転職コラム

高学歴なのに低収入な人が転職で収入アップする方法!稼ぎを100万以上増やすのは簡単です

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

日本というのは残念すぎる国です。

せっかく高学歴を手にしても、就活で乗り込む船を間違えたらジ・エンド。

"同世代で自分よりも低学歴の人が高年収を手にしている"

このような逆転現象が平気で起きてしまい、やってられない気持ちになるのではないでしょうか?

しかし、そんな悔しい気持ちがあるにも関わらず、転職活動に踏み切らないなんてナンセンスですよ!

なぜなら、年収アップという側面では、転職組は圧倒的に有利なポジションにいるからです。

理由はシンプルで、ポテンシャルが高い高学歴中途人材に対しては、企業も高い賃金を払いたがるからです。

そこで本記事は、『高学歴なのに低年収な人向きキャリア戦略』を紹介していきます。

※年収アップ転職を成功させたいなら、転職エージェントのサポートは必須です。

プロのコンサルタントに軽く相談すれば、

「えっ、転職するだけでこんなに年収が上がるの!?」

と、人生前向きな気持ちになれますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

高学歴なのに低年収と言われるラインは年収500万以下です

「高学歴なのに低年収」

この定義に当てはまる人の基準ですが、30歳で年収500万円以下で働く人材全てです。

家賃や物価が高い東京で働くとしても、年収500万あればそこそこの生活が可能です。

海外旅行に行く余裕もありますし、飲み歩いたとしても年間で100万円ぐらいの貯金は可能、今後のライフプランも立てやすいですよね。

しかし、年収500万を割り込んでしまうと、一気に生活がカツカツになります。

毎月のキャッシュフローはマイナスにこそならないものの、

・結婚式などのイベント出費
・たまの休みに出かける旅行
・電化製品や服などの高額な出費

これらが重なると貯金が出来ない月も出てくるでしょう。

それに貯金は出来ても非常にスローペース...

老後2,000万円問題が浮上した昨今、お金を使うのが怖くて怖くてたまらないと感じるようにもなるでしょう。

すると普段から守りの姿勢に入ってしまい、ケチケチした性格になってしまう人も多いです。

しかし、それだと異性からは絶対にモテない。泣

器の小さい人間は社内でも噂されやすく、結果的に出世も出来ない...なんて負のスパイラルにもなりやすいです。

いいですか、お金の余裕は心の余裕。

人生に余裕を持つという意味でも、一定以上の稼ぎを得ることから逃げてはダメなのです!

高学歴で低年収な人が人生逆転するコツは伸び代のある会社で突き抜けること

では、高学歴なのに低年収な人が人生を変えるにはどうしたらいいか?

答えは1つ、転職して年収を大きく上げることです。

ただし転職と言っても、さらに大きな会社に入って年収アップ...というのはおすすめ出来ません。

大手企業の中途採用はかなり難易度が高いですし、中途組だと肩身の狭い思いをすることも多いです。

では、どのような転職が成功パターンと言えるか?

それは、「伸び代のある会社に転職し、そこで1番を取る」のです。

いいですか、年収を手っ取り早く上げるコツは、企業の重要なポストに就いてしまうことです。

総合商社の係長よりも、従業員30人ベンチャー企業の部長の方が年収は高いですからね。

大きな会社に転職してしまえば、それなりに優秀な人材と出世競争を余儀なくされます。

完全なるレッドオーシャンですし、出世するとしても時間がかかってスピード感に欠ける...

そこで最初からベンチャー企業などに絞って就活し、そこで一人勝ちする戦略を取った方が賢いのです。

高学歴のみなさん、ここだけの話ですが、大抵の会社員なんてあなた以下のスペックですよ。

そのため、ベンチャーであればそこで一番を取るなんて余裕です。

厳しい受験戦争を勝ち抜いたあなたです、当たり負けするわけありません。

ちなみに今ですと、

・ネット系のメディア会社
・ITコンサル
・企業のM&Aの仲介

といった領域はボロ儲けしており、従業員1人辺りの利益率も高いです。

いずれもIT絡みですが、優秀な転職組には高年収を提示してくれますから、かなり熱い領域と言えるでしょう。

関連:【11社比較】IT&Web業界でおすすめ転職エージェントランキング!未経験でもOK

この記事を読んでいる方の中には、それなりに財務基盤が強く、ネームバリューのある会社に勤めている人もいるでしょう。

しかし、そんな会社ほど年収テーブルはガチガチ、頑張ったところで年収は上がらないのではありませんか?

もちろん、安定面などは確かに重要です。

ただ、それだと人生消化試合をしているだけ、会社におんぶに抱っこだと不安も大きくなるばかりです。

であれば、伸び代のある会社で働いて自分の市場価値を上げるべきです。

攻めは最大の守りとも言いますが、スキルが身に付けば将来への不安も激減します。

このまま低年収でくすぶり続けるぐらいなら、思い切って勝負するのも悪くないですよ!




高学歴低年収を脱却するコツは年収交渉で当たり負けしないこと

転職で年収を上げたいのであれば、業界・業種選定も重要ですが、『給与交渉』はもっと重要です。

新卒の際の採用とは違い、転職組の年収は、雇用主との交渉によって決まるからです。

つまり、いかにいい会社に転職できたとしても、初段階で買い叩かれては何の意味もないのです。

そこでオススメなのが、転職エージェントを上手く活用して、年収交渉を代わりにやってもらう事です。

転職エージェントは、求職者の利用料は無料です。

その代わり、あなたが転職成功した際には、年収の一定割合をフィーとして企業から受け取ります。

つまり、転職エージェント側にとっても、あなたの年収を上げる事に利点があります。

求職者の立場ですと、どうしても企業側に高年収を要求しずらいです。

しかしエージェントはあくまで中立、あなたの市場価値を遠慮なく伝え、適正な年収であなたを売り込んでくれるのです。

転職エージェントを上手く活用すれば、年収アップ成功率もグンと上がりますよ!

高学歴なのに低年収な人はプロに相談してキャリアを磨くべし

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式サイト【3分で登録完了】

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、どの転職エージェントを使うべきか悩みますよね... 転職エージェントはとにかく数が多く、その中から自分にピ...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【業界プロ厳選】30代に強い転職エージェントおすすめ14社!【状況別に比較】 20代の頃はガムシャラにやっておけばOKだとしても、30代になればお金とキャリアの問題をより真剣に考えるようになりますよね。 ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...