転職コラム

転職先がブラック企業だった場合の対処法!即退職するかはリスクとリターンで決めればOK

・今よりもっと年収を上げたい
・きっちり残業代が支払われる企業で働きたい
・スキルアップが出来る会社で働きたい

様々な理由で転職を決意し、無事転職先が見つかったはいいものの、いざ入社してみるとブラック企業だったという最悪のケースに直面している人は意外と少なくありません。

しかし転職して即退職...となると、短期離職というカタチで自身の経歴に大きな傷がついてしまうので、そう簡単に会社を辞める決断をすることは出来ないですよね。

ただ、そういった社員の弱みをいいように利用し、ブラックな労働環境で搾取され続ける人生が理想的なのか?と言われれば当然そんなことはありません!

そこで今回は、転職したはいいけど、転職先がブラック企業だったという方のために、今後のキャリア戦略をどう考えていくべきかを解説していきます。

転職先がブラック企業だった場合は退職のリスクとリターンを比較しよう

転職先がブラック企業であった場合の転職についての考え方ですが、特別な思考法は一切必要ありません。

シンプルに新卒で入った会社を辞める時と理屈は同じで、転職することのリスクとリターンをきちんと比較するだけです。

転職の考え方って株を買うかどうかという判断と一緒で、リスクに見合ったリターンが期待できるのであれば、多少のリスクを受け入れてでもGOするのがポイントです。

例えば転職のリターンとして、

「こんな職業スキルが身につくだろう」
「年収は約◯%アップするだろう」
「このブラック環境は最低でも改善されるだろう」

といったことをある程度予測することは出来ますよね。

あとは転職することのリスクを考えるだけですが、おそらく最大のリスクは「短期離職が転職の足を引っ張る」ということです。

つまり、短期離職というハンデを背負ってでも、今の仕事を辞めたいという気持ちになるのであれば、難しいことをゴチャゴチャ考えるのではなく、シンプルに勝負すればOKということ。

あとは出来るだけ将来のリスクを小さくするために、極力在職中に転職活動を済ませておいたり、転職に向けた資金を用意したりといったリスクヘッジをしておくのが大事ですよ!

ちなみにですが、短期離職をかなり大きなハンデだと捉えてしまう人も多いですが、この点は転職面接でフォローする技ならどれだけでもあるので安心してください。

基本的にはシンプルに転職先のサーチ不足を反省し、そこから何を学び、次の転職先選びではどういった基準で考えているのかを説明していけばOKです。

本当に教科書的に「反省→改善」という社会人らしい対応ができれば面接官も納得してくれるので、短期離職をした瞬間に一発アウトという考えを持つのは絶対にやめてくださいね。

面接がどうしても不安だという方は、短期離職の説明方法について解説した記事があるので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
短期間の退職理由の説明方法!転職面接でウケがいい伝え方はこれです。 入社して1年目の方の中には、すでに会社とのミスマッチを感じて、次のキャリアを考えている人も多いと思います。 しかし、転職に...

現在の職場と転職先を平等に比較することも重要

今の会社に残るべきか、それとも思い切って転職すべきかどうかを考える時に重要なのは「リスクを平等に評価する」ということです。

どうしても人間は"直接的に"自分が決めたことに対しては「リスクを取った」と感じてしまいます。

例えば転職を決意するというのは、「失敗するかもしれないけど、そのリスクを承知の上で決めたんだ!」って気持ちになりますよね。

だけど、会社に残るという決意をする場合は、リスクを取ったという感覚にはなりづらいです。

しかし実際は会社に残ることで発生するリスク(精神を病む、搾取され続けるなど)を受け入れているわけなので、ちゃんとリスクを取っているわけです。

会社に残留することの方がエネルギーが少なくて済むので、リスクが少ないという錯覚に陥ってしまいがちですが、リスクを平等に正しく評価しないとダメですよ!

リスクのあるもの同士を平等に比較するスキルって、ビジネス全般でも重要なスキルだと思うので、転職を考える時もニュートラルな思考でじっくり考えてみるといいです。

経営の神様が語る転職の潮時について考えてみよう

どうしても自分自身で転職すべきかどうか判断しかねる場合は、偉人の言葉を参考にしてみるのもオススメです。

例えば経営の神様で有名なドラッガーの言葉を参考にするといいですよ。

ドラッガーは会社を辞める時期に関して、こんなことを言っています。

自らの価値観に反するところに身を置くならば、人は自らを疑い、自らを軽く見るようになる。

これはシンプルな判断軸ですが、自分の価値観と合わない組織で仕事をするのはナンセンスということ。

例えば労働環境すらロクに守れない企業なんてクソだと思っているのであれば、その時点で組織風土と自分の価値観にミスマッチが起きているので、冷静に辞めることを意識すればOKです。

他にも、営業などで自分が売りたくないものを売っているような状態もよくないですよね。

だって内心では「この商品クソだけど...」と思いながら顧客に勧めているわけなので、普通に毎日嘘ついて生きているわけですからね。こういうのも心が腐敗する原因になるので即辞めるべきケースです。

関連:自社製品を売りたくない!売りたくないものを売ると心が腐敗するよ。

ちなみに、ドラッガーは会社を辞めるべきタイミングについて「辞めていい時の3条件」を掲げています。

①組織が腐っているとき

②自分がところを得ていないとき

③成果が認められないとき

転職してスグに退職を考える場合であってもこれらの法則は変わらないので、こういった判断軸で転職を考えてみるのもいいと思います。

ちなみにドラッガーの書籍は「仕事の哲学」というタイトルです。

転職先がブラック企業だった場合の転職活動について

少しの期間耐えてみたけれど、もう限界だと感じる人はその気持ちに素直になり、転職という選択を思い切ってしてみるのも大事です。

そもそも転職というのはガチャガチャ要素もあるので、事前にサーチをしていても働いてみたらハズレだったということは起こりえます。

ただそのミスマッチを避けるために、転職エージェントと緻密な打ち合わせを重ね、自分の価値観や希望をすり合わせておき、その希望に上手くハマる企業だけを紹介してもらうようにして高確率でミスジャッジを避けることが可能になります。

次回の転職においては、より希望条件を擦り合せることが重要ですし、エージェントの質についてもはっきり見極めることが重要になるので、転職エージェントは最低でも2社は登録しておきましょう。

基本的には「リクルートエージェント」「DODA」の二刀流がセオリーになります。

ちなみにハローワークは無しです。

ハローワークは求人広告掲載費が無料なので、ブラック企業が8時だよ全員集合のノリで集まってきています。

結局使い捨ての人材を短期間にゴッソリ取りたいだけで、とにかく安値で人材を囲い込みたいだけなので、絶対に募集してはいけません。

転職エージェントであればお金を払って求人を出している企業であり、エージェントがその中でも求人を精査してくれるので、ブラックに捕まるリスクがガクンと下がります。

しかしエージェントと言っても所詮は人間なので、あなたとの相性が悪い、そもそもポンコツだった...といった運ゲー要素があるのもまた事実。

口コミなどでいいとされている所があなたにとっていいかどうかは別の話なので、複数社を比較して最も馬が合うエージェントに最終的には絞って転職活動を行う事で、良い求人に巡り会える確率がグッと上がりますよ!

ちなみに求人数で言えばリクルートエージェントが業界で一番多いという数の暴力を強みとしており、DODAは割と体育会系出身のエージェントが多く、年収交渉などはゴリゴリで営業をかけてくれるという強みがあるので、両者をいい感じで使い分けてみるといいでしょう。

DODAとリクルートエージェントですが、下記の公式サイトから登録する事ができます。

・DODAの公式サイト【3分で登録完了】

・リクルートエージェントの公式ページ

どちらも3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになりますし、書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!