転職コラム

ハローワークは在職中でも登録して利用&相談は可能?転職活動の注意点!

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

「転職を考えているけど、次の勤務先が決まってからの退職を考えている!」という方の場合、在職中に転職活動を進めようと考えると思います。

そんな時、仕事探しと言えばハローワークが思いつくのですが、気になるのはまだ退職していない状態でどこまでハローワークを利用できるのかという事ではないでしょうか?

今回の記事ではこれからハローワークを使って転職活動を始めようと考えている人に向けて、在職中にハローワークを使う際の注意点を解説していきます。

※転職を考える場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

中でもリクルートエージェントは、求人数がとにかく豊富なので、求職者のあらゆるニーズに答える事が可能です。

関連:【評判口コミ】リクルートエージェントで転職はダメ失敗?成功率をグッと上げる方法

同業種転職はもちろん、未経験業界へ転職だってきちんと対応してくれます。

リクルートエージェントを上手く活用する事で、転職の選択肢がグッと広がりますよ!

リクルートエージェントの利用ですが、転職の意思が100%決まっていなくとも、とりあえず相談だけという目的でもOKです。

エージェントに相談する事で、

「今の自分でも〇〇会社に転職出来るんだ!」

「やっぱり今の職場が異常におかしいんだ...」

「なんだ、会社なんて辞めても何とかなるじゃん!」

と現状を客観的に分析出来ると同時に、転職という選択肢が"具体的なモノ"として感じられます。

軽く相談するだけでも、心のモヤモヤがスッと取れますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

ハローワークは在職中でも求職登録&職員相談の利用は可能

まず、「そもそも在職中にハローワークを利用する事が出来るのか?」という疑問ですが、問題なく利用する事ができます。

ハローワークの場合は専用のPCを使って求人を探す事になりますが、仮に在職中の身であっても求人検索機能を利用する事は可能です。

ハローワークの公式サイトにも下記のような記載があります。

求人情報検索(トップ画面)の最初の部分に、「求職登録有無」を入力する欄があり、ここで、「ハローワークに求職登録している」、「ハローワークには求職登録していない」のいずれかを選択していただくこととしています。

ハローワークに求職登録していなくとも、ご利用いただくことはできます。

また、ハローワークに実際に足を運ぶと、労働局の職員と面談をし、現在の状況について相談に乗ってもらえるサービスがあります。

こちらの利用に関してですが、同じようにまだ会社を辞めていない在職中の身でも利用できます。




ハローワークは在職中でも職業訓練や資格取得のサポートが受けられる

また、ハローワークには「職業訓練」「資格取得サポート」といった制度があります。

これは就職する際に有利になるような知識の勉強や資格の取得に対するサポートで、無料で利用出来るものも多いです。

ちなみにこれらのサービスの利用についてですが、在職中であっても利用する事が可能になっています。

ただし注意点があって、職業訓練を受けるには「①ハローワークに求職の申し込みをする、②離職票を提出するといった2つの条件があります。

①の申し込みは在職中でも可能なのですが、申し込み終了後審査に合格した後に②の離職票の提出が必要になるので、そこまでには退職していなければなりません。

つまり、「在職中に次の職場を見つけたい!というニーズのある求職者には全く美味しくない制度」と言えます。




ハローワークを在職中に使う時の最大の落とし穴は...

そして、ハローワークを使って在職中に転職活動を行う場合はもう1つ重大な注意点があります。

それは「現職の退職時期が明白でない人間に対して求人紹介が出来ない」という事です。

ハローワークの公式HPにはこのような記載があります。

ハローワークでは在職者の方でも求職申込をしていただき職業相談・職業紹介を行っております。

ただし、退職の時期がはっきりしていない場合などには、求人企業の方や現在お勤めの会社等との無用なトラブルを避けるため、配慮が必要となる場合がありますので、ご留意ください。

実際に在職中にハローワークに行かれた方は下記のようなやりとりをされています。

ハロワ職員
ハロワ職員
今の会社に『何月で辞める』と言ってない人は紹介できません。
26歳女性
26歳女性
在職中なので退職までには1か月半ほどかかります。

3月末にはそちらで働けると思います

ハロワ職員
ハロワ職員
でもまだ会社に退職するって言ってないんだよね?

確実にいつまでに辞めるって事が分かってからでないとこちらも求人紹介が出来ないんですよね〜

26歳女性
26歳女性
なので、3月末に確実に辞めるために今転職活動をしているんです!
ハロワ職員
ハロワ職員
でもまだ言ってないんでしょ?
26歳女性
26歳女性
決まってから言おうと思ってたので言ってないです!辞めるのは決まってるのにダメなんですか?
ハロワ職員
ハロワ職員
だってまだ会社に言ってないんでしょ?

とこんなやり取りを繰り返していたそうです。

つまり、結論を言えば「ハローワークの求人検索で求人票は閲覧できるけど、退職が100%確定していない人は面接まで進ませてもらえない」という事になります。




在職中の転職活動にハローワークはぶっちゃけ向かない

さて、以上の事から分かるように、在職中に転職活動をするのにハローワークはぶっちゃけ向きません。

結局は求人票を見るぐらいしか出来ないですからね...

そんなの転職サイトに登録してスマホで見れば済む話なので、わざわざハローワークに足を運んでまでやる必要はないでしょう。

それにここだけの話ですが、ハローワークの求人というのはブラック企業の集会所と言われています。

下記のようなとんでもない企業がゴロゴロしていると思ってください...

・社長が会社のお金を持って夜逃げして給料未払い

・朝礼で社訓を大声で100回斉唱させられる

・労基に報告すると言い出せば「もう明日から来なくていい死ね」と言われる

・「残業代?勝手に君が残業しただけじゃないの?」と言ってサビ残強制

などなど...

こんな感じのブラックが多く、前の会社ですらビックリしてひっくり返ってしまうようなブラック企業に転職させられるリスクが高い事を知っておいたほうがいいですよ!

あわせて読みたい
【ハローワークの闇】ブラック企業ばかり&求人票に嘘が多い理由3つ 「さあ、仕事を探そう!」と思った時に一番最初に思いつくのがハローワークです。 転職活動をされる方であれば、失業保険の申請と合わせて...

また、ハローワークの職員は労働局という厚生労働省の職員、つまり公務員であるため、やたら横柄な態度をとってくる人が多いです。

ハロワ職員
ハロワ職員
〇〇さんこの職歴は厳しいよ。しかもこれと言った資格もないんじゃねぇ〜
ハロワ職員
ハロワ職員
なんで前の会社辞めたの?そんなんじゃ次の仕事だって続かないよ。

こんな風に明らかに高圧的な態度をとってくる職員も多いです。

必死の思いでブラック企業に耐え、必死の思いで仕事を探している人間からすると、最悪の対応をされ、イラっとして帰る事になりかねません。

そこで、ハローワークはあくまで転職活動の1つの手段、それも補欠ぐらいに考えておき、民間の転職エージェントを使う事をおすすめします。




在職中の転職活動ならハローワークよりも転職エージェントを活用しよう!

あなたがもし在職中に転職活動を真剣に考えているのであれば、ハローワークではなく、転職サポートのプロである転職エージェントを活用しましょう。

ハロワの職員は所詮公務員で、ぶっちゃけ民間の事を全く知らないど素人目線で説教されるのがオチです。

一方転職エージェントはプロなので、例えあなたの職歴に傷がついていたり、高望みと思われるような希望を言った場合であっても、今できる事を精一杯サポートし、内定まで導いてくれます。

自分1人で抱え込んで転職活動をするとどうしてもメンタルがキツくなったり、不必要にランクを下げて求人探しをしてしまいがちです。

転職エージェントを使う最大の魅力は、自分の市場価値を正しく把握し、今ある選択肢の中でベストアンサーを探せる事ですよ!

なお、転職エージェントは求職者が転職に成功した際に企業から報酬をもらう仕組みなので、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング! 女性が転職を考えるのであれば、女性の気持ちに寄り添ってくれる転職エージェントを使いたいですよね? 「〇〇業界は女性のキャリアアッ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...