転職コラム

転職で空白期間が半年ある場合の戦い方!ブランク6ヶ月以上を説明するコツを教える

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

一般的に、空白期間(ブランク)が半年以上あると転職は不利だと言われています。

なぜなら、『半年間もフラフラしていたやばい奴』というレッテルを貼られてしまうからです...

もちろん、親の看病が必要だったなどの特別な理由なら説明がつきます。

しかし、理由もなくニートをしていたとなっては、採用する側がためらうのも無理ありません。

では、空白期間が半年以上空いてしまった人は人生終了なのか?

結論から言えば、面接官の心に刺さるトークさえ出来れば問題なし。

契約社員で妥協する事なく、正社員として真っ当なキャリアを歩み始める事が可能です。

そこで本記事では、半年以上の空白期間がある場合の転職戦略を伝授していきます。

※半年以上のブランクがあって不安...という人は、プロの転職エージェントに相談してみましょう。

「あれ、空白期間って思ったよりハンデにならなくね?」

こんな風に、不安な気持ちがスッと取り除かれますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

転職面接では空白期間(ブランク)半年以上の理由は正直に話せばいい

空白期間が空いていること自体、転職ではどうあがいてもプラス評価を受ける事はありません。

下手に嘘をついたり、言い訳口調に聞こえれば、面接官の心象はすこぶる悪くなります。

そこでオススメなのは、ある程度は正直に話してしまう戦略です。

例えば前職が糞ブラック企業であった場合。

心身ともに疲弊していて、ついつい休み期間が長くなってしまうことは決して納得出来ない話ではありません。

であれば、そこは誤魔化さず、本当のことを素直に伝えればいいのです。

しかし、「空白期間で何を感じ、何を考えてきたのか?」を面接官に分かりやすく説明する事がポイントです。

・自分が人生で本当にやりたいと思えることは何?

・自分が心の底から喜びを感じられることは何?

空白期間中に感じたことを、面接官に洗いざらいぶちまけてしまうのです。

その上で、

あなた
あなた

半年も空白期間を空けてしまった事は、反省と後悔しかありません。

しかしこの充電期間をエネルギーに、御社ではフルスロットルで走りたいと考えています。

と伝えましょう。

ロジックを超えた熱意をアピールすることで、面接官の心に爪痕を残すのがポイントです。

半年間のブランクがある人間は、どこか覇気がなく、パッとしない人が多いです。

しかし、そんな雑魚求職者とは一味も二味も違う所を見せつけましょう。

面接官だって血の通った人間です。

本気の人間の言葉を聞いて、心がグラっとこないわけがありません。

転職面接では空白期間(ブランク)半年以上を挽回する強みをきちんと伝えよう

半年間のハンデを乗り切るためには、ブランクを挽回出来るだけの"強み"を持っておく事が大事です。

そんな事言われても自分に強みなんて...と悲観的にならなくてもOKです。

いいですか、強みというのは、資格やスキルだけではありません。

"この会社で働きたい気持ちは誰にも負けない"

このような熱意だって、十分強みとして評価されます。

面接に行く前には、企業の下調べは入念に行い、面接官も驚くレベルの理解度を見せつけてやりましょう。

逆質問を行う機会があれば、レベルの高い質問をして本気度を見せつけましょう。

「半年のブランクはあるけど、これだけ本気なら採用してみるか。」

こう面接官に思わす事が出来れば優勝です。

逆に言うと、このぐらいの事をして始めてマイナス面を吹っ飛ばす事が出来るとも言えます。

面接対策には、命を賭けるぐらいの覚悟で望んでくださいね!

なお、業界研究や面接対策は、後述する転職エージェントに頼ればOKです。

転職エージェントはプロ中のプロ。

紹介する企業の情報は知り尽くしていますし、各企業の面接内容まで全部教えてくれます。

空白期間がある場合でも書類をねじ込んでくれますし、企業担当者にあなたの人となりを売り込んでくれます。

多少のブランクなんてかすり傷、大船に乗った感覚で就活出来ますよ!

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

今の転職市場は売り手市場!空白期間(ブランク)半年以上を気にせず攻めよう

転職において、確かに半年間のブランクはデメリットです。

しかし、今はそれ以上に人手不足が深刻で、労働者の売り手市場であることを忘れるなかれ!

つまり、ちょっとぐらい空白期間が空いてもOK、相性が合えばちゃんと採用してもらえます。

これが一昔前なら厳しかったんですよ。

「転職したいのに応募する求人がそもそもない...」

誰しもがこの悩みに直面し、高学歴でも派遣社員に堕ちていく事は珍しくありませんでした。

しかし、現代ではその環境も一変。

・最低でも3年説
・転職は35歳限界説
・転職は2回まで

巷で言われるこんな通説も、最近の転職市場にはまるで当てはまりません。

ただし、空白期間は長くなればなるほど分が悪くなる事は言わずもがな。

それゆえ、1分1秒でも早く、求人応募に踏み切ることはマストです。

求職者の売り手市場が続いているうちに、早めにキャリア固めておくべきですよ!

空白期間(ブランク)半年以上のハンデを乗り越えるために転職エージェントに相談すべし

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...