転職コラム

低学歴こそ転職で逆転出来る理由!学歴コンプはキャリアで差をつけるべし

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

自分の学歴が低いことを理由に、転職活動で足踏みしてしまう人は少なくありません。

「学歴フィルター」という言葉がありますが、確かに転職市場でもそれは存在します。

しかし、こと転職試験においては、テクニック次第で高学歴に差をつけられると知っていましたか?

転職試験は新卒採用とは異なり、その人物のスキルや経験、そして「この会社で何としても働きたい!」という熱意が評価されます。

そのため、志望動機がかなり具体的、雇用するメリットが明白など、何か光るものがあればライバルをごぼう抜きする事が出来るのです。

本記事では、『低学歴の方が転職するコツ』を紹介します。

※転職を成功に導きたいなら、転職エージェントのサポートが必須です。

プロのコンサルタントに軽く相談するだけでも、

「俺なら全然転職先あるじゃん。心配して損した〜」

と、心のモヤモヤがスッと消えていきますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

低学歴の転職は職務経歴書で差がつけられるかがキーポイント

冒頭でお伝えした通り、新卒採用に比べれば、転職市場では学歴を見られるウェイトは低くなります。

しかし、学歴の弱い人が適当に就活して内定が貰えるほど甘い世界ではありません。

学歴が弱い人はゴロゴロいて、その人達全員がライバルになる事は変わりがないからです。

では、どのようにしてライバルと差をつけるべきか?

それは、「職務経歴書」を命がけで作成する事です。

転職試験では露骨な学歴フィルターが存在しない代わりに、職務経歴書フィルターが存在しています。

・ダラダラと長文で書かれた読みづらい

・何が言いたいかよく分からない

・です,ますで統一するなど基礎が出来ていない

このように、読み手の気持ちを1mmも考慮できていない書類を提出すれば、高学歴でも一瞬でお祈りされてしまうのです。

いいですか、社会人として最も重要な事は、『相手の立場に立って物事を考える力』です。

仕事が出来る人は常に相手の立場に立ち、相手が求めている事を察知して行動する事に長けているのです。

職務経歴書であれば、人事の目線に立って書けているのかが超重要!

やたら細かい字&長文ビッシリの人もいますが、これでは相手の気持ちを理解しているとは言えません。

人事の人は1日で何十枚、何百枚という書類に目を通します。

であれば、「げっ、読みずらそ〜」と思わせてはダメです...

ただしそうは言っても、職務経歴書を書いた事がない人も多いはず。

その場合の対処法ですが、後述する転職エージェントに依頼するようにしましょう。

プロ目線で添削してくれますから、書類通過率もグンと上がりますよ!

低学歴にとって転職市場が熱い理由は隠れ優良企業に出会えること

"低学歴こそ転職してキャリアを磨くべき"

私にはこう断言できる理由があります。

それは、隠れ優良企業に出会いやすいからです。

そもそも新卒採用では、ネームバリューのある企業に良い人材が集中し、知名度のない企業は人材難になるという特性があります。

しかし、知名度がなくとも、超ホワイトな優良企業が存在している事を知っていましたか?

例えば、大手と取引がある自動車部品メーカー。

法人間取引なので学生には馴染みが薄いものの、財務基盤は盤石、法人営業なので無茶苦茶なノルマ設定もありません。

おまけにカレンダー通りの生活が可能で、年間休日120日以上という好条件の会社も多いです。

これらホワイト企業は、新卒採用では見落とされるため、常に転職市場で中途採用の応募をしています。

そうです、ここにあなたが入り込む余地があるのです!

この手の企業は若手の採用には特に積極的で、学歴をそこまで重視せず、求職者の人となりを評価してくれます。

学歴に自信がない人は、このような会社を狙っていくのがおすすめです。

関連:スキルなし&未経験でホワイト企業に転職する方法!おすすめ業界・業種を教える

低学歴は新卒就職では不利だが転職だと無双出来る

『学歴なんて仕事には関係ないから!』

こんな風に言っている人がいますが、実際のところ就活の段階では学歴を見ない企業はないです。

というのも、初対面の人物を評価する方法は、たった2つしかありません。

①その人の過去を見る

②その人の今現在を見る

そのため、学生の過去は学歴以外ありませんから、必然的に学歴を見られてしまうのです。

ただ、これはあくまで新卒採用での話です!

転職市場においては、その人の過去を見る際に「職務経歴」を見ます。

学歴も1つの指標になるものの、新卒採用に比べてその比率はガクンと下がるのは自明です。

もちろん、学歴でライバルに比べて劣ると思うなら、それを補う+αが必要です。

しかし逆に言えば、学歴をカバー出来る+αがあればOKということ。

「〇〇という経験を活かせば、御社の利益upに確実に貢献出来ます!」

「御社が抱える××という課題、私ならこうやって解決します。」

こんな風にライバルを圧倒するポイントを用意しておけば、面接官からは一目違った存在に映りますよ!

低学歴で自信がない人は転職エージェントに相談してみよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

▶︎リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...