職業・職種の悩み

地銀からの転職先でおすすめは金融ベンチャー1択!地方銀行辞めたい人必読

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

地銀で勤務するも将来性を感じられず、早い段階で転職を検討する人は少なくありません。

つい先日もメガバントップの三菱UFJが段階的なリストラを公表し、地銀バンカーも「明日は我が身」と思わずにはいられないのではないでしょうか?

ただ、いざ地銀を辞めて転職するとしても、セカンドキャリアで悩むのは必須です。

「地銀バンカーというキャリアを活かせる転職先はどこ?」
「将来性があって食いっぱぐれない業界が知りたい!」

転職を意識している地銀バンカーであれば、当然こんな想いですよね。

そこで本記事では、『地銀からの転職先なら金融ベンチャー1択である』というテーマで解説していきます。

この記事を読む事で、漠然とした将来不安もスッと消えて無くなりますよ!

※地銀から転職を考える場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

おすすめの転職エージェントは、業界最大手のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントに相談する事で、転職先の選択肢もグッと広がりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

地銀からの転職でおすすめ転職先は金融ベンチャーだと断言出来る理由

地銀からの転職をお考えの人であれば、

①現職の経験を少しでも活かせる仕事
②年収ダウンは何としても避けたい

と言ったニーズが多いはずです。

しかし銀行員という職業そのものが衰退している今、バンカーとしての経験そのものを活かす事はかなり難しくなってきました。

コテコテの縦社会で身につけた処世術、時代に逆張りしたハンコ文化、公務員的な顧客対応...

厳しい話ですが、今風の企業が最も嫌う体質なのが銀行であり、その経験は中々評価されずらいです。

ただし、「金融分野」という専門性だけは別格です。

金融は概念的なものゆえ根本的に頭の良さが求められる領域で、転職市場においてもその市場価値は高く評価されます。

そうなると狙いやすいのが、金融系のベンチャー企業です。

金融ベンチャーと言われるとパッとしませんが、例えばキャッシュレスなどイノベーションを起こしている会社がまさにそれです。

この領域はベンチャーではあるものの専門性が高く求められ、転職者に対して支払う賃金もかなり高く設定されている事が多いです。

コロナショックで買い手市場になりがちな転職市場ですが、専門性が高い領域は決してそんな事はありません。

銀行員として金融分野で経験を積んだ人材はかなり貴重、地頭の良さなどもPR出来れば、キャリアアップ転職すら実現してしまいます。

しかし、1点だけ注意点があります。

それはズバリ、「残された椅子の奪い合いはすでに始まっている」という事です。

と言うのも冒頭でお伝えした通り、いよいよメガバン勤務のエリート層も首切りが始まろうとしています。

そうなると早めの転職を意識するバンカーが増え、転職市場におけるライバルが激増してしまいます。

しかし今はまさにその過渡期であることは言わずもがな!

自分は大丈夫...とあぐらをかいているウサギさんと、ジワジワ距離を詰めようとしているカメさんとの戦いのまっしぐら。

ここで呑気に居眠りなんてしていると、本当に転職する会社が無くなってしまいますよ!

地銀からの転職の注意点!今後2回・3回と転職する事を想定しておくべし

地銀の方が転職を考える際に、「安定性」を軸に転職活動を進める人がいます。

しかし、ここは厳しい意見を言わせてください。

ハッキリ言いますが、安定性を求めて転職するバンカーほど、将来的にクソ不安定な人生になりますよ...

なぜそう言い切れるか?

それはズバリ、「変動する時代の中で自分が変わろうとしていないから」です。

数年前、銀行がオワコンになるなんて誰が想像しましたか?

コロナで各業界がオンライン化を急ピッチで進めるなんて誰が想像しましたか?

いいですか、時代は常にアップデートを繰り返しており、それに応じて人も変わらなくてはいけなくなりました。

そんな時代において、「転職して安定を掴もう!」なんて寝ぼけた事を言っているオワコン人材と同レベルまで落ちていいんですか?

昨今では転職は当たり前になってきましたが、アメリカのように2回3回と転職を繰り返し、その都度キャリアアップしていく事が今のトレンドです。

そこで最初は金融ベンチャーに転職し、まずはスキルを磨いてください。

そして今度はそのスキルを武器に違う会社で活躍する...

今の時代はこう言ったキャリアビジョンを持たなければ、自然淘汰されてしまうのです。

地銀=安定と信じていた人からすれば、これは辛い現実かもしれません。

しかし、手遅れになる前に気付けた事は不幸中の幸い。

そもそも安定という虚構を追い求め、不安定な人生を生きるなんて馬鹿げた話ですよ!

これを機にやりたいと思っていたけどどこか諦めていた事に挑戦するもよし、自分の夢に振り切るもまたよしです。

地銀という"不安定すぎる空間"でリストラリスクに怯えるぐらいなら、思い切って転職した方が絶対にお得ですよ!

地銀を辞めたい人はプロの転職エージェントに相談しよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

▶︎リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

なお、近年では金融業界の転職に力を入れているエージェントとして、「マイナビエージェント」も活用価値が高いです。

銀行員というキャリアを活かして金融分野で転職したいなら、マイナビエージェントも合わせてチェックです!

▶︎マイナビエージェント公式

※転職エージェントをどうすべきか悩む方向きに、若手におすすめ転職エージェントランキングを作成しています。

下記も参考にしてください。

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...