職業・職種の悩み

編集者から転職する方法&心構え!出版業界を辞めたい人必見

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

芸能人や有名人と繋がれる!

一見華やかな世界に見える出版業界ですが、実際はブラック労働が常態化しています。

特に編集者の仕事は多忙極まりなく、締め切りに追われて終電でも帰れない日々を過ごす人も少なくありません。

それゆえ「編集者なんて辞めたいよ...」と考えてしまうのではないでしょうか?

ただ、編集者から転職するとなると、次の転職先などで悩むことも多いでしょう。

そこで本記事では、『編集者から転職する方法&心構え』について解説します。

※編集者から転職を考える場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

おすすめの転職エージェントは、業界最大手のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントに相談する事で、転職先の選択肢もグッと広がりますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

編集者から転職すべき?出版業界を辞めたい人が考えるべきこと

文章を書くことが好き!作品の魅力を自分の力で世に発信したい!

このような人にとっては、編集者という仕事はやりがいを感じることでしょう。

しかし仕事のやりがいとは裏腹に、出版業界はとにかく労働環境が最悪、典型的なブラック業界です。

残業時間が月200時間を超える、1週間家に帰れない...

こんな風に激務に苦しみ仕事をこなしても、年収水準は決して高いわけではないですよね。

では、編集者から転職するかどうかを、どのような判断基準ですべきか?

まず1つ目ですが、紙媒体の出版社で編集者をしているケース、これは即刻転職すべきです。

あなたも十分理解していると思いますが、紙媒体の雑誌の売り上げは下落の一途...

あなたが仕事にやりがいを感じていても、「業界としてその仕組みを維持出来ない所まできている事実」からは目をそらすべきではないです。

潰れたらその時に転職を...なんて考えは甘いですよ!

紙媒体はオワコンとは言え、あと数年は生き残れるでしょう。

しかしその間に年齢を重ねてしまえば、セカンドキャリアで選択出来る転職先がガクンと減ってしまいます。

残り物には福がある?

転職先で残り物しか選択出来ない人生なんて悲惨そのものですよ...

将来の自分の選択肢を狭くしないためにも、完全オワコンになる前に動いておくべきなのです。

続いて辞めるべき人の特徴2つ目は、長時間労働&薄給に耐えられないあなたです。

好きな仕事であれば続けられる?、馬鹿言っちゃいけない。

人間の体力には限界がありますし、うつ病でポカーン状態になったらそれこそジ・エンドですよ。

大好きな文章もまともに書けなくなりますし、生活していくことすらしんどくなります。

若い時なら耐えられる事でも、年次を重ねればどこかで限界を向かえます。

「その時転職すれば...」

この考え方がマズイのは先述した通り、やはり早急に転職活動に踏み切るが吉なのです。




編集者から転職したい!辞めたい人は要チェックのおすすめ転職先

編集者から転職を考えた時、次のキャリアをどうするべきか悩みますよね?

まず将来性と言う観点からキャリアを考えた時、やはり「Web業界」は外せないでしょう。

特に現在紙媒体の出版社で働いている人であれば、転職のハードルもかなり低いです。

Webメディアでも芸能人の取材、作品の取材と言った従来通りの業務に携わることが出来ます。

書いた記事をSNSで拡散させれば、自分の知り合いにも文章を届ける事が出来る。

「自分の文章をより多くの人に届けたい!」

このような人であれば、web業界の編集者を志すのが王道のキャリアチェンジと言えるでしょう。

続いて仕事の範囲を広げると言う意味では、Webディレクションの会社も狙い目です。

昨今では編集者、ディレクター、プロデユーサーと言った役割はグラデーション化しています。

そのため、広い意味で作品や成果物を作り上げる仕事を転職先のターゲットにした方がいいです。

企画立案などマーケテイングも出来ますし、実際に文章を書くと言うことも出来ますから、身につくスキルも当然増えます。

市場価値の高い人材を狙いたいのであれば、編集者という肩書きに囚われないのがポイントですよ!

関連:【11社比較】IT&Web業界でおすすめ転職エージェントランキング!未経験でもOK

編集者から転職して年収を上げるべし!出版業界で消耗するのはもう終わりです

文章を書く、情報を発信する。

これらの仕事は面白さがありますから、趣味感覚で仕事を続ける人が多いです。

しかし、ブラック企業の経営者はそこに漬け込んでくるので注意あれ!

と言ううのも、出版業界や編集者の給与水準はミジンコ並み。

カ○カワなどの大手ですら安月給、業界的に見ても賃金水準は極めて低いと言わざるをえません。

ただ、あまりの安値で買い叩かれるなんて馬鹿げていると思いませんか?

もちろん、出版業界全体が不況ですから、賃金を上げようにも上げられないという構図があるのは分かります。

しかし、それが分かっていてどうして現職にしがみつく必要があるんですか?

知り合いの編集者は年収250万と言ってましたが、これじゃやりがい搾取もいいとこ、完全にワーキングプアじゃないですか...

関連:正社員なのに年収250万は買い叩かれている!転職するメリットしかない事を教える

編集者の中には、ただ転職するだけで年収アップが実現する人がゴロゴロいます。

ただ、イマイチ自分の市場価値が分かっておらず、いつまでも会社に飼い殺されている人が多いこと。

そこでまず最初にあなたがすべき事は、後述する転職エージェントに登録し、自分の市場価値を教えてもらう事です。

「今の自分なら〇〇万円ぐらいの年収が取れるのか!」

こんな風に、転職に対して一気に前向きな気持ちになれますよ!




編集者や出版業界を辞めたい人は転職エージェントを活用してみよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング! 女性が転職を考えるのであれば、女性の気持ちに寄り添ってくれる転職エージェントを使いたいですよね? 「〇〇業界は女性のキャリアアッ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...