新卒お悩み相談

新卒や社会人2〜3年目が会社を休職する時の全知識!復職や転職への影響を解説

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

新卒や社会人2〜3年目のいわゆる若手社員の中には、日々の仕事に押しつぶされそうになり、毎日が辛くて辛くて仕方ないと感じている人が大勢います。

すると頭をよぎるのが、

「一旦会社を休職してしまおうかな...」

という選択肢です。

確かに、休職という事であれば無職にならずに済みますし、復職する選択肢、休職期間中に転職する選択肢などが生まれてきます。

勢いで会社を辞めてしまったり、辛くなって退職してしまうよりも、遥かにお得なオプションに思えますよね。

しかし、会社を休職するとなると、その影響やデメリットについて考えないわけにはいかないです。

そこで今回の記事では、若手社員が休職を考えた時の注意点について解説していきます。

※第二新卒枠で転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

コンサルタントに相談するだけでも、

「あれ、短期離職でもまともな会社に転職出来るじゃん!」

こんな風に、一気に前向きな気持ちになれますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

新卒や社会人2〜3年目で会社を休職して復職というキャリアは厳しい

会社を休職する事のメリットとして、辞めているわけではないので、いつでも復帰する事ができるという利点があります。

例えば、明らかに業務過多で押しつぶされている時などに、一旦体を休めるために休職し、その後復帰を考える人もいますよね。

関連:仕事量が多い職場がストレスで辞めたい!自分だけ業務量が多い場合に考えること

しかし、あなたもお分かりだと思いますが、復職を前提とした休職というのは現実的にはかなり厳しいです。

仮に復職したとしても、

・同期と圧倒的に差がついている
・休職者として腫れものを触るように扱われる
・その会社でのキャリアアップはもう望めない

という残酷な現実が待っているのは言わずもがな。

結局、その息苦しさに耐えかねて退職に追い込まれるか、完全に心を殺して万年平社員を貫き通すかの2択しか残されていません。

ただ、後者の場合の人生は悲惨ですよ。。。

30代になれば同期でも差がつき始め、出世してキャリアを磨いている人も続々と出てきます。

大学の同期を見渡しても、大きな仕事を任せられたり、あるいは起業して大成功している人間も出てきているはずです。

そんな時に自分ときたら、

・出世が見込めない負け組社員
・年収だって上がっていかない
・周りからも必要とされていない

そんな人生を歩んでいると想像したら、めちゃくちゃ惨めだと思いませんか?

いいですか、社会人の価値観は置かれている環境によって決まります。

関連:人生を変えたい人は職場を変えろ!社会人の価値観は環境で決まる。

そもそも、いかなる理由があったとしても、休職に追い込まれるような職場で働いている時点で、それはもうミスマッチです。

合わない会社でダラダラと時間を消化しても得られるものはないですし、何より人生が停滞してしまいますよ。

年齢が上がるに連れ、年収やキャリアなどは幸福度に直結しますし、仕事を楽しめていない人は人生を大きく損することになります。

もちろん、新卒で入社するものの、この会社合わないな...と思うことはぶっちゃけよくあります。

ただ、そんな時こそ自分なりに対処法を考えて、前を向いて歩いていけるような選択をした方がいいですよ!

関連:新卒で入社した会社と合わない!ミスマッチを起こした時の対処法3つ

新卒や社会人2〜3年目が会社を休職して転職活動する場合の注意点

若手社員であれば、まだまだ未来があります。

そこで、一旦は休職というカタチをとって、その期間に転職活動を終わらせてしまおう!と考える人も多いです。

ただ、休職中に転職活動をするとなると、何かと不安に思うことも多いはず。

ここではその悩みをまずは払拭していきましょう!

会社を休職中に転職活動してもOK!まずバレません

会社を休職中に転職活動をする場合ですが、最初に気になるポイントと言えば、会社にバレるかどうかでしょう。

結論から言えば、まず会社にバレることはありません。

休職するわけですので、形式的には精神病というカタチでしょうから、さすがに転職活動をしていることがバレたらばずい...と思われるでしょうが、その心配はないです。

と言うのも、会社からすれば休職者が転職活動をしているかどうかなんて分かりようがないですし、ぶっちゃけ休みに入った段階でそんな事は百も承知です。

なので、バレたらどうしよう...というのは過度に心配する事ではないでしょう。

最低限の注意として、

・同期に言いふらさない
・スーツを着ている姿を見られないようにする

といった事だけ気を配っておけば問題ないでしょう。

関連:転職サイトは登録だけでも会社にばれる?特定されない登録方法も解説

休職中の転職活動は不利?基本は言わなければOK

休職中に転職活動を考えている人の中には、

「休職期間に転職活動を行っている事は不利に働くのではないか?」

と心配されている人も多いと思います。

確かに、休職中の人を積極的に採用したいと考える人は少ないですからね。

しかし、休職している事をわざわざ伝える必要はないので、あまり転職活動には影響はないですよ!

面接官から、

「今は休職中ですか?」

と聞かれたら嘘はつけないですが、普通はそんなピンポイントで質問されませんからね。

なので、休職中だからといって不利になるような事はないと思っていいでしょう。

在職中に転職活動を行っている人は多いですし、あまりそこは気にしなくても大丈夫ですよ!




新卒や社会人2〜3年目なら会社の休職期間中に転職を成功させられる

休職期間中に転職活動を考えている人の多くは、

「休職期間内に転職先を決められるかどうか?」

という事を心配している人も多いと思います。

と言うのも、休職期間というのは期限があり、会社によりますが3〜6ヶ月程度が相場となっていますからね。

ただ、社会人3年未満の人であれば、内定獲得までの期間で心配する必要はありません!

新卒3年未満であれば「第二新卒」と言うカテゴリーですが、第二新卒であれば平均して2ヶ月以内には内定を決める人がほとんどだからです。

新卒の就活のように、半年以上ガッツリ時間をかけるわけではないので、時間的な心配はほぼ不要です。

私が実際に転職した際も、2ヶ月以内で終わりましたし、周りの話を聞いても1ヶ月程度で内定を貰う人が多かったです。

関連:【第二新卒の転職】短期離職の私でも大手企業に内定した理由&体験談!

第二新卒の場合は一つの企業で実施される面接の回数も多くて2回程度で、そもそも就活が長期化する事は少ないです。

新卒の時のように、5次面接まで進んで落ちる...といった事もないのである意味楽で、良くも悪くも結果はがすぐに分かるのが第二新卒の転職です。

そのため、優良企業を複数受けるようにしておき、ダメだったら次にいけばいいや...と言うマインドで行う事もできますよ。

ただ、第二新卒で転職するとしても、やはり就活ですので、ある程度のノウハウやコツを知っておく事は重要です。

第二新卒で転職する際の心構えやコツは、下記でまとめておきましたので、参考にしてみてください。

関連:第二新卒の転職活動を成功させるコツ!失敗しないための心構え&転職ノウハウまとめ

会社を休職中の転職活動成功させたい人はプロに相談しよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

コンサルタントと面談するのが嫌だな...と思う人でも、一切気構えることなく利用出来るのはメリットです。

本気で悩んでしまう前に、「その気になればいつでも転職出来る」という状態を作っておきましょう!

おすすめの転職サイトですが、業界最大のリクナビネクストでOKです。

とにかく求人が豊富ですから、あなたにピッタリの求人が必ず見つかりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...