転職エージェント

【2020年最新】飲食業界おすすめ転職エージェント9社を厳選!求人数や年収アップで比較

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

飲食業界での転職を考えた時、どの転職エージェントを使うのがベストなのでしょうか?

「飲食転職を考えているけどブラック企業だけは絶対に嫌!」

「全くの未経験から飲食業界を目指す!こんな自分をサポートしてくれるのはどこ?」

転職エージェント選びを考えた時、こんな風に悩んでしましますよね...

しかし、飲食業界における転職エージェント選びは、ポイントさえ押さえておけば簡単です!

本記事では、『飲食業界で強みを持つおすすめ転職エージェント人気9社』を徹底比較して紹介します。

<この記事の結論>

飲食業界で転職を考えるのであれば、以下の3つの転職エージェントを選んでおけば間違いありません。

転職エージェントはいつでも登録出来ますが、心に余裕が無くなると登録する気すら奪われます。

求人チェックをしておくだけでも、「転職しようと思えばいつでも転職できるんだ!」と、毎日に希望が持てますよ!

おすすめ①:リクルートエージェント【飲食業界の求人数No.1】
→人材業界最大手&飲食業界の求人取扱い数No.1
→複数求人を徹底比較出来るため、キャリアの選択肢がグッと広がる

おすすめ②:マイナビエージェント【20代で転職を考える人向き】
第二新卒&20代で飲食業界の転職を考える人向き
未経験から飲食業界にトライしたい人は必須



おすすめ③:フーズラボエージェント【飲食業界完全特化】
→求職者満足度No.1の飲食特化型転職エージェント
面接対策&面接同伴など手厚いサポートあり


飲食業界に強い総合型転職エージェントおすすめ4社ランキング

まず最初に、飲食業界の転職支援に強みを持つ、大手総合型転職エージェントを紹介していきます。

飲食業界の求人数が豊富で、これまでにも数多くの転職支援のあるエージェントは以下の4社です。

それぞれ目的別にポイントを解説していきます。

おすすめ1:リクルートエージェント【飲食業界取り扱い求人数No.1】

1つ目におすすめの転職エージェントは、「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントを使うべき理由はただ1つ、飲食業界の求人を最も多く保有するからです。

『求人数の数=希望条件の実現しやすさ』です。

豊富な求人数を持つリクルートを使えば、

「月400時間労働の糞ブラックは無理!ゆる〜く働ける飲食求人を紹介して欲しい。」

「今の店舗は3ヶ月休みなしが普通...転職して休日を満喫できる人生を手に入れたい!」

「チームとして機能している職場がいい!店長のワンオペみたいな働き方はもう勘弁...」

このような転職ニーズでも、嫌な顔1つせずに対応してくれます。

リクルートエージェントを味方につける事で、飲食転職成功率もグンと上がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ2:マイナビエージェント【飲食転職を考える20代の若手向き】

2つ目におすすめの転職エージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントを使うべき人は、20代で飲食転職を考える若手人材です。

マイナビは若手の転職支援にはとことん強いですから、

「新卒で入社した居酒屋が糞ブラック。第二新卒枠でホワイト企業に転職したい!」

「残業代がつかない店舗はもう無理!店長じゃないポストで残業をつけて稼ぎたい!」

「30歳目前、今のキャリアでいいか悩む!転職してキャリアを磨きたい。」

などなど、20代らしい転職ニーズに寄り添う事などお手のもの。

マイナビエージェントを使う事で、30代で後悔しないキャリアが手に入りますよ!

マイナビエージェント公式

おすすめ3:DODA(デューダ)【飲食業界で年収アップを望む人向き】

3つ目におすすめの転職エージェントは、「DODA(デューダ)」です。

立ち位置的にはリクルートエージェントに次ぐ、業界No2のエージェント会社で、抜群の安定感を誇るエージェントの1つです。

そんなDODAの強みは、飲食業界での年収アップ転職を得意としている事です。

そのため、

「飲食業界では経験もある!今より高い年収を提示してくれる店舗を探している!」

「飲食業界の中でも一部上場企業で働きたい!」

「あと数年は死ぬ気で働くつもり!とにかく稼げる求人に絞って紹介して欲しい!」

といった風に、キャリアとお金をセットで考えたい人にはピッタリのエージェントなのです。

DODAを上手に利用すれば、同年代と比較しても抜群の稼ぎを手に入れられますよ!

DODA公式サイト

おすすめ4:パソナキャリア【女性の転職支援にとことん特化】

4つ目におすすめしたい転職エージェントは、「パソナキャリア」です。

そんなパソナエージェントの強みですが、女性転職に抜群の強みを持っている点です。

そのため、

「食をテーマにした仕事を探している。女性が働きやすい飲食求人ってないの?

「結婚後も安心して働ける飲食店に転職したいです...」

「飲食業界でもワークライフバランスがいい会社に絞って教えて!」

などなど、働く女性の悩みに寄り添ってくれます。

パソナキャリアを活用することで、女性ののキャリアビジョンが一気に見えるようになりますよ!

パソナキャリア公式

飲食業界特化!おすすめ転職エージェント5社ランキング

続いて、飲食業界に精通しているおすすめ特化型エージェントを紹介していきます。

求人数が少ない&エリアが限られる等の弱点はあるものの、専門性の高さは折り紙つきです。

総合型エージェントを補完する意味では強力な味方になってくれますよ!

なお、飲食特化型エージェントでおすすめなのは、以下の5社です。

おすすめ1:フーズラボ【飲食業界特化の転職支援サービス】

1つ目におすすめの転職エージェントは、「フーズラボ」です。

フーズラボは一都三県(神奈川・東京・埼玉・千葉)の求人のみを扱う飲食特化型エージェントの1つです。

フーズラボは飲食転職では満足度No.1のエージェントで、その理由はフォローアップの手厚さによる所があります。

例えば、担当コンサルタントによる『面接同伴サポート』

面接当日にコンサルタントが現地まで同行し、あなたをコッソリと売り込んでくれます。

少しチート級の転職活動ですが、面接通過率はグンと上がりますよ!

フーズラボ公式ページ

※フーズラボに関する詳細記事は以下でも解説しています。

関連:フーズラボエージェントの評判は悪い?口コミから判明した真実

あわせて読みたい
【激辛レビュー】フーズラボエージェントの悪い評判口コミ&利用前の注意点 「フーズラボ」は、飲食業界に特化している転職エージェントとして有名です。 ただ、飲食業界はブラック求人も多いですから、まともな求人...

おすすめ2:クックビズ【お祝い金あり!飲食求人の取扱い数が最多】

2つ目におすすめの転職エージェントは、「クックビズ」です。

クックビズは飲食業界の転職エージェントでは業界No.1のサービスで、取り扱い地域も全国全てを対象としています。

そんなクックビズを使うメリットですが、ズバリ「お金」です。

クックビズは高年収求人にこだわりがあり、月収35万円以上稼げる求人を豊富に取り揃えています。

また、転職に成功すると「お祝い金」が支給される制度まで完備。

とことん金銭面での援助に手厚いエージェント会社なのです。

クックビズを活用する事で、よりお得に転職する事が出来ますよ!

クックビズ公式ページ

※クックビズに関する詳細記事は以下でも解説しています。

関連:【評判口コミ】クックビズはしつこくて最悪?ブラック企業の有無など徹底解説

あわせて読みたい
【使ってみたら最悪の結果..】クックビスの評判口コミ&利用上ポイント 「クックビズ 」は、飲食業界の転職支援ではトップクラスの支援実績を持つ転職エージェントです。 飲食業界に絞って転職を考える方であれ...

おすすめ3:itk(アイティーケー)【書類添削に強みあり】

3つ目におすすめの転職エージェントですが、「itk(アイティーケー)」です。

itkもまた対象地域が、東京、千葉、埼玉、栃木、神奈川、茨城と関東に限定されているのが注意点です。

そんなitkですが、担当者による「書類添削」が丁寧と好評です。

転職活動で地味にしんどいのが、履歴書や職務経歴書の作成です。

しかしitkの担当者は、飲食業界で受けのいい書類作成方法を知り尽くしています。

プロの手を借りる事で、書類通過率もグッと上がりますよ!

「itk(アイティーケー)」公式ページ

※itk(アイティーケー)に関する詳細記事は以下でも解説しています。

関連:itk(アイティーケー)の評判は悪い?利用者500人の口コミを検証

あわせて読みたい
【※やめとけ】itk(アイティーケー)の評判口コミは悪い?体験談から見えた結論 itk(アイティーケー)は飲食業界に強いと定評のある転職エージェントですが、実際に利用する上では本当に役立つのでしょうか? いざ利...

おすすめ4:エフジョブ【飲食業界経験者の担当者が多い】

4つ目のおすすめ転職エージェントですが、「エフジョブ」です。

エフジョブの強みは、何と言っても担当コンサルタントの質です。

エフジョブでは、3人に2人は飲食業界経験者のコンサルタントですから、飲食事情にはめっぽう詳しいのです。

飲食業界で働くメリット・デメリットについても、包み隠さず本音で教えてくれます。

飲食経験者だからこそ、あなたの気持ちに心から寄り添ってくれますよ!

エフジョブ公式ページ

おすすめ5:H Agent【飲食業界管理職特化の転職支援サービス】

※エフジョブに関する詳細記事は以下でも解説しています。

関連:騙されるな!エフジョブの悪い評判口コミと利用前の全注意点

あわせて読みたい
【体験&使ってみた感想】エフジョブの評判&口コミと利用前全注意点 「エフジョブ」は飲食業界に特化した転職エージェントです。 しかし知名度はまだ弱く、人生をかけた転職を任せていいものかと不安になりま...

4つ目におすすめの転職エージェントは、「H Agent」です。

H Agentが取り扱っている求人は関東圏限定となります。

そのため、地方在住者や関東で就職する予定のない人は使えないのが注意点となります。

さて、H Agentの強みですが、転職先との年収交渉が抜群という点が挙げられます。

もともとH Agentではハイクラス求人の紹介が多いですが、さらに高い年収で転職交渉をしてくれます。

店舗側に安値で買い叩かれたくないのなら、H Agentのフォローは必須ですよ!

「H Agent」公式ページ

※H Agentに関する詳細記事は以下でも解説しています。

関連:H Agentって実際どう?気になる評判口コミと利用前の全注意点

あわせて読みたい
H Agentって実際どう?気になる評判口コミと利用前の全注意点 「H Agent」は飲食業界に特化したエージェントサービスです。 しかしまだまだ知名度が弱く、メインの転職エージェントにすべき...

【飲食業界】転職エージェント選び方のポイント!最低3社の併用はマスト

さて、ここまで飲食特化型エージェント及び総合型エージェントを全部で9つ紹介してきました。

ただ、数が多くて、どれに登録するのがベストか悩んでしまいますよね。

転職エージェントは無料で利用できるので、全部登録してもいいのですが、体は1つしかないので現実的ではありません。

そこでオススメしたいのが、総合型エージェント2つ&特化型エージェント1つの、合計3つの転職エージェントに登録する方法です。

これなら現実的に併用出来る数ですし、求人数も十分担保され、飲食業界に対する情報収集としては文句ないでしょう。

では、どうやってその3者を選ぶべきか?

結論から言えば、総合型エージェントとしては「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」、特化型エージェントとしては「フーズラボ」で問題ありません。

いずれも業界のトップエージェントですから、サポート面も抜群で、求人の取りこぼしだってありません。

まずは上記3社に登録しておき、それぞれを比較検討、それでダメなら違う会社に登録するという流れでOKです。

飲食業界の転職を成功させるためのエージェントの活用方法のコツ5つ

転職活動を成功させる上では、転職エージェント選びは極めて重要です。

ただ、それと同じぐらい「転職エージェントの活用方法」も重要になってきます。

ここでは、実際に転職エージェントを利用する際の"コツ"を紹介します。

①初回面談ではコンサルタントの心をグッと掴もう

転職エージェントを目一杯活用するためには、初回の面談でコンサルタントの心をグッと掴む必要があります。

コンサルタントも人間ですから、「本気でサポートしたいな!」と思う人を積極的にサポートしますよね。

であれば、コンサルタントに本気を出させるための工夫をしなければいけません。

具体的なポイントですが、「転職時期はなるべく早めを検討している」と伝えることです。

コンサルタントは1人で何名もの転職希望者を見ているので、実際は優先順位をつけています。

当然転職する意思が強い人を積極的にサポートしますから、嘘でもいいので転職時期を直近希望と言っておくべきです。

その方が優良な求人を優先して紹介してくれますから、理想的な企業に出会える確率だって上がりますよ!

②面談の目的は自分の「市場価値を知るため」でOK

転職エージェントに相談する際には、面談の目的をはっきりさせるべきです。

ただ、転職の全体像がつかめていない状態では、具体的な目的を絞りきることは難しいです。

そこでおすすめなのが、「面談の目的は自分の市場価値を知るため」と決めておくことです。

転職エージェントに相談にいけば、今の自分ならどのレベルの会社にチャレンジできるかが、良くも悪くも分かります。

すると、「今の会社では明らかに買い叩かれている!」といった現実を知れますから、転職に一歩踏み込む原動力になりますよね。

まずは自分の市場価値を知る、そのためにエージェントを徹底的に活用すればOKなのです!




③履歴書や職務経歴書は上手に丸投げすべし

転職エージェントを利用するメリットの1つに、職務経歴書などの提出書類の添削をしてもらえることがあります。

「自分の強みの伝え方が分からない」
「企業ごとにどんなPRをするのが理想的か知りたい」

このような悩みを持っている人も多いので、プロのサポートは極めて重要です。

では、プロの強みを最大限活かすためのコツは何か?

それは、あまり自己流で書類を作り込まず、60点ぐらいのデキでコンサルタントに丸投げしてしまうのです。

白紙から書いてもらうことは難しいですが、大枠だけ書き上げ、細かい文脈や、具体的なセールスポイントなどは、プロにお任せした方が早いです。

ここら辺はさじ加減が大事なので、相手をよく見ながら、ギリギリのラインで楽をするのがコツですよ!

④年収交渉はガチガチ強気で攻めてもらおう

転職エージェント会社を利用した方がいい理由の1つに、転職時の年収交渉を代行してくれる点が挙げられます。

転職する人間は立場的にも強気に出れませんが、エージェントは仲介者ですから、遠慮せずにグイグイ交渉してくれます。

そこでエージェント会社には、出来るだけ高値で自分を売り込んでもらうよう、きっちりお願いしてみましょう。

「交渉が下手なら他社のエージェントに乗り換えるぞ!」ぐらい強気に出てもOKですよ!

最初に決まる年収が今後の昇給などにも影響しますから、そこで安値で買い叩かれるのはNGです。

今の時代は人手不足で労働者の売り手市場、きっちり交渉すれば、そこそこの年収を提示してもらうことは出来ます。

コンサルタントと上手く連携し、理想の年収をゲットしましょう!

関連:27歳商社マンが転職エージェントを使って年収1.3倍に上げた方法!誰でも真似できる裏技とは?

⑤1社内定が出てもすぐに転職を決意するのはNG

最後に注意点ですが、1社内定が出たからといって、安易に転職先を決定しないことです。

と言うのも、転職面接は意外と緩いですから、何社も並行して面接を受けていれば、内定ゼロなんてことはまずありません。

しかしだからこそ、転職先については真剣に吟味してください。

担当するコンサルタントによっては、内定が出ると入社を強くプッシュしてくる人もいます。

会社としては転職成功実績に繋がりますし、サポートもそこで終わり出来るので、内心早く転職して欲しいと思ってはいますからね。

ただ、転職の主導権は常にあなたの中にあります。

納得のいかない転職先に妥協して再びミスマッチ...なんて悲惨なことは絶対に避けてください。

内定が出た時こそ一番冷静な気持ちになり、斜め上から自分を見つめ直すのが重要です!




まとめ:今回紹介した飲食業界向けおすすめ転職エージェント9つ

では最後に、本記事で紹介した飲食業界向け転職エージェントおすすすめ9社をもう一度記載しておきます。

▼総合型転職エージェント4社▼

リクルートエージェント ・飲食業界の求人取り扱い数No.1エージェント
・サビ残やパワハラのある飲食店を徹底的に排除
3年以内離職率が低い企業に絞って紹介可能
マイナビエージェント 第二新卒や20代若手の飲食業界転職に強み
・大手飲食店だけでなく中小のホワイト店舗あり
・30歳以降も長く働ける求人を紹介してもらえる
DODA(デューダ) ・飲食業界でう一段キャリアアップしたい人向き
とにかく稼げる飲食求人を知りたい人におすすめ
・非公開求人では隠れホワイト企業が多い
パソナキャリア 女性の飲食転職に抜群の強みあり
・男の職場ではなく女性が主役の職場を紹介
結婚後も安心して働ける福利厚生の強い企業に厳選

▼飲食業界特化型転職エージェント5社▼

フーズラボ ・飲食業界特化型では求職者満足度No.1
・ブラック企業を徹底的に排除!ミスマッチ転職を防止
面接対策&面接同伴で内定率もグンと上がる!
クックビズ ・飲食業界特化型では求人数No.1
・転職時には「お祝い金」が貰える
月収35万円以上の求人多数紹介
エフジョブ ・転職コンサルタントの多くが飲食経験者
・転職者の半年以内定着率は89%以上と高水準
H Agent ・年収500万円超のハイクラス求人に強み
半年間継続してお祝い金支給
・対象地域は関東圏のみ
itk(アイティーケー) 書類通過率に圧倒的な強み
・提携先企業とのコネが強い
・対象地域は関東圏のみ

なお、繰り返しになりますが、転職エージェントは複数登録をして比較してみる事が重要です。

それぞれの会社ごとに強みや弱みが違いますし、担当者との相性の問題だってあります。

どれも無料で登録出来ますから、まずは色々使ってみて、最終的には自分にピッタリ合うエージェント1社に絞り込んで行きましょう!

最初にどこに登録すべきか迷った場合は、本記事中盤でも紹介した通り、リクルートエージェント、マイナビエージェント、ブーズラボの3つでOKです。

3つ登録するのすら大変な場合は、リクルートエージェントとマイナビエージェントだけでも構いません。

転職エージェントはいつでも登録できます。

しかしストレスや疲労が限界に達すると、登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので、今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

リクルートエージェント、マイナビエージェント、フーズラボは下記の公式サイトより登録出来ます。

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
リクナビネクストの悪い評判口コミ!ブラックばかりの転職サイトって本当? 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...