公務員からの転職

刑務官から民間に転職!刑務官を辞めたい人のための転職ノウハウを紹介

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

正義のために働きたい!

と立派な志を持って刑務官に就職した方であっても、実際に働いてみて自分のイメージしていた仕事とは違ったと感じる人は少なくありません...

「刑務官なんてぶっちゃけ辞めたい」と思うことはよくある事です。

「日々の犯罪者と接していく中で頭がおかしくなりそう」

「ガチガチの体育会系でパワハラが横行している」

「きつい・汚い・危険の3Kがパーフェクトで揃っている職場だった」

こんなもんじゃないと思いますが、悩みは尽きませんよね。

犯罪者を取り締まる重要な組織ではあるものの、ゴリゴリの上下関係がある昭和な職場体質であり、合わないと感じてしまうのも無理はありません。

ひどい上司に当たれば、「パワハラ?何それ聞いた事ないんだけど美味しいの?」と吐き捨てる事もあるレベルです...

おすすめの病院を紹介してあげたくなると思いますが、仕事なのでグッと我慢する日も多いでしょう。

しかしどんな理由があろうとも、「刑務官を辞めたいな。」と感じてしまったのであれば、出来るだけ早く転職に向けた準備を考えておくべきです。

そこで今回は消防士が転職を考えた時に、知っておくべき転職のノウハウを解説していきます!

※刑務官から転職を成功させるには、転職活動を手取り足取りサポートしてくれる、「転職エージェント」の利用がマストとなります。

中でも業界最大手のリクルートエージェントは、とにかく求人数が豊富で、公務員からのキャリアチェンジにもめっぽう強いです。

リクルートエージェントを活用する事で、転職成功率がグッと上がりますよ!

関連:【評判口コミ】リクルートエージェントで転職はダメ失敗?成功率をグッと上げる方法

リクルートエージェントの利用ですが、転職の意思が100%決まっていなくとも、とりあえず相談だけという目的でもOKです。

エージェントに相談する事で、

「今の自分でも〇〇会社に転職出来るんだ!」

「やっぱり今の職場が異常におかしいんだ...」

「なんだ、会社なんて辞めても何とかなるじゃん!」

と現状を客観的に分析出来ると同時に、転職という選択肢が"具体的なモノ"として感じられます。

軽く相談するだけでも、心のモヤモヤがスッと取れますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

▼あなた向き関連記事!公務員から民間転職を成功に導くおすすめ転職エージェント7選▼

あわせて読みたい
元公務員が比較!民間キャリアアップにおすすめ転職エージェント7選 「自分は公務員だけど民間に転職したいと本気で考えています!」 公務員の方が民間転職を考える際は、転職エージェントを使ってキャリアチ...

刑務官を辞めたい!民間企業への転職は未経験でも十分可能です!

まず1番最初にお伝えしたいのは、刑務官から民間企業に転職するという事は十分可能だという事です。

明らかに年齢を重ね、40代・50代から転職...というのはさすがに無理があります。

しかし、20代・30代の働き盛りのタイミングであれば、未経験の業種がほとんどである民間企業でも十分転職は可能です。

えっ、刑務官しか経験ないのに未経験業種で採用してもらえるの?

と思うかもしれないですが、今はどの企業も人手不足に頭を抱えているのが現状です。

そのため、多少知識や経験がなくとも、自社の社風に合致しそうな人材であれば積極的に採用しているんですよ。

あなたの場合は、刑務官というキツイ組織の中で曲がりなりにも活躍してきたキャリアがあります。

家でゲームばかりしているニートやいい年してフリーターしか経験のない人なんかより100倍評価されますので、自信を持って面接に立ち向かっていけばいいのです!

同僚の刑務官と話していると、「刑務官から民間に転職はキツイよね〜」と愚痴をこぼし合うこともあるかもしれません。

しかしそれは転職の"て"の字も知らない者同士の会話でです。

多分昔ながらの言い伝えを信じて「公務員から民間転職はできない」と思い込んでいるのでしょうが、それはカビの生えた感覚ですよ。

今の時代、元教師・元警官といったキャリアからでも転職し、事務や営業やったりしている人はゴロゴロいますからね!




刑務官を辞めたい人が転職活動で失敗しないためにおさえておくべきコツ

しかし、民間への転職の道は十分開かれているにも関わらず、公務員としてのシコリが残ってしまっており、民間企業への転職が上手く行かずに悩んでしまう人もいます。

と言うのも、刑務官の場合は公務員として「国民全体に奉仕する」という立派な理念があります。

しかし民間はあくまでも営利集団であるため、「利益を上げる」事にフォーカスできない人材はぶっちゃけ必要ありません。

公務員で働いていた感覚のまま面接に突っ込んでしまうと、

「社会貢献したい!」

「人の笑顔を作れるように頑張りたい!」

といった発言をしてしまいがちです。

ただこのスタンスで面接を乗り切ろうとすると、

面接官
面接官

ダメだ、やっぱり公務員の感覚が抜けきっていない。。。

と判断されてしまい、そのままお祈りされてしまうのがオチです。

つまり、民間企業に転職をガッチリ決めたいのであれば、「自分の強みは何で、それが企業のどういう業務に役立ち利益に繋がるのか」を説明できなければダメなのです。

逆に言えばそこがクリア出来さえすれば、

面接官
面接官

この子は元刑務官という信用できるキャリアの持ち主だし、1人ぐらいこういう人材を採用してみるのも面白い。

と評価が高くなり、内定出来る確率がグッと上がります。

面接ではこの辺りの"見せ方"をしっかり工夫して望むようにすることが最大のコツです。




刑務官から転職する時はブラック企業に引きずり込まれる事なかれ

今まで刑務官というキャリアしか歩んだことのない人間の最大の弱みは「民間企業の"み"の字も知らない」ということです。

そもそも民間企業と一括りで表現していますが、民間企業はピンからキリまであるのが実情で、俗に言うブラック企業も山程存在しています。

・一切悪ぶれることなく当たり前のように残業代を未払いにする

・社長が会社のお金をコッソリ使い込んでいて倒産

・「上司のミスは部下のミス、部下の手柄は上司の手柄」と考えるゴミ上司

こんな会社が残念ながらまだまだ存在しているのです。

また近年では脱税事案も横行しており、社長だけでなくそれに関与した社員も巻き込まれてそのままムショ行きなんてことも多いです。

前職の先輩と刑務所の檻の中で再開するといった、看守さんも真っ青になるようなことだけは絶対に避けましょう。

いいですか、転職市場というのはハズレ企業もかなり眠っています。

「アットホームな職場です!」

「あなたの夢を応援します!」

と言った聞こえのいいフレーズに耳を貸すことなく、ちゃんとその会社をリサーチしてから転職に踏み切ってくださいね。

基本的には転職エージェントに登録して、ブラック企業の特徴を教えてもらい、一緒に求人を検討していけばミスジャッジは避けられます。

※間違ってもハローワークで求人探しちゃダメですよ。あれはブラック企業の巣窟になっているので要注意です。

あわせて読みたい
【ハローワークの闇】ブラック企業ばかり&求人票に嘘が多い理由3つ 「さあ、仕事を探そう!」と思った時に一番最初に思いつくのがハローワークです。 転職活動をされる方であれば、失業保険の申請と合わせて...

刑務官の転職を成功させるなら転職エージェントをガッツリ使い倒せ!

刑務官の転職活動成功のコツですが、とにかく自分1人で抱え込まず、転職エージェントを上手く活用する事も重要になってきます。

しかし、転職エージェントはあなたの転職が成功しないと報酬が手に入らないビジネスなので、今のあなたがちゃんと内定出来るような求人を厳選して紹介してくれます。

また転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

そもそもまだ転職に踏み切れていない理由は、あなた自身が転職に向かう具体的なビジョンが見えていないからです。

自己分析に求人調べに履歴書・職務経歴書に….

そんな時は思い切って転職エージェントに丸投げしてしまいましょう!

転職エージェントに登録すればこれらの情報は全て手に入るので、嫌でもキャリアを考えるきっかけになるし、転職エージェントが1人つくので、あなたの背中を押してくれる強力な味方も生まれます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも最大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

もっとも知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、公務員からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!公務員から民間転職を成功に導くおすすめ転職エージェント7選▼

あわせて読みたい
元公務員が比較!民間キャリアアップにおすすめ転職エージェント7選 「自分は公務員だけど民間に転職したいと本気で考えています!」 公務員の方が民間転職を考える際は、転職エージェントを使ってキャリアチ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...