第二新卒

第二新卒でベンチャー企業に転職するメリット・デメリット!キャリアを磨きたいなら攻めの姿勢も大事

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

新卒で入社した会社を3年以内で退職し、第二新卒として転職活動を始める人は多いです。

ただ、第二新卒と新卒では決定的な違いがあり、それは大手企業の求人が圧倒的に少なくなるということです。

しかし、第二新卒で転職を考える方の中には、大手企業から転職を考える人も多く、転職先で悩むことは多いでしょう。

そんな時に1つの候補として頭に浮かぶのが、「ベンチャー企業」ではないでしょうか?

大手と違って第二新卒の採用に積極的な企業も多く、伸び代のある業界なら、キャリアアップを果たすことも可能ですからね。

ただ、ベンチャー転職は闇雲に突っ込んでも失敗する可能性は高いです。

そこで今回の記事では、第二新卒でベンチャー企業に転職を考えるにあたって、メリット&デメリットを改めて整理していきます。

▼あなた向き関連記事!ベンチャー転職に役立つおすすめ転職エージェント11選▼

あわせて読みたい
プロが教えるベンチャーに特化した転職エージェントおすすめ11選!選び方のコツや活用方法も紹介 これからベンチャー企業への転職を考える場合、自分にピタッとマッチする転職エージェントを選びたいですよね。 ・IT系のベ...

第二新卒では攻めの転職をするのがセオリーです

第二新卒で転職先をどうしようか迷う時、ベンチャー企業という選択肢は本当に正しいのだろうか?

こんな風に考える人は多いと思います。

ただ、ベンチャー企業への転職の良し悪しを考える以前に、第二新卒の転職のスタンスは「攻めが基本」ということを受け入れる所から始めた方がいいです。

と言いますのも、第二新卒での転職ですから、もはや敷かれたレールの上を歩く事は難しいです。

新卒で入社する企業であれば、そこそこのネームバリューがあり、キャリアについても入社前からある程度分かった状態で飛び込む事が出来ますよね。

でも、第二新卒で転職を考えるとなれば、もはやそこにレールはなく、自分の意思で歩むべきキャリアを描いていく必要があります。

そして、第二新卒で転職するのであれば、あなたの目の前に残された選択肢はたった2つしかないです。

1.穴場優良企業を狙って人生を置きに行く

2.ベンチャー企業を狙い、攻めの人生を選択する

もうこの2つしかないというのは、何となく分かっていますよね。

穴場優良企業を狙いたいのであれば、「第二新卒がホワイト企業に転職は難しい?隠れ優良企業を見つける方法を教える。」で紹介した方法を実践してください。

ただ、置きに行く人生では満足出来ないな...と思った人は、第二新卒では攻める覚悟を決める事から始めましょう。

その選択肢としてベンチャー企業は用意されていますし、実際にそのオプションを行使する人も多いです。

それに、激動する時代を行きている昨今、置きに行く人生を選んだからといって、必ずしも置きに行ける保証なんてないです。

攻めは最大の守りとも言いますが、第二新卒の転職ではベンチャーに転職し、自分のビジネス戦闘力を高めておく事はめちゃくちゃ賢い選択ですよ!




第二新卒でベンチャー企業に転職するデメリット

ただ、ベンチャー企業への転職を考える時に、そのデメリット、主にはリスクについて無視するわけにはいかないのも事実です。

なので、まずはベンチャー転職のデメリットを整理して、転職する前にリスクマネジメントを考えておく必要があるでしょう。

では、第二新卒でベンチャー企業に転職するデメリットとは何か?

考えられるデメリットは主に下記の2つです。

ベンチャー企業に転職するデメリット

・大手に比べて安定はない

・転職して年収が下がる事はある

それぞれ、対処法とセットで解説していきます。

デメリット①大手に比べて安定はない

これは言うまでもない事ですが、ベンチャー企業ですから、「安定」とは対極に位置しますよね。

大手企業が磐石な経営基盤で運営されている事に比べると、ベンチャーは向こう5年、10年先に生存する事を目指して経営される事も多いです。

そのため、自分が在職中に会社が倒産してしまうリスクだってゼロではありません。

しかし、ベンチャーに転職する場合の基本的な考え方は2つしかないです。

1.自分の代で会社を大きくし、上場などを狙って大きく飛躍する

2.スキルをとことん磨き、転職前提で仕事をする

いいですか、ベンチャー企業は、終身雇用を期待して転職する会社ではありません。

その会社のビジョンに共感出来るものがあり、一緒に会社を大きくしていきたいと行く気持ちがある人が、全力で仕事に打ち込むために転職するのがセオリーです。

あるいは、若手の内から経験が出来るという強みにメリットを感じ、自己成長の場として活用したい人が転職し、スキルを身につけてキャリアアップ転職して行くのが王道の考え方です。

よって、安定を求める時点でベンチャーは最適な選択肢ではないですから、もはやデメリットですらないとも言えます。

この辺りは転職前のスタンスが大事になってくる所ですよ!

デメリット②転職して年収が下がる事はある

大手企業などから転職する場合は、ベンチャー転職で年収が下がってしまう事は当然あります。(その逆も当然ありますが。)

すると、転職した瞬間の賃金の目減りがデメリットになってきますよね。

ただ、ここは考え方の問題と、会社選びの問題です。

と言いますのも、ベンチャーはその成長余地に旨味がありますから、転職する段階で給料が高いのは、あまりメリットではありません。

株で言えば、すでに成長していて、高値掴みしている感覚だと思った方がいいですよ。

そうじゃなくて、まだ上がっていない大底でポジションをとるから、いざ上がった時に爆発的な利益を狙える所にベンチャーの旨味があるはずですよね。

なので、転職した瞬間の年収を気にしすぎる事はナンセンスで、シンプルに伸び代のある会社を選び、年収は数年後にグッと増やすという意識が大事です。

成長していけば年収は上がっていきますし、社員数が少なければ、それだけあなたに返ってくる見返りも増えます。

これは大企業では描けない成長曲線になるケースが多く、そこにベンチャー転職の旨味が凝縮されているのです。

逆に言えば、成長が期待できそうな会社選びが最も重要で、転職活動に全エネルギーを注ぐ必要があるのです。




第二新卒でベンチャー企業に転職するメリット

第二新卒でベンチャー企業に転職する場合、そのメリットは何か?

漠然とベンチャーという響きに惹かれて転職を決める人も多いですが、目的意識を持って転職する事が重要なのは当たり前ですよね。

ここでは、ベンチャー企業に転職するメリットを、改めて見ていきましょう!

ベンチャーに転職する事で得られるメリットは以下の点です。

ベンチャー企業に転職するメリット

1.成長スピードは大企業の20倍以上

2.伸びている業界なら市場価値は勝手に上がる

3.20代で高い年収を取る事が十分可能

それぞれ解説していきます。

メリット①成長スピードは大企業の20倍以上

ベンチャー企業に転職する大きなメリットは、圧倒的に成長する事が出来るという事です。

転職してすぐ、あるいは数ヶ月の実務を経験した後に、1つのプロジェクトの責任者に任命される事はよくある話です。

これは部長レベルの役職ですが、自分で戦略を練り、部下を抱えて、どのように事業を進めて利益を出すべきか、毎日試行錯誤しながら仕事が出来ますから、成長出来ないわけがありません。

大手企業のように、決裁書類の文言を気にしたり、判子の傾きを気にしたり、無駄な会議で時間を浪費する事はないですよ。

それに、1つの業務にとらわれる事なく、様々な業務を幅広く経験できる事もベンチャーの強みです。

例えばWeb系のメディア企業であれば、1人の担当者に任せて貰える仕事の幅は広いです。

・Webサイトの構成やデザインなどの戦略立案

・記事ライターの採用や育成などの人材部門

・アクセス解析や集客改善などのマーケティング領域

・売り上げ計算や経費計上などの経理部門

こういった部門を自分で全てこなす事が出来ますから、ビジネス全体を俯瞰する事が出来ますし、出来ない事が何もないレベルまで成長していきます。

これが入社数年目の社員に任せてもらえる仕事内容ですから、大企業であぐらをかいている奴らなんて、ごぼう抜き出来ますからね!

メリット②伸びている業界なら市場価値は勝手に上がる

ベンチャー企業が参入している領域は、とにかく今伸びている市場です。

Web系やAI、VR、フィンテック領域など、今後の社会システムを大きく担う領域ばかりです。

であれば、その業界で若いうちから経験を積んでいたという実績は、そのままあなたの市場価値に繋がりますよ。

と言いますのも、大手企業といえど、新しい技術には対応仕切れておらず、専門人材の不足には頭を抱えています。

すると、若いうちにこれから必要とされる領域で力をつけておけば、サードキャリアとして、大企業に転職する事だって出来ますからね。

このように、伸びている業界に身を置き、そこでキャリアを積んでおく事は、あなたの将来の市場価値を高めてくれます。

長期的な視点で見た場合でも、ベンチャー企業でバリバリ仕事をしている事は大きな武器になりますよ!

メリット③20代で高い年収を取る事が十分可能

第二新卒でベンチャー企業に転職するメリットですが、若い時から高年収を取る事が十分に可能だという事です。

これは、いくつかポイントがあるのですが、大きく言えば2つの視点に気をつけて会社を選ぶのがコツです。

それが以下の2点です。

1.金回りがいいor収益性の高い事業を行う企業

2.ストックオプションなどの制度的待遇がある企業

まず、年収をあげるためにベンチャーに転職を考える場合は、最初から金が集まるフィールドに転職しないと意味はないです。

薄利多売のビジネスをやるベンチャー企業...では微妙ですよね。

近年であれば、Web系はもちろん、金融系のベンチャーも伸び代が大きく、M&Aの仲介業者などはぼろ儲けしています。

このように金回りのいい所に絞って転職すれば、初年度からの年収アップも余裕なのが現状です。

また、上場を狙うような企業であれば、ストックオプションなどを貰える企業も狙い目です。

上場した際に、時価総額の数%がもらえますから、一瞬で億り人になる人も多く、近年ではメルカリがその典型例でしたよね。

創業者や初期メンバーは一夜にして億万長者になりましたが、そういった可能性のある企業を狙うのも面白い選択です!




結論:第二新卒でベンチャーに転職することは市場価値を爆上げするチャンス

さて、以上が第二新卒でベンチャー企業に転職するメリット・デメリットでした。

良い点悪い点がもちろんありますが、結論から言えば、第二新卒で転職を考えるのであれば、ベンチャー企業ほど魅力的な転職先はないですよ!

と言いますのも、一番大きなメリットは、市場価値の高い人材になれるという事です。

大きく稼げる可能性があるというメリットも大きいですが、それ以上に、将来的にマーケットから必要とされるスキルを持った人材になれるのが最大の魅力だと思いませんか?

今は人生100年時代と言われており、一生同じ仕事をし続けるという生き方はもう選択出来ません。

つまり、その時代毎に求められるスキルを身につけるべく、適度に業界を渡り歩くぐらいのポジティブジョブホッパー的な生き方が求められています。

であれば、第二新卒という若さを活かせる今ならば、なおさら挑戦的な選択をする事に意味があります。

はっきり言いますが、大企業でくだらない処世術を身につけ、組織に寄生している人間の市場価値はグングン落ちていますからね。

最近では45歳ぐらいで肩たたきをする大手も増え、これといったスキルも身につけず、中年で道に迷う人も激増しています。

そんな悲惨な未来を迎えるぐらいなら、若い時に市場から求められるスキルを身につけておき、常に社会から求められる人材になった方が良いと思いませんか?

ベンチャー企業というのはそのための手段としては、めちゃくちゃお得なオプションですよ!

もちろん不安な気持ちもあると思いますが、成長出来る環境に身を置けば、刺激的な毎日が遅れますから、めちゃくちゃ前向きに生きられるようになりますよ!

キャリアをゴシゴシ磨くためにも、ベンチャー転職に踏み切ってみましょう!




第二新卒でベンチャー企業に転職したいならプロに相談してみよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ちで職歴に自信がない」

「ベンチャー転職したいけどやり方がサッパリ分からない」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!ベンチャー転職に役立つおすすめ転職エージェント11選▼

あわせて読みたい
プロが教えるベンチャーに特化した転職エージェントおすすめ11選!選び方のコツや活用方法も紹介 これからベンチャー企業への転職を考える場合、自分にピタッとマッチする転職エージェントを選びたいですよね。 ・IT系のベ...

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...