転職コラム

コネ入社した会社を辞めたい!身内の会社でも退職をする権利はあります

 

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

なかなか就職先が決まらず悩んでいる人もいる一方で、運良く知り合いの会社に拾ってもらえるというのが「コネ入社」のメリットです。

コネ入社であれば小難しい職務経歴書や、ガチガチの面接もなく、すんなりと就職が決まることが多いので、羨ましいと思う人も多いです。

しかしコネ入社してしまう事の最大のデメリットは「辞めたくなった時に辞めずらい」という事ではないでしょうか?

通常の入社試験とは違って、人対人の信頼関係で採用してもらっている手前、恩を仇で返す事になるのではないかと思い悩んでしまう人も少なくないと思います。

ただ、ここはあなたの事を思ってはっきりと明言します。

例えコネ入社だとしても、辞めたい気持ちと正直に向き合わないと後悔しますよ!

確かに人間関係や受けてきた恩は大事にすべきです。

しかしそれを差し引いたとしても、最終的に個人の辞める自由の方が上である事は間違えのない事ですよ!

今回の記事では、コネ入社した会社を辞めたいと思った場合の対処法について紹介していきます。

コネ入社だけど辞めたい!と思った時こそ理想の人生を考え直してみよう

とりあえずコネ入社でもなんでもきちんと働き口が見つかった瞬間というのは、ほとんどの人がその状態に満足し、とりあえず働き始める事になります。

しかし、実際に入社してみると「聞いていた条件と違う」「ぶっちゃけミスマッチ」といった事は普通に起こりえます。

特に年齢を重ねていけば重ねていくほど気持ちに変化は起きやすく、自分の働き方に疑問を持ち出すのではないでしょうか?

そんな時にコネ入社というバックグラウンドが中立的な思考の邪魔をしてしまいますが、まずは自分と正面から向き合い、自分にはどんな働き方が合っているのかを今一度考えてみるべきです。

例えば、

・人生の中で仕事にどれだけのエネルギーを注ぎたいか
・将来を見据えてどれくらいの年収を稼ぎたいと思うか
・自分が得意な仕事のジャンルは本当は何か
・他にもっとチャレンジしたい事はないのか
・今の会社に心から満足出来ているのか

このような自分の価値観と真剣に向き合い、現状をきちんと棚卸ししてみる事が大事です。

ほとんどの人間は死ぬ直前になると、『どうせだったらもっと本気になれる仕事をしたかった。。』と思ってしまうというのは有名な話ですが、悔いのない人生を歩めているのかを再確認してみましょう。

仕事をしている時間は人生の中でも大部分を占めるので、その時間を死に時間にしているのであれば働き方を見直すべきです。

ここで一番ダメなのは、人間関係を言い訳に自分のキャリアを固定してしまう事です。

コネ入社という入り口に固執しすぎてしまった瞬間、選択肢がギュッと狭くなってしまいますよ!

このように直近の人間関係だけを考えるのではなく、「死ぬ直前に後悔しないか?」といった先の事まで考える事が大事です。




コネ入社した人間関係も大事だけどお金やキャリアを下にみると後悔しかしない

コネ入社したという経緯があると、どうしても義理や人情といった日本人らしい感情が辞めたいと思う気持ちを邪魔してきます。

「ここで辞める事は裏切り行為だ」
「仁義を欠いたらこの世は渡っていけない」

とこんな風に真面目な人ほど考えてしまいますよね。

しかし、辞めたいと思った理由がお金やキャリアに関係しているのであれば、仁義よりも優先すべきはそちらです。

例えば、

「転職して今より年収を上げたい」
「市場価値の高いスキルが身につく会社に移りたい」
「伸びている業界で成長してみたい」

といった将来に対して前向きな退職理由があるのなら、その気持ちを大事にすべきです。

そもそもコネ入社が許される企業は、地元に密着した企業や地方の中小零細企業が多いです。

はっきりいますがそのようなアットホームな会社では、年収テーブルも固定されていますし、賃金も比較的低い水準で固定されてしまっている可能性が高いです。

ボーナスも出たり出なかったりと不安定な経営状況の会社も少なくありません。

しかし、きちんと転職活動を行い、今よりいい会社を探す事が出来れば、そこからは全然違った人生を歩める可能性だってあるんですよ。

例えば今より年収が50万円でも上がれば、貯金を増やす事も出来るし、趣味のバイクにお金をかける事も出来るし、おしゃれに気を使う事だって出来ます。

人間関係も確かに重要ですが、自分自身の人生を楽しむためのお金やキャリアを軽視した意思決定は絶対にオススメ出来ないです。

今の環境に満足出来ていないのならそれが全てですよ!




コネ入社でも辞めたいなら辞めてOK!退職しちゃダメなんてルールはない

コネ入社した会社だけど辞めたいと思っていても、「採用してもらった恩はやはり大きいから...」と真面目に考え過ぎてしまい、結局ダラダラと働き続ける道を選択するという人が多いです。

しかし、「本当は辞めたいなんだけどな...」という後ろ向きな気持ちで仕事をし続けるほど苦痛な人生はありません。

人生は一度切りなので、何かを選択した時点で他の選択肢を切り捨てる事になります。

何となく惰性で今の会社を続ける選択をしているとすれば、そのせいで「何を失っているのか」という事にもっと目を向けるべきだと思いませんか?

貴重な時間を合わない仕事で消耗するなんて、実際は寿命の無駄遣いをしているのと一緒ですからね!

それに、言わずもがなコネ入社した会社を辞めちゃいけないなんてルールはどこにもありません。

そんな事が書かれているルールブックがあるのなら、私の前に持ってきてください。

仮に書かれていてもそれは不法行為なので、ビリビリに破って綺麗に燃やして差し上げるので安心してください。

いいですか、個人には自分の人生を選択する自由があります。

そしてその自由の1つに会社を辞める自由もあり、辞める権利はいかなる場合においても会社の事情に優先しますからね。

仮にコネ入社したら辞められないなんて思っているとしたら、そんなの心の奴隷ですよ。

せっかく採用はしてもらったものの、「自分には合わない」「他にやりたい事が出来た」「もっと条件のいいところで働きたい」と思ったなら、余計な事をウジウジ考えずにサッサと辞めてしまっても構わないのです。

仮に転職を考えている場合は早く行動しないと、時間だけが過ぎていき、応募できる企業が日に日に目減りしていくだけですよ!




コネ入社した会社を辞めたい人は転職活動を始めよう!

コネ入社した企業を辞めたいと思ったら、まずは転職活動からスタートさせましょう。

会社を辞めるかどうかで悩むのは、転職先が決まってからでも遅くはないはずです。

とりあえず今は辞めた後どんな選択肢があるのかを知るために転職活動をスタートする事が最優先事項ですよ!

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代の転職で役立つおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
20代のキャリアアップに強い転職エージェントおすすめ14社比較!【ケース・目的別に紹介】 「新卒で入社した会社とミスマッチ...第二新卒で転職したい。」 「給料安すぎ。このまま30代に突入するのは不安でしかない。...

▼あなた向き関連記事!30代のキャリアアップに強いおすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【業界プロ厳選】30代に強い転職エージェントおすすめ14社!【状況別に比較】 20代の頃はガムシャラにやっておけばOKだとしても、30代になればお金とキャリアの問題をより真剣に考えるようになりますよね。 ...

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
女性の転職を成功に導く!おすすめ転職エージェント7選【徹底比較】転職は女性にとって一大イベントの1つです。 「結婚を考えて、女性が働きやすい会社に転職したいと思う。」 「これから先の人...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説「あなたの適性年収は670万円です!今の会社に買い叩かれていますよ〜」 こんな風に自分の市場価値を診断してくれるツールと言えば、最...