転職エージェント

【8社比較】外資系&グローバル企業におすすめ転職エージェントランキング

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

外資系&グローバル企業で転職を考えた時、どの転職エージェントを使って就活すべきか悩みますよね...

しかし転職エージェントは数が多く、どのエージェントが外資系&グローバル企業向きなのか判断するのが難しいと思います。

そこで本記事では、外資系&グローバル企業の転職で絶対に外せないおすすめ転職エージェント8社を紹介していきます。

各社の特徴を目的&ケース別に紹介して行くので、あなたにとってピッタリのエージェントが必ず見つかりますよ!

<この記事の結論>

外資系&グローバル企業で転職を考えるのであれば、以下の3つの転職エージェントを選んでおけば間違いありません。

転職エージェントはいつでも登録出来ますが、心に余裕が無くなると、エージェントに登録する気も奪われます。

求人チェックをしておくだけでも、「転職しようと思えばいつでも転職できるんだ!」と、毎日に希望が持てますよ!

おすすめ①:リクルートエージェント【外資系企業の求人数No.1】
→人材業界最大手&外資系&グローバル企業の求人取扱い数No.1
→複数求人を徹底比較出来るため、キャリアの選択肢がグッと広がる

おすすめ③:DODA(デューダ)【外資系転職でキャリアアップ】
→外資系&グローバル企業でキャリアアップ
ガツンと年収を上げたい人におすすめ

おすすめ③:JACリクルートメント【ハイクラス転職に強みあり】
ハイクラス人材向きの転職エージェント
管理職として外資系企業に転職したい人にもおすすめ

JAC Recruitment

【8社比較】外資系企業&グローバル企業の求人に強いおすすめ転職エージェントランキング


それでは早速、外資系企業やグローバル求人をお探しの方におすすめな転職エージェントを紹介します。

ハイキャリの方でも必ず満足出来るエージェント会社は、下記の7社となっています。

おすすめ1:リクルートエージェント【外資系求人の取り扱い数No.1】

1つ目におすすめのエージェントは、「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは言わずと知れた業界最大手のエージェント会社ですから、とにかく求人数が豊富であることが強みです。

「外資系に特化したエージェントの方がいいのでは?」と感じる人もいますが、外資系転職で真っ先に登録すべきはリクルートエージェントです。

なぜなら、特化型エージェントは専門性こそ強いものの、求人数がめっぽう少ないという弱みがあるからです。

そのため、あなたの希望条件にピタッと合う求人紹介が出来る確率がガクンと下がります。

一方で求人数が豊富なリクルートエージェントであれば、

「全くの未経験から外資系企業に転職したいと考えています。」

「正直英語力には自信がない、だけど外資には興味があります。」

「世界を拠点にしているグローバル求人も合わせて紹介してもらいたい!」

といった、求職者のあらゆる要望にマッチする求人を紹介出来てしまうのです。

「求人数の多さ=提案できる選択肢の多さ」ですから、あなたのキャリアの選択肢がグッと広がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ2:マイナビエージェント【20代で外資系希望の人向き】

2つ目におすすめのエージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントをおすすめしたいのは、20代で外資系企業を目指している人です。

マイナビは第二新卒から20代後半まで、とにかく20代の転職支援に長けています。

そのため、外資系コンサルなどハイクラス層の求人紹介はもちろん、外資系ファッションブランドの求人まで、様々な観点から外資系求人を紹介してくれます。

また、マイナビはキャリアコンサルの人的サポートも充実しているので、

「英語で応募書類を作るのが不安...丁寧に添削して欲しい!」

「外資系企業の面接対策にみっちり付き合って!」

「30代で大きく活躍したい。20代のキャリア選択をどうすべきか教えて欲しい。」

といった、転職活動全般のフォローにおいて心強い味方になってくれます。

一人ぼっちで転職することに比べて、精神的な不安がスッと消えていきますよ!

マイナビエージェント公式

おすすめ3:DODA(デューダ)【キャリアアップ転職に強み】

3つ目におすすめのエージェントは、「DODA(デューダ)」です。

DODAの強みはキャリアアップ転職に圧倒的な強みがあることです。

そのため、今の職場で3年以上の職務実績を持ち、その上でワンランク上のキャリアパスを歩みたい人にオススメです。

・外資系に転職して一気に年収アップを実現したい

・外資系の同業種転職で、もっと大規模な会社に移りたい!

・日系の大手企業から外資系に転身したいと思っている

上記のような野心強めのグイグイ系の方であれば、DODAを使えば満足度は高いです。

DODAは一般の転職サイトでは掲載されない「非公開求人」も優れていますから、年収1,000万円級の求人だってゴロゴロ眠っています。

「正直言って外資に行きたい理由は金のためです!」と言う方は、迷わずDODAに相談してみましょう!

DODA公式サイト

おすすめ4:ロバート・ウォルターズ【英語力を活かしたい人向き】

4つ目におすすめのエージェントは、「ロバート・ウォルターズ」です。

ロバート・ウォルターズはリクルートやマイナビと違い、全業界の求人を扱っておらず、外資系やグローバル求人に特化しているエージェントです。

そのため最大手エージェントに比べて求人数が落ちますが、その分求人が絞り込まれているのがメリットです。

そんなロバート・ウォルターズをおすすめしたい人ですが、外資系に興味があるというよりも、英語を使った仕事がしたいという人です。

「大学では英語を勉強していた。得意を仕事にしたいと思っている。」

「留学経験もあり語学力は誰にも負けない!」

「英語が目一杯活かせる求人に絞って紹介して欲しい。」

このような方であれば、まさにロバート・ウォルターズ向きと言えます。

ロバート・ウォルターズを使うことで、あなたの英語力を求めてくれる会社と上手くマッチング出来ますよ!

「ロバート・ウォルターズ」公式

おすすめ5:JACリクルートメント【30代〜50代のミドル・ハイクラス転職】

5つ目におすすめの転職エージェントは、「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントは、30〜50歳のミドル以上の転職を得意とするエージェントです。

そのため、これまでのキャリアの中で管理職などのマネジメント経験をこなし、ビジネスマンとして一人前になっている方にはピッタリです。

「これまでの経験を活かし、外資系企業の管理職として転職したい!」

「グローバル企業出身。さらにキャリアを磨きたい。」

「年収2000万円が狙える外資系企業を探している!」

上記のように、自分の実力に応じてセカンドキャリアを謳歌したいビジネスマン向きのエージェントです。

「課長や部長と言う役職のまま外資系企業に転職したい!」といった方であれば、JACリクルートメントは必須ですよ!

JACリクルートメント公式

おすすめ6:ビズリーチ【キャリアがかなり強いスーパーマン向き】

6つ目におすすめの転職エージェントは、「ビズリーチ」です。

ビズリーチもJACリクルートメント同様ハイクラス向きのエージェントです。

そのため、今のキャリアに堂々の自信があり、それなりの実績残してきたと自負している人におすすめです。

ビズリーチは"即戦力"として送りこめる人材を紹介しているので、キャリアが弱い人には向かないので注意してください。

外資系企業に移って、直ちに成果を出せると自信ありの人は必見です!

ビズリーチ公式サイト

おすすめ7:Spring転職エージェント【外資系No.1エージェント】

7つ目におすすめのエージェントは、「Spring転職エージェント」です。

Spring転職エージェントは日本では馴染みがないですが、スイスに本社を置く世界No.1のエージェントです。

そのため国内に拠点のある外資系求人ではリクルートに負けますが、全世界に拠点がある求人紹介で、右に出るエージェントはいません。

「全世界でビジネスをしている巨大な外資系企業に興味がある!」

「日系でもいいけど、勤務地は海外であることが絶対条件」

「世界トップのエージェントの支援を受けて転職したい!」

上記のようなニーズがある方であれば、実はSpring転職エージェントがピッタリなのです。

外資系の中でも海外転職も視野に入れている人であれば、世界クラスのエージェントを使いましょう!

Spring転職エージェント公式

おすすめ8:ランスタッド【IT分野の外資系求人に強み】

8つ目におすすめのエージェントは、「ランスタッド」です。

ランスタッドをおすすめしたいのは、IT分野の外資系求人に興味がある人です。

ITと言っても国内で行われているメディア事業のようなものでなく、10年先の未来を見越した革新的なサービスを行うような企業です。

例えばAI技術を活かしたシステムを開発している会社のセールスであったり、そのような会社のエンジニアが典型的な求人です。

外資という実力できちんと評価される社風に加え、これからの時代の先端を走り続ける成長産業で働きたい場合は、ランスタッドの出番と言えるでしょう。

ランスタッドは高年収求人も多いと定評ですから、年収アップにも向いているエージェントです。

「外資系IT企業でブイブイ言わせてやるぜ!」と言う方は、ランスタッドがピッタリですよ!

ランスタッド公式ページ

【業界&目的別】外資系企業&グローバル企業への転職に特化したニッチなエージェント

さて、上記では外資系企業&グローバル企業への転職で使うべき、王道の転職エージェントを紹介してきました。

ただ、中には外資系に特化したエージェントの中で、さらに特定の業界・業種に特化しているエージェントもあります。

本記事では詳細は触れませんが、各エージェントの特徴をサクッと紹介しておきます。

コンサル業界 アンテロープ,ムービンストラテジックキャリア,コンコード,コトラ
金融業界 コトラ,アンテロープ,ムービンストラテジックキャリア
IT業界 マイケルページ,コトラ,アースジャパン
製薬業界 アンサーズ,メディサーチ,ヘイズスペシャリストリクルートメント
製造業 アースジャパン,アズール&カンパニー
消費財 ISSコンサルティング,アースジャパン

なお、上記で紹介しているエージェントはどれもコアなものばかりです。

転職したい業界がかなり明白に絞られており、ピンポイントで求人紹介して欲しいと思っている人の利用をおすすめします。

あくまで最初に紹介した8社をメインに利用し、その補助的な役割で登録しておくという温度感でOKです。

外資系企業(グローバル企業)への転職で使うべき転職エージェントの選び方

ここまでコアなエージェントも含め、複数のエージェント会社を紹介してきました。

転職エージェントは無料で使えるので大量に登録したくなりますが、そのやり方はあまりオススメ出来ません。

消化不良を起こす可能性が高いですし、エージェント会社のやり取りが負担になり、肝心の転職活動のスピード感が損なわれるからです。

そこでおすすめしたいのが、「とりあえず3社に絞って登録し、実際に利用して比較してみる」という方法です。

その3社ですが、まず最初は下記の3社がおすすめです。

リクルートとDODAは業界No.1、No.2のエージェントですから、ほぼすべての外資系企業の求人をカバーすることが出来ます。

ただ、の取り扱いに弱点があるので、それをSpring転職エージェントで補うという戦日本に拠点のない外資系企業略です。

こうすることでキャリアの選択肢を最大限広げることができるので、あなたの転職成功率だってグッと上がりますよ!

【業界の闇】外資系に転職すると地獄って本当?

さて、ここからは転職エージェントから少しずれますが、外資系の転職についての疑問点について解説していきます。

外資系転職は、華やかなイメージもある反面、「一度潜り込んだら最後、修羅の国なのでは?」といった不安がないわけでないと思います。

日系企業に比べて実力次第でガンガン上に上り詰めれる一方で、力が及ばなければすぐ肩たたきに合うリスクを懸念せずにはいられないですよね。

しかし、その点は過度に心配するなかれ!

と言うのも、外資系企業は多くの人がイメージしているような、完全弱肉強食の世界というわけではありません。

そもそもチームで動くことも多いですから、成果が出ないことをイチ個人のせいにするのは難しく、一発レッドカードをもらうなんてことは考えづらいです。

もちろん、金融系やコンサル等の一部の世界では競争が激しいですが、それでも最低限の雇用は守られているので、基本的には普通の就職と同じと考えてOKです。

それよりも、ネチネチした人間関係や上司への過剰な忖度が不要になる分、風通しの良い環境で働けるメリットの方が大きいですよ!

外資系企業への転職は未経験からでも余裕な理由

外資系企業への転職を考えている人の中には、「未経験からでも転職は出来るの?」と疑問に思う人も少なくないでしょう。

外資系と聞くと、それだけでワンランクもツーランクも上に感じてしまいますからね。

しかし、外資系企業への転職自体はそこまでハードルが高いわけではなく、普通に日系企業に就職するのと要領は同じです。

ただ、外資系企業の方が「自分自身の頭で問題解決出来る人間」を求めてくるのは事実。

日経企業が協調性などのヒューマンスキル重視なのに対し、外資はシンプルにビジネス戦闘力の方を重視してきます。

しかし逆に言えば、「前職で向き合った課題に対し、自分がどのようなアプローチで問題解決してきたのか。」を面接で話せればOKということです。

この辺りの面接のコツについては、プロのエージェンントのアドバイスを受けつつ事前に煮詰めておけば、恐れるに足らないですよ!

「外資系に転職したいからまずは語学の習得を...」は悪手

外資系に転職を考えている人の中には、「自分はまだまだ英語力が弱いから...」と思い、転職活動ではなく英語の勉強を始める人がゴロゴロいます。

しかしはっきり言いますが、その流れは完全に悪手、最悪の一手です。

そもそも、外資系企業に転職する場合でも、実はそこまで英語を使うわけではありません。

特に日本で勤務をするのであれば、日常のコミュニケーションは当然日本語で行いますからね。

たま〜に本社の人と話す時に英語が求められますが、その時にきちっと対応出来るレベルの英語力があれば十分なのです。

そんな事よりもあなたが問題視したほうがいいのは、転職時期を延ばせば延ばすほど、年齢を重ねて不利な状況に追い込まれるということです。

外資系企業と言えど転職では若い人材の獲得を望んでいますので、転職するなら出来るだけ早いほうがいいです。

ぶっちゃけ英語なんて入社してからでも勉強出来るので、まずすべきは転職活動の方ですよ!

この辺りの優先順位のつけ方でミスジャッジをせず、正しいステップで外資転職に立ち向かうのが最大のコツです。

まずはエージェントに登録してみる所からでOKなので、転職の第一歩を踏み出してみましょう!

まとめ:今回比較した外資系企業&グローバル企業向き転職エージェント一覧

では最後に、本記事で紹介した外資系企業&グローバル求人向け転職エージェントおすすすめ8社をもう一度記載しておきます。

リクルートエージェント ・外資系求人の取り扱い数No.1のエージェント
・求職者のどんな要望でもキャッチ出来るのが強み
未経験からの外資系&グローバル企業への転職もフォロー
マイナビエージェント ・第二新卒含む20代の外資系&グローバル企業転職に強み
キャリア面談では外資系企業でのキャリアパスを一緒に考えてくれる
・英語での書類作成面接対策も手厚くフォロー
DODA(デューダ) ・外資系企業にキャリアアップ転職したい人向き
・外資系から外資系への同業種転職にも強い
年収大幅upに繋がる非公開求人が多数あり
ロバート・ウォルターズ ・外資系企業&グローバル企業の求人紹介に完全特化
英語力を活かせる求人の紹介に強み
JACリクルートメント ・30代以降のミドル・ハイクラス層の外資系転職に強み
マネジメント経験を活かせる求人多数
管理職として外資系企業に転職したい人におすすめ
ビズリーチ 即戦力として働けるビジネス戦闘力高めの人材向き
・外資系企業からヘッドハンティングを待ちたい人におすすめ
Spring転職エージェント ・スイスに本社を置く世界No.1の転職エージェント
・外資系企業だけでなく海外転職にも強みあり
・日本に拠点がないような外資系求人も紹介可能
ランスタッド IT業界の外資系求人に特に強みあり
・AIや新技術を用いた商材を扱う最先端の外資系ベンチャーも紹介
・外資系企業でエンジニアとして働きたい人にもおすすめ

なお、繰り返しになりますが、転職エージェントは複数登録をして比較してみる事が重要です。

それぞれの会社ごとに強みや弱みが違いますし、担当者との相性の問題だってあります。

どれも無料で登録出来ますから、まずは色々使ってみて、最終的には自分にピッタリ合うエージェント1社に絞り込んで行きましょう!

最初にどこに登録すべきか迷った場合は、本記事中盤でも紹介した通り、リクルートエージェント、DODA、JACリクルートメントの3つでOKです。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

リクルートエージェント、DODA、JACリクルートメントは下記の公式サイトより登録出来ます。

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
リクナビネクストの悪い評判口コミ!ブラックばかりの転職サイトって本当? 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...