新卒の年代(24歳まで)や、年齢を重ねすぎている人のサポートは難しいのです。

第二新卒枠で転職を考える場合などは、ウィルオブ・スポーツは使えないことには注意しておきましょう、

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職にオススメの転職エージェント一覧▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

スポーツ業界の転職でウィルオブ・スポーツ以外に検討すべきエージェント

ウィルオブ・スポーツは、スポーツ業界&体育会人材の転職において圧倒的な強みを持っているエージェントです。

ただ、ウィルオブ・スポーツだけで全ての求人をカバー出来ないため、他社のエージェントも同時にチェックしておくべきでしょう。

スポーツ業界&体育会人材の転職でも強いエージェントとしては、以下の3社が王道なので、合わせて紹介しておきます。

おすすめ①:リクルートエージェント

1つ目に紹介したいのが、「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界最大手、どのエージェントよりもスポーツ業界向きの求人を保有しています。

そのため、

「ブラック企業はもう嫌。ホワイトに絞って紹介して欲しい!」

「長く働ける会社を希望!産休や育休など福利厚生面がいい会社を知りたい。」

「年収をもっと上げたい。スポーツ業界で稼げる求人に絞って教えて!」

といった、どんなニーズに対してもキッチリ対処出来るのが強みです。

リクルートエージェントを活用することで、キャリアの選択肢がグッと広がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ②:DODA(デューダ)

2つ目に紹介しておきたい転職エージェントは、「DODA」です。

DODAはリクルートに次ぐ、業界第2位の大手エージェントです。

そんなDODAですが、「SPORT LITE」というスポーツ業界の求人を中心に扱うサービスを持っているのが特徴です。

つまりDODAは総合型のエージェントでありながら、スポーツ業界にはめっぽう強いのがセールスポイント。

「総合型は大手が運営していて安心だけど、専門性に欠けるからな...」と思っている人は、DODAを使うのがベストですよ。

DODAであれば、スポーツ業界のコアな情報まで教えてくれます!

DODA公式サイト

おすすめ③:マイナビエージェント

3つ目におすすめの転職エージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントの強みは、20代の若手のキャリアのフォローが得意な点です。

マーススポーツエージェントは20代前半のサポートが苦手なので、若い方でスポーツ業界への転職を考えている人は困りますよね。

そんな時に代替案として考えるべきが、まさにマイナビエージェントです。

24歳以下の若手である第二新卒の層はドンピシャですので、マイナビに相談してみましょう。

若い時からスポーツ業界でのキャリア形成を考えるのなら、マイナビのサポートは必須です!

マイナビエージェント公式

ウィルオブ・スポーツの登録方法&使い方

実際にウィルオブ・スポーツを使う場合の流れですが、非常にシンンプルです。

具体的には下記の6つのステップだけです。

まずは公式ページより会員登録を済ませたのち、東京中野にある本社でコンサルタントと面談をします。

その後は面談内容を踏まえて求人紹介をしてもらい、興味のある求人に応募していく事になります。

応募書類のコツや面接対策といったテクニカルな部分に不安上がある場合でも、プロがしっかりフォローしてくれるので、とにかく安心して就活が出来ます!

内定獲得までの期間は平均して2〜3ヶ月

ウィルオブ・スポーツを利用する際の注意点ですが、必ずスケジュール感を大事にしておきましょう。

ウィルオブ・スポーツに登録してから、実際に内定まで持っていくスケジュールですが、平均して2〜3ヶ月ぐらいだと思っておきましょう。

具体的なタイムテーブルは、おおよそ下記の通りです。

①自己分析&企業研究(2〜3週間程度)

②履歴書&職務経歴書の作成(2〜3週間程度)

③採用面接(1ヶ月程度)

④入社日や年収の最終調整(1ヶ月程度)

ただ、これはストレートに進むケースを想定していますので、本来はもう少し余裕を持っておく事をおすすめします。

出来ることなら、転職したいと考える日の半年前からは動き始めるべきですよ!

というのも、選考が長期化することに保険をかける以上に、自分が転職したいと思う企業の面接日に間に合わないというリスクがあるからです。

あと1週間早くエージェントに登録しておくべきだった...なんて事になると笑えないので、前倒しの行動を意識しておきましょう。




最後に:転職成功のコツは複数のエージェントを比較して選択肢を広く持つこと

最後に転職活動をする上での重要なポイントですが、ズバリ下記の通りです。

・利用するエージェント会社を「ウィルオブ・スポーツ」1つに絞り込まないこと

と言うのも、ウィルオブ・スポーツはマイナーなサービスです。

そのため、大手転職エージェントに比べると、下記のような課題があります。

・取り扱い求人数が少ない

・社内の転職ノウハウやスキームか確立されていない

・書類添削や面接対策をきちんと行えるコンサルタントが少ない

特に取り扱い求人数が少ないというのは、あなたにとっても望ましいことではないですよね。

ある程度は選択肢が用意されていないと、限られた会社の中で転職を決めないといけなくなるので、ミスマッチの確率がグッと上がってしまいます。

そこで、求人数の取り扱い数が圧倒的に多い、大手の転職エージェントを併用することがセオリーになってきます。

では、その大手転職エージェントとはどこか?

それは、先程紹介した「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2つです。

この2つでほぼ全ての求人をカバーできますし、スポーツ業界の求人の取り扱いも豊富ですから、あなたのニーズともピッタリなのです。

転職活動をする人は、平均して3つの転職エージェントに登録すると言われていますが、マーススポーツエージェントと合わせて上記2社を登録しておけば無敵です。

リクルートエージェント、マイナビエージェント、ウィルオブ・スポーツは下記の公式ページより登録出来ます。

一旦登録すればすぐに求人チェックが出来るので、サクッと済ませておきましょう。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

▼あなた向き関連記事!スポーツ業界の転職におすすめエージェント8選▼

あわせて読みたい
【8社比較】スポーツ業界おすすめ転職エージェントランキング!体育会系やアスリート必見 スポーツ業界で転職を考えた時、どの転職エージェントを使って就活すべきか悩みますよね... しかし転職エージェントは数が多く、どのエ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
リクナビネクストの悪い評判口コミ!ブラックばかりの転職サイトって本当? 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...