転職エージェント

建設・設備求人データベースの評判口コミ!特徴やメリットデメリットを徹底解説!

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

「建設・設備求人データベース」は、業界に特化した転職支援サービスです。

しかしあまり聞き慣れないエージェントであるため、実際に使うとなると不安も大きいと思います。

無難にリクルートやマイナビを使って転職するべきなのか、正直迷いますよね。

そこで今回の記事では、実際に「建設・設備求人データベース」を利用した方の口コミを踏まえ、悪い評判なども全てお伝えしていきたいと思います。

<この記事の結論>

建設・設備求人データベースは、全国の建設業界の求人に完全特化している人材会社です。

そのため、他社エージェントにはない業界知識があり、より専門的なアドバイスが受けられる事が魅力です。

▶︎建設・設備求人データベース【公式ページ】

※建設・設備求人データベースは建設業界に特化している優れたエージェントです。

しかし、「全体的な求人数では大手エージェントに劣る」「建設業界以外の業界の求人と比較出来ない」と言うデメリットがあるのも事実。

そこであなたにオススメしたいのは、最大手リクルートエージェントとの併用です。

合わせて活用する事で、転職先の選択肢がグッと広がりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

建設・設備求人データベースを使って良かったという評判口コミまとめ

建設・設備求人データベースを実際に利用すべきか検討する際に、実際に使ってみた人のリアルな口コミが知りたいと思う人は多いです。

そこでまずは、「建設・設備求人データベースを使って良かった!」という方の口コミをチェックしていきましょう。

使って見て良かった!というユーザーの口コミ内容は下記の通りです。

・紹介企業は厳選されており、ミスマッチは感じなかった

・面接日程の調整から、退職交渉まで手伝っていただいた

それぞれ見ていきましょう。

良い口コミ①紹介企業は厳選されており、ミスマッチは感じなかった

まずは1人目の男性の口コミですが、取り扱い企業に優良求人が多かったとの声です。

男性の口コミ
男性の口コミ

紹介される企業は厳選されており、求人内容等とのミスマッチもなく適切だったと思います。

こちらの男性は施工管理の職種に同業種転職されたそうです。

実際に紹介される求人も自分にはマッチしており、大変満足がいったとのことでした。

建設・設備求人データベースであれば、自分の希望条件にピッタリの求人を探す事が出来ますよ!

良い口コミ②面接日程の調整から、退職交渉まで手伝っていただいた

続いて2人目の男性の口コミですが、コンサルタントのフォローアップを賞賛する声です。

男性の口コミ
男性の口コミ

初めてエージェント会社を利用しましたが、面接のアドバイスや日程調整など、とても助かりました。

退職交渉が難航した時も相談に乗って下さり、感謝の気持ちで一杯です。

コンサルタントサービスを使えば、面接日程の調整などは全てエジェント会社が代行してくれます。

ただ、建設・設備求人データベースのフォローとしては、退職交渉のサポートまで行ってくれるのが魅力的です。

引き止めが強くて中々辞めさせてもらえない...という場合でも、エージェント会社が強い味方になってくれますよ!




建設・設備求人データベースの評判は悪い?良くない口コミも合わせてチェック!

さて、ここまでは建設・設備求人データベースの良い評判&口コミをチェックしてきましたが、当然その逆の口コミも見受けられました。

ここでは、建設・設備求人データベースに関する悪い評判口コミを紹介しますが、内容は下記の通りです。

・転職サイトとしては使いづらい

・建設&建築業界の求人しか見られないのがネック

それぞれ見ていきましょう。

悪い口コミ①転職サイトとしては使いづらい

まずは一人目の口コミですが、転職サイトとして使いづらかったとの口コミです。

男性の口コミ
男性の口コミ

私はエージェントではなく、転職サイトとして利用しました。

ただ、使ってみた感想はイマイチ...

情報量が多くて自分では良し悪しが判断できないし、1つ1つ調べるのには骨が折れました。

建設・設備求人データベースは、転職エージェントとしてだけでなく、転職サイトとして情報収集に用いることも可能です。

ただ、求人数がそこそこあるので、自力で調べるのはかなりの覚悟が必要です。

建設・設備求人データベースの使い方ですが、基本的にエージェントサービスを使うのが王道です。

専属のコンサルタントが求人を絞り込んでくれますし、企業研究などの手間も省けますよ!

悪い口コミ②建設・建築業界の求人しか見られないのがネック

続いて2人目の男性の口コミですが、建設・建築業界オンリーで他業界と比較出来ないのがデメリットとの声です。

男性の口コミ
男性の口コミ

建設・設備求人データベース、重宝はしましたが、建築系の求人しか見られ無いのはネック...

転職活動中に違う業種にも興味を持ち始めてしまったので。

建設・設備求人データベースはその名の通り、建設・建築業界に特化したエージェントです。

そのため、専門性が高いというメリットはありますが、他業種との比較が出来ないのはデメリットと言えるでしょう。

この問題への対処法ですが、大手総合型エージェントも併用しておく事です。

登録すべきエージェントは、鉄板の以下3社でOKです。

総合型も合わせてチェックする事で、建築業界以外のお宝求人を見つけられる事もあります。

複数エージェントを使いこなす事で、転職の選択肢がグッと広がりますよ!

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

建設・設備求人データベースで転職すべき?特徴や強みから分かる利用者の向き・不向き

以上、建設・設備求人データベースに関する評判&口コミの紹介でした。

ただ、これだけの情報だと、建設・設備求人データベースで転職活動すべきか?という点でまだ悩むと思います。

そこでここからは視点を変えて、建設・設備求人データベースの強み&注意点について解説していきます。

なお、ポイントは以下の3点です。

①大企業や上場企業などネームバリューのある企業が豊富

②非公開求人に強み!隠れホワイト企業を紹介してもらえる

③コンサルティング能力はやや課題ありか?

それぞれ詳しく解説します。

①大企業や上場企業などネームバリューのある企業が豊富

建設・設備求人データベースの強みの1つに、大手企業の求人を多数取り揃えている点が挙げられます。

例えば、HITACHIや大阪ガス、クボタなどの上場企業の求人などが目玉でしょう。

大手企業は福利厚生などが抜群ですし、年収だって高いのが魅力なのは言わずもがな。

「大手に転職して人生を安定させたい!」という人は、一度求人を紹介してもらいましょう。

施工管理などの仕事は人手不足に悩まされていますから、大手とはいえ転職難易度は低いです。

労働者の売り手市場である今こそ、転職してキャリアを磨くチャンスですよ!

②非公開求人に強み!隠れホワイト企業を紹介してもらえる

建設・設備求人データベースでは、他社のエージェントでも扱っていない「非公開求人」を多数取り揃えています。

一般公募すると人気すぎて応募が殺到する求人が非公開求人になるため、ホワイト企業が眠っている確率はかなり高いです。

エージェントサービスに登録すれば、この非公開求人も紹介してもらえるようになります。

転職サイトで誰でも閲覧出来る求人よりも、はるかに良質な求人に出会えますよ!

③コンサルティング能力はやや課題ありか?

続いて建設・設備求人データベースの弱みについても触れておきます。

ぶっちゃけた話ですが、建設・設備求人データベースのキャリアコンサルティング力は大手エージェントのそれには劣るケースが多いです。

と言うのも、大手ほど転職実績がないため、社内に蓄積されている転職ノウハウもまだまだこれからといった所だからです。

また、建築建設に特化しすぎているため、他業界と比較しつつ幅広い観点からキャリアカウンセリングを行うことはどうしても苦手としています。

利用する際はこの辺りの弱点をよく理解し、相手の言っている事を受け止めるのがコツですよ!




建設・設備求人データベースと他社の転職エージェントを比較

建設・設備求人データベースは、建設業界の転職において圧倒的な強みを持っているエージェントです。

ただ、建設・設備求人データベースだけで全ての求人をカバー出来ないため、他社のエージェントも同時にチェックしておくべきでしょう。

建設業界の転職でも強いエージェントとしては、以下の3社が王道なので、合わせて紹介しておきます。

リクルートエージェント【建設業界の求人数No.1】

1つ目に紹介したいのが、「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界最大手、どのエージェントよりも建設・建築業界の求人を多く保有しています。

そのため、

「ブラック企業はもう嫌。ホワイトに絞って紹介して欲しい!」

「長く働ける会社を希望!産休や育休など福利厚生面がいい会社を知りたい。」

「年収をもっと上げたい。建設業界で稼げる求人に絞って教えて!」

といった、どんなニーズに対してもキッチリ対処出来るのが強みです。

リクルートエージェントを活用することで、キャリアの選択肢がグッと広がりますよ!

リクルートエージェント公式

マイナビエージェント【20代の転職支援に強み】

2つ目におすすめの転職エージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントは、20代の若手の転職活動に強みを持つエージェントです。

そのため、

「新卒入社した会社とのミスマッチを解消したい。」

「30歳までに待遇のいい会社にジョブチェンジしておきたい。」

「結婚前に転職したい。後悔しないキャリア選択のコツが知りたい。」

といった、若手独特の悩みに対して、ピンポイントで解決策を提示してくれます。

30代になった時にキャリアで後悔したくないのなら、マイナビエージェントのサポートは必須ですよ!

マイナビエージェント公式

DODA(デューダ)【建設業界のキャリアアップ向き】

3つ目におすすめの転職エージェントは、「DODA」です。

DODAは同業種転職に強みを持つエージェントであり、建設業界でキャリアアップしたい人におすすめです。

「建設業界でのキャリアは長い。もっとスキルアップしたい。」

「今よりもっと規模の大きな会社に転職したい。」

「あと50万でいいから年収アップしたいと切実に願う...」

もしあなたがこう考えるのなら、DODAを活用してください。

DODAは非公開求人と称して、優良企業の求人をこっそり隠し持っています。

もうワンランク上のキャリアを望むなら、DODAのサポートは必須ですよ!

DODA公式サイト

建設・設備求人データベースの使い方!登録から利用までの流れを解説

建設・設備求人データベースを利用する際の手順について紹介します。(ここでは転職エージェントとして利用する場合の手順を解説。)

建設・設備求人データベースに登録して、実際にサービスを受ける場合は、以下のようなフローになります。

建設・設備求人データベースの利用手順

1.建設・設備求人データベース公式ページより会員登録(無料)

2.初回面談の日程調整(電話orメール)

3.転職エージェントと面談(希望者は電話だけの面談も可)

4.求人紹介

5.職務経歴書などの書類作成、添削、及び応募

6.面接日時の調整

7.内定後と同時に入社日の調整&初年度の年収交渉

以上の流れから分かるように、建設・設備求人データベースについては、一旦登録さえすれば、転職に関わる全てのサポートをしてくれると思ってもらって構いません!

特に、書類作成業務などは骨が折れるので、積極的にプロのサポートを活用して、出来るだけ自分の負担を減らすといいでしょう。

また、転職時の年収交渉についても、エージェントがあなたに代わって行ってくれます。

内定獲得までの期間は平均して2〜3ヶ月

建設・設備求人データベースを利用する際の注意点ですが、必ずスケジュール感を大事にしておきましょう。

建設転職ナビに登録してから、実際に内定まで持っていくスケジュールですが、平均して2〜3ヶ月ぐらいだと思っておきましょう。

具体的なタイムテーブルは、おおよそ下記の通りです。

①自己分析&企業研究(2〜3週間程度)

②履歴書&職務経歴書の作成(2〜3週間程度)

③採用面接(1ヶ月程度)

④入社日や年収の最終調整(1ヶ月程度)

ただ、これはストレートに進むケースを想定していますので、本来はもう少し余裕を持っておく事をおすすめします。

出来ることなら、転職したいと考える日の半年前からは動き始めるべきですよ!

というのも、選考が長期化することに保険をかける以上に、自分が転職したいと思う企業の面接日に間に合わないというリスクがあるからです。

あと1週間早くエージェントに登録しておくべきだった...なんて事になると笑えないので、前倒しの行動を意識しておきましょう。




最後に:建設・設備求人データベースと大手転職サービスを併用して使おう

最後に転職活動をする上での重要なポイントですが、ズバリ下記の通りです。

・利用するエージェント会社を「建設・設備求人データベース」1つに絞り込まないこと

と言うのも、建設・設備求人データベースはまだまだマイナーなサービスです。

そのため、大手転職エージェントに比べると、下記のような課題があります。

・取り扱い求人数が少ない

・社内の転職ノウハウやスキームか確立されていない

・書類添削や面接対策をきちんと行えるコンサルタントが少ない

特に取り扱い求人数が少ないというのは、あなたにとっても望ましいことではないですよね。

ある程度は選択肢が用意されていないと、限られた会社の中で転職を決めないといけなくなるので、ミスマッチの確率がグッと上がってしまいます。

そこで、求人数の取り扱い数が圧倒的に多い、大手の転職エージェントを併用することがセオリーになってきます。

では、その大手転職エージェントとはどこか?

それは、先程紹介した「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2つです。

この2つでほぼ全ての求人をカバーできますし、建築業界の求人の取り扱いも豊富ですから、あなたのニーズともピッタリなのです。

転職活動をする人は、平均して3つの転職エージェントに登録すると言われていますが、建設・設備求人データベースと合わせて上記2社を登録しておけば無敵です。

リクルートエージェント、マイナビエージェント、建設・設備求人データベースは下記の公式ページより登録出来ます。

一旦登録すればすぐに求人チェックが出来るので、サクッと済ませておきましょう。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

▼あなた向けの関連記事!建設・建築業界オススメの転職エージェントはこちら▼

あわせて読みたい
【土方の俺が教える!】建設&建築業界向きおすすめ転職エージェント7選 建設業界や建築業界で転職を考えた時、せっかくなら業界に強みをもつ転職エージェントにサポートしてもらいたいですよね? ただ、転職エ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
リクナビネクストの悪い評判口コミ!ブラックばかりの転職サイトって本当? 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...