転職エージェント

【7社比較】教育業界おすすめ転職エージェントランキング!塾講師や先生から転職するコツ

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

教育業界で転職を考えた時、どの転職エージェントを使って就活すべきか悩みますよね...

しかし転職エージェントは数が多く、どのエージェントが教育業界向きなのか判断するのが難しいと思います。

そこで本記事では、教育業界の転職で絶対に外せないおすすめ転職エージェント7社を紹介していきます。

各社の特徴を目的&ケース別に紹介して行くので、あなたにとってピッタリのエージェントが必ず見つかりますよ!

<この記事の結論>

教育業界で転職を考えるのであれば、以下の3つの転職エージェントを選んでおけば間違いありません。

転職エージェントはいつでも登録出来ますが、心に余裕が無くなると登録する気すら奪われます。

求人チェックをしておくだけでも、「転職しようと思えばいつでも転職できるんだ!」と、毎日に希望が持てますよ!

おすすめ①:リクルートエージェント【教育業界の求人数No.1】
→人材業界最大手&教育業界の求人取扱い数No.1
→複数求人を徹底比較出来るため、キャリアの選択肢がグッと広がる

おすすめ②:マイナビエージェント【20代で転職を考える人向き】
第二新卒&20代で教育業界の転職を考える人向き
未経験から塾講師になりたい人は必須の転職エージェント


おすすめ③:Education Career【教育業界特化型エージェント】
→教育業界に完全特化したエージェント会社の中ではNo.1
→塾講師の転職や教師(公務員)からの転職にも強い

【4社比較】教育業界向きおすすめ転職エージェントランキング(総合型)

まず最初に、教育業界の求人も数多く取り扱う「総合型転職エージェント」の中からオススメ出来るエージェントを紹介します。

業界に対する専門性では特化型に及びませんが、求人数の多さや転職実績などは折紙つきの実力です。

教育業界で実績のあるエージェントは、以下の4社です。

おすすめ1:リクルートエージェント【教育業界取り扱い求人数No.1】

1つ目におすすめの転職エージェントは、「リクルートエージェント」です。

誰でも名前を聞いたことのあるリクルートですが、人材業界の重鎮でもあり、教育業界の求人取り扱い数もNo.1です。

求人数の多さは持ち弾が多さ、求職者のどんなニッチなニーズにも答えられるという強みに他なりません。

「業務内容は今とほぼ一緒がいい。でも給料は今より欲しい!」

「サビ残だけはもう嫌!ホワイト労働が出来る塾に転職したい。」

「全くの畑違からの転職...思い切って教育業界に参入したい!」

このような求職者のニーズについても、1つ1つ丁寧に応えてくれます。

経験や実績が求められやすい教育業界ですが、未経験からの転職でも対応可能

それゆえ、キャリアチェンジをしたい人にもオススメです。

転職先のの選択肢が豊富なリクルートなので、活用すれば転職成功率もグッと上がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ2:マイナビエージェント【第二新卒や20代の若手の転職に強み】

2つ目におすすめのエージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントは、第二新卒を含む20代の若手人材の支援がとにかく得意なエージェントです。

そのため、転職によって今後のキャリアを思い切って見直したい人には最適なエージェントと言えます。

「AIに代替されない、市場価値の高い人材を目指したい。」

「食いっぱぐれたくない...教育業界の中でも成長産業に参入しておきたい!」

「30代のキャリアを見据えた転職支援をして欲しい!」

こんな風に思っている人は、まずはマイナビエージェントに相談すべきです。

教育業界でのキャリアをゼロからスタートさせたいなら、マイナビエージェントがピッタリですよ!

マイナビエージェント公式

おすすめ3:DODA(デューダ)【教育業界のキャリアアップに最適!】

3つ目におすすめのエージェントは、「DODA(デューダ)」です。

DODAを使うべき人は、さらにキャリアを磨きたい人です。

「転職によって年収を100万以上は押し上げたい!」

「もっと大きな規模の会社に転職し、社会的地位を向上させたい。」

「教育系ベンチャーの管理ポストについて、バリバリ働いてみたい!」

といった、野心を秘めている人であれば満足度が高いです。

同じ教育業界の中でさらにスキルをあげたい人で利用する人も多いので、ポジテイブな理由で転職したい人絶対に使うべきエージェントです。

DODAを使って転職することで、数年後のキャリアをガラッと変えられますよ!

DODA公式サイト

おすすめ4:パソナキャリア【公的な教育分野の求人に強みあり】

続いて4つ目におすすめのエージェントは、「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは公的な機関と民間企業が連動している事業などの求人が得意なエージェントです。

そのため、教育分野にはめっぽう強みを持つエージェントで、教育に関連したNPO法人や財団法人&社団法人などの転職にも強いです。

この手の企業はホワイトまったりであり、そこそこ給料がいいので穴場と言えます。

民間企業のブラックさに消耗している...という人にはオススメです。

その他にもパソナは女性転職を最も得意としているので、教育業界志望のキャリアウーマンに向いています。

コンサルタントも女性がほとんどですから、キャリア相談も同じ目線でやってくれますよ!

パソナキャリア公式

【3社比較】教育業界に強いおすすめ転職エージェントランキング(特化型)

続いて、「教育業界を専門とする転職エージェントを知りたい!」という人向けに、業界特化型のエージェントを紹介します。

大手のエージェントに比べると、知名度がないエージェント会社となりますが、業界知識が豊富なのが強みです。

教育業界に特化しているエージェントでおすすめしたいのは、下記の3つのエージェントです。

おすすめ1:Education Career【教育業界特化型No.1】

まず1つ目におすすめしたいのが、「Education Career」です。

Education Careerは教育業界に特化したエージェントの中では、No.1の転職エージェントです。

その強みは何と言っても、教育業界の求人を手広く扱っている点です。

私立学校の先生や塾講師といった王道の職種はもちろん、

・デジタルコンテンツを提供する企業

・AIシステムを使った次世代教育を行う機関

・現代の教育にメスを入れるベンチャー企業

といった、時代の波に乗っている成長企業の扱いも多いです。

拠点が東京にしかなく、関東圏の求人に偏りがあるのが注意点ですが、利用する価値の高いエージェントと言えます。

「Education Career」公式

※Education Careerの詳細については、下記記事で詳しく解説しています。

関連:Education Careerで転職ってどう?評判&口コミから見るメリット・デメリット!

あわせて読みたい
Education Careerで転職ってどう?評判&口コミから見るメリット・デメリット! 「Education Career」は教育業界の転職支援に特化しているエージェントです。 しかしあまり有名ではないので、実際に...

おすすめ2:教えるシゴト【派遣社員やアルバイトにも強い】

続いて2つ目におすすめなのが、「教えるシゴト」です。

教えるシゴトは、その名の通り教える系の仕事に特化した転職エージェントです。

そのため、学問を教える教育分野に捉われず、指導を行う立場の職種も多く扱っています。

例えば部活顧問としてスポーツを教えたり、幼稚園の先生として働く求人もあります。

雇用形態も正社員だけでなく派遣やアルバイト求人も多いので、全くの未経験者にも優しいのが特徴です。

「教えるシゴト」公式サイト

※教えるシゴトの詳細については、下記記事で詳しく解説しています。

関連:教えるシゴトで転職ってどう?評判&口コミから見るメリット・デメリット!

あわせて読みたい
教えるシゴトで転職ってどう?評判&口コミから見るメリット・デメリット! 「教えるシゴト」は、その名の通り教育分野の仕事を取り扱う転職エージェントです。 では実際に転職活動をする場合、教えるシゴトを利...

おすすめ3:Life Style Education【キャリア面談に強み】

最後3つ目におすすめなのが、「Life Style Education」です。

Life Style Educationは全国の教育求人を扱う転職エージェントですが、強みが発揮されるのは、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪などです。

エージェントとしての強みは、キャリア面談が丁寧だという点です。

専属のコンサルタントが今の悩みを丁寧にヒアリングした上で、理想的なキャリアの選択肢を提示してくれます。

そのため、漠然とイメージしていた将来像が、くっきりと見えてきますよ!

情報鮮度も高く、新着求人が多いエージェントですので、情報収集の強い味方です。

Life Style Education公式

塾講師や先生必見!教育業界の転職エージェントの選び方の結論

教育業界での転職を考えた時、何社ぐらい転職エージェントに登録しておくべきでしょうか?

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、企業側から一定の報酬を受け取ることになっています。

そのため、あなた自身は1円たりとも金銭的な負担がありません。

そうなると、出来る限り複数のエージェント会社に登録し、自分に合うエージェントを見極めたいと思うはずです。

しかし、体は1つしかないですから、欲張っても使い切れずに本末転倒になり兼ねません...

そこでオススメしたいのが、とりあえず最初は3社に絞って登録し、その3社を比較し合う方法です。

転職成功者は平均3社のエージェントに登録するというデータもありますからね。

どの3社に登録すべきか迷った時の対処法ですが、下記の3社にまとめて登録しておきましょう。

総合型転職エージェントの大手2社に加え、特化型エージェントのNo.1を登録しておけば問題ないでしょう。

求人数ではリクリート&マイナビの2社あれば十分ですし、業界の専門性については特化型1つで事足ります。

このように総合型&特化型の合わせ技を使うことで、転職活動のクオリティがグッと上がりますよ!




先生や塾講師も必見!教育業界での転職でコケないためのコツ4つ

教育業界で転職を成功させるためには、いくつか重要なポイントがあります。

今回は、その中でも特に気をつけておくべきことを4つ厳選して紹介します。

これらを気をつけておくだけでも、転職活動でこけるリスクをガクンと下げることが出来ますよ!

①教育分野という定義を広くしておこう

まず1つ目ですが、教育業界における転職を考える場合は、出来るだけ守備範囲を広くしておきましょう。

一般的な先生や塾講師という現場仕事以外にも、教材販売やAI教材の企画開発など、教育系求人の範囲は広くなってきました。

子供達に学問を直せる教える以外でも、営業系の職種だって割とアツいです。

特にBtoBの法人営業はホワイトで、飛び込み営業がほぼなく、基本的にはルートセールスなどでストレスがないです。

年収も500万円以上は稼げる領域なので、案外お得な求人案件ですよ!

面接では「問題解決能力」をPRしよう

面接試験におけるコツですが、PRすべきポイントはズバリ「問題解決能力」です。

会社が求める人材はというのは、今ある問題を解決してくれる人材です。

塾講師などの経験がある場合は、どうやって生徒の成績を上げる工夫をしたのかなど、自分の経験を交えて話すとウケがいいですよ。

未経験から教育業界を目指す方も、前職で解決してきた問題を抽象度を高めて伝えるのがコツです。

面接官から「この人は使えるな。」と思ってもらえれば、業界の垣根はその瞬間に無くなりますよ!




年間休日110日以上のホワイト求人に絞ってOK

続いて会社選びのポイントですが、ブラック企業を引き当てないためにも、年間休日は要チェックです。

普通の会社なら年間休日は120日以上、最低でも110日はあります。

この数字を割り込むと、一気にグレー企業になりますので、ババを引いてしまうリスクがグッと上がります。

転職コンサルタントの意見も参考にしつつ、自分の中で会社の白黒を見分ける線引きをしておくのが重要です。

転職エージェントを手のひらで転がすべし

最後に転職エージェントを使いこなすコツですが、常に自分が相手を利用する立場であるということです。

いいですか、対等である必要はありません、上に立つのです。

そもそも転職は人生を賭けた一大イベントですから、自分のペースを奪われるようなことがあってはダメです。

コンサルタント任せにしすぎると、微妙な求人を紹介して鵜呑みにしてしまったり、転職を急かされるかもしれません。

しかしそれでは失敗する確率がアップしてしまうので、自分のペースを守ることが鍵ですよ!




まとめ:今回比較した教育業界向きおすすめ転職エージェント一覧

では最後に、本記事で紹介した教育業界向け転職エージェントおすすすめ7社をもう一度記載しておきます。

▼総合型転職エージェント4社▼

リクルートエージェント ・業界最大手、教育業界の取扱い求人数No.1
未経験から教育業界へ転職したい人のサポートにも強い
・不動産業界の営業職から事務職まで全てカバー
マイナビエージェント 第二新卒や20代若手の不動産業界転職に強み
・新卒で入社した会社がミスマッチと感じている人向き
・書類サポートなど初めての転職に優しい人材会社
DODA(デューダ) ・教育業界でキャリアアップ転職を考える人向き
高年収求人が多く年収を上げたい人必須
非公開求人では同業種転職希望者にお宝求人を紹介可能
パソナキャリア ・教育業界を目指す女性におすすめの転職エージェン
・長く働けるワークライフバランス重視の企業が多い
女性従業員が多いホワイト職場に絞って紹介してもらえる

▼教育業界特化型転職エージェント3社▼

Education Career ・教育業界特化型の中ではNo.1エージェント
取り扱い職種が豊富なのが最大の強み
・拠点は東京のみ(求人も関東圏のものが多い)
教えるシゴト 「教える」という領域なら何でも対応可能
・教員や塾講はもちろん、部活顧問幼稚園スタッフもOK
・正社員転職だけでなく派遣&アルバイトの紹介も実施
Life Style Education 教育業界に詳しいコンサルタントが多数在籍
新着情報などが集まりやすいエージェント
キャリア面談が最も丁寧と定評

なお、繰り返しになりますが、転職エージェントは複数登録をして比較してみる事が重要です。

それぞれの会社ごとに強みや弱みが違いますし、担当者との相性の問題だってあります。

どれも無料で登録出来ますから、まずは色々使ってみて、最終的には自分にピッタリ合うエージェント1社に絞り込んで行きましょう!

最初にどこに登録すべきか迷った場合は、本記事中盤でも紹介した通り、リクルートエージェント、マイナビエージェント、Education Careerの3つでOKです。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

リクルートエージェント、マイナビエージェント、Education Careerは下記の公式サイトより登録出来ます。

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
リクナビネクストの悪い評判口コミ!ブラックばかりの転職サイトって本当? 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...