短期離職

新卒半年未満で転職したい人は職歴ロンダリングすべし!転職は1回までというルールはない

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

新卒で入社した会社と早速ミスマッチを起こし、

・入社半年以内の短期離職になってしまった
・職歴半年以下で転職するか悩んでいる

といった人は毎年一定数います。

ただ、1年未満の退職者は短期離職者として扱われており、その中でも半年未満の方は「超短期離職者」という扱いを受けます。

すると最も懸念するのは、

「次の転職先が決まるだろうか?」
「まともな職場に再就職出来るのだろうか?」

という将来の不安ですよね。

この記事を読んでいる人の中には、『自分の人生オワタ...』と悲観的な気持ちになっている人も多いはずです。

しかし安心してください!

仮に入社半年未満で退職してしまったとしても、そこからキャリアを挽回していく事は十分可能です。

今回の記事では、超短期離職者向けのキャリアパスを紹介していきます。

※短期離職というハンデを乗り越えて転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

特に最大手のリクルートエージェントは便利で、コンサルタントが直接あなたを企業に推薦してくれます。

結果的に書類通過率がグッと跳ね上がり、面接も突破しやすくなります。

短期離職というバックグラウンドだって、全く気にならなくなりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式ページ】

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

半年未満の短期離職は転職活動でハンデになるのは必須

入社半年未満で転職をする人は、それ相応の覚悟を決める事は必須です。

と言いますのも、入社半年未満で退職するとなると、企業側が抱くイメージが悪いのは当たり前です。

企業によっては、面接すら受けさせてもらえない所もあるのが実態で、書類選考がそもそも厳しいのです。

私自身も入社3ヶ月目の在職中に転職活動をしましたが、応募したい企業に書類で弾かれてしまった苦い経験があります...

ただ、その中でも複数社は目ぼしい所もありましたので、もちろん全てが微妙な企業というわけではありません。

しかし、職歴半年未満の壁によって応募を断念しなければいけない企業があるのは事実で、それなりにハンデを背負う覚悟がないと厳しいと思ってください。




半年未満で転職したい新卒は職歴ロンダリングを視野に入れておこう

ただ、そうは言っても、今現在の労働環境に耐え兼ね、明日会社に行く事すら限界に感じている人も多いと思います。

そういう人の場合は、例えリスクを受け入れてでも、現状を変えたいという気持ちが強くなりますよね。

では、すでに限界を向かえている人は、今後の人生をどうプランニングしていけばよいのか?

1つ具体的な解決策を提示すれば、マネーロンダリングならぬ「職歴ロンダリング」という方法を視野に入れて欲しいと思います。

入社半年未満で転職しようとすると、どうしても今よりランクを下げて転職しなければいけないですが、まずは一旦それを受け入れてしまうのです。

そして、その会社で職歴とキャリアを詰んでください。

そうすれば数年で会社員としての職歴が加算されていきますから、過去の汚い職歴をある程度洗い流してくれますよね。

その後の流れですが、綺麗な職歴を担保した状態で、もう一度転職を考えましょう。

こうする事で、年齢的には27〜28歳のタイミングで2回目の転職活動に踏み切れますから、まさに最高のタイミングで転職が出来ます。

キャリア的にも問題ないですから、次の転職では書類選考も通過しやすくなりますし、面接での印象もグッとよくなります。

短期離職というハンデを背負って転職する場合は、1回目の転職で必ずしも望み通りの企業に入社出来る保証はありません。

しかし、妥協して入社した会社で一生を過ごすのは辛すぎますよね。

であれば、一旦は妥協する期間を意図的に作り、1回目の転職先を踏み台にして、2回目の転職で人生を立て直せばいいのです。

いいですか、攻撃の基本は1手目がフェイク、2手目で当てるのがセオリーです。

転職は1回しかダメなんてルールはないですから、戦略的に2回の転職をすればいいだけの話です。

はっきり言って同世代で差がつくのは30歳を過ぎた辺りですから、それまでに人生を立て直せば勝ち組路線に復活できます。

短期離職をしたからといって、そこで人生終わりじゃないですからね!

関連:新卒で最悪のブラック企業に入社して辞めたい!転職のコツ&注意点を教える

新卒半年未満の職歴ロンダにはWeb系が相性抜群です

新卒半年未満で会社を退職し、職歴ロンダリングを視野に転職する場合、どのような業界を狙って行くべきなのでしょうか?

これは過去に書いた「文系出身の第二新卒が転職を成功させるための全知識!営業以外にも道はあります」でも解説した通り、web系の企業に潜り込むのが理想です。

web系の市場はとにかく若手の採用に積極的ですし、ベンチャーやスタートアップ企業であれば、職歴をそこまで気にせずに採用を決めてくれる所も多いです。

社員数が少ない所は意外と狙い目で、自分で裁量権を持って仕事が出来ますし、ビジネス戦闘力がグッと上がります。

知り合いでもIT系ベンチャー企業に転職した人がいますが、大手企業で働くよりイキイキしていましたからね。

IT系はスキルが身につきやすいですし、将来的に転職を考えるとしても市場価値が高まりやすい業界です。

業界的にも市場が伸びている成長産業ですから、キャリアアップはもちろん、賃金アップだって期待できるのが魅力です。

一昔前であれば短期離職した時点で詰んでいたかもしれないですが、今の時代はあなたにとって追い風ですよ!

短期離職した人は独立&起業に進む人も多いですが、一度ベンチャーなどを挾んで勉強する事はメリットですし、IT系なら学んだことを使って起業しやすいです。

このように、大きくキャリアを上げるためにもIT系は熱いフィールドですから、ぜひチャレンジしてみるといいですよ!

ただ、入社半年未満で転職をするとなると、いかにIT系に潜り込めるとは言え、究極ブラック企業を掴まされてしまうリスクもあります。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントを上手に利用して、アタリ企業を中心に紹介してもらう方法です。

自分1人で就活することも出来ますが、地雷を踏んでしまう確率が高確率でアップしますので、エージェントを使わないのは勿体ないですよ!




新卒半年未満で転職を考える人はプロに相談してみよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも最大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...