転職コラム

社員に還元しない会社で消耗することが危険な理由!利益を従業員に返さない会社は絶対にNG

 

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
コンサルタントのサポート力に圧倒的強み!ホワイトな中小企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

「業界全体は盛り上がっているのに給料が低い」

「会社の業績はいいのにボーナスは変わらない」

「株主の配当は増配なのに社員に還元はない」

このように、業界や会社が儲かっていたとしても、個々の社員一人一人の見返りが少ないというケースがあります。

もちろん会社が儲かっているわけなので、その利益をどうするのかというのは経営者の自由であることは言うまでもないことです。

しかし、毎日自分の貴重な時間を削り、命がけで仕事をしてきた社員からすれば、多少は自分達にも還元して欲しいと考えるのが本音ではないでしょうか?

それに、会社によっては業績に応じて社員にきちんと還元している所もあります。

にも関わらず、自分の会社の場合は社長が利益を独り占めしているとなれば、働いていて気分がいいわけありません。

今回の記事では、社員に利益を還元しない会社で働くことのデメリットについて解説していきます。

<キャリアコラム>

キャリア全般で悩む人は、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▶︎ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説

社員に還元しない会社で働くメリットは皆無です

日本人の価値観でよくあるのが、「正社員として働けているだけいいと思うべし」という正社員至上主義です。

確かに、フリーターや契約社員と比べれば、絶対的に安定している会社員はそれなりに魅力的なのは事実です。

しかし、下の人間と比較することで、それより優位な位置に立っていることに満足感を感じる生き方ってダサいと思いませんか?

もちろんフリーターや契約社員よりは高待遇かもしれません。

でも、あなたの頑張りを正当に評価していないという時点で、結果から見ればあなたは舐められているし、買い叩かれているんですよ!

関連:社長が大嫌いで辞めたいと思うなら転職しなさい!絶対にその方が幸せになれます。

正社員至上主義を盲目的に信仰し、会社に忠誠を誓って思考を停止するのは楽かもしれません。

でも実際に自分がカモられているとしたら、それは経営者のおもちゃにされているのと一緒ですからね!

それに、会社が儲かっているのに社員に還元がないという行為は、短期的に自分を騙せても、長期的に見ればどこかで不満が爆発してしまうものです。

なぜなら、正社員として安定した収入を得るだけであれば、他の会社でも実現出来ることに気づくからです。

それなら正社員として安定している&頑張った分を還元してもらえるというダブルの条件を満たす会社に転職した方がメリットが大きいですからね。

いいですか、会社が儲かっているのに社員に還元しない会社というのは長期的に見れば人手不足になって経営悪化を招くのは必須です。

社員も馬鹿ではないので、評価体制がきちんとしている会社に徐々に流出していくからです。

その時に一番困るのは、ダラダラと会社にしがみついている人達です。

辞めていった人間のしわ寄せは会社に残留している人間にくるのは必須なので、将来的にしんどい思いをすることになってしまいます。

このような危機的な状況を避けるためにも、評価体制がゴミカスな組織からはなるべく早く足を洗うことが大事なのです!

関連:社員を奴隷扱いする会社で消耗するな!損をしているのはあなたです

社員に還元しない会社では業界自体が伸びていてもあなたに旨味がなさすぎる

正しい会社選びのノウハウとしてよく言われるのは「上りのエスカレーターに乗り込め」というフレーズです。

業界自体が下り坂、あるいは成熟産業であった場合、沈みゆく船にわざわざ乗り込むメリットはないからです。

それに、伸びている業界に身を置くと、社員の市場価値が上がるだけでなく、賃金が上がっていくというメリットもあ理ます。

つまり、長期的な目戦で見たときは、絶対に賢い選択なのです。

しかし、この種の話には1点だけ落とし穴があるので注意も必要です。

それは、会社自体が社員に利益を還元する意思がどれだけあるのかが最大の問題だということです。

業界自体が右肩上がりで、会社もいい波に乗れれば企業の財布は当然潤います。

しかし、財布に貯まったお金の所有権は会社にあるので、会社が社員に還元する意思がない限りなんの意味もないのです。

いいですか、勤務先で一番大事なのは「誰についていくのか」という"人軸"です。

会社で上がった利益を社員一丸で上げた利益だときちんと考え、目に見える形で社員に還元してくれる経営者を選ばないと何の旨味もありませんよ!

もしあなたが今、「しまった付いていく人間を間違えた!」と思っているのなら、取り返しがつかなくなる前に身を移す覚悟を持ってください。




社員に還元しない会社とは早めに縁を切りましょう

もし、あなたが社員に利益を還元しない会社で勤務しており、今後も改善の余地がない場合は、転職をして評価体制がきちんと整っている会社に移ってしまいましょう。

世の中には転職をすることでしか変えられない事は沢山あります。

・付いていく社長
・組織の評価体制
・賃金の決まり方

これらは、イチ社員がワーワー騒いだところで何も変わりませんよ。

それどころか「いちいち会社の方針に口を出してきて生意気な奴だ。」と思われて、自分の居心地を悪くするのがオチです。

組織風土や中にいる人間など、そう簡単に変わらないもので悩まされるのであれば、自分が変わってしまった方が絶対に楽ですよ!

搾取されている事に抵抗感がない人を除き、

「正当に評価してもらえないのは嫌だ!」

と悩んでいる方は、転職を視野に入れて立ちまわるのがベストです。

しかし、転職経験がない場合は、書類の作成や面接でのアピールなど、どうしても慣れない作業に戸惑ってしまい、足踏みしてしまう事が多いのも事実です。

求人選びでミスをしてしまうと、再び評価体制がいい加減な会社に転職してしまった...という事にもなってしまいます。

そこでオススメなのが転職エージェントという、あなたの転職を0からサポートしてくれるアドバイザーを活用することです。




社員に還元しない会社からの転職を成功させるコツ

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説「あなたの適性年収は670万円です!今の会社に買い叩かれていますよ〜」 こんな風に自分の市場価値を診断してくれるツールと言えば、最...