第二新卒

第二新卒が在職中に転職活動を行う方法!バレないコツや面接日調整のポイントを紹介

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

第二新卒枠を使って転職活動を始める人のほとんどが、在職中に仕事と転職活動を並行する事になります。

しかし初めての転職活動となれば、何かと不安も多いと思います。

「面接はやっぱり平日だけ?どうやってスケジュールを合わせるの?」

「転職活動をしている事を周りに悟られないようにするにはどうすべき?」

「在職中に転職活動をしている事は不利になるの?」

などなど...

そこで本記事では、第二新卒の転職活動を在職中に成功させるコツを徹底解説していきます。

※第二新卒枠で転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

コンサルタントに相談するだけでも、

「あれ、短期離職でもまともな会社に転職出来るじゃん!」

こんな風に、一気に前向きな気持ちになれますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

第二新卒の転職活動は在職中だと難しい?有利・不利はあるのか?

第二新卒で初めて転職活動を考える方であれば、転職活動のスタンスを気にされる方も多いです。

一番よくある悩みとしては、「転職活動は在職中にすべきか、辞めてからすべきか」という事です。

まず結論から言うと、企業側のイメージに立って考えれば、どう考えても在職中に転職活動をしている人の方が好印象です。

なぜなら、

・会社が嫌になって、勢いで辞めている人間ではないから安心

・リスクをコントロールしながら動けている事は、ビジネスマンとして素質あり

・ポジティブな理由で転職活動をしていると受け取りやすい

といった評価をしてもらえるからです。

これが辞めてから転職活動となれば、どうしても入り口がネガティブになり、面接ではマイナスを払拭する戦いを強いられますからね。

もちろん、在職中に転職活動をするデメリットがないわけではありません。

入社時期の調整で難航してしまう

・今すぐ転職して欲しいという企業には転職できない可能性が高い

・内定を出しても蹴られるのでは?と疑われる

このように、在職中に転職活動をする事が、自分にとって不利に働く事がある事を覚えておきましょう。

ただ、このようなデメリットを考えたとしても、圧倒的に在職中に転職活動をする事がオススメです。

後述しますが、入社までのスケジュール調整などは転職エージェントが代行してくれますし、いざとなれば会社なんて辞められますから、結局デメリットなどはありません。

しかし、ハローワークを使って転職活動をする場合だけは注意が必要です。

なぜなら、ハロワは辞める時期が決まっていないと対応してくれず、そもそも在職中に転職活動をさせてくれません。

ただ、ハローワークの求人はブラックばかりですので、余程の事がない限りは、民間の転職エージェントを使うと思います。

ですので、ハローワークを使う場合の心配はしなくてもOKだと思います。

関連:第二新卒の転職にハローワークは厳禁!無能な公務員に人生を預けるな

第二新卒が在職中に転職活動をする場合の面接の日程調整について

在職中に転職活動をする場合、もっとも懸念するのが面接の日程調整ではないでしょうか?

通常の会社は平日に面接日をしてきますから、仕事をしながら転職活動をしようとすると、上手く日程調整出来るか不安ですよね。

しかし、この手の悩みに対する解決方法はたった2つしかありません。

それが以下の2つです。

①会社を休んで面接に行く

②時間帯をズラしてもらうようにお願いする

企業によっては土日に面接をしている所もありますが、平日以外に面接をしてくれない企業については、上記のどちらかで調整するしかないです。

ただ、ここはどの就活生も条件は同じで、あれこれ理由をつけて会社を休んでいます。

「有給申請しづらいな...」と思う人でも、そこは心を殺して、有給をとる覚悟を決めないとダメです!

また、ブラックすぎて有給という概念がない企業もあるかと思います。焦

そういう場合は、ズル休みしてでも面接に行くしかありません。

なに、どうせ辞める会社です、そこら辺はドライな気持ちがないとやっていけませんよ!

ちなみにですが、平日にしか面接をやってくれない会社でも、18:00以降で時間調整してくれる企業も多いので安心してください。

在職中に転職活動をしている人が多いのは分かっていますから、夜に面接をセッティングしてくれる会社もあります。

なお、面接の日程調整ですが、基本は転職エージェントを介して行うケースが多いです。

そのため、エージェントと連絡を密に取り合うことが重要になってきます。

在職中に転職活動をする場合の電話連絡は折り返しでOK

在職中に転職活動をする場合の悩みとして多いものとして、「電話に出ることが出来ない」という悩みがあります。

ただ、ここは過度に心配しなくてOKです。

と言いますのも、基本的には転職エージェントを介して連絡をすることが多いですから、あなた自身が直接何か連絡を取り合うケースは少ないです。

新卒の就活を思い出すと、「電話に出れないとマズイ!」と思ってしまいがちですが、転職活動ではそんなことはないので安心してください。

大人の対応として、電話に出られなかったら出来るだけ早目に折り返すようにしておけば問題ないです。

なんども言いますが、相手企業もあなたが働いている事など承知の上ですから、レスポンスの遅さはあまり問題にはなりません。

在職中に転職活動をする場合はバレないように注意を払うべし

在職中に転職活動を行う時の注意点ですが、とにかくバレないように水面下で行う事です。

会社を辞めたい人間など社内にはゴロゴロいますから、転職活動中の人というのは平気で言いふらされます。

基本的に自分から言わなければバレる事はないですから、うっかり口を滑らせてしまった...なんてミスを犯さないのがポイントです。

なお、転職サイトや転職エージェントに登録してしまうと、今の会社にバレるのでは?と心配する人もいますが、基本的にその心配はないです。

仮にあなたの会社が転職サイトで求人募集をしていようが、転職サイトに登録している人まではチェック出来ませんからね。

狭い業界で共通の知り合いがいる場合など、バレるケースが考えられないわけではないですが、そんなのはほぼ奇跡ですから、やはり心配する必要はないでしょう。

在職中に転職活動をしたい第二新卒はプロに相談してみよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

▶︎リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...