第二新卒

新卒2〜3年目の途中で転職するのは不利?中途半端な時期に転職する場合の注意点

1年以上の社会人経験を終えると、今の仕事が自分に合う合わないの判断がついてくる頃です。

それゆえ、第二新卒枠を使って転職を考える若手社員は多く、2年目・3年目で転職活動を行っている人は少なくありません。

しかし、この年次の悩みと言えば、転職するタイミングではないでしょうか?

・入社3年以内の転職だけど早すぎないか

・年度の途中で転職活動をしている事を不利に扱われないか

・転職するタイミングはどう考えておけばいいのか

このような悩みを抱えますよね。

そこで今回の記事では、新卒2〜3年目の若手社員に向けて、転職する時期に対する考え方を解説していきます。

新卒2〜3年目の途中で転職活動をしていても不利に扱われる事はない

新卒2〜3年目で転職を考えるとなると、この時期に転職する事はタイミング的に問題ないものか?と不安になると思います。

特に、3年間という世間的に言われる区切りよりも短い時期での転職ですから、短期離職として不利に扱われないか不安ですよね。

しかし、その点は一切心配する必要はないです。

そもそも、新卒2〜3年目で転職する時は「第二新卒」という扱いで転職活動をしますが、第二新卒は新卒3年未満の社員を対象にしている制度です。

よって、3年未満である事を不利に扱っていては、制度そのものの存在意義を疑わなくてはいけないですからね。

1年未満で退職しているわけでもないですから、超短期で離職する心配もありませんし、一通りのビジネスマナーを備えているフレッシュマンとして歓迎されます。

よって、年数的な心配をする必要は一切ないのです。

では、2年目や3年目の途中(例えば8月とか)で転職活動をしている事への評価はどうか?

この点についても、一切不安に思う必要はありません。

と言いますのも、企業によって仕事の区切りのタイミングはまちまちですし、在職中であれば仕事を放り出して辞めているという評価も一切受けません。

それよりも、今後の人生のキャリアを改めて考え直そうとしている意欲が評価されますから、不利に扱われる事なんて全くありませんよ!

転職活動をしている時期よりも入社する時期をシビアに見られます

新卒2〜3年目の途中で転職活動を行っていようが、その時期を持って不利な扱いを受ける事はありません。

ただ、1点だけ注意が必要です。

それは、「入社したい時期」についてです。

と言いますのも、第二新卒といえども、位置付けとしては中途採用です。

中途採用という事は、どこかで人材が不足しており、その穴埋めをする目的で採用をしているわけですから、ある程度は早く入社して欲しいと思っているはずです。

ただ、あなた自身の中で現職を退職する時期にこだわりがあり、採用時期を伸ばしたいと考えている場合は、場合によってはネガティブな評価を受けるリスクがあります。

第二新卒の採用のパターンですが、大きく3つの時期が考えられます。

①今すぐ入社

②4月入社

③10月入社

よって、この中のどれかの時期に入社することを念頭に入れ、転職活動を進めていく必要があるのです。

企業によっては10月入社を希望しているのに、あなたが4月入社を希望してしまうと、それは完全なすれ違いです。

能力評価や人物評価をクリアしても、採用時期で折り合いがつかずお祈りになるケースもありますから、そこは注意しておかなくてはいけませんよね。

いいですか、転職は縁とタイミングがかなり重要です。

第二新卒で転職する以上は、今の会社の都合を優先するのではなく、これから入る会社に合わせなくてはいけないです。

この辺りをよく理解し、転職活動におけるスタンスを確立させておくことがポイントですよ!

第二新卒の転職活動は中途半端な時期に始めるのが普通!思い立った時にスタートさせよう

第二新卒で転職を考える場合、転職する時期については悩む人も多いと思います。

会社をすぐにでも辞めたい人はマッハで転職活動をすればいいですが、例えば今年度一杯までは仕事をして、その後転職したいケースは頭を抱えると思います。

ただ、そんなあなたにアドバイスをするならば、「転職活動自体は絶対に今すぐ始めた方がいいよ」ということです。

と言うのも、転職活動は思っているよりも時間がかかるものです。

在職中に転職活動をする場合は特にそうですが、隙間時間を使って就活するわけですから、数ヶ月は必須です。

すると、4月入社を狙って転職する場合を考えても、最低半年前ぐらいからは動き出さないとマズイですよね。

それに、自分が転職したいと思っている企業が、10月入社しか受け付けていないというケースもしばしばあります。

この場合だと、夏ぐらいには転職活動をしておかないとマズイわけですから、意外とモタモタしている時間はありません。

ですので、まずは転職先を選定するという意味でも、とりあえず転職活動は始動させておくのがセオリーです。

例えば転職エージェントに登録するなどして、

・自分が転職できる可能性のある企業を聞き出す

・その企業の採用フローを知っておく

・上記を踏まえてタイムスケジュールを逆算する

この流れを出来るだけ早くに実践しておく必要がありますよね。

準備するだけなら早すぎてデメリットになる事はないですし、「備えあれば憂いなし」です。

後でやればいいや、まだ間に合う...なんて気持ちであぐらをかき、気づいたら第一志望の採用は終了していて絶望、といった負けパターンは避けてくださいね!

新卒2〜3年目の途中で転職したい人はプロに相談してみよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!